« ペンギンという生き物1 | トップページ | ペンギンという生き物3 »

2006年12月18日 (月)

ペンギンという生き物2

ペンギンと言えば、南極・・・・そう思う人が多いらしい。
南半球に間違いはないけれど、全てのペンギンが極寒の地にいるわけではない。
ほぼ、日本と同じような気候の地に住まう者とて、決して少なくないのだけれど。
それでもやっぱり、ペンギンには雪が似合うと思ってしまうね。

ジェンツーペンギン編
Gentoo09 嘴のオレンジが鮮やかなのと、目から後頭部にかけて白いラインが入っているの特徴です。
あと、あんよも黄色です。
コケティッシュな感じがするのと、あまり気の荒さが見えないところがお気に入り。
で、何でみんなして上を眺めているかと言えば・・・・。
雪が降っているんですよ(笑)
多分、今年入った若いコ達だと思われます。
前の居住地では完全室内飼育で、人工降雪はありましたが、天然の雪を見るのは初めてなんですね。
ふわりふわり・・・・風に揺られてひらりひらりと舞ってくる雪を目で追いかけ、追いかけ・・・パクパク、パクリ♪
目の前の鈴なりの客なんて、目に入っていません(笑)
Gentoo10

ちょいっと頭が切れてしまってごめんなさい。
エイやっとばかりにジャンプの態勢ですが、何のことはない、目の前の板に飛び乗っただけ・・・しかも、段差なんて殆ど無いのに、まぁ大袈裟なことです(笑)
この板は、キングペンギンさん達がお散歩でペンギンから出る時に段差を埋めるためのものです。
この時、キングさん達はお散歩中。みんなが出た後、板を一時的に置いてあっただけですが(帰ってきたらまた、これで段差をうめてペンペンさん達を迎え入れ、全部終わった後にはちゃんと収納する場所があるんですが。)それがどうやら気になるご様子。
Gentoo11 飛び乗ってみたり、とことことこと歩いてみたり、カジカジしてみたり・・・・。
好奇心はひたすら旺盛です。

このコたちは、割と極地に近いところに棲んでいるそうで、寒さには強いけれど、逆に暑いのは苦手。
新人さん達は、この夏、夏バテで体調を崩した時期もあったようです。
 

Gentoo12 夏場に撮った写真ですが、水中のジェンツーさん。
たまたまこの時はのんびりと泳いでらしたのですが、ジェンツーさんはとてつもなく速いんです。とにかく水中のジェンツーはカメラでは狙いづらい。
聞けば、なんと時速30kmを出すこともあるらしいとのこと。
ペンギンの中では、水中でのスピードが最も速いのがジェンツーペンギンだそうです。
そのスピードを活かして(?)イルカのように水面へ飛び出して泳ぐこともよくあります。

なんと、この愛すべき不思議な生き物たちよ・・・・!

 

 

出ました!
全国に先駆けて(笑)
マイナス20度を記録した、本日の我が町です。

流石に旭川はそこまで冷え込まなかったみたいですが。
最低気温と、積雪量、ついでに北海道の最高気温では、結構な記録を持っていると言う、ちっとも結構ではない我が町なのでした(笑)

そろそろ、水道の凍結を心配しないとならないなぁ。
一応、朝は早めにタイマーでストーブを点火するようにはしているけど。
一番冷え込むのが、やはり朝方なので。。。。

朝方は、靴の下で雪がキュッキュと鳴り、ダイヤモンドダストがきれいでした。

|

« ペンギンという生き物1 | トップページ | ペンギンという生き物3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペンギンという生き物2:

« ペンギンという生き物1 | トップページ | ペンギンという生き物3 »