« 好奇心・・・? | トップページ | ドラマ・・・? »

2006年7月 8日 (土)

Knock Out!

車で北へ向かうこと3時間。
高速道路も無いから、疲れるっちゃ疲れるんだけど。
此処は最北の地。
ノシャップ寒流水族館へ行ってみました。
ゴールデンウィークに行ってから、約2ヶ月振りです。
あの時、保護されていたアザラシの赤ちゃんが、どうなっているか・・・・?
会いに行ってみることにしました。
相変わらずお忙しそうな係員さんを、強引に捕まえること数度。
ご迷惑をかけてすみません。・・・さぞかしヘンな客だと思われたことでしょう・・・(笑)
教えて貰って覗いてみた幼児用プール。
Wamon02ワモンのチビちゃんがいました!
4月末に見たコと、同じ個体かどうかわかりません。
聞けば、保護されたアザラシの殆どが、命を失ってしまったとか。
クラカケアザラシは、全部ダメだったそうで・・・飼育の難しい種類なのかなぁ。。。
今は、このコと、ゴマフのチビちゃんが残っているだけ。
そして、人の手からエサを貰うことを覚えてしまったこのコたちは、もう海へは帰れないのだそうです。
なんとなく、そうかもなぁ・・・と思ってしまったのは、人に対する懐きようでした。
覗き込んだ人に甘えるような声で・・・エサをねだっているのかしらん・・・鳴きながら、寄ってくるんですね。

しかし、これがまた可愛いんだ(爆!)

危うく、抱っこして連れて帰るところでしたね(大笑)
産毛の頃も可愛らしかったけど、・・・ワモンアザラシは、アザラシの中でも一番サイズが小さいんではなかったかな?・・・産毛が取れても、可愛らしさは変わりませんでした。
Gomafu こちらは、一緒にいたゴマちゃん。
こちらも、大変人懐こかったです。

ノシャップ寒流水族館は、ゴマフだけで10数頭いるのと、エサのホッケをやることができるので、アザラシに遊んで貰うには絶好なんですな。
ただし、アザラシの食欲が失せた時点で、相手をしてくれなくなります(笑)

それにしても、お天気の良い土曜日に、この人の入りで大丈夫なのかいな?
・・・そう思うほど閑散としておりました。
水族館とはいえ、規模が小さいのと、アザラシプールなんぞは目の前の海からくみ上げるだけで済むのかも知れませんが。
メインの回遊水槽も、地元のお魚展示なので、恐らく大規模な装置を置いていないと見ることも可能ではありますが。
アザラシの保護施設と位置づけるには、あの設備ではどうなのだろうか?
それでなくとも、道内の自治体は既にずっこけた某市を始め、決して良い財政状態とは言えない筈だ。
金のかかる施設は、まっさきに閉鎖の憂き目に遭うんだよなぁ。
旭山の様に・・・とは言わないが、もう少し積極的な作戦が必要なのではないのかしらん??

かくいう自分が、ここで何をしていたかと言えば、アザラシに遊んで貰い(コレがメイン(笑))水槽の写真を撮る練習をさせてもらった、と言うところ。
それでなくとも、薄暗い水族館内は、写真撮影が難しい。
人がいないから、のんびりとカメラの設定変えたり撮影場所をあれこれ変えたりといったことが、人様に迷惑を掛けずに行える。
おかげさまで、このレンズだとここまで離れるとピントが合う、とか、ISO1600にすれば、この程度の照明でも、シャッタースピードが落ちないとか・・・・
いろいろやってみることが出来ました。
Huusen その成果。
旭山にも来たそうですが・・・フウセンウオです。
ちょっと不機嫌です(笑)

|

« 好奇心・・・? | トップページ | ドラマ・・・? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Knock Out!:

« 好奇心・・・? | トップページ | ドラマ・・・? »