« ホップ!ステップ! | トップページ | お婿入り »

2007年1月11日 (木)

ゴマちゃんじゃないよ♪

まだ、写真でご紹介していませんでしたね。
Coron 昨年生まれたゼニガタアザラシのコロンちゃんです。
可愛らしい名前を付けて貰ったけど、実は男の子(笑)
もうちゃんとお魚を食べていますけれど、大人のアザラシに比べれば、サイズはだいぶちぃちゃいですね。

アザラシと言えば、ゴマちゃんのゴマフアザラシが有名になってしまっていますが、このゼニガタさん、唯一日本で繁殖する種類です。
数年前まで某道東の港町で過ごしていたので、名前は良く聞きました。
英語だとHarbor Seal・・・港のアザラシなどとも呼ばれる連中で、外洋性のゴマフさんなどと違って、入り江などで暮らすそうです。
ちなみに日本名のゼニガタは、身体の模様が銭・・・平次親分が投げるヤツですな(笑)・・・に似ているからだとか。
さらに、アザラシと言えば、赤ちゃんは真っ白な産毛に覆われている・・・・と思いきや、それは氷の上で繁殖する種類だけなんですね。
白い産毛は、氷の上では格好の保護色になりますが、岩場で繁殖するゼニガタさんは、生まれたときには既に産毛を脱いでくるのだそうです。
黒々とした岩場で、真っ白な赤ちゃんは・・・・流石にマズイでしょう。

さて、こちらも紹介していませんでした、バンドウイルカさん達です。
Bandou 先日載せたカマイルカさんより大型で、南の方に棲むイルカさん達。
ショーやパフォーマンスの花形さんで、一番良く目にする種類ではないかと思います。
上がルビーちゃん、下がココアちゃん・・・かな??
体色がカマイルカに比べて暗いので、照明の暗い館内では、写真撮るのに苦労するコたちです(笑)
他にミルクちゃんとパールちゃんがいて、女の子4頭のチームです。
この日は、パールちゃんの集中力がしょっちゅう途切れて、飼育員さん達が大変そうでした。・・・・女の子だからね、もしその時期だとしたら、・・・しょうがないわね・・・・(笑)。
最近は、ステージにランディングして滑っていくのがバンドウイルカさん達のブームなんだそうです。
写真の左下に見えるステージに、サバっと上がってきてツ、ツ、ツ、ツーと滑っていくのですが、あのご機嫌の良い時に聞こえるコロコロコロって声(?)まで出して、それは楽しそうに遊んでいました。

 

 

鳥羽水族館のイロワケイルカのトトちゃんが、天に召されたそうです。
誕生の頃から、いろいろ体調の不具合が出て飼育係さんに心配を掛けていたようですが、残念なことです。
何より、自分の子を育て上げることの叶わなかったお母さんイルカさん、さぞかし悲しいことでしょう。

繁殖させるというのは、本当に大変なことなのだと。
無事生まれてきても、トトちゃんのように途中で亡くなってしまうコもいるのですね。
様々な施設で、様々な研究がなされ、環境を整えたり、個体の入れ替えをしてみたりと、ご苦労が忍ばれます。
動物の赤ちゃんの可愛らしい姿の裏には、客からは見えないたいへんな苦労があると言うことを、肝に銘じて置きたいものです。

|

« ホップ!ステップ! | トップページ | お婿入り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴマちゃんじゃないよ♪:

« ホップ!ステップ! | トップページ | お婿入り »