« 両隣 | トップページ | 休憩地 »

2006年11月11日 (土)

期待してます。

もちろん、動物園で新しい命が誕生することは嬉しいし、何より、可愛い赤ちゃんが見たいって気持ちは十二分にあります。
でも、それは生き物を知る上で、ほんの一部分。
赤ちゃんがいるかいないかで、生き物の価値が決まるわけではないので。
それは分かっているけれど、それでも、赤ちゃんが生まれるよor生まれたよ、と言うニュースは嬉しいわけです。
繁殖という意味では、動物園の環境が良かったんだね・・・・と。そして、赤ちゃんの可愛らしさはまた格別♪
だから、淡い期待を抱いてたりする部分もあるんですけど。
Tonchan04

初夏に、しっかり繁殖行動を目撃してしまった(笑)クマゾウくんとトンコちゃんも、もしかしたら、もしかするかも知れないカップルなんですが。
7歳と22歳の年の差カップルでして、トンコちゃんの方は問題無いようなんですが、クマゾウさんが、何分お年なんだそうで。。。。。(笑)えと・・・・・・。
円山のヒグマさんは、確か30過ぎ。
野生下ではともかく、飼育下でそれだけ寿命があるなら、まだお元気なのでは・・・?と思ってしまいますが。

Tonchan05
ヒグマは、冬眠の間に子どもを産みます。6月に交尾で1月に生まれたとして200日以上妊娠期間があるということになりますが、生まれてくる子どもは、ネズミサイズなんですよね。
着床遅延という、受精卵が成長しない期間があるそうです。
秋口、冬眠に入るときの母グマの栄養状態が万全であれば、受精卵が着床してちゃんと成長するシステムなんだとか。自然っていうのは、上手く出来ているもんですね。 

Jareai 春先、トンコちゃんの発情に伴う同居では、じゃれ合う2頭の迫力ったら凄かったんですけど。
もし、来春トンコちゃんがお母さんになることがあれば、同居出来ないから、残念ながらじゃれ合うのはお預けってことになりますね。

来春、子グマが見られると嬉しいな。

|

« 両隣 | トップページ | 休憩地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 期待してます。:

« 両隣 | トップページ | 休憩地 »