« 強きモノ、それは・・・ | トップページ | 微妙な距離(笑) »

2007年5月10日 (木)

紛らわしい!

こういうことやってるから、間違えられるんだよ。
Seal01小樽水族館の海獣広場のほうでの一コマ。

親子じゃありません!
決して親子じゃないんですってばぁぁぁぁ!

右側にいるのはアゴヒゲアザラシさん。此処小樽と、オホーツクのトッカリセンターでしか見られないコです。
そして、左側にいるのは、ワモンアザラシさん。18種(一説では19種)と言われるアザラシの中では最も小さい種類のアザラシ。
ちなみに、ホッキョクグマの主食でもあります・・・・(笑)

こんな風に並んで日向ぼっこしているもんだから、ご存じない方は親子だと思ってしまわれるんですね。
ぢつは・・・・・、
Seal02 ・・・・挟まってるわけぢゃありません(笑)・・・・
本来、檻が別なのに、隣近所に脱走して歩いてるんです・・・>このワモンさん。
この格子の隙間、この体型で、くぐり抜けるんですよ!!

いったい、どういうからだの構造をしているんだろう・・・・?

ともあれ、アゴヒゲとワモンは親子じゃありませんから・・・・。

もう一枚、こちらも珍しいところで、
Seal03 ガラス越しで見づらいのですが、クラカケアザラシさんです。
残念ながら女の子なので、背中の模様は男の子ほどくっきり出ません。
でもって現在換毛中。
あちこちペロンと剥がれてきている状態で、模様は一層ハッキリしない。
ここは女の子が2頭います。
どちらも道内の水族館で幼い頃に保護された個体のハズ。
それにしても、滅多に見ることの出来ない種類なんですけどね。
お客さんの多くは、・・・・なんだ、これもまたアザラシか・・・みたいなこと言ってさっさと通り過ぎていきます。
もったいないなぁ・・・・。

そういえば、今年はまだノシャップ寒流水族館へ行っていない・・・・今年のアザラシの保護の状況はどうなってるかな・・・・・?
さすがにこの時期は、ホワイトコートはいないだろうな。

 

 

この時期、小樽で宿を取れたことも奇跡に近いかもしれない。
流石に一般的なお値段より、少々お高かったですけどね。
夕食は、やっぱり小樽はお寿司でしょ!

ともあれ、翌朝ちょっとゆっくりしていたら、着いたときには駐車場が遠かった。。。。。
さすが、小樽水族館。歴史のある施設です。
ここはトドのダイビングショーショーが目玉です。
あのデカイオスのトドがたてる水しぶきは、なんとも豪快でして、その前には、客の目の前で倒立まで見せてくれます。
もっとも、身体が浮いていないのもいますけどね(笑)・・・ちょっと、重すぎ・・・?

新しく入ったコツメカワウソたちも愛らしく、通路を挟んだ反対側のサブ水槽へ行く・・・上段の空中回廊と、下段の水中通路・・・・2つのルートを、行ったり来たりして見せてくれました。
ちと哀れだったのが、この日のイルカショー
30分中約20分をオタリアのコミカルなショーで費やし、残りの10分でイルカのジャンプを見せてくれるのですが・・・・・・。
ゴールデンウィーク中のスケジュールは、1時間に1回。
そうでもしないと、キャパの狭いスタジアムでは、見られない客が続出しちゃうのです。
さすがに、ハードスケジュールに嫌気が差したか・・・・?
イルカくんが1頭、ストライキを起こして、命令に従わず(笑)
あの施設も・・・・相当古いからなぁ・・・何とかならんかと思うところですが、何とかなるんだったら、今頃何とかしているだろうなとも思ったり・・・・(笑)

|

« 強きモノ、それは・・・ | トップページ | 微妙な距離(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紛らわしい!:

« 強きモノ、それは・・・ | トップページ | 微妙な距離(笑) »