« 芸術品 | トップページ | ペンギンという生き物2 »

2006年12月17日 (日)

ペンギンという生き物1

空は飛べないけれど紛れもなく鳥であり、陸上ではよちよちと歩いても水中では自由闊達に飛び回る生き物・・・・それがペンギンさん達です。

キングペンギン編
Osanpo01 お散歩、お散歩。
楽しいな!嬉しいな!

てな感じに見えとりますが・・・・(笑)
キングペンギンは、野生の状態でもこのようにエサを取りに、集団で何百メートルも何キロもあるいて海へ行くのだそうです。

彼らの本来の姿を見て貰おうと、動物園が始めたお散歩であって、「行進」でもなければ「パレード」でもありません。
もちろん、「ショー」でないことは言うまでも無いですね。
Osanpo02

この集団行動には弊害が一つありまして(笑)

・・・1羽が、何の気紛れかルートを外れて雪山を登りだしてしまいました。
いや、野生下においては決められたルートなんぞあるわけもないのですが、黒山のお客さんの中では、最低限の取り決めは必要となってしまうのです。
 

 
Osanpo03

キーパーさんが、逸脱を止めるべく、行く手を遮るように回っていきますが、時既に遅し(笑)
ほかの連中も、気がついてしまいました。

「お、なんだ?そっちか?」
「そっちへ行くのか??」
 

Osanpo04 ぞろぞろぞろ。。。。。

ええ、一羽が動くと全部が同じ方向に動いてしまうと言うのが、キングペンギンさんの習性でございます。
ちなみに、この時先頭を歩いていたキングさんは、一羽だけ取り残されておられました(笑)

とりあえず、軌道修正するためのキーパーさん、もうひとり応援に入ります。

Osanpo05 はいはい、みんなコースに戻ろうねぇ!

「ちぇ~。」
「つまんないの~~。」

数羽、キーパーさんに抗議モードだったのもいましたね。

本当は、自由に歩かせてあげたいけれど・・・・迷子になって帰ってこられなくなったりしたら困るモンね(笑)

運動不足になりがちな冬場の(余り泳がなくなるそうで)ダイエット(?)も兼ねて行われるペンギンの散歩です。
マナーの悪い人が、手を伸ばしたり行く手を阻んだりしないことを切に祈る次第です。
ペンギンの安全が第一ですからね。
・・・・客の満足度は二の次ってあたりが、旭山だよな(笑)
いや、それでこそ旭山だと、自分は思うのですが。

|

« 芸術品 | トップページ | ペンギンという生き物2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペンギンという生き物1:

« 芸術品 | トップページ | ペンギンという生き物2 »