« 例外(笑) | トップページ | ペンギン二題 »

2007年3月12日 (月)

ウマじゃなくてよ。

「シカなのよ、歴としたシカ!
その証拠に、死んだ亭主には、見事な角があったわ。
ついでに言えば、ちゃんと蹄も見てよね。
アタシは、女だから角は無いの。
シカの仲間で、女も角を持つのはトナカイだけなのよ。」
Sachi01

耳の後ろ側がかゆかったのか。
柵にこすりつけて掻いているのは、ワピチのサチさん。
ワピチはアメリカンエルクと表記しているところもありますが、確かにウマと見紛うくらい大きなシカです。
でも、シカをウマと言ってはなりません。
それをやると、ホントにどこぞの故事になっちゃいますよ~(笑)
先年ご主人を亡くされて、今は一人暮らし。
もう、かなりの高齢だそうですが、サチさんが産んだ子ども達は10頭にも及び、各地の動物園にいるとのこと。

Sachi02 いつも、手前のえさ箱のところにいるので、写真がすごく撮りづらかったのですが、この日は少し奥のほうの柵の側。
柵の向こう側は、トナカイのうららさんがいらっしゃいます。
ちなみに、トナカイとワピチにお名前があることを知ったのは、つい一ヶ月ほど前でした(笑)

トナカイとワピチの柵の前に、新しい手書き看板が付いていたんです。
ここしばらく、多忙を極めてらしたのでしょう、そういうところへ中々手が回っていなかった旭山スタッフさんですが、お忙しい中、頑張ってくださっています。
園内の除雪や砂撒き、氷割りをしてくださっているボランティアのみなさん。
本当にいつもありがとうございます。
お陰でいつも、動物園で楽しく過ごすことが出来ます。
もうじゅう館やホッキョググマ館に展示されている、子どもさん達の壁新聞。
驚きや感動が伝わってきます。
何もお手伝いが出来なくてすみません。
(・・・・夏期開園の前に、数日間だけでも、氷割りのボランティアとか募集しないかな?・・・・
氷割りと剣先スコップ持って、駆けつけるのに(笑))

旭川市と旭川市民とで作っている動物園。
そんな旭山動物園が大好きです♪

 

 

相変わらず良く降ります。
雪・・・・・。
朝・昼・夜と除雪が続きます。
ま、冬場の運動不足解消ということで(笑)

とはいえ、1日に10センチから20センチという降雪は、この時期としてはどうかと思うのだけどな。
だいたい春先に荒れるのは道東の方だと思ってたから・・・・。

それでも、除雪の辛さ云々より、降雪量として帳尻が合ったかどうかが心配。
暖冬は、確かに過ごしやすいのだけど、それだけじゃない。
北海道においては、「雪」による降雨量はバカに出来ないものがあるんだね。
雨よりゆっくりと山肌を滑り、その分豊かな森林の土壌に吸い込まれて地下水となり、北海道の河川を潤すのが、実は「雪」。
その「雪」が減ると言うことは、この先数十年後に、北海道に重大な水不足を引き起こすことになりかねない。
農業は言うに及ばず、河川から栄養を受け取っている漁業も、自分たちの子や孫の時代になって、崩壊する・・・・なんてことになる可能性だってある。

ここへ来て、どかすかと降り出した雪に、じつは内心でちょっぴり安堵しているかもしれない自分です。

|

« 例外(笑) | トップページ | ペンギン二題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウマじゃなくてよ。:

« 例外(笑) | トップページ | ペンギン二題 »