« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月31日 (水)

甘甘v

うにゃぁ!
本番を数日後に控え、いよいよケツに火がつきだしました。
行程は?連絡は??忘れ物は???
考えれば考えるほど、混乱しそうで(笑)

本日の一枚は、仲睦まじいイワトビペンギンのご夫婦・・・・のはずです。
この間暖めていた卵は、どうやら無精卵だったそうで、今、二度目の抱卵に期待を掛けられておりますが・・・・。
飼育係さんに伺ったところでは、女の子同士のペアではない・・・と言う保証が無いとかなんとか・・・・・おいおい(笑)
見ている分には、とても微笑ましいんだけどねぇ。
ペンギンの雌雄の識別は、見た目ではどうにもならないのだそうで。
卵を産めば、それで初めてメスだと分かるってパターンもあるんだとか(笑)
Iwatobi
なんとか、正常な(笑)カップルで、無事卵が孵りますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

うにょぉぉん!

間延びしています(笑)

Unyon









トンネル水槽の中から撮ると、ガラス面が湾曲している故に、こうなります。
水の中を「飛ぶ」ペンギン・・・は旭山のウリの一つですが、確かに動きはものすごく素早い。あっという間に、ファインダーから消え去ってしまう。そこへ持ってきて、この場所はフラッシュ撮影禁止なので、滅多なことではシャッターチャンスが無いのだけれど、たまたま、この子はゆぅらりと泳いでいたので。
Gentoo

ほんとは、こんな美人さんです。
いや、女の子かどうかは分からないのだけれど。
とても穏やかな性質らしく、フンボルトさんみたいにぎゃーぎゃー(ヴォーヴォー?)騒いでる場面はあまり見ませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

見物中

引き続き、旭山シリーズ(笑)
熱い抱擁・・・ではなく、どうやら争いの真っ最中。
どちらも、自分を大きく見せようとするのか、伸び上がっておりますが。
ふと見ると、脇から見物している連中が(笑)
どちらが勝つか、興味津々と言った様子です。

ちなみに、この争い、身体をぶつける前に互いに声を張り上げてやり合っていたとき、一羽のキングペンギンがトテトテと歩み寄っていくのを、どうなることかと、こちらも興味津々で眺めておりました。
あのデカイ図体で争っている2羽の間へ割って入れば、流石のフンボルトさんも引くかも知れないとか思っておりましたら・・・・。
キングさんは、右見て左見て右見て左見て・・・・・、90度向きを変えてそこからとっとと離れてしまったのでありました(笑)
情けないやっちゃ。。。。
Gallery

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

暑~~~~!

本日のお天気は雨。一日ぐーたらしておりましたが。
昨日は暑かった。
ついうっかり帽子も被らずに行って、思い切り後悔。売店で買う羽目になりました(笑)
帰ってから調べたら、昨日の旭川市、最高で28度まで行ったらしい。

どうりで・・・・。
Leira それにしてもレイラさん。
ご婦人として、そのお休みの仕方はいかがなものかと思います(笑)

 

 

Ivan 打って変わって涼しげなイワンくん。
ガラス一枚隔てただけで目の前を泳ぐホッキョクグマは、さすがに迫力があります。
鈴なりの人間は、退屈しのぎになりましたかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

動物園とは

旭山動物園へ行ってきました。

副園長さんのお話を聞いてきたのですが・・・・この方も、容赦ないな(笑)
やはり、動物園をテーマパーク・・・娯楽施設として捉えている人はけっこう多いらしい。
だから、飼育スタッフにルール違反を注意されると逆ギレして、「金を払ってきてやっているのに、その態度は何だ?」と言うことになるのだそうだ。
テーマパークなら、それもアリだろうけどな。
でも、動物園って博物館なんだよね?
博物館で展示品に手を触れて怒られて逆ギレする人は滅多にいないだろうに、動物園だとそう言う人が多いとは。
お話の内容は、ホームページで書かれているコトが殆どだったのだけど。
でも、こういった講演を聴きに来る人たちは、ほとんど理解していることだと思うの。
理解できない種類の人は、そもそもこう言う場には来られないと思ったりしてね(笑)
オランウータンのジャックくんの映像には、ちょっち感激しました。

今日もいろいろ困ったさんがいましたけど。
つい、ちょっぴり熱くなったりもしましたけど。
でもいいや。マリモちゃんに会えたから♪
Marimo04
けどね。
寝室の扉・・・閉められていたよね?
閉め出されてた?
寝室のお掃除でもしていたのかしらん??

 

 
Otonari

そんなマリモちゃんですが、妙にお隣が気になる様子でした。

 

 

Noshio お隣に居るのはミナミシロサイのノシオくん。
先頃亡くなったマルミミゾウのナナちゃんと仲良しさんだったコだね。
こんどは、マリモちゃんの良いお仲間になってくれると良いんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

癒し・・・・

切実に求む・・・・(笑)
一週間の疲れがどどどっと出ているようです。
それでなくとも、仕事上の周知連絡が徹底して折らず、無駄な残業をやらされたり、大急ぎの仕事をやる羽目になったり、他の仕事に手が付けられなかったりと、とかく揃って疲労の極致。
こういう状態の時、人の考え方がよく分かります(笑)
普段隠されている、真実が見えてきますね。

その結果・・・上司の軽蔑する部分が増えていく(笑)

せめて癒しをと求めたものが、期待に外れていた日にゃ、目も当てられませんて。
うんと、うんと・・・・前作の方が面白かったぞ。
こちとら、キャラクターの愛らしさそのものに癒しを求めているのであって、キャラクターが誰かを癒すことに癒される訳ではないのでありました。
あのキャラクターが、血肉を持った現実的存在として描かれるのには抵抗がありましたね。
それに、どことなくデザイン変わっていません??設定も変わった?以前は手のひらサイズだったと思うのだけど??(笑)
ついでに・・・、癒しを求めている人間にとって、あのオープニングの曲のテンポは、ちと苦痛でした。

ま、癒し系は他にもあるのでそちらへ救いを求めよう。
とかくイライラが治まらないのは、精神的にとても良くないと思われるので。
明日は、誰に癒してもらおうかな・・・・??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

穴掘りシーズン

肉体労働の季節がやって参りました・・・その筈だったんですけど。
本日の穴掘りイベント(笑)は、もっぱら写真撮りに徹していた自分です。
それにしても、もう虫が出てくる季節ですな。
ブヨ(ブユ)が酷かったですよ。早速食われてしまいました。
小鳥の声も賑やかです。
みんな、子育てに勤しんでいる真っ最中。
食欲旺盛なひな鳥を抱えていると見えて、エサ運びの最中は回りが見えていないらしい。
頼むから、走っている車の直前を横切るのは・・・やめておくれ・・・思わずブレーキ踏んじまうから(笑)

さて、明日の穴掘りは、お留守番です。
事務室で、何がなんやら分からない仕事をしているより、屋外で穴掘りしていた方が幸せなんだけどな(笑)
まぁ、腰は痛くなるんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

チュン!

危うく二度目のゴツンになるところだったのは、どういうわけか、仕事場の窓から飛び込んできたスズメ。
何を血迷ったんだろう??
ウチの仕事場の窓は、普通のサッシの様に全開になるタイプじゃない。良くホテルなんかにあるみたいな細長い窓で、一方を支点に外へ向かって斜めに開くタイプ。無論窓枠があるから、小鳥が飛び込んでくるには狭いと思うんだけど。
猛禽にでも追われていたんだろうか?
いずれにせよ、飛び込んできたモノのパニック状態で、あっちの窓(明るい方へ向かうのだね。)へゴツン、こっちの窓へゴン。
見ているこちらは、首でも折るんじゃないかと気が気じゃない。

ガラスにぶつかって、コロンと落ちて・・・それでも必死で逃げようとするのをなんとか捕まえ、小さな箱の中で少し休ませてから外へ放しました。
捕まえたときの状態ときたら、嘴は半開き、心臓はばくばくと脈打って。
可哀相なくらいでしたね。
脳しんとうを起こしていたようなのと、人の手に捕まえられた恐怖で放心状態。
しばらくは身動きもできなかったみたいですが、そのうちジタバタしはじめました(笑)
こちらは、助けるつもりで追いかけてる訳ですが、スズメには、さぞ恐ろしい思いをさせたことでしょう。
まぁ、無事に放鳥できて何よりでした。
それにしても、今年は成鳥の事故が多いなぁ。
この調子で、巣立ちの時期になったらどうなるんだろう??

小鳥保護用の段ボール箱を用意しておかねば・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

Spring ephemeral

群落にこそなっておりませんでしたが、山の方へ行けば、まだまだ見られる春の妖精達。
うつむき加減に咲くあたりが、なんともいじらしいではありませんか。
こうして花を咲かせるまでに7~8年かかると言います。
Katakuri

もっとも、花を美しいと思いつつも、葉っぱに食欲を覚えてしまう辺り、写真撮ってる人間には、色気もへったくれもありゃぁいたしません(笑)
はい、カタクリは立派な山菜でございます。
いや、仕事中でしたんで、食糧確保には及んでおりません。きつ~いお達しが出ておりますから。

林道をゆうるりと走っていけば、ざっと見渡しただけでも、カタクリの他にエゾエンゴサクやエゾイチゲ、キスミレ、ナニワズにエンレイソウ、水辺にはミズバショウやエゾノリュウキンカ(ヤチブキ)などなど・・・・、花々が一斉に春の訪れを歌い上げております。
何か見つけるたびに車を降り、カメラを構えておりましたら・・・・・何やら足下にうじゃうじゃと蠢くモノが・・・・?

うぎゃ!

ついうっかりアリの巣を踏みつけてしまっていました。
アリさんたち、大パニック!!
スマンこってす。。。。気がつきませんでした。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

めぇぇぇ♪

朝の恒例を楽しみまして・・・・公式は黒黄なのか?赤黒じゃなかったんか??(笑)・・・一休みした後、お出かけしてみました。

ようやく桜が開花したと思ったら、気温の高い日が続いて、すっかり初夏の様相を呈して参りました。
近隣では既に田植え・・・餅米だそうですが・・・も始まった様子です。
早いなぁ・・・・。
思い立って、近くの公園のカタクリの群落を見に行ってきました。
・・・・すでに、花はしおれかけておりました・・・・しくしくしくしく・・・・・。
気を取り直して、小鳥さんのお姿なんぞをちっと撮りまして・・・・問題は、撮った鳥さんの正体が分かっていないという辺り・・・・次を目指します。

目指したのは、車で1時間ほどの所、様々な種類のヒツジさんを展示している所。
日本では此処でしか見られない種類も多々おります。
この間、円山動物園でヒツジの赤ちゃんがいたので、こっちでも生まれているかも知れないと思いついたので。
行ってみれば、やっぱり仔ヒツジが!
でも、2月生まれでは、さすがにちょっとおっきかったかな。
Meeeめぇめぇと良く鳴いていたコ。
人なつこくって、ツノがある割には温和しい種らしい。
温和しい種には、触れたり、ペレット状のエサをやったりもできるんだけど、ツノのある種は、危ないと書かれている場合が割と多いんだよね。
大人はともかく、万が一、子供でも怪我をしたら困るからなんだろうけど、・・・そう書いてあるにも拘わらず、いじっている若いお父さん、子供さんが真似したら困るから止めましょうね・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

厄日

行事の実施の関係で、多忙な日が続いております。
仕事が終わる時刻には、まず、帰れませんな。だいたい、1時間から2時間半くらいの残業が入ります。
もっとも、寝る間も惜しんで働いていらっしゃる人たちもいらっしゃる訳だし、それに比べれば、土日はきちんと休めているのだから、文句も無い。

それでも貴重な土日なので、いろいろとお出かけしたい所もあるんですけど。
今日は、朝方山へ行って山菜採ってきて、午後から花見に出かける予定だったんだが・・・、挫折。

毎度、おなじみ三重苦です。
怠い・眠い・何もしたくない・・・・。
最悪の日に当たってしまって・・・身動きとれません。
山菜採りはもちろん、花見もパァでした。
いじいじいじ・・・・・

こういうときは、癒し系キャラにご登場いただきましょう。
Soraゴマフアザラシのソラくんです。
昨年生まれた1歳の男の子。
好奇心旺盛の悪戯盛りでしかも腕白。
2つ上のヒカルお姉ちゃんのごはんまでかっさらっちゃうんです(笑)
ヒカルお姉ちゃんがおっとりしすぎなのか・・・?

さ、明日は頑張ってお出かけしてみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

眉目秀麗

300回以上シャッターを切っても、使い物になる写真て無いモノです。
いや、これだけシャッターを切ったからこそ、同じような写真が山のようにあったりする。
Peacock

ほんと、鮮やかな色です。
ピーコックブルー、ピーコックグリーン・・・・。
光沢を帯びた色合いと、なぜかぱっちりつぶらなお目々(笑)
尾羽を広げた瞬間もあったのだけれど、金網越しでは、上手くピントが合いませんでした。
必要なのは道具ではなく腕か・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

桜咲く!

ようやく!ようやっと!
我が町にも桜が咲きました!!
ここ数日、随分気温の高い日が続いていたせいで、急速に開花したようです。
ここら辺りの桜は、オオヤマザクラです。
葉と花が同時なので、妖艶さではソメイヨシノに及びませんが、力強さを感じさせる花です。
Sakura
さぁ、この週末は花見だ!!(笑)

問題は・・・気温が上がって乾燥が進みすぎたらしく、某所では山火事が発生してしまったらしい・・・。
鎮火しただろうか・・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

がっちり!

とかく、妙な仕事で残業が入る今日この頃。
そこへもって・・・なんですと?サマータイムの実験するって??
1時間早く仕事が終わったとしてもだ・・・・、残業時間が増えるだけってんなら勘弁してくだせぇよ、お代官様(笑)

さて、昨日、全く違う人物から同じコトを言われました。
鳥や動物に向ける、私の眼差しが非常に優しいのだそうです。
ただし、片方は昔からの言葉敵、褒め言葉だけで済むわけもなく・・・。
その目がどうして人間に向かないんだ?と言われてしまったモンですから、ついうっかり、「人間、嫌いなんだよ。」と本音を暴露(笑)
いや、確かに。昨今非常に危険な状態ではあるかもしれない。
動物園や水族館、そしてそれらを愛する人々の幾多のサイトやブログ。
こういったモノが無いと、ストレス過剰で破裂しそう!
カッコつけて評価を気にする人間より、素直に本能に従って必死で生きてる連中の方が、ホッとするんだよっ!(笑)

本日の一枚。
頼もしきご亭主?(笑)
イワトビペンギンのご夫婦です。
現在、抱卵中。そして、卵を暖める奥さん?の背後で、がっちりガードしているのはご亭主?
Gard キングペンギンがそこら辺中を集団でうろつくので、きっと気が気じゃないコトでしょう。

無事に孵って、元気な雛が見られると良いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

ねむねむねむ・・・

いろいろ思うことはあるけれど、取りあえず今日はアルコールが入っているので、何も書かずにトンズラします(笑)

取りあえず、今日の一枚。
ぐったり・・・・。
途中、ちらちらと顔を上げていたのですが、目がうつろでした(笑)
クロヒョウのパックくんです。
Mattari_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

もうちょっと・・・っ!

旭山でシャッターを切ってきた回数が尋常ではなかったので、数日動物園ネタでいけそうです(笑)

先月の初めに行ったときの状態。Penpen01

まだ、だいぶもこもこの産毛が残っていたキングペンギンの雛です。
もこもこの下には、既に大人の毛が生えそろっているのですけれど。

 
 

Penpen02

んで、この間行ったときの状態。
まだね、首の後ろにちこっと残ってるのね。産毛が。
嘴の色も、大人よりずっと薄い色なので、それだけでも分かるのだけど、のっぴきならぬ証拠を付けて歩いていたもんです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

恋の季節・・・?

旭山動物園のエゾヒグマ、クマゾウくんとトンコちゃんです。
ヒグマも今時期が恋の季節だそうで、現在同居中。
まさに、かみつくような濃厚なキスシーンに見えますが(笑)、単にじゃれ合っているだけらしいです。
でも、楽しそうに取っ組み合いしてました(笑)
随分昔、母が聞かせてくれた「おすもうくまちゃん」の童謡をふと思い浮かべましたが、そこはそれ、成獣同士のじゃれ合いは、結構見ていて怖いものがあります。
この調子で人間に襲いかかってこられたらたまったものではありません。
間違いなく、一撃であの世行きですね。
Not_kiss

旭山のサイトでは、大あわての様子で副園長氏の日誌がアップされていますな。
なるほど・・・おもしろ半分囃し立てられていると・・・そう解釈なさったご様子。
ええ、早く慣れて欲しいとは思いますが、せっつくコトは致しません。したくありません。
てか、あの環境ではどうしたって、慣れないと思うわけで・・・(笑)
せめて、工事が終わらないと、キリンのような神経質で臆病な生き物には、辛いんじゃないかなと、想像するものです。
早く、子供の呼び声だけになれば良いねぇ。

ところで、来年の今頃は・・・ヒグマの赤ちゃんが見られる・・・のかな???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

マリモちゃん

旭山動物園へ行ってきました。

開園と同時に入園し、閉園15分前に出てくるという暴挙(笑)
ライオンの吼える声を聞いたりヒグマのじゃれ合いを見たりと、そりゃ、一日楽しく過ごさせていただきまして。

しかして目的はマリモちゃんの様子を見ること。
引き籠もりとまで言われてしまった、名古屋東山動物園から来たまだ1歳のキリンです。
東山では家族や兄弟と大勢で過ごしていたものが、幼い身でたった一人、寒い土地へ来て、しかも飼育場は狭く、柵は高い。
なにより、直ぐ向かい側では、現在チンパンジーの新しいおウチを作るべく工事中。
ドンドンガシャガシャズシンガガガ・・・・
引き籠もりたくもなろうというもの。

新たな愛称募集をしておりましたが・・・・なんでかな。
以前のブログでも気になったことを書いたのだけれど、まぁ、愛称そのものを新しく付けるのは残念ではあるけど、仕方がないことかもしれません。
でもね、
「東山ではマリモちゃんと名付けられて可愛がられていましたが、旭山で新しい名前をつけさせてもらうことにしました。」とちゃんと出せないのかな?
せめて、それくらい出すべきではないの?
幼い、一番弱い時期の生き物を、一生懸命育ててくれた人の気持ちは、東山でも旭山でも変わらないと思うのだけれど・・・そう言ったことを、何故出せないの?
動物園同士が協力し合って、種の保全と存続を図っていくのでしょ?
東山動物園の協力があって、ようやく旭山でもキリンを見られるようになったのでしょう?それをキチンと知らせることは、動物園の役割ではないの?
言っている事とやっていることがずれているのは、動物園というより、市の考え方なのかしらん?

ええ、人目も憚らず「マリモ~~~!」と呼んで来ました(笑)

Marimo01
おっかなびっくり、寝室から外を覗くマリモちゃん。

Marimo02ようやく出てきてくれたマリモちゃん。
でも、おそるおそる。
直ぐに引っ込んでしまいます。

Marimo03 結局、寝室の扉の前からは一歩も進んでくれませんでしたが、何とか姿だけは見せてもらえました。
キリン舎の前で1時間粘った成果です。

寂しいだろうけど、早く慣れて元気な姿を見せてね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

早すぎ!

よもやまさか、こんな時期にゴツンとわ・・・・。
ゴツンとは、野鳥のガラス激突事故なんですが、だいたい巣立ち直後の若い個体が多いので、6月も後半あたりが危ない時期だと思っていたら、本日第1号が出てしまいました。

渡り鳥・・・夏鳥です。
冬の間、暖かい地方で越冬して、繁殖のために帰ってきた・・・その直後の事故とあらば、哀れとしか言いようが・・・・。
せっかく、無事に繁殖地に到着して、これから連れ合いを得て子育てをしようという矢先ですからね。
ああ・・・本当にごめんね。
キミがぶつかったガラス窓にだけ、バードセイバーを貼っていなかったんだよ・・・。
だって、向かい側に窓の無い部屋だったから・・・素通しになることが無い・・・ガラスの向こう側に通り抜けられると勘違いされるとは思わなかったんだよね。
もしかしたら、ガラス窓にこっち側の景色が映り込んでいたのかなぁ・・・。

いずれにせよ、可哀相なことをしてしまいました。
これから野鳥の子育てが始まって、若い個体が飛び回るようになると、嘴の黄色いコらが、よく事故るんだよなぁ。
脳しんとうくらいで済めばいいのだけれど、小さなモノは本当に簡単に失われてしまいます。
野生で生きる中で失われるモノならばともかく、人の作った建物にぶつかって・・・というのは、やはり申し訳ない気持ちになります。
取りあえず、来週の頭にでもその部屋の窓にバードセイバーを貼り付けておこう・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

さぼり

二日ほどさぼりました。

気持ちが荒れているとろくなコトが書けそうにないので。
とかく、イラつく事が多すぎて。
男性諸氏は、愚痴を言いつつも唯々諾々として従うのが通例のようですが、こちとら、言いたいことは言わせて貰うと言うスタンスであります。
結果・・・ちゃんちゃんバラバラということになる(笑)
現在もまだ、落ち着いているとは言い難いのですが。
ねぇ、だから、地元の自治体に負担掛けるような事業は止めようよ・・・・。
話を持って行く方の身にもなってよ。
出先はね、地元との関係が一番重要なんだよ・・・・。
卑屈になる必要はないけど、誰が見たってこの事業、ウチでは無駄です!

新人さんの歓迎会でした。
高校卒のぴかぴかさんです。
歓迎会ですが、お若いのでお酒は飲めません。
回りで飲んでて、本人飲めないのだから、端から見ると単なるダシです。
カモよりはだいぶマシかもしれませんけど。
色々思うこともあるだろうが、1年やそこらで仕事が分かると思わんことだね。
退屈でつまらないのは分かるけどな(笑)

それにしても、酒の席で話が出て気がついた。
来年は、平成生まれの新人さんが出てくる年なんだねぇ。
自分がつくづく年を取ったなぁ・・・と、ちょっとばかりショックではあります(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

悲しいニュース

円山動物園で、トナカイのクリンちゃんが亡くなったとのこと。
つい2日前、5月4日の日に会ってきたばかりだったのに。
生き物を飼育するというのは、本当に大変なことですね。
言葉が通じない以前の問題として、やはり彼らは野生であるということなんでしょう。
野生の状態では、倒れると言うことはイコール死を意味するわけで、だから彼らはギリギリまで頑張って、頑張って・・・飼育員さんが様子がおかしいと気づいたときには、もうどうしようもない状態になっている・・・のかもしれません。

未熟児で生まれて人工保育で育ったクリンちゃんは、本来なら野生では生きて居られなかった個体なのでしょう。
それだけに、せっかく与えられた機会を、最大限活かして欲しかった・・・と言うのは、人間の思い上がりかもしれませんけれど。
やはり、幼いモノが命を失うのはやりきれなさが加わって、本当に残念でなりません。
心からご冥福をお祈り申し上げます。

Crin亡くなる二日前のクリンちゃんです。
この後、飼育員さんと一緒に園内をお散歩していたのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

さらにぐーたら

おでかけする気持ちだけはあったんだけどね(笑)

朝の恒例見た後、ついうっかり布団に潜り込んだが最後、目が覚めたら既にお昼。
その後ちっとばっかりどたばたして、隣町までお出かけしてお買い物なんぞもして参りましたが、一応メインはお荷物の発送というヤツでした。

お部屋を片付けようと思った筈なんだが、気がついたら前より収拾がつかなくなっているってのはどうだろう(笑)
大量に溜まっているコンビニコミック、そろそろ処分した方がよさそうだな。
気がつけば、カレンダーもまだ4月のままだし・・・(苦笑)

ああ・・・・明日から日常生活が始まると言うのに、このグーたらぶりで大丈夫だろうか・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

ぐーたら

朝起きて、食事してまた一眠り。
目が覚めてから食事してテレビ見て、洗濯して買い物へ行って・・・・。
一日ぐーたらとしておりました。
連休中、結構朝早かったりしたモノだから、楽しんできたとはいえ体力的には疲れています。

取ってきた写真の整理とかしつつ・・・・、シャッターを切った回数は相当なものだが、そのうち使い物になるものが殆ど無いね(笑)
それでも、フィルムを気にしないでシャッターを押せるのはデジカメの良いところだな。
データはパソに写してしまえばOKだし、明らかな失敗作はさくっと削除。
フィルムだと、現像してみないと分からないし、失敗写真も焼き付け料がかかるからな。

久しぶりにメビウスを見ました。
2回ほど吹っ飛ばしてるからどうかなと思ったけど、ま、この時期はまだ大丈夫そうだわ。
それにしても、最近、ナゾのウルトラマンを出すのが好きだねぇ(笑)
一瞬、また隊長が脱走したかと思ったぞ(笑)
某シリーズの時の登場回数はかなりのもんだったからねぇ。
気がついたら、隊長室が空っぽだったに違いない・・・だろ>宇宙警備隊の諸君(笑)
公式見る限り別人らしいが、この先どう絡んでくるのか・・・・出たきりで終わりってな話にはしないでね。

さて、明日もお天気は良さそうなので、朝の恒例番組の後は、近くの沼へ水鳥でも探しに行ってみようか。
野鳥も一層賑やかになってきたし・・・桜が咲くまでもう少し。
カワラヒワやアオジの声なんかも響いてきているから・・・・写真撮れるかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

最終日

本日は帰宅日でした。
帰ってきただけ・・・・なんで、写真は昨日のモノとなります。

水族館も動物園も、とても楽しませて貰ったのですが、ちょっと一言。
何か「?」と思ったときに、お尋ねできるところがあると良いなぁ。
円山はボランティアガイドスタッフがいらっしゃるのだけれど、熱帯動物館周辺では何度行っても一人もお見かけしなかった・・・・。
ゾウやキリン、トラやライオンという動物園としては一番人の集まるスポットだと思うのだけれどな。
それとも、珍しい生き物について以外は、質問なんて無いと思ってらっしゃる・・・とか?
お仕事していらっしゃるスタッフさんには、なかなか聞きづらい。
それでなくとも大変なところへ、黄金週間の人出の対応で忙しさの上塗り状態であろうに、さらに面倒を掛けるのは、ひじょうに心苦しいのだわ。

水族館の場合、動物園以上にスタッフさんの姿を見かけない。
水槽のガラス面を撫でていくスポンジで(笑)その存在が知れるのみ・・・。
しかも、インターネットでの質問なども、受け付けてくださるところと、アドレスも公開していないところがあるし。
ホームページで、何が一番楽しいかと言えば、やっぱり飼育員さんの裏話なわけでありまして、実際に生き物の傍にいらっしゃる方のお話が聞ければ、楽しいと思うのだけれど。
ご多忙を思えば、我が侭を押しつけるのも気が引けます。
せめて、出入り口の近くに、そう言った質問・疑問に答えてくれる窓口があればなぁ。。。
ホントは、「?」と思ったときに直ぐに聞ければ良いのだけど、それが出来ないなら、せめて、施設を出るときには解決できるようなセクションが欲しいところ。

そんなところには、マニアしか来ないか・・・・(笑)

Gohuuhu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

4日目

親分、お誕生日おめでとうございます。
バースデー更新ができなくてすみません。
ネタは上がっているんで、数日の内にきっと・・・(笑)
伊達ファンの風上にもおけないヤツで申し訳ない・・・・。

本日晴天・・・ゴールデンウィークも二日目で、大混雑するのは分かり切っていたのだけれど、それでもここはウチから公共交通機関を使って行けるので、敢えてこの日に致しました、円山動物園です。
お車で見えられた方は、一時、駐車するまで2時間待ちとかだったそうな・・・。

さすがに広さも十分、見応えも十分。
堪能して参りました。
堪能しすぎて、疲れ果て(笑)、帰りは駅まで営業車使っちゃったよ!

で。
円山動物園といえば、今はこのコを出さないとどうにもならんだろうなぁ。。。。
Unyaピリカちゃんです。
相変わらず縫いぐるみのようですが、それでも母親から離れて遊ぶコトが増えたみたいですね。
顔つきはともかく、動きや背中のフォルムなんかに、やはり「ホッキョクグマ」を感じます。
仕草が愛らしいんですな。

Surisuriも一つ奮発(笑)
親分にお詫びも込めて、仲良さげなたっちゃんとあいちゃんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水)

3日目

本日訪ねたのは、大都市の真ん中にある水族館
札幌市のサンピアザ水族館です。
ビルの中にある水族館で、規模が小さいせいもあって、30分ほどで一周してしまえる狭さでは、さすがに大型のモノは飼育が難しいのかもしれません。
そのかわり、今回非常に珍しい展示がありました。
ドクターフィッシュ・・・て、どっかでニュースにあったんだけど・・・水の中に手を突っ込むと、わらわらと寄ってきて、皮膚の古い角質なんかを食べてくれると言う小さなお魚さん。
折角なので試してきました(笑)・・・くすぐったいです。不快なくすぐったさではなくて、ちょんちょんとつつかれる・・・なんというか、可愛らしいくすぐったさ(何だ、そりゃ?)でした。
他の方は、手を動かすと直ぐにお魚が離れてしまうのですが、自分の手は余程古い角質で覆われていたらしく、手を水から上げようとしても、中々離れてくれないお魚さん達でした(笑)

本日の一枚は、やはり展示の目玉・・・ラッコさんです。
水槽越しなので、見づらくてごめんなさい。Rakko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

2日目

本日は小樽水族館です。
北海道の中では、歴史のある施設で、自分も子供の頃何度か行ったことのある、親しみ深い水族館です。
・・・・天気晴朗なれど、波高し・・・・ついでに風もびゅうびゅうで冷たくて・・・・。
施設の一部・・・というか、半分ほどが、ほぼ屋外とも言うべき場所にあるもんで、けっこう辛い。
海獣やペンギンがそちらの方なので、見て回っている内に、シャッターを切る手がかじかんでくる・・・・この寒さ!
トドのダイビングショーが高波のため中止とあいなりました。
どこぞの映画の冒頭シーンを思わせるような、岩に当たって砕ける波。
飛沫が舞い・・・・見ている客が潮を被るのは間違いない・・・・そう言う場所で行うショーで、当然飼育場だってその直ぐ脇・・・・時折、トドやアザラシの数が減ったり増えたりするというのが分かる気がする(笑)
・・・あの迫力を楽しみにしていたんだけどな。。。

そんな荒れた天候を意にも介さず、平和に寝こけていたゴマフアザラシのちびちゃん(笑)Mattari

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

1日目

スタートは水族館。登別のマリンパーク。

生憎、小雨混じりの寒い日でしたが、一日楽しく過ごして参りました。

場所が室内だったので、写真は見るもムザンな仕上がりになりましたけど…。
帰ったら整理して、ぽちぽちとアップして見たいと…。

アザラシプールで、いろいろ聞かせてくれた飼育係のお嬢さん、お忙しいトコロありがとうございます。

そしてショーの後水槽のガラス越しに遊んでくれたイルカさん、ありがとうでした。

疲れたけど、しっかり癒されてきました。

さぁ、明日は小樽へ行ってみよう!

で、本日の一枚・・・・・ふてくされてます、いじけてます(笑)
これでも立派なほ乳類。
間違っても陸揚げされたマグロではありません。
ショーの後、ダレていたバンドウイルカさん。Notera

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »