« ペンギンという生き物2 | トップページ | ペンギンという生き物4 »

2006年12月19日 (火)

ペンギンという生き物3

一口にペンギンと言っても多種多様。
その大きさや模様、生活は種類によって様々。
そして、その性質も。

イワトビペンギン編
Iwatobi13 かつては某コマーシャルですっかり有名になったタイプですね(笑)
頭の横の黄色い飾り羽根が特徴です。
いわゆるマカロニ(洒落者)ペンギンと呼ばれる連中の一種類で、他にも似たような飾り羽根を持つ種類が何種がいるらしい。
ちなみに、自分はイワトビさん以外のマカロニ種は見たことがありません。
やはりここは、八景島にLOCK ON!(笑)

ロックといえば、イワトビという名称は、英名の「ROCK HOPPER」の直訳と思われ、岩場をぴょんぴょん飛んで歩くことから、この名が付いたようです。
ん?岩場・・・・?
それでご想像がつくとおり、このコ達は、夏は雪や氷が溶けて岩や小石が露出するような場所に生息しているわけです。
決して、ペンギン=雪と氷、ではないのですね。

どちらかと言えば、気性は荒い方かもしれません。
荒いというより、きかない・・・かな?(笑)
そんな彼らもじつわ・・・・パートナーにだけはひたすら、ひたすら優しいのでした。
Iwatobi12 一生懸命、相手の毛繕いをしてあげる光景が良く見られます。
そのパートナーの姿が見えなくなろうものなら、甲高い声で呼びます。・・・まるで小さい子どもが癇癪起こしたときの声そっくりなんです・・・・。
先日、旭山の屋外放飼場でも一羽のイワトビさんが、この声でパートナーを呼んでおりました。
「どこぉ~~~っ?!」
「ここ~~!」
室内の方から同じ声が返ってきて・・・・お返事があるや否や、平然と毛繕いに専念し始めた姿は、なんとも笑わせてくれました。

Iwatobi11 雪が激しく降る中、プールで泳いでいらしたイワトビさんです。
いや、お腹の白い部分が見えないのと飾り羽根が濡れて張り付いちゃっているので、別の生き物みたいに見えてます。
ちょっと、エトピリカに似てる・・・・?

旭山では羽数が少ないせいか、ときどき見逃します。

 

 

洗濯したり洗車したときに限って、雨が降ってくる・・・そういう星回りの人っていますよね?
実は自分もそのタイプ。
流石にヤバイかと思って、午後からお休みを頂き、車庫の屋根の雪下ろしを致しました。
・・・・雪がわんさか降り出しました・・・・。
くすん。。。。。

雪下ろしの方は、隣のおじさんが手伝ってくださいまして、思ったより早く終わったので、窓の方も救出作業した結果・・・・腰が痛い(笑)

この後、忘年会なんですけど・・・・。

|

« ペンギンという生き物2 | トップページ | ペンギンという生き物4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペンギンという生き物3:

« ペンギンという生き物2 | トップページ | ペンギンという生き物4 »