« 堪能しました♪ | トップページ | 400キロを突っ走れ! »

2007年5月 7日 (月)

会いたかったよ~♪

動物園や水族館で生き物を見るのがこれ程楽しいと言うコトを知ったのは、ここ一年ほど。
だから、数年前まで釧路から僅か一時間ほどの所に住んでいながら、釧路動物園へは行ったことがありませんでした。
今になって、悔やむコトしきり。
ましてや、ここでしか見られない生き物がいたのだと、知っては・・・・!

Kiriko_1 国内では最後のケープキリン、キリコさんです。

2つほど違うお姉さんが、昨年亡くなってからは一人暮らし。そのせいか、どことなく寂しげな感じ。
19歳と言いますから、帯広のユキさんと同じ年なわけだ。
けれど、国内にはもうケープキリンはいない。
子どもを望むことは出来ないのだね・・・・。

ケープキリンというからには、キリンの中では一番寒いところに棲む種類・・・・そう思って良いのかな?
毛足はちょっと長目の感じです。
模様はマサイほど周囲がギザギザしてはいないぽいですが、アミメほどハッキリくっきりしているわけでもない。
もっとも、アミメキリンもかなり個体差があるからなぁ。

存在を知ってから、ずっと会いたかったコです。
本当なら、姉のメルさんと一緒の時に会いに行けたモノを・・・・・ちと、悔しい。。。。

こちらは、釧路のニュースにもありました。
Yagikko_1 ヤギの四つ子ちゃんです。
一人、お顔が写らなかったのは、ゴメンしてね♪

4月20日生まれとありましたから、このとき2週間とちょっとかな。
やんちゃな盛りで、ピョンピョンと元気に跳び回っていました。
 

もうひとつ、誕生のニュースがありましたね。
Washimimizuku02_1

ブボさんこと、ワシミミズクさん。
丁度、この翌日に孵ったようです。
この写真はまだ抱卵中。丁度見えるところで卵を抱いていたので、一枚だけ撮らせて貰いました。
でもワシミミズクって、こんなところで抱卵するんだ。
そういや、帯広でも地面の上で抱卵中だったし、旭山でもこんな格好していたよね。
フクロウは、樹洞のイメージが強かったもんで・・・・。
他の所でも、そろそろ孵る頃かな・・・?

 

 

釧路動物園は、釧路の市街地からは少し距離があります。
広大な釧路湿原の一角。
その立地を利用した木道コースを辿れば、眼下のケージには抱卵中のタンチョウ。
その向こうには野生のアオサギのコロニーが見られます。
野鳥の声も賑やかな一角を過ぎると、沼のうえで集う水鳥たち。
水たまりには、まもなくカエルやサンショウウオの卵も見られることでしょう。
夏場にはトンボも飛び交うようです。

そんなコースの脇のケージでは、シマフクロウが子育て中。
巣の様子はカメラで見ることが出来ますが、卵が孵ったばかりでは親鳥の足下に庇われて、その様子をうかがい知ることはできませんでした。
こちらは今のところ順調とのこと。もう片方が、残念ながらお星様になってしまったようです。
昔から、村の守り神として崇められていた鳥です。
人の手で絶滅を回避できるものなら、なんとかしたい所ですね。

行ったのが連休の狭間の平日だったので、アフリカゾウのナナちゃんにおやつを上げる権利をGET(笑)
じつに、うん十年ぶりの体験をして参りました。
思えば、幼稚園のみぎり、円山動物園で今は亡き花子さんに餌をあげた記憶があるんですけどね(笑)
ナナちゃんのお鼻は太くて短い毛が一杯生えていて、けっこう痛かったです。
とってもとってもお目々の優しいナナちゃんでした。

|

« 堪能しました♪ | トップページ | 400キロを突っ走れ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会いたかったよ~♪:

« 堪能しました♪ | トップページ | 400キロを突っ走れ! »