« 帰着~~! | トップページ | お洒落さん♪ »

2007年1月24日 (水)

最小サイズ

八景島の翌日は、葛西臨海水族園をお訪ねしました。
前に何度か行ったことがあって、巨大なマグロ回遊水槽に目を見張ったものですが、今回の目的は魚類ではなく鳥類(笑)
Fairy 18種類と言われるペンギンさんたちの中でも、最も小さいサイズなのがこのコ達。
フェアリーペンギンさんたちです。
サイズは約40センチ。
これで、立派な大人なんですけどね。
・・・・なんでかなぁ・・・知らないくせに、説明や解説も読まずに赤ちゃんペンギンだって決めつける人がすごく多いのは・・・・?
ペンギンに種類があることもご存じないってこと?
インコがオウムのヒナだと思う人や、キュウカンチョウがカラスのヒナだと思う人は居ないだろうに、ペンギンだと、小さいと言うだけでヒナだと思うってのは、つまりペンギンのヒナの状態を知らないから・・・・なのかしらね?

それはともかく、フェアリーペンギンさんのヒナってのは見てみたいものですね。
展示場の状態からして、巣穴で子育てするタイプらしいので、難しいだろうけど・・・。

一歩間違うとナックル歩行に見紛うような前傾姿勢(笑)
妖精の名を持つにしては、ちょっと目つきが悪かったりして(笑)
でもって、何やら不思議な感じがしたのは、背中側の毛色でした。青・・・と言うか緑がかった光沢を持つんですね。
Fairy02 日差しが当たると特に顕著です。

こちらも、フィーディングタイムがあって、飼育員さんの解説が聞けます。
エサに群がるフンボルトペンギンさんも迫力でしたし、岩場を模した広い展示場で、跳ねるイワトビペンギンさんも見ることができます。
一日2回のガイドツアーも、裏側を見せてもらえたりとオススメですよ。

 

 

相変わらず、体調が回復せず。
朝から病院送りになるも、今ひとつすっきりしません。

旭山のホームページに、動画がどんどんアップされていますね。
よもやまさか、旭山ではイワトビペンギンさんが跳んでいるのをあまり見ない、と書いたせいではないでしょうが、あのハイテンションは一体何なのでしょう(笑)

そういえば、札幌と旭川を結ぶJRの特急に、「旭山動物園仕様」の車両が導入されるそうな。
言ってしまえばイラスト列車なのだけど、車体から内装まで・・・何とも賑やか・・・・あべ弘士さんのイラストで満ちあふれていました。
JRの集客アップはいいけれど、旭山がパンクしないように祈ってます・・・・。

|

« 帰着~~! | トップページ | お洒落さん♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最小サイズ:

« 帰着~~! | トップページ | お洒落さん♪ »