« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月27日 (火)

冬のキリン

Marimo32_1 旭山動物園のマリモちゃん。

とにかく、網目模様のくっきりハッキリしたキレイなコです。
此処を通っていくお客さん、ほとんどの人が、キレイと評して行きます。
特に今時期、周辺が白いもんだから、特にくっきりハッキリ。

間もなく2歳になる、まだちっさいキリンさんなので、そこらへん、分かる人は、まだ子どもだね~、小さいねぇ、可愛いねぇ・・・・なんて声も聞こえます。
 

 Marimo33

首の長いキリンさんが、餌を食べやすいように、その様子が良く見られるように、すのこ状の板で作った箱を、高い位置からぶら下げてあります。

この日は、葉っぱ付きの木の枝が入っていました。

基本的に草食とはいえ、地面の草より木の葉が好きなのですね。地面に生えているものを食するのは体型的に難しいから、自然そういうことになっちゃったのかな。
Marimo34 木の隙間から引っ張り出して、嬉しそうにもぐもぐしていました。

てか、なんで葉っぱが付いてるの??
この真冬の時期、北海道においては針葉樹を除いて殆どの木は落葉しているハズなんだけど・・・・。
もちろん、一部の葉っぱを落とさない広葉樹があるわけだが、たいてい、雪の中にすっぽり埋まるほど小形の植物だと思うのだが。
一体どこから調達してきたんですか?旭山動物園さん。

続きを読む "冬のキリン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

びみょ~~(笑)

最近、登場率高いね、じぇんこちゃんことジェンツーペンギンさん。
それにしても、ペンギンさん達もやっぱり鳥なんだねぇ。

鳥さんは、正面から眺めるモンではありません(笑)
Gentoo24 何と申しますか、形状が、とっても微妙です。

横や斜め横から見ると可愛らしいジェンツーさん。
後ろから見ても、コミカルなジェンツーさん。

正面だと・・・・こんな感じです。

アップでどうぞ。
 
Gentoo25

この目の位置からすると、このコ達もやはり下の方向がよく見えていそうですが。。。。
やはり、海中で獲物を狙うときには、水面に近い所を泳いで、下方にいるオキアミさんを探す・・・と?
そういうことかいな?
イルカさんと同じみたいだけど、ペンギンさん達が仰向けに泳いでいる姿は見たことが無い。
この違いは、やはりイルカが遊ぶだけの知能を持っている、ということなんでしょうか?
それとも、仰向けに泳げる身体の構造をしていない、ってことなのかな?

やっぱり、見れば見るほど不思議なペンギンさん達♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

満一歳!

今日はお誕生日でしたね。
この世に生を受けて一年。
あなたにとって、ここはどんな世界でしたか?途中、優しいお姉さんが一人いなくなってしまったけれど、日に日に大きくなっているのだろうあなたの、秋口のまだあどけない仕草を思い浮かべています。
一歳のお誕生日おめでとう!
これからもずっと元気で。
逞しく育ってくださいね。ランちゃん♪
Ran02_1

てなわけで、鴨川シーワールドのシャチの末娘。
ランちゃんが一歳を迎えました!

昨年秋口に鴨川へ行ったときには、まだお母さんにぴったりとくっついて、お母さんのやることなすこと興味津々(笑)

Ran03 お母さんにくっついて、可愛らしいジャンプも披露してくれました。

まだ、若干オレンジがかっていた肌の色は、白身を増していることでしょう。

お姉さん達と仲良くしているかな?

Ran04 手持ちのランちゃんのお写真大放出です。
コンパクトデジカメで、しかも以前のヤツだったから、ちゃんと撮れているのがあまり無いのですけど・・・。

鴨川は、隣接するホテルに泊まって、足かけ2日間楽しみました。
ランちゃんのお父さん、ビンゴさんで初めてオスのシャチを見ましたけれど、とにかく感動ものでした。

カマイルカのキララちゃんは元気にしているかな?
バンドウイルカは、また赤ちゃんが誕生して元気に育っているようですね。
また行ってみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

残念でした。

正式には動物園ではありません。
協会に属していないので。
でも、ヒツジさんに関して、ここは貴重な資料館です。
日本でも、此処でしか見られないヒツジさんが何種類もいます。
北海道士別市の郊外にある「世界のめんよう館」へ行って参りました。

でも、割と有名な辺りから(笑)
Sheep_merino 室内で、しかもお外が晴天だったので・・・とかとか言い訳しつつ(笑)

くるりん角のメリノーさんです。
羊毛・・・ウールで有名です。
ご覧の通りモコモコさん。

 

Sheep_suffolk こちらは、サフォークさん。
お肉で有名です。。。。。
ちなみに、実際美味しいです・・・・。
もちろん、羊毛も取れます。

ヒツジさんたちは、今が出産のシーズンで、しばらく前に、五つ子が誕生したとニュースが出ていました。
上手く行けば、赤ちゃんが見られるかと思って伺ったのですが、残念ながら、仔ヒツジちゃんたちの公開はゴールデンウィークぐらいになるんだとか。
2月、3月に生まれて、二ヶ月もたつと、結構大きくなっちゃうからなぁ。
本当は、ちっちゃい内にお目に掛かりたかったんですけど。
不特定多数の人間が出入りすることは、仔ヒツジちゃんたちにとっては、あまり良いことではないらしいです。
ガラス越しで良いから見たいなぁ。
でも、あれかな。見せちゃうと、撫でたいとか抱っこしたいとかワガママ言う客が居るのかな?
気持ち分かるけど(笑)

続きを読む "残念でした。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

明日は雨?

昨日に引き続いてニャンコ♪
おっきなニャンコ。
ライオンもトラも同じネコ科の生き物ですが、ライオンは群れを作るせいか、トラの方がネコっぽいっちゃネコっぽい。
Icchyan02 旭山動物園のイチくん。普段はいっちゃんと呼ばれてます。
どういうわけか、いつも毛がケパケパ状態(笑)

奥方ののんちゃんは、この日は姿を見せてくれず。
けっこうな頑固者だと聞いているんですが、それでもあんまり出てきてくれないと、ちょっと不安になります。

朝一番にお伺いしたら、お顔を洗ってる真っ最中でした(笑)
これだけ巨大なニャンコが顔を洗ったら、さぞかし翌日はイイ振りっぷりになるんではなかろうか?
Icchyan03 前足もデカイが、舌もおっきいね。

トラって、密林=ジャングルの生き物というイメージがあるせいか、この時期寒くないのかしら・・・とおっしゃるお客様の声を良く聞きます。
いや、アムールトラだし。
ベンガルトラとかスマトラトラなんかは、暖かい地方の生き物なんでしょうけど、アムールトラは、別名をシベリアタイガーとも言います。
シベリアといえば、密林は密林でも、鬱蒼とした針葉樹林帯・・・だよなぁ。
もともと寒いところに棲むトラさんで、何とかの法則に則って、トラの中では最大の大きさを誇ります。
降雪が激しい時には、頭から雪を被って・・・それでものんびりしてるいっちゃんなのでした。

ちなみに、いっちゃんは男の子ですから、マーキングします。
しかも、お客さんに向かってマーキングします。
結構、飛距離があります(笑)
檻越しにこちらを睨んでいるトラが、ちょっと白っぽくてケパケパの場合は、注意しましょう。
くるりと後ろを向いて、ゆっくりとシッポが上がります。
飛び退きましょう!
にゃんこのソレは、結構臭うようです(笑)

続きを読む "明日は雨?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

アキラちゃん劇場2

この日午前中は断続的な雪となりまして、写真もちと見づらいのですがお許しください。
本日のお題は「いたずらっ子」・・・・ってとこでしょうか。
Akira08

ライオン舎は一部アクリルガラスになっていますが、この時期、その真ん前に木の板を1枚おいてあります。
実は、ライオンはあまり寒いところが得意じゃありません。
多少慣れたとは言え、やはり冷たい雪は苦手で、自然と熱伝導率の低い板の上に座ることになります。

この日、お父上とお母上が板の上に上がってしまい、当然アキラ殿下もお母上とご一緒ですから、人(ライオン)口密度の高いこと。
ガラス越しのお客様の目には、微笑ましいライオンファミリーの姿に映ったことでしょう。
ですが・・・・、
Akira09 悪戯盛りの殿下は、お母上にじゃれつくだけでは飽きたらず、お父上の背中をカプっ!

痛かったんでしょうか、不意打ちだったんでしょうか。
ライラさん・・・・シッポが跳ね上がってます(笑)

 

Akira10

思わず息子に向かってガウっ!!!

殿下は、きょとん。

 

 
 

Akira11

 そこへお后のレイラさんが ダンナを睨みます。

 「あなた・・・・、何か??」

 「いや・・・それほどでは・・・・。」

思わず、叱りつけた視線が逸れるライラ陛下なのでした(笑)
レイラさん、つおいっ!

いかん、これじゃアキラちゃん劇場じゃなくって、ライラさん劇場だわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

アキラちゃん劇場1

何だかんだと理屈をくっつけてエラそうなコトを言っても、やっぱり可愛いんである(笑)
こちら風に言えば、めんこい(笑)めんちゃこい(笑)

んなわけで、題して「やんちゃ坊主」
Akira04

母上のシッポで遊ぶの大好き!

 

 
 
 

Akira05

でも、母上は向こうへ行きたいみたい。

 

 
 
 

Akira06

ずりずりずり・・・・

 

 

  

Akira07

なんとしても、離さない覚悟のご様子。

レイラさんのシッポ、今に伸びちゃうかもね(笑)

これも、立派な狩りの練習なんだろうなぁ。
獲物に食らいついたら離さない・・・てか。
野生の状態では、自分のプライドを抱えるまでは、自給自足なんだろうし。
それにしても、この先だんだん大きくなって、顎の力とか着いてきたら・・・・レイラさんも溜まったものではなかろう。
子どもを育てるってのは、大変なことなのよね・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

冒険大好き!

公式のサイトにもアップされたから、もうこちらで載っけても良いよね。
旭山動物園、ペンギン館前の「トボガン広場」です。
正式には19日から公開だったのですが、18日の日曜日に開通式(?)やってまして、渡り初めを終えてました。
Gentoo20 観客の頭上を越えるブリッジ・・・しかも、パイプと角材とビニールシート(笑)・・・・を、追い立てられた訳でもなく、餌で釣られたわけでもない、ただ自らの好奇心だけで渡っていくジェンツーさんです。
 

マズ、右を見て~
 

Gentoo21 でもって、左を見て~

ちょこちょこと警戒する様子を見せては、時折立ち止まり引き返しかけて・・・・・でも、好奇心には勝てないらしい。

キングさんのお散歩の時、じぇんこちゃんたちも、お外へ出たい~って、せがむんだとか。
でも、集団で行動するキングさんと違って、じぇんこちゃんは個人主義。
外へ出したら最後、銘々が勝手気ままに好きなように動いてしまうため、何処へ行くかわかりません(笑)
故に、お散歩させることが出来ない・・・・その代わり、広いところで遊び回れるようにと、今回トボガン広場が出来ました。
それにしても、トボガンロードが開通したとたん、上りだしてしまうあたりは冒険者だねぇ。

Gentoo22 広場では、柵代わりに張ってあるビニールシートに興味津々。
何、コレ??
とばかりにつつき、たるんでいた所にうっすら積もっていた雪をパクン。
冒険者たるもの、初めての場所では周辺の調査をぬかりなく行わなくてはならない・・・かもしれない(笑)
 

Gentoo23 一通り見て回って、満足したのかな?
ちょっと一休み中。
・・・って、この体勢のまま前進してくれると、それがトボガンなんだけどね。
回りに群がっている人間を眺めているのも、また面白い・・・・のかもしれない(笑)

新雪が積もったらやってくれるんじゃないかと聞きましたが、むしろ若干の傾斜があった方が良いんじゃないのかな。
トボガンロードの上り下りの傾斜の所に雪が積もったら、そこら辺で見せてくれそうな気がします。
ちなみに、自分がこの日見たのは、2羽の若いジェンツーさんだけでした。
散歩に一緒に行きたがるのはベテラン組のジェンツーさんなのだそうですが、冒険者魂の塊だったのは、昨年夏の新入りさん達だったようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

激イチャ(笑)

なにせ、陸上最大の肉食獣です。
じゃれ合っているのも迫力があるどころの騒ぎではございません。
普通なら、もうちょっと暖かくなってからと思っていたのですが、暖冬のせいなのか、すっかりイチャラブモードに入ってしまっている・・・・、
Polabears02 ホッキョクグマのイワンくんとルルさんでした。

ルルさんの喉に噛み付いてるイワンくん。
牙が見えてしまっているところは、ちとコワいのですが、ルルさんの方もしっかりイワンくんを抱えてます。

昨年秋、冬毛への生え替わりが上手く行かなかったルルさんは、この時期になっても、黒い地肌が透けて見えてます。
まぁ、はるか北極圏に住む生き物ですから、旭川の寒さくらいなら、皮下脂肪だけで大丈夫なのかしらね。
通称シロクマと言われるホッキョクグマですが、擦ったりするのかあちこちハゲチョロ状態の二頭なのでした。

Polabears03 ルルさんの方も、イワンくんにチュ♪

6歳ほど年上の姉さん女房ですが、イワンくんも6歳になり、そろそろ一人前。
この仲良しっ振りだと、次の冬には、期待しても・・・いい?それとも、まだ早い?(笑)
そろそろ、旭山でも子グマが見たいね♪

可愛い赤ちゃんが見たいと言う気持ちも確かにあるし、だからと言って、それだけだとは決して思わないけれど。
ただ、繁殖させてあげられる・・・・と言うことに、一つの幸せを(飼育動物に)感じてもらえると思うので。
ああ、でも・・・・、もし上手く行って赤ちゃんが生まれたら、イワンくんはしばらくのあいだ、ルルさんとは別居状態だわ・・・・。
オランウータンとは違って、個体の性質で一緒に展示できたりする種類ではないんでしょうから。

ちなみにクマの仲間は、感情が仕草や態度、表情に出ないので、飼育していて一番怖い存在だと聞きました。
不機嫌だとか、怒っているとか、判断しづらいそうです。
それでも、なんだかルルさんの表情が軟らかいように見えてしまうんですけど・・・・?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

アキラ殿下♪

旭川に泊まりがけで、二日間旭山に日参しました。
一杯、一杯、楽しく過ごしてきたのですが、まずはこちら!
Akira01

顔立ちもだいぶしっかりしてきた王子様。
後ろにおられるのは母上様です。

まだ、お母上に比べるとちっさいです。

 

Akira02 足腰もしっかりしてきているようで、元気に走り回っておられた王子様。
ひたすら母上にまとわりつき、飛びつき、噛み付いて・・・時折、やり過ぎを母上に叱られつつ、帝王教育を施されているようです。

ちなみに、お名前を「アキラ」ちゃんと言うそうです。
父上が「ライラ」、母上は「レイラ」。
んでもって、秋に生まれたので「アキラ」・・・なんだって(笑)

Akira03 ちと、檻が写ってしまっているのですが、アップのお写真をば。
やっぱり、小首なんか傾げちゃって、あどけない所は残ってます。

一日目も二日目も王子殿下にお目にかかれたんですが。
それにしても、三分の一以上、王子様のお写真だったりします。

このほかにも、イチャつきっ振り甚だしかった(笑)イワンくんとルルさんとか、フワフワもふもふのホッキョクギツネさんとか、トボガン広場で遊ぶじぇんこちゃんとか、とかとか(笑)
相変わらず、旭山はネタが満載でした。
そういや、ヒグマのトンコちゃんが全然出ていなかったけど・・・・籠もってる???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

ぬいぐるみじゃないの

旭山のホッキョクグマさん。
決して、中身がくたくたになったクマのぬいぐるみではありません(笑)Polabear02

水槽側ではない方、ドームのある方の放飼場です。
こちらは、ご年配のご婦人が二人いらっしゃいます。

コユキさんかな?ハッピーさんかな??
壁にもたれた状態で、脇やらお腹やらの毛繕い真っ最中。
両のあんよを投げ出した格好が、何とも言えません。

Polabear03

「なにか・・・?」

大丈夫、ちゃんと中身は詰まってますね(笑)

でも、なぜ、目を閉じたまま?
眠かったのかな?

続きを読む "ぬいぐるみじゃないの"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

体操?

昨日に続いて、じぇんこちゃんシリーズ(笑)
Gentoo17

よぉ~い!

いちっ!

 
  

Gentoo18

にっ!

 
  

Gentoo19

さぁ~ん。。。。

ふぅ・・・・・。

トボガンって動きでも無かったんですが、何をやっていらしたのやら。
足の裏は黒いのですね(笑)

国王陛下がお留守の間、ひたすらジェンツーペンギンさんに遊んで貰ってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

遊び道具・・・?

Gentoo13気になる・・・・・

 

 

 

Gentoo14 アレが気になるの。。。。

 

 

 

Gentoo15 気になるのぉ~!

 

 

 

Gentoo16 ガジガジガジ・・・・

 

 

 

追いかけ回し、突っついて・・・そして追い立てられていたジェンツーペンギンさんなのでした(笑)
ペンギン館の、雪かき風景です。

この時、キングさんはお散歩中。
フンボルトさんはお部屋の中。
イワトビさんは水の中でした!

続きを読む "遊び道具・・・?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

北緯45度31分14秒

ここは北海道のてっぺん・・・正しく日本の最北端。
宗谷岬へ行ってきました。
動物園や水族館のような施設は一切合切ありませんが、その代わり!
こんな連中に会うことが出来ました!
Oowashi 宗谷岬へ向かう途中、ふと海岸に目を遣って見つけました。
数年前まで道東にいて、この大きさとこの色の組み合わせにはピンとくるものがあったりした訳ですが。

天然記念物、オオワシです。
翼の上部の白さからみて、立派な成鳥と思われます。
主に魚を餌とする魚食の猛禽で、翼を広げると2m以上、北海道では流氷の使者の一人でもありますね。
ただし、この時期エゾシカの狩猟期でして、鉛玉を撃ち込まれたまま放置されたエゾシカを銃弾ごと食べてしまって鉛中毒を起こすという問題が起きています。
ハンターのみなさん、お願いですから銅弾を使用してください。でなければ、仕留めた獲物を放置しないでください。
白い尾羽が目的で、密猟されるという話も聞きます。
残念なことです。

さて、いよいよ日本の最北端に到達。
まだお天気も崩れておらず、遙か向こうに見える島影は、サハリンであろうかと思いつつ、眺めておりますと、ふと、野太い合唱が聞こえることに気がつきました。
どこかで・・・・いや、間違いなく水族館や動物園で・・・聞いたコトのある声だぞ。
目を転じれば、少し離れた海中の岩場に群れ集う影。
Sealion
なんだか分かりますか?
300mmの望遠ではこのあたりが限界だったのですが、実はコレ、トドなんです。
野生のトドの群れなんですね。

漁網を破ってしまったりすることから、漁師さんたちには、海のギャングと呼ばれるなど、いろいろトラブルがあるそうです。
安易に自然保護を訴える気は無いのですが、なんとか共存の道を見いだして欲しいと願うところです。
各地の水族館や動物園、あるいは大学などの研究室で、トドの調査研究もなされていると聞きます。
どうか、良い方向で実を結びますように。

自分は、野生の群れはテレビでしか見たことがありませんでしたので、ただ感激しておりました(笑)

このほかにも、オジロワシを1羽目撃いたしました。
まさに、野生の王国なんだなぁと、しみじみ、恵まれた環境に感謝です。
なんとか・・・人の生活も含めて・・・大事にしていきたいですね。

続きを読む "北緯45度31分14秒"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

最北端の水族館

ノシャップ岬にあるノシャップ寒流水族館です。
規模は非常に小さいですし、地元のお魚中心の展示と標本や剥製類。
規模そのものはともかく、解説板の類が貧弱なのが気になります。
もっと、特徴とか特色とか詳しくならんでしょうか?
せめて、フウセンウオくらい、他にも力入れて欲しいかな。
それでなくともスタッフの姿が見えず、たとえば何かお訪ねしたくとも、どうにもならないという状態ですし。
Wamon03

昨年の春先に保護されたワモンアザラシだと思われます。
他のアザラシが全てゴマフさんであるため、同じプールには入れられないらしく、一人寂しく幼獣用プールで泳いでいました。
・・・小さいから、そうだと思うんだけど・・・ゴマフの幼獣じゃないよね?
でも、輪紋が出ていないのは、冬毛のせい?それともまだ小さいから??
Gomahu03

こちらは、ご存じゴマフアザラシさん。
何故か立ち泳ぎで、なにやら瞑想中(笑)
手ぬぐいなんぞ、頭に乗っけてやりたいところですね。
ちょっぴりオヤジ面にはよく似合いそうです(笑)

 
Clioneせっかく、水族館へ行ったので、それっぽいものも(笑)
ハダカカメガイ・・・・って、身も蓋もないわね。
クリオネって言った方が、わかりやすかも。
妖精・・・・とか言われてますが、正体を知っているからには、あんまりファンタジックには見えなかったりします。
いや、こいつら立派な肉食だしな(笑)
食事するときに、どっかの昔話みたいに豹変するしな(笑)

それにしても、ここのクリオネ・・・すごくデカかったです。
かなり個体差があるらしい。

続きを読む "最北端の水族館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

ただいまぁ!

1泊して、日本最北端を堪能して参りました。
宗谷岬はまさしく日本の最北端。

取りあえず、1日目は北上途中に日本海側へ抜けて、オロロンラインを上がります。
途中抜海の港へよるためです。
Gomachans02 ・・・・港湾内に浮かぶウキ・・・?(笑)
・・・くろいブイでしょうか・・・?(笑)

・・・んなわけもなく、これは野生のゴマフアザラシの頭、頭、頭、頭・・・・(笑)
一体コレは、何をしているんでしょう?
寝てる?

後ろの砂浜には、1頭のアザラシの姿もみられません。
日によっては、数百頭と言われているようですが、この日、時間帯が悪かったのか、ご覧の通り浮いているのと、ブロックでゴロゴロしているのと合わせても百頭に満たない感じでした。
お食事に出ていたのかもしれません。
Gomachans03 こちらは、ブロックの上でおくつろぎ中のゴマフさんたち。
相変わらず、どういう訳かシッポがぴょんと上がってます。
中には、妙なところによじ登ってるコまでいたりして。

3月位には、仔アザラシの姿も見られると聞くのですが・・・行けるかなぁ。
写真の中に、妙に白っぽいコの姿も見られますが、ゴマ斑模様が出ているので、子どもではないみたいですね。
同じゴマフアザラシのなかにも、毛色の違うのが多く居るようです。

抜海を後にして向かった先はノシャップ岬。
日本最北端の水族館がここにあります。
その話はまた明日にでも・・・・。

続きを読む "ただいまぁ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

会いに行く!

これは、昨年4月の写真です。
一応4月のブログには張り付いているんですが、確かこの時はまだniftyのnotebookを使っていた頃だったハズ。
Gomahu01 北海道のてっぺん(笑)
稚内は抜海(ばっかい)港に群れ集う、野生のゴマフアザラシさんたち・・・・いっぱい(笑)
波消しブロックの上や、引き続く砂浜のうえに、ごろんごろんしていました。

どういう訳か、シッポがピンと立っているコが偶に居るんですが、横から見たカタチが、まさしく名古屋名物なんとやら・・・・(笑)

Gomahu02 ちょっと広範囲に写してみたものです。
この右手に続く砂浜にも、左に続くブロックの上にも、ごろんごろんです。
しかも、みんな栄養状態満点・・・?てくらいコロコロしてます。

なんとも、のどかな眺めです。

・・・・てなわけで、明日、抜海まで行ってみる予定です。
だいぶ集まってきて、観察場所に休憩所まで出来ていると言うことなので、行ってみたいと思ってたんです。
幸い3連休。ノシャップ寒流水族館も見て、稚内で一泊してもまだ1日余裕がある。
・・・風邪が治ってきたらすぐコレだ(笑)

お天気が荒れないコトを祈りたい・・・・(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

昨夜は・・・・

幾分感情の起伏の激しい時期に、悲しい話だったので・・・・。
今朝起きたら、目蓋が腫れていました・・・・とほほ。

本日は、引き続き名港水族館から。
Beluga02 シロイルカとも呼ばれるベルーガさんです。
女の子3頭のうち、2頭が現在ご懐妊中です。
順調と伺っていますので、この夏には、可愛い二世が見られる・・・のかな??
野生では、とても寒い海に棲むコたち。
幼い頃は全身灰色ですが、年齢を積むに従って白くなってきます。
こんな風に、ボールをバランス良く運んだり、ジャンプも見せてくれますが、イルカ・・・と言っても、良く見るバンドウイルカさん達とは大きさも形状も少々異なった種類です。
どれくらい違うかと言えば。
Beluga03

時々、丸太ん棒になります(笑)

知能も高く、人懐こいところもあり、トレーナーさんには良く甘えた仕草を見せるようです。

赤ちゃんが無事に生まれてきますように・・・・。
失われる命があり、そして新たに生まれる命があり・・・・・。
だからこそ、生命の営みは素晴らしいと思うわけです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

切ない・・・。

遠くて、なかなか行けない所ですが、それでも大好きな場所です。
一日ぼんやり過ごせたら、どんなに幸福であろうかと・・・・そんな場所です。
名古屋港水族館。
たくさんのイルカさんと、シャチのクーちゃんがいるところ。
あんまりいっぱい居るので、個体識別どころではなかったけれど、お話聞かせて貰ったり、ブログ見せて貰っていた分、親しみを持っていたあの場所から。
一通の訃報が届きました・・・・。

遠く和歌山から、シャチのクーちゃんのお守り役で、一緒に来たのだそうです。
他のイルカの女の子達より、少々年かさで、そのせいかおっとりとした面倒見の良い個体だったとか。
所々抜けてて、トレーナーさん泣かせだったり、笑わせてくれたり。
彼女の姿が消えて・・・・イルカもシャチも落ち着かない様子が続いているようです。

Jump05

・・・個体の識別も何も出来ていないので、彼女の写真と言って出せるものがありません。
昨年秋に行ったときのパフォーマンスのフィナーレの一枚です。
彼女のお仲間であるのは間違いないところ・・・と言うことで、ご容赦を。
面と向かっては、一度も名前を呼べなかったけれど、Vさん、どうか安らかに。

ずっと一緒に居たクーちゃん、そしてイルカの若いお友達。
どうか、彼女の不在を乗り越えて、落ち着いてくれるように・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

子どもの成長って、、、、

凄く早いんだろうなぁ。
一ヶ月、お目に掛かっていないのだけれど、もうどのくらいおっきくなったことやら。
旭山動物園の、ライオンの王子様。
まもなく4ヶ月を迎えるわけだ。
Chibiouji06 これは、先月初めの頃の写真。

一人っ子なものだから、一緒にはしゃいでくれる兄弟姉妹がいません。
いきおい、母上にお遊びをせがむことになります。
母上のシッポにじゃれてみたり、この写真のように、背中によじ登りたいのか、立ち上がって両手・・・もとい前足・・・を掛けてみたり。

Chibiouji07 で、お母上ったら、立ち上がっちゃうもんだから(笑)
まだ、このころは足腰がしっかりしていないんですね。
ぽてん・・・・とお尻をついてしまう王子殿下なのでした。
・・・母上のイジワル・・・・(笑)

会いたいよ~~~っ!

どれほどご立派におなりだろうか。
それとも、まだまだ甘えん坊さんだろうか・・・・??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

引き続き

こちらは旭山の期待の星・・・かな?
まだ若いと伺った、ホッキョクギツネさんのペア。
Arctic_fox11 片方が身体を壊して、ほぼ1年近く、1頭のみの展示でしたが、昨年暮れからめでたく復帰して、今は2頭の展示です。
で、仲良さ気に見えるんだけど、どうなんでしょ???
ときおり、じゃれ合う姿も微笑ましいんですが。
一応、巣穴に見立てたのであろう巣箱も設置していることですし、繁殖、と言うこともありうるのじゃないかと、かと、かと(笑)
これから春を迎えると、あちらこちらで、恋の季節、繁殖シーズンと賑やかな時間となりますね。
普段、時間入れ替え制展示をしている者達が、ペア展示になったりするのも嬉しいし。

なんとか身体も動くようになったし、少し気合いを入れ直さないとね。

続きを読む "引き続き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

期待の星(?)

ピリカが引っ越して・・・・、どうだろう?そろそろ親子とも落ち着いた頃だろうか?
セルゲイが逝って、ルドルフが逝って、花子さんも逝ってしまった円山動物園。

円山だけではない、国内の多くの動物園が抱えている問題・・・・飼育動物の高齢化。

それでも、この先活躍の期待を掛けられる連中が居てくれる。
たとえば円山だと、若いユキヒョウのペアがいる。
先月行ったときには、まだ別々の展示だったのだけど、相性はどうなのかな?

それからこちらのアムールトラのペア。
こちらは、仲良さ気なんだが・・・・?
Ai045歳になるアイちゃん。
室内展示場です。
ちょっといじけているのは、食べてたご飯を取られちゃったから、なんだよね。
アイちゃん、ちょと切なげに見つめる視線の先に・・・。

  

で、アイちゃんが食べていたご飯を取っちゃったのはこちら。
Tatsuo2 旦那様のタツオくん、当年取って10歳です。

自分が見ていた限りでは、とても仲良しさんのペアなのだけど。
アイちゃんが、今年来園3年目を迎え、そろそろ落ち着く頃合いじゃないかな。
上手く行ってくれると嬉しいペアの一つです。

そろそろ、ネタ切れ・・・・(笑)
動物園も水族館も行けずにいるので・・・・。
いい加減、風邪の方は落ち着いてきているのに、違う方面で体調崩した!
長距離の車の運転が辛い時期なので、この週末も断念せざるを得ませんでした。
次の週は・・・・三連休だな。
稚内へ行ってみたいんだけど・・・・、抜海港の野生のゴマフアザラシの大集団!
昨年春先に見たときには、そりゃぁもう圧巻でしたから。
今年も行ってみたいところです。
もちろん、ノシャップ寒流水族館もね。
・・・・泊まりがけだよなぁ。冬道は特に、無理したくないし・・・。
その次の週は、間違いなく旭川、泊まりがけ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

動物園、行きたいっ!!!

流石に一ヶ月、動物園に行っていないと禁断症状かな。
年を取ると、風邪の治りも遅いらしい・・・やだね(笑)

ま、動けずにいた間、暇を見つけて旭山のライブカメラ見てたりしました。
開園中だと、どうしてもほとんどが仕事中なので、お昼休みに自宅から見たり。
あと、朝方でもペンギンが出ていることもあり、アザラシも、マリンウェイをとおることがあります。
まぁ、あまり見ている人が多いと、回線の都合で、コレもダメなんだけどさ。
夜はね・・・・日が落ちちゃうと真っ暗で何も見えなくなります(笑)
今日、昼休みに総合動物舎を覗いていたら、人影の他に動くものが・・・・!
Marimo31

マリモちゃんだぁ♪

ちらっと、放飼場の餌台のトコロまで出てきて・・・・雪でも舐めていたっぽい。
でも、すぐまた寝室の方へ行ってしまって、姿がみえなくなっちゃった。
時々覗くのだけど、マリモちゃんの姿を見たのはこれが初めてでした。

そういえば、カメラが一台増えたようですね>旭山
今時間は真っ暗で、どこが写っているのか分からないんですが、明日にでもまた覗いてみよう。
それにしても、アザラシ館のカメラ・・・・マリンウェイの向こう側に居る人の姿が、うにょんと曲がって見えてしまうんですよね。
日本全国(世界各国?)どこから見られてるか、分かったモンじゃないからなぁ。
カメラの届く範囲内での行動は、気をつけないとね(大笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

痛いのよ・・・・・。

とうとう明日、行っちゃうんだねぇ。
Pirika11 円山動物園のピリカくん。
行き先は帯広の動物園。

幸い、帯広ならば、雪が溶ければ走っていけます。
会いに行くことは可能なんですが。

母子のお別れを思うと、ちと辛い。
本当なら、もう一年少々、お母さんに甘えて居られるはずですもんね。
お兄さんと違って臆病・・・・と言われたピリカだからなぁ。

それでも、結構体格も一丁前になってきて・・・・じゃれつかれたお母さんも大変だ。
お顔・・・・曲がってます・・・・けど・・・・?(笑)

ともあれ、今年のゴールデンウィークは、帯広と釧路のハシゴ・・・・出来るかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »