« お母さんは大変 | トップページ | 冬に向けて・・・ »

2007年9月25日 (火)

だから言ったのに・・・・

Araiguma_baby06 産まれたのは7月末。
8月中旬から親がひどく神経質になっているのは、分かっていたよね?
目が開いたか開いていないかと言うくらいの仔をくわえてうろちょろうろちょろ。

・・・・そういう状況だが、あれは大丈夫なのか?・・・・

少なくとも2回、動物園側には伝えたよね。
何ら、対処してもらえなかったのが、悔やまれる。
Araiguma_baby07

動物園はプロだから。
プロが何もしないのだから、素人が案ずることは無いのかも知れない・・・そう思っていたんですけどね。

その信頼の結果が・・・・全頭死亡・・・・ですか?

見るモノ聞くモノ、珍しそうに面白そうに、好奇心一杯だったチビさん達を最後に見たのは22日。
そのたった2日後に、訃報を聞くことになろうとは!

Araiguma_baby08そもそも、アライグマって群れをつくる動物じゃ無いような気がする。
それを、数頭で飼育している運動場に巣箱を置いたまま繁殖させていたことに問題は無かったのか?
あるいは、赤ちゃんが姿を見せれば間違いなく人だかりを作る来園者・・・自分も含めてだ。
中には、ルールを無視してフラッシュを焚く馬○が居ることは否定できない・・・その気が無くても、自分の使っているカメラの操作方法を知らない人間がかなり居る現状で、オートにしてあれば間違いなくストロボが光る小獣舎の薄暗さ。

たとえ途中からでも、母仔を隔離してバックヤードに収容してくれていれば・・・・と思わざるを得ない。
レッサーパンダみたいに・・・・ある程度成長するまで姿を拝めなくなったとしても、子ども達が無事に育つためなら、そんなことが我慢できないはずはない。
残念だけど仕方がないね、元気な姿を見せてくれる日を心待ちにするよ・・・で済む。

そして・・・・どうしても引っかかっているのが・・・・言っちゃうけど・・・・、
レッサーパンダは、絶滅危機種、アライグマは、軽度懸念種だってことだ。
何が何でも動物園で繁殖を成功させなきゃならない理由は・・・多分・・・無い。
何もしようとしなかった、あるいは状況判断を誤った背景に、こういうものが無かったか?

アライグマは、国内での繁殖を歓迎されない。
むしろ、アライグマそのものを駆除しない限り、国内の生態系に及ぶ影響は懸念される一方だ。
だからこそ、動物園で安心して繁殖させてあげられる。
赤ちゃんを見て、何一つわだかまり無く、可愛いねと言ってあげられる。
そう、希望していたのに。

切ないです・・・・。

|

« お母さんは大変 | トップページ | 冬に向けて・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だから言ったのに・・・・:

« お母さんは大変 | トップページ | 冬に向けて・・・ »