« お別れ・・・・ | トップページ | 渡りの途中 »

2006年10月27日 (金)

好奇心いっぱい

基本的に、生き物たちは好奇心が強いのだろうか?
本来、徹底的に保守的でなければ、野生下では生きていけないハズなんだけど。
保守的ということは、一度経験して安全だと確認したことを、ひたすらなぞっていくことで、リスクを減らそうと言う、言ってみれば生きる知恵。

にもかかわらず。。。
Hikaru 好奇心の旺盛なゴマフアザラシさんです。
若いコだから、ある程度は冒険心があるのかしらね?(笑)
旭山には、ゴマフアザラシの女の子は、二頭しかいません。
このコは若い方の女の子だと思うんだけど。
確か、まだ3つか4つくらいだよね?ヒカルちゃん。
流石に群れの中では小柄なので、このコと、一番小さい男の子のソラくんだけは、まだ分かるんですけど。
ちなみに、写真はかの有名なアザラシ館マリンウェイ。
どこぞの外国の施設から「こんな狭いトコロに、一体どのくらいの時間アザラシを閉じこめているんだ!?」とおしかりを頂戴したと言うのは有名な話。
いや・・・通り抜けられるんです、此処。
無理に入れている訳じゃなくて、彼らが気の向くままに通り過ぎていくだけなんです。
途中、何かに気を取られて立ち止まった(?)ところ。
案外、客が少ない時に、よくやります。

ちなみに、もう一頭の女の子、カムイちゃんは、まだ個体識別できません。
もちっとゆっくりお腹を見せてくれると、まだ見分ける可能性高くなるんだけどねぇ。
水の中のアザラシは、なかなかに俊足で・・・・(笑)

|

« お別れ・・・・ | トップページ | 渡りの途中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 好奇心いっぱい:

« お別れ・・・・ | トップページ | 渡りの途中 »