« 増殖??? | トップページ | 雪の中 »

2006年12月13日 (水)

ブボ・・・・?

学術的な話になると、さすがに難しい方向へ行ってしまうのですが、一応生き物には学名というものが着いているってなことくらいは知っております。
世界共通の生き物であっても、それぞれの国々で様々な呼ばれ方をしていまして、一歩間違うと・・・特に植物に顕著ですが・・・同じ日本の中でも地方によって呼ばれ方が違ったりします。

学名というのは、そういった混乱を招かないための、言わば世界共通名称ということになりますか。
Gakumei さて、
某所に掛かっておりました看板の一部を切り抜いて見ました。
学名は、素直にローマ字読みして構わないハズなので、この音から、何となく想像を付けていただけるでしょうか。
この学名を持つ生き物が、一体何なのか・・・?

Washimimizuku 正解はこちら。
ワシミミズクさん。
フクロウの中でも大きい方ですね。
過去には迷鳥と思われていたものが、実は道内での繁殖が確認されて、めでたく生息と言うことになったのだとか。

ちなみに、フクロウとミミズクの違いは、目の上の方に、耳のように見える跳ね上がった飾り羽根があるかどうかだと聞きました。
ある方はミミズク、無いのがフクロウだそうです。実際にはこの位置に耳はありません。
でも・・・・、
シマフクロウはどうなるんでしょうか??
フクロウと言いながら、連中は確か飾り羽根があるよね?ね??

こちらが、フクロウさん。正確にはエゾフクロウさんです。
Ezohukurou 本州にいるフクロウさんの亜種という分類になるそうですが、仲良し三羽。
右端のコは、実は左目がありません。
カラスにでもやられたんじゃないかと思いますが、こういった傷病鳥獣の保護もしていたんですよね>旭山
過去形なのは、現在はやっていないからで、これは某物わかりの悪い行政機関が拘わっておりますので、取りあえずここでは書きませんが(笑)

冬場は、フクロウ類の展示をしていないとばかり思っていたんですが、実はこの2種だけは展示されていました。
この間行って、初めて気がついたんです。
すみません。先入観ってヤツでしょうか。今後、こちらの檻にもご機嫌伺いに参りたいと思います。

|

« 増殖??? | トップページ | 雪の中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブボ・・・・?:

« 増殖??? | トップページ | 雪の中 »