« トッカリ | トップページ | 似てる・・・? »

2006年9月 4日 (月)

渡りの前に

少し前まで、田んぼに片隅には必ず一羽や二羽見られたはずが、すっかり繁殖期が終わってしまったようで、ほとんど姿を見かけなくなっておりました。
折角望遠レンズ買ったのに、今年は無理かなと思っておりました。

昨日、トッカリセンターへ向かう途中の小川の岸に姿を見かけて、ラッキ~♪とばかり、そろりそろりと近づいて、シャッター切ってきました。
そうはいっても限界があって、このコ達は本当に警戒心が強いんで、苦労します。
Aosagi

アオサギさんです。

もう少しで、南の方へ渡りを始めてしまうので・・・なにせ、こちらは、冬場は湖沼という湖沼が凍り付いてしまいます(笑)・・・いなくなっちゃうのですよね。

多分、幼鳥かと思われます。
今年生まれさんなのかなぁ。
これから初めての渡り、初めての冬越し・・・なにもかも初めて尽くしで・・・。
でも、元気で帰ってきて、来年はまたここで新たな命を生み出してくれますように!

|

« トッカリ | トップページ | 似てる・・・? »

コメント

まだ幼いのですか?
可愛くもカッコいいですねっ(。^(エ)^。)
クマは野鳥さんや野生動物さん達の苦労を
三割ぐらい少なく出来たらいいな~と思ってますよ。
数字に根拠は有りません。。
干ばつ等の状況なら当然もっともっと数字を大きくしたいですが。
神様にならなきゃ無理ですね

投稿: kumaka | 2006年9月 6日 (水) 20:11

アオサギさんであれば、エサの確保として、小魚とかカエルさんが十分居れば良いハズで。
そのためには、そのエサとなる虫が大量に居ないとならないわけで。
田んぼの農薬を減らすとか、川や沼に妙な外来魚を放さないとか。
いろいろとやれることはありそうなんですけどねぇ。

投稿: Ray | 2006年9月 7日 (木) 00:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渡りの前に:

« トッカリ | トップページ | 似てる・・・? »