« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

祝!祝!男児誕生!!

待ち望んでいたニュースが、ついに届きました!!
旭山のジャックさんとリアンさんご夫婦に、第二子誕生です!!!
男の子だとのことです。
Rian今月初めのころのリアンさん。
お腹がポンポンです。
このころ既に、動くのも億劫そうで、ドンゴロスかぶったまま、空中放飼場にもあまり出ていらっしゃらなかった様子でした。
某テレビを見る限り、この数日後には娘のモモちゃんと一緒に、渡っていたようでしたが(笑)
もう、何時生まれてもおかしくない・・・とのお話でしたが、誕生は30日だったんですね。(てか、午後12時30分って、一体何日?(笑))

今度はちゃんと最初から、赤ちゃんを抱っこしておっぱいをあげているようです。
モモちゃんの時は、何から何まで初めてで、どうして良いか分からなかったらしいリアンさんも、もう立派なお母さん。
そして、弟の誕生を目の当たりにしたモモちゃん。

Momo05

お姉ちゃんになったよ~~~♪

おやつの空パックくわえながらお散歩してたんじゃねぇ(笑)

いずれ、モモちゃんがお姉ちゃんぶって、弟の世話をする(いじくり回す?(笑))場面なんかも見られるんでしょうか。
それとも、赤ちゃんにヤキモチとか妬いちゃうんでしょうか。

将来、ステキな伴侶を得て、立派なお母さんになるために、モモちゃんが学ぶことはまだまだたくさんあるね。
そして、学ぶ機会を与えてくれたお母さんや、お世話してくれたキーパーさんたちに感謝!だね。

・・・・ところで、チャッピーさんのお腹はどうなったんだろう・・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

気をつけ!

・・・な、訳は無く(笑)
Gentoo30 ちょうど、水から上がったところでシャッター切ったわけですが、タイミングがね・・・(笑)
この直前くらいだと良かったのかな。
あんよが地についちゃっているので、「動き」が撮れなかったのがちょっと残念。

相変わらず、水の中ではお目々を見開いているようで、水から出た直後は、目がまん丸です。
ジェンツーペンギンは、水から出るときは垂直ジャンプで飛び出してきます。
キングペンギンさんは、えっちらおっちらと歩いてくるんですけど。
目の前でいきなり飛び出して来られると、びっくり!させられることもしばしば。
ただし、着地で足を滑らせて再び水の中に・・・・なんてヤツも、偶にいたりします(笑)
感心するのは、この体勢でも、仰向けにコケることは無いってことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月29日 (日)

夕日が目に染みる・・・

ごろごろ・・・・ごろん
夕日が、ちょっと眩しい・・・・
Akira48 図体は着々と大きくなって居るんですが、仕草がまだ幼い・・・・(笑)
ていうか、基本的にライオンはこういう動きしますよね。

成獣の動きでもかなり可愛いぞと思うわけで、子どもの場合はもっと可愛いわな。

本日、投票行って帰りがけにラーメン食べて・・・・後はのんびり・・・てかごろごろ(笑)
アキラくんとあんまり変わらない生活かも(失礼!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

本能だもん!

アムールトラのいっちゃんとのんちゃん。
いつもはのんちゃんがいっちゃんを避けまくるんだけど、この日は仲良くお昼寝。
Tigers02

けれど、いっちゃんのシッポが、のんちゃんの鼻先で時折揺れるんです。

そこは、それ(笑)
基本的に、ニャンコですから。

 

Tigers03 つい、うっかり?

のんちゃんの手が反応します(笑)

だって、ニャンコだもんね。

 

えと、皆勤賞ペースだったんだけどね(笑)
本日、仕事が入ってしまって・・・・。
とうとう中断しちゃいました。
いや、土日に仕事が入ることも多い身としては、昨年上手くぶつからずに済んだことが、多分ラッキーだったんだよね。
ともあれ・・・・仕事に行った先では・・・・大雨(笑)
本当にしばらくぶりの雨でした。
時間は短かったけれど、少しまとまった雨だったから。
これで畑も、一息つけたかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

おねぇちゃん・・・・ずるい。

・・・と思ってるかどうかわかりませんが(笑)
Ezoshika06 お母さんのおっぱいに吸い付いているのは、昨年生まれたお姉ちゃん。
手前でその様子を見つめているのは、今年生まれのおちびちゃんのようです。

ほんとうなら、そこに吸い付いているのは、自分のハズだものね。
それにしても、お姉ちゃん。チビちゃんが生まれる前から、コレやってたよねぇ。
丁度もぐもぐタイムの時刻で、右側にちらりと写っている担当キーパーさんがおっしゃっていましたが、昨年生まれのお嬢さんは、人で言うならもう中学生から高校生くらいなのだとか(笑)
それで、母上のおっぱいはねぇ(笑)
何も考えていないぽい母上も、どうなんだろ(爆!)

それにしても、お天気良すぎるのも大問題。
檻は消えないわ、コントラストは大きすぎるわ・・・・。
素人カメラマンには、お天道様は大敵です・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

夏毛だよ。

まだ若干、長くて白い冬毛がまばらです。
Arctic_fox16 でも、ほとんど抜け替わって、夏毛状態のホッキョクギツネさん。
で、シッポは・・・・?(笑)
こうして見ると、たしかにキツネさんに見えます。
なんともスリムで羨ましい(コレコレ(笑))
後ろ足のラインが、とてもキレイです。
お天気が良すぎて、檻がきちんと消えてくれなかったんですよね、この日。
小獣舎の檻は格子が細かくて奥の動物にピントを合わせるのに一苦労します。 

Arctic_fox17

仲良しさんたちの内緒話?

白と黒のコントラストもキレイなコ達です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

お久っ!

ココログのメンテナンス・・・・ついうっかり今日だと思いこんでおりまして、昨日の更新を失敗してしまいました。

上手く、お食事中に当たるとお姿を拝めます。
旭山動物園、北海道産動物舎のエゾリスさん
Ezorisu02 すっかり夏毛に変わっています。お耳の先のぴょっ!と伸びた毛も、とれちゃったねぇ。
たいてい巣穴で寝ているので、会えると嬉しいです。

いや、お姿を拝んでも御利益はあまりないだろうけど(笑)
えと、ドングリが大きく育ちますように・・・・てか?
木の実を貯食する性質のあるエゾリスさんは、いわば、森づくりの名人。
彼らが秋口に溜め込んで、余ったり忘れられたりしたドングリやクルミは、春には芽を出し、やがて大きな木へと成長する・・・こともあります(笑)
ちゃんと木の実が芽を出しやすい深さに埋めるんだとか。
上手い具合になってるんですねぇ。

Ezorisu03もっぱら木の実をかじる印象しか無いのですが、 動物園では・・・・何を食べてるんだろう?
しまった・・・・。
会えたことのあまりの珍しさに、エサが置いてあったパッドの中身を確認していない・・・・(笑)

続きを読む "お久っ!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

おめでとうっ!!

Beluga04 ブレブレの写真でごめんね。
このころは、動物園や水族館に通い始めたばかりで、写真は何より手ブレが多くて、見られたモンじゃないのです(笑)
んでもって、オーロラの海は薄暗いし(笑)

でも、辛うじて5番さんだと分かると思うの。

昨日、めでたくもお母さんになりました\(^O^)/

写真は昨年の春・・・まだおめでたも分かってなかった頃だわね。
こどもこどもした5番さんでしたが、ちゃんと「お母さん」やっているそうです。
もう一人、妊婦さんがいらっしゃるんですが、こちらもそろそろと言うハナシ。

名古屋港水族館のベルーガ(白イルカ)さんのお話です。
詳細は、「獅子の子は獅子」のHARUKAさまにお任せするとして(笑)

飼育員さん、トレーナーさん、生まれる前から24時間態勢で事に当たっていたそうです。
そして、この先まだまだ気をつけなければいけない時期が続きます。
お体に気をつけて、頑張ってください。
先ずは、無事、誕生おめでとうございますっ!!

今年こそは、ベルーガのチビちゃんズ、見られれば嬉しいな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

風吹いて・・・

Washimimizuku08 飾り羽根がなびいています。

旭山動物園のワシミミズクさん。

とかく大きいのでシマフクロウと勘違いする方がちらほら。
残念ながら、シマフクロウは、釧路動物園でしか見られません・・・・今のところね(笑)

初めての繁殖です。担当さんの努力が実を結んだのですね。
お伺いした時、とても嬉しそうに話してくださったのが印象的でした。

基本的に、どこかの施設へお伺いして、飼育動物のことをお尋ねした際、飼育員さんが嬉しそうに答えてくださる施設は好きです。
いかにも面倒くさげに答えてくださる方(いるんだ・・・これが・・・・。)だと、どんなに施設が立派でも、魅力は半減しますな。

Washimimizuku09
んでもって・・・・ちょっと前のちびちゃんです。
今だと、もちょっと羽毛が抜け替わっているかな。
もう少しで、お父さんやお母さんに追いつきそうです。

風になびく飾り羽根は、いつ頃から見られるようになるんでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

未来の姿?

ここんところ数週間、旭山での催しやなにやらでずっと土日の泊まりが続いて、本日しばらくぶりに家でゴロゴロのんびり過ごしました。
お陰でのんびりし過ぎて、こんな時刻(笑)

Sealion03 引き続き小樽から。

小樽水族館トドのダイビングに出演している、トドのモンゾーくんです。
アシカの仲間のトドにとっては、前肢は推進力の源。
その力たるや、700kgほどもあるオスのトドの身体をここまで持ち上げることが可能です。
それでも、モンゾーくんはまだ若いオスだと思われます。
  
Sealion04 トドの赤ちゃん、のりとくんとそのお母さんです。
メスのトドは、あまりごつくなりません。
あかちゃんトドの、サイズ拡大版というところ(笑)
2~3歳くらいの若いオスでも、こんな感じですね。

 

 
 
Sealion05 赤ちゃん達のお父さんと思われるのが、こちら。
何ともふてぶてしい面構え。
年齢は間違いなく10歳以上。
体重にしても1000kgを超えていると思われ。

小樽水族館は、トドプールやアザラシプールにいる個体にエサ(有料)を上げることが出来ますが、こいつにエサを強請られると、脅迫されてるような気がします(笑)

今はまだかわいいのりたまくんたちも、10年もたてばこうなると言う・・・生きた見本です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

せくしぃ?

Seiuchi02 小樽水族館のセイウチのウーリャさん。
帰り際覗いたら・・・・仰向けでお休みになってました(笑)

セイウチって、お乳が4つあるのね。
初めて知りました。
アゴヒゲアザラシと一緒です。
並び方も、おへそを中心にして四角形で同じ。
アゴヒゲさんの方が、少し間隔が狭いかも知れないね。

明日は・・・しばらくぶりにゆっくりしてみようかしら・・・・。
チャッピーさんのお腹のコトも気になるんだけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

これも教育?

旭山動物園のライオン一家のお父さんとお母さんは、とても仲良しです♪
Lions07 何かというと、こうやって、すりすりしています。
もっぱら、お母さんの方からすり寄るコトが多いです。

一家の主に対するご挨拶なんでしょうか?

本当なら、奥さんが複数いるハズなのがライオンです。
野生の群れだと、奥さん達は血縁関係とかあるんでしょうか。
お父さん=群れを率いるオスライオンが交代すれば何ら問題はないでしょうが、何年も君臨する強いオスだと、ヘタすると自分の娘が繁殖対象になっちゃわないか?
それとも、野生の状態だと、オスの代替わりって、案外短い周期で行われるんだろうか??
結構旭山に通っていても、理解していないところって多いモノです。

さて。
現在このご夫婦には息子がおります。
Lions08 いちゃこらこいてるご両親を見つめる眼差しが・・・・真剣です(笑)

そろそろお父上をライバル視し始めたんでしょうか?
もっとも、お母上をお嫁さんには出来ないからね、アキラくん(笑)
それとも、この視線の意味は、単に大好きな母上を独り占めしたいだけかな?(笑)
いずれ、アキラくんもお嫁さんを迎えることになるのでしょう。
その時には、ご両親のいちゃつきぶりを是非お手本に、立派なお父さんライオンになってね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

追悼

いくつかのネットニュースに、旭山の訃報が載りましたね。
てか、今頃ですか?
まるで、今日分かったような書き方だわね。
旭山は、15日には公式サイトで出していたはずだけどな。。。。
旭山は、死んだときにもきちんと出すのがポリシーです。
普段、余計なネタは嗅ぎ回ってるらしい(笑)のに、こういうときはサイトチェックもしとらんらしいと、バレバレではないの?(笑)

探し出してきた・・・一番最後に、起きているところを見た・・・ビックさん。
Bic03 今月初めの写真です。
この次の週にも会ってるんだけど、一日お休みになってたからなぁ。
ほとんど、客席側にお尻向けてくださるので、お顔が撮れません。
また上から見下ろすにも擬岩の陰になって見づらいような場所なのでした。
 

Happy02 こちらは、本当に最後の日のハッピーさん。
14日の午後4時過ぎの写真です。
もうこの時は・・・具合悪かったのかなぁ。
運動場の奥の方で寝てた・・・いつものとおりのハッピーさんだと思って見ていたのに・・・・。

 
 

Koyuki03 一夜明けて・・・一人になってしまったコユキさん。
いや、基本的にホッキョクグマは単独行動する生き物ですから・・・・同居人が居たコト自体、不自然ではあったのですけどね。

人間の余計な感情でものを見ちゃ行けないと思うから、一人で可哀相、とか、寂しくないかなっ・・・てな考えは頭の中から追い出すようにはしているんだけど・・・・逆に刺激が無くなったことで、コユキさんが老け込まないといいな・・・とか思ったりもします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

退屈~~!

旭山では、レッサーパンダの赤ちゃんが誕生しているそうです。
おめでとうございます!
6月末くらいに生まれたんだね。
で・・・発表が3週間後ですかい・・・・。
や、分からない訳じゃないんだけど、本当に生まれたばかりの命は、次の瞬間どうなるか分からないから・・・・。
喜んでくれたり、期待している人たちをガッカリさせたくない・・・・と言うご配慮でありましょうか。

でも、こうも言えると思うのだな。
小さな命が誕生して、この世にあらんと一生懸命頑張っているってことを知らせていただければ、一緒に応援できるんじゃないか・・・って。
声を掛けることは出来なくても、姿を見ることが叶わなくとも、心の中で。
獣舎の、この奥で、小さな命が育っているんだって。
頑張って、元気に大きくおなりよ・・・って。

てなわけで、恐らく、奥さんがおちびちゃんにかかりきりになっているのでありましょう。
Nono

暑かったせいもあるのかな。

何となくヒマ持て余し状態で、つまらなそ~にしていたノノくん=パパ

時に、レッサーパンダは、「父親」ってのはアリですか?
秋口くらいには、赤ちゃんも出てきてくれると言うことらしいので、親子3頭の様子が見られるのか・・・・?
でも、その前に・・・・。
レッサーパンダ舎の地面の草刈りしといてください(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

のりたま♪

戻りました!
三連休だったので、小樽までぶっ飛んできました。
行き先は、真っ直ぐ小樽水族館。
お目当てはのりたまっ!!(笑)
Norito

まずは、「のりと」くん。
トドの赤ちゃんです。
6月の16日生まれですから、丁度一ヶ月。
そもそも成獣が、アシカの仲間では最大になると言うトドですから、ちっこい・・・というイメージではないのですが。
もちろん、大人のトドと比べれば、格段にミニサイズ。
なにより、やはり顔つきや仕草が幼いですよね。
 
Tamao

こちらは、爆睡中の「たまお」くん。
危うく落っこちそうになりながら・・・その瞬間を期待してカメラを構えていたのですが(笑)、この次には反対側へ寝返りうってました・・・残念(コラコラ!)

ちっこいのが2頭。
さながら兄弟のように・・・お父さんは同じかもしれません・・・陸地近くの浅いところで、じゃれたり眠ったりしています。

アザラシの赤ちゃんとかアシカの赤ちゃんは見たことあったんですが、トドってのはまだ見たことが無かったので、小樽水族館で生まれたって聞いて、行ってみたいと思ってたんです。
基本的に形状はアシカですが、やはり成獣の大きさが大きさですからね。
ついでに、オスは10歳くらいから一層巨大になるそうです。
トドは、オスとメスの大きさが格段に違うんですね。
若いオスだと、メスと同じくらいの体格ですが、繁殖可能時期になると、顔つきとかもすごくごつい感じになってきます。
のりたまも男の子ですから、10年くらいたつと、ああなるんだなぁと思いつつ(笑)
飼育員さんが、「今だけですから(可愛いのは)」とおっしゃってました(大笑)

続きを読む "のりたま♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

イケメン(笑)

旭山動物園の住人は、美男美女揃い♪
先日、修学旅行と思しき学生さんがご覧になって、「コイツ、イケメンだな!」とおっしゃっていたのは・・・・・。
Raira05 ライオン一家の主、ライラさんでした。

内心密かにほくそ笑み、そうでしょう、そうでしょう!キミは見る目があるぞ・・・とか思ったり(笑)

見た目が格好いいだけじゃなくて、奥方のレイラさんの尻に敷かれてあげるだけの包容力、息子のアキラくんと遊んでやるだけの優しさを持ち、不審な観客を睨み付けてくる時の迫力ったら、凄いんです。
無防備にお休みなっていらっしゃるときの、ほほえみ(または苦笑(笑))を誘うお姿と言い、まさに旭山に君臨する百獣の王(・・・褒めてるんですヨ!)

こちら、もう一人のイケメン
Haruo09 角も見事になってきたハルオさん。
正しくは、治夫さんと書くのだね(笑)

今年も愛らしい子ども達に恵まれていますが、2頭の息子達が大きくなってきているのが、一抹の不安材料でもあります。

若いオスたちも、父親に似て、立派な角が育ち始めています。
でも、一時期ちょっと群れを離れたせいで、いまは、新入り扱いだそうな。
早く仲良しに戻れると良いね・・・と言いたいところですが、野生の掟はそう簡単ではなさそうです。

続きを読む "イケメン(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

にゃんこのようで・・・・

Icchyan05にゃんこと違うところがあります。
普通、にゃんこは水には入らない・・・・普通はね。

トラは、ごく普通に水に入ります。
ネコ科の動物で水に入るのは珍しいらしいです。

同じような大型ネコ科動物でも、ライオンよりネコっぽいと思うんだけどね。
仕草とか、動きとか。。。。
Icchyan06 だから、旭山動物園のもうじゅう館のトラ舎には、プールがあります。

ライオン舎には、小さな水飲み場があるだけ。

この日、日差しが強くて暑かったのか、いっちゃんがプールに入って涼んでいました。
しっぽ、浮いてます(笑)

Icchyan07 プールの壁にすりすり。

なんだか、気持ちよさそうです。

アムールトラですからね。
寒いところの住人なので、冬は元気なんですけど。

ところで・・・・、
いっちゃん、最近太ってませんか??
いっちゃんが太くなっても、困るんだけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

一人で行けるよ♪

旭山動物園のオランウータン。
4歳になるモモちゃんです。
Momo03 小さい頃は、お母さんのリアンさんのお腹にしがみついて渡っていた空中放飼場。

もう、一人でするすると上っていきます。

えと、お口にくわえているのは、ちょっと前におやつに貰ったヤ○ル○(笑)
モモちゃんの腸内細菌のバランスを整えるために、時々与えるのだとか。
そういや、ヒト科の動物だもんね。人間の身体に良いものは、オランウータンにも良いと言うことかしらね?
ちゃんと蓋を開けて、飲んで・・・・しばらくこうして舐めているんだそうです。
甘みが無くなったら、ちゃんと捨てる・・・・って、こうやってくわえて上っちゃうと、観客の頭の上から、○ク○トの空容器が降ってくるかも知れないわけだ(笑)
Momo04

ちゃんと渡りきりました。

じつはモモちゃん、もうすぐお姉さんになるんですって。

リアンさん、お腹が大きいそうです。
モモちゃんが産まれたときには、危うく育児放棄しそうになったリアンさんですが、キーパーさんの介添え哺育により、今ではしっかりものの立派なお母さん。
そんなお母さんの側で、モモちゃんは、自分の弟か妹が産まれて、お母さんが世話を焼くのをちゃんと見られるのだね。
いつか、モモちゃんがお母さんになったとき、きっと自分の手で自分の子どもを育ててくれるオランウータンになれるね。
BLによる、最初の子ですから、モモちゃんはいずれ多摩動物園に移ることになってます。
次の子は、旭山の子。
ちなみに、次も女の子が良い・・・・とは、キーパーさんの談でした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

寝相

Akira47 いったい、誰に似たんでしょうねぇ。。。。
お嘆き中の母上。

 

 

 

旭山動物園のライオン、アキラくんとお母上のレイラさん。
肉食獣ですから、基本的に寝ています。
特に昼間は、ほぼ寝ています(笑)

怒鳴ったり、わめいたりして起こそうとするの、止めましょうよね。
ひどいときには檻を揺すったり叩いたりする人までいます。
生き物に対する思いやりって、無いの?
動いていないと面白くない・・・って・・・・?
生き物は、基本的にあなたの為に存在しているわけではないのですが。
ありのままの姿を受け入れて、それでも愛しいと思えるようでなければ、口先だけの「可愛い!」は、聞き苦しいだけ。

・・・・と、愚痴ってみる。。。。

えと、つまり・・・・。
ネコ類の寝てる様子って、可愛いと思いません??

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月10日 (火)

癒し系♪

効果音をつけると「のぼぉ~~~」てな感じになりそうです。
癒し系代表カピバラさん。
Capybara02_1 ・・・・カピバラさんのシンクロナイズドスイミングは、始めて見ました(違)

何やらはしゃいでいたようです。

旭山のクモザルカピバラ館でジェフロイクモザルさんと同居しているカピバラさんは、確かお母さんと娘達。
とりあえず、繁殖はお休みかな?
ま、基本的にげっ歯類、ネズミの仲間とあらば、繁殖する力は相当強い・・・のかもしれません。
Capybara03 暑い日が続いて・・・この日も、日差しが強くて、自分もペットボトル3本消費しましたから・・・・水に入る習慣のある連中は、少しでも涼しい水の中へ入ることが多くなるんでしょうか。

でも、カピバラさんの住まいは本来赤道周辺でもあるはず。
暑いのは平気・・・じゃないの??
 
Capybara04
1頭は日陰でお休み中。
2頭が、水に入ってはしゃいでました。

そういえば、カピバラさんの耳と目と鼻って、一直線上に並んでるんですよね。
これは、水に入って生活するカバさんと同じ並び方。
生活にあった、身体のつくりになっているんです。

ともあれ、仲良さ気な2頭のカピバラさんなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

お転婆ちゃん。

旭山のペンギン館。6月に産まれたイワトビペンギンは、全部で3羽。
交代で、お母さんたちと一緒に過ごしています。
このコは・・・前にアップしたのとは違うチビちゃんだね・・・・タグの位置も色も違うし。
左フリッパーと言うことは、女の子かな??
Iwatobi27

ひょっとすると、こっちのコの方が先に生まれたかも。
とにかく活発なお嬢さんで、好奇心と冒険心に溢れかえっている状態(笑)

 

 

Iwatobi28 ほらほら、言わないこっちゃない。

ずるずるずるずる・・・・・・。

こうなったら、このおちびちゃんではどうにもなりません。

本来の「イワトビ」も、まだ出来ないみたいだし。
 

Iwatobi29

・・・・・落ちました・・・・・。

お母さん達は、大騒ぎですが、もうどうにもなりません。

見ていたこちらが騒がなかったのは、もうまもなくもぐもぐタイムのためにキーパーさん達がおいでになる時刻だと分かっていたから。
 

Iwatobi30 案の定、キーパーさんに速攻、巣に戻されておりました。

よかったね♪

ちょっとびっくりしたのか、暫くは温和しかった様子です。

でも、落ちたの、初めてか・・・・?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

天使の羽根

えと・・・ちょっぴり凹みつつ・・・泊まりがけで旭川へ行っておりました。
土曜日の夜の催しと、日曜日は一日動物園三昧(笑)
Ochibi09

ととりの村のカモのチビちゃん。
まだ、翼はこんなです。

おちびちゃんは、みな天使の羽根♪

・・・・まだ、ちょっと引きずっているんですけどね。
こればっかりは、時間が解決してくれる問題であるとも思うので。

ああ言った経験すると、生き物・・・特に小さく幼いものたち・・・の命とは、何と失われやすいのかと。
ひしひしと実感するとともに、動物園&水族館のキーパーさん達のご苦労がよく分かります。
本当に、尊敬してしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

悔しい・・・・

情熱とか、真剣さとか・・・なにもかもが足りなかった。
分かっていて安直に「命」を引き受けてしまった。
覚悟とはつまり、後ろ向きの思い。

何をどうこう・・・言っても、今は自分に対する言い訳にしか聞こえない。
自分の考えの甘さとか、浅はかさとか。
つまりは原因と言うべきはそこにあると。

悔しい・・・。

努力が足りなかった。
甘えがあった。
必死さが無かった。

もっと何か出来たはずだった。
出来ることはあった。
出来なかったではなく、やらなかった。

とても悔しい。
悔やんでも、もう取り返しは付かない。
それが「命」

・・・スズメのおちびさんは、今日、とうとう手の届かないところへ行ってしまいました・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

生命力の強さ

昨日保護した落巣ビナ。スズメの仔です。
Tree_sparrow02 まだ、頑張ってます。
専門のサイトさんにもいろいろお伺いしながらの試行錯誤。

本来なら巣から落ちた時点で、この仔の運命は決まったも同然だったわけで。
ひょんなことから人間に救われて、先のことは全く分からないけれど、僅かずつながら生きながらえる期間が延びている。
吹けば飛ぶような身体で、小さな命が一生懸命頑張っている。

託された命が、とてつもなく、重いです・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

ちゅん♪

スズメ・カラスフォーラムに参加したときの写真です。
Tree_sparrow

野生個体だと見えて、一生懸命逃亡を図っております。

もっとも身近な生き物であるスズメ。
人家のあるところ、必ずいると言われる野鳥です。
年に数回繁殖し、大量の子どもを送り出すにもかかわらず、その殆どは、捕食者に食われる運命です。
でも、それがあるからこそ、カラスや猛禽が命を繋ぐ。

わかっちゃいるのよ。わかっちゃ。
理屈では十分分かっているんですけど、いざ目の前にしたら・・・・そう達観してはいられない。
旭山のポリシーに反することは百も承知で、でも、ほっとくことはできませんでした。

スズメの落巣ビナ・・・・保護してしまいました。。。。。
まだ、目も開いてない個体です。。。。。

ドコに聞いても、(育てるのは)無理だと言われます。
それでも、出来る限りのことはしてやりたいと思います。
自己満足であったとしても・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

安心

ベビーラッシュの旭山動物園はととりの村です。
マガモさん、カルガモさん、昨年より一ヶ月も早く孵ったキンクロハジロさん・・・・。
巨大な鳥かごとして、ネットで囲まれたととりの村は、逆に猛禽やカラスが入ってこられないし、もちろんキツネの侵入も無い。
そのせいなのか、本来ならまだ飛ぶ事が出来ず、水草の間に身を潜めているハズのヒナたちMagamo03 に、結構陸上でお目にかかったりする。

お散歩中?
奥に見えるのは人が出入りするためのドアで、二重になってます。
人のための通路を子連れで横切っていく・・・・多分・・・マガモさん。
左端のチビ助だけ、少々小さいようですね。
カモは、10コくらいの卵を産むそうですが、全部産み終わってから抱卵に入るので、ヒナが孵るのはほぼ同時、大きさに差が付くとは思えないのですが・・・どっかご近所のお子ちゃまかな?(笑)
連れているヒナの数も、3羽とはちっと少ないけれど。
どっかで別行動しているかもしれないし・・・・あるいは、食べられちゃった・・・?
猛禽やカラス、キツネは入ってこられないけれど、ぢつは、ヘビの侵入を防ぐ手だては無い。
卵やヒナが小さい時は、十分脅威になる。
ときおり、キーパーさんがアオダイショウをとっつかまえてるらしい。
爬虫類館のアオダイショウが増えたり減ったりするのは、どうやらこの辺りにも事情がありそうで(笑)
Magamo04

こちらも、草っ原で、のんびり日向ぼっこ。
やっぱり、若干成長度合いの違うヒナが交じっているようなんだけど・・・・?
ついこの間まで、みんなお風呂のおもちゃサイズだったんだけどね(笑)
子どもが大きくなるのは実に早いです。

続きを読む "安心"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

祝!40周年!!

旭山動物園の40周年を御祝いに行って参りました。
旭川泊まりで・・・・来週も再来週も、・・・・旭川泊まりだわ(笑)

んでもって、本日ご紹介しますのは、いち早く旭山の御祝いに駆けつけてくれた(?)と言う、イワトビペンギンの赤ちゃん。
Iwatobi25 一番早く孵化したコだと思われます。
既に、母上のお腹の下には入り切るサイズではありませんね。
上目遣いで、お母様に甘えん坊中。

ちっと、お顔の回りに何やらくっついているのは、アレですな、いわゆる食べこぼし(笑)

 

Iwatobi26 見るからに仲睦まじい家族の図。
チビちゃんをお母様が毛繕いし、そのお母様を毛繕いするのはお父様・・・と言いたいところだが、同じ左フリッパーにタグがついているあたり・・・・その、つまり、同性のハズでハズでハズで・・・・・・(笑)(笑)。

ペンギンは時々同性同士でペアを作っちゃうことがあって、そうなると卵が産まれても無精卵か、そうでなくば卵自体が産まれない・・・てか、産めない(笑)
今回、タグからして女の子同士のペアらしいんだけど、卵が孵化したと言うことで、どこでタネを仕入れてきたのか(笑)・・・・あるいは、どちらかの性別判定が誤りだったか・・・てな辺りでキーパーさんも首を傾げていらしたのだけど。

ときに、チビちゃんの右フリッパーには既にタグがついてますね・・・・男の子って、分かったのかな?

ときに、キングペンギンの赤ちゃんも生まれたそうです。
今年は上手く育ってくれるといいな。
巨大なキーウイフルーツが見られるかしら(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »