« プレデビュー♪ | トップページ | レンズの悪戯(笑) »

2007年8月20日 (月)

親子の情景

色々な動物園で、ベビーラッシュだとのニュースを聞きます。
自らの遺伝子を繋ぎ、育て上げることこそ、命の営みと言うのならば、ヒトの世界ではかなりの問題を醸し出すことでしょう。
無論、ヒトは社会の中で様々な役割があったりするのですが、動物たちは、基本的に種を繋ぐことこそ至上の使命であります。

だからこそ・・・なのか、子育ての様子はとにかく愛情に満ちあふれて、見ている方もついほほえんでしまいます。
Baby09 オランウータンの赤ちゃん。
お母さんにしっかり抱えられてお休み中。

難しい理屈なんていらないんですよね、きっと。

我が子を抱く母の腕が、なによりの愛情の証明です。

 

Takeru03 こちらはチンパンジー。

幼い我が子が遊ぶのをしばらく黙ってみていた母親が、場所を移動するために、我が子を呼びました。

母に向かって差し伸べられる手と、子を引き寄せる母。
この後、子どもを腹にしがみつかせて、母親はゆっくりと歩き出しました。

どちらも、我が子が可愛くてしょうがないと言う仕草に見えます。
そういや、旭山でブラッザグェノンの赤ちゃんが生まれたとか。
開園時間中、観客の前での誕生だったようです。
安心して子どもを埋める環境を作ってあげられているのなら、すごくうれしいのですけれど。

んで、こちらも、親子の情景。
Lions12 ライラさん。。。。

食べちゃいたいほど可愛いですか??(笑)

・・・・お父上のお昼寝を邪魔してじゃれつく息子。
威嚇したりしながらも、相手をしてやる父親。
もちろん、こんなふうに噛み付かれても、アキラくんは怪我一つ致しません。ご安心を♪

|

« プレデビュー♪ | トップページ | レンズの悪戯(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親子の情景:

« プレデビュー♪ | トップページ | レンズの悪戯(笑) »