« 肉体労働 | トップページ | 期待。 »

2006年6月14日 (水)

ちょ、ちょっと!

思わず、どこの誰かしらと言いたくなるような風貌です。
どこかのマンガに、こんなキャラクターいませんでしたっけ?
あるいは、お猿さんかと間違われそうですが。
Who その正体は、フタコブのチビくんです。
・・・・来たときは小さかったんだよ、きっと。うん・・・・。
夏毛に生え替わる途中で、ぼさぼさの状態なんですね。
ホントに、ブラシで梳き取ってやれよと思うのですが、基本的に、野生生物は人間が触ることを許しません。
動物園や水族館では、飼育動物の健康管理や、万が一の時の治療のために、ある程度人の言う事を聞くように訓練する場合もあるようですが。
フタコブラクダは、家畜にもなっている種ですが、旭山ではあくまでも野生種としての彼らを展示していると言うことなのかな・・・?
ゴビ砂漠周辺で暮らすと聞く彼らもまた、毛の生え替わり時期には、こんな姿になるのでしょうか?

ブログは動物園日記と化し、本来のサイト更新がまったくなっていない状況です。
すみません。
どうにも、気持ちがささくれ立っている時に文章を書くと、登場人物がろくな行動しないので(笑)
色々ストレス感じるコトがありまして。
社会生活営んでいる以上、どうしようも無いんですけどね。
ただ流されるのも、癪に障るモノがありまして。
言われたことだけやってりゃ良いってのは分かるんだけど、そんなことなら誰でも出来る。
自分にしか出来ないことを・・・・とまでは、さすがに自信無いですけど、それでも、自分の考えで仕事したいと思う程度には経験積んだつもりなので。
自分の仕事がさせてもらえないってあたりが、昨今のストレスの主たる原因。
生憎、養ってくれる人がいないので(笑)
辞めてやるっ!と辞表叩き付けるわけにはいかないのだな。

・・・・愚痴でした。

|

« 肉体労働 | トップページ | 期待。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょ、ちょっと!:

« 肉体労働 | トップページ | 期待。 »