« 会いに行く! | トップページ | 最北端の水族館 »

2007年2月11日 (日)

ただいまぁ!

1泊して、日本最北端を堪能して参りました。
宗谷岬はまさしく日本の最北端。

取りあえず、1日目は北上途中に日本海側へ抜けて、オロロンラインを上がります。
途中抜海の港へよるためです。
Gomachans02 ・・・・港湾内に浮かぶウキ・・・?(笑)
・・・くろいブイでしょうか・・・?(笑)

・・・んなわけもなく、これは野生のゴマフアザラシの頭、頭、頭、頭・・・・(笑)
一体コレは、何をしているんでしょう?
寝てる?

後ろの砂浜には、1頭のアザラシの姿もみられません。
日によっては、数百頭と言われているようですが、この日、時間帯が悪かったのか、ご覧の通り浮いているのと、ブロックでゴロゴロしているのと合わせても百頭に満たない感じでした。
お食事に出ていたのかもしれません。
Gomachans03 こちらは、ブロックの上でおくつろぎ中のゴマフさんたち。
相変わらず、どういう訳かシッポがぴょんと上がってます。
中には、妙なところによじ登ってるコまでいたりして。

3月位には、仔アザラシの姿も見られると聞くのですが・・・行けるかなぁ。
写真の中に、妙に白っぽいコの姿も見られますが、ゴマ斑模様が出ているので、子どもではないみたいですね。
同じゴマフアザラシのなかにも、毛色の違うのが多く居るようです。

抜海を後にして向かった先はノシャップ岬。
日本最北端の水族館がここにあります。
その話はまた明日にでも・・・・。

 

 

ついのんびりして、家を出たのは9時半過ぎでした。
幸い見事なお天気に恵まれて、安全運転で行く分には、全く問題がありません。
実は北上するに従って、海が近くなる分、気温が極端に下がるコトのない地域となります。
流石に風が強い地域なので、雪が付くとどうにもなりませんが、お天気とあらばドライブも快適。
Huusya その風の強さを利用した風力発電施設でしょうか。
道路沿いに30機近く並んだ巨大な風車です。
こちらは、直ぐ左側が日本海。
沈む夕日が見事だと聞いています。
夕日に照らされる風車もきれいだろうなぁ。

 

Rishiri そして、荘厳な山容を見せるのは、海の向こうの、利尻昆布で有名な利尻島の姿。
利尻山・・・・通称利尻富士と言われる山です。

ところどころで、車を止め、写真を撮りながらのドライブ。
流石に風は冷たかったけれど、お天気が良くて、気持ちよかったです。

|

« 会いに行く! | トップページ | 最北端の水族館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ただいまぁ!:

« 会いに行く! | トップページ | 最北端の水族館 »