« あくび、あくび | トップページ | 肉体労働 »

2006年6月12日 (月)

保育園・・・?

さて、旭山動物園、続けて参ります(笑)
昨日、精神的にあまり疲れていないのは、マナー違反をほとんど見なかったせいでしょう。
たまたま、運動会などと重なったものか(北海道の運動会は、春にやります。)子供さんの団体が見えなかったせいもあるかもしれない(笑)
ほんとうに、ちょっとの気遣いで良いのよ。
「済みませんが、子供を入れていただいて良いですか?」
どうぞどうそ!小さい子供さんなら、前に立たれても視界を塞ぐことはありませんから、喜んで入れてあげます。
いきなり子供を割り込ませて来られたら、無言で押し出したくなりますが(笑)
写真を撮っているのを見て、前を塞がずに待っていてくれた方。
身体がぶつかって、お互いに頭を下げてすれ違った方。
たった、それだけのことで、一日が楽しく過ごせるんだよね。
昨今の若い親御さんの中には、子供の行動関知せず、子供がやることなんだから目くじら立てるな・・・タイプが、たまにいらっしゃいますんで・・・・(^^;

それに比べて(笑)
動物の子育てには、なんとも微笑ましいものがあります。
彼らは親の傍にいられる短い期間で、一生を生き抜く知識と知恵と力を得なければなりません。
親も、それらを教え、子供達をしつけます。
それだけに、どちらも真剣。愛情とはこういうものだと感じるわけです。
とうことで・・・前置きが長すぎましたね(笑)

本日のテーマは親子。
Zorozoro ぞろぞろぞろ・・・・と引き連れておりますが。
それ、全部が全部、あなたの雛では無いでしょう!?
ととりの村では、カモの雛が一斉に孵って、たいへんなことになっておりました。
写真に写っていないものも、大勢おりまして、ざっと数えただけでも50羽は下らないと思われます。
それが、それぞれの親にOchibi率いられている訳ではなく、何と言いますか、保育園状態(笑)
我が子を他人に預けた親は、何をやっとるのか・・・?
それとも雛の方が勝手に群れてしまうのか・・・?
オチビちゃん達は、こんなです。

|

« あくび、あくび | トップページ | 肉体労働 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保育園・・・?:

« あくび、あくび | トップページ | 肉体労働 »