« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

ジャンプ!!

間もなく冬期開園ですね~。
ウキウキ♪
冬期は開園時刻の前後が削られて短くなるけれど、展示種も減るので、ちょうど一筆書きみたいに回れるんだよね。
まぁ、5時間弱では、ゆっくりと一周して使い果たす時間ではあるのだけれど。

冬に元気な生き物の代表格でもあるかもしれないジェンツーペンギン。
フンボルトさんは冬が苦手かも知れないが、ジェンツーさんにとっては冬こそ我が季節・・・のはずで。
この夏場に体調崩したコがいなければ大丈夫だと思うんだけどね。
Gentoo34

水中を行く、ジェンツーさん。

微妙にカメラ目線・・・って言う、これも?

水中での速度は30kmほどになるそうで、ペンギンの中でも最も早く泳ぐと言うジェンツーさん。
そのスピードを活かして、水面へ飛び出すことがあります。
Gentoo35

イルカの場合、ジャンプの力というのは尾びれから生み出される・・・んだよね?
基本、水中での推進力が、ベクトルの方向を変えるだけだと思われ・・・・。

するってぇと、このペンギンのイルカジャンプ(ややこしっ!)の場合は、フリッパーから生み出される力ということで良いのかな?

ふむ・・・エンペラーさんのフリッパーは、一振りされると骨折モノだと聞いたことはあるけれど。ジェンツーさんやフンボルトさんたちも、それなりに痛そうです・・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月30日 (火)

ぐんぐん♪

んで(笑)
ネタが尽きてくるとアキラくんに走るのは何故かといえば、要は、枚数を撮ってるからなんだよな。
今年の1月始め、アキラくんがまだ一日に数時間しか運動場に出ていなかった時に、初めてお目にかかって・・・それ以来、シャッター切った枚数は尋常じゃないと思う(笑)

1歳のお誕生日を過ぎ、まだ父上や母上には及ばない体格ながら、コロコロしていた赤ちゃんの面影はすっかり形を潜め・・・潜め・・・。
Akira61

潜めて無いじゃん(笑)

えと・・・ブレイクダンス?

外見はすっかり大人びてきたけれど、もしかして中身の方はあまり進歩がないとか(笑)
まぁ、一人っ子で、ご両親の愛情独り占め。
甘えん坊ののんびりおっとりさん・・・と言う話も漏れ聞こえてくるのだけど・・・?
Akira62

こちらの写真は、それこそ初めてお目にかかった日のアキラくん、産まれて2ヶ月半くらいの時でした。

母上のシッポにじゃれつこうとして空振り。
ぽてんとお尻を付いてしまったアキラちゃんです。
コニャンコでしたなぁ。(遠い目・・・・)

続きを読む "ぐんぐん♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

えいっ!

ネタが尽きてくるとアキラくんに走るのは・・・・・(笑)
彼らがファミリーだから・・・なんだと思われます。
父と子、母と子、そして父と母。このそれぞれの関係ややりとりは見ていて本当に飽きません。
ま、日陰で寝転がっているときはともかく・・・それでも、子が父や母を枕に寄りかかっている姿は思わず笑ってしまうほど愛らしいものです。

1歳を迎えたアキラくん。
まだまだ、お父上相手に狩りの練習中・・・・。
Lions22

えいっ!!!

岩の上から、通り過ぎようとする父上めがけてジャンプ!

 

 
Lions23 いまいち、狩りが成功したとは思えない状態だね(笑)

お父上が獲物だとすれば。。。。
振り飛ばされて逃げられるだろう、その位置だと。

動物園で生きていく以上、狩りの腕前を上げる必要は無いけれど・・・・。
野生の状態だと・・・・自分の群れを持つまでは獲物は自分で捕らないとならないのか。。。。
群れを持った後は、女性陣が奮迅してくれるんだよね(笑)

ま、これもアキラくんにとっては遊びなんだろうなぁ。
お父上、いつまでお相手をしてくれるかしら・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

そろそろネタが・・・(笑)

以前撮った写真とか、引っ張り出さないとネタが続かない(笑)
所詮、しょっちゅう行ける場所ではないのだし、動物園に拘る必要とか無いのかもしれないけれど・・・・何となく(笑)

とりあえず、今回はアキラくんとお父上でで引き延ばす。
Akira60

父上、コレは何?

コレは人間と言って、こちらが脅かすと喜ぶやっかいなモノだ・・・・。

ふぅぅん。。。。

単なる威嚇ならともかく、中には不快や怒りもあるんじゃないかって思う仕草でも、見てる方はなにやら楽しそうに笑う事が多いです。
あんまり深く考えなくても良いことなんだろうけど。
コレが人間同士なら・・・って思うとね。
自分が怒っているのを笑われたら嫌だよなぁ~とか思ったりしてね。

 

お天気が悪いと聞いていたので、すっかりのんびりぐうたらしていたら、意外とお天気は崩れなかったみたいで・・・・なんか、寝てて損したかな(笑)
今年は数年ぶりに紅葉がキレイなので、写真撮りたいとか思いつつ・・・・ヘタれてました。
出てこい、私のやる気。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

お疲れ~~?

6月末に産まれたキングペンギンのおちびさん。
おちびさんって言うのが憚られるくらいデカいです(笑)

孵卵器で産まれ、人工育雛で育ったコを、群れに返すべく、現在運動場に囲いを設けて、他のペンギンたちに慣れる練習中。
でも。。。。
King15 ちょっとお疲れ・・・・?

慣れない環境で、神経使ってるのかな?

この方が楽なのかな?

でも、この状態は逆に直ぐに動けない分、リラックスしている・・・ってこともあるよね。
緊張してたり神経質になっていたりすれば、こんな格好は取れないんじゃないかとも思うし。

まだ他のペンギンを怖がったりしてるところがあるのだとか。
他の連中からも、まだ「ヘンなヤツ」扱いだったりとか。
でも、キングペンギンさんのなかで、このコの面倒を見ようとするペアができているそうです。
って・・・実の両親とは別個体なんでしょうか。
キングさんの「子育て」に対する執着は、かなり強いモノがあるそうで。
ヘタすると、他の種類のペンギンのヒナでも・・・親から奪ってでも育てようとすることがあるらしいですね。
・・・これから、冬を越して、だんだんモフモフも変わってくるんだろうな。
フリッパーから、成鳥と同じ羽根に変わってくるので、途中で毛皮のベストでも着てるような感じになります。
楽しみ楽しみ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

おや?

明日の土曜日はお仕事が入っているのですが・・・・。
旭山が休園中なので、うずうずすることもなく済みそうです(笑)

冬期はととりの村はお休みなので、しばしのお別れになるフラミンゴさん。
Flamingo04 正確には、フラミンゴ舎はととりの村ではないのですが。

・・・・って、あれ??
一瞬目を疑ってしまいました。
フラミンゴ舎にハクチョウが居る・・・・・。

いや、フラミンゴさんなんです。
間違いなくヨーロッパフラミンゴさんなんです。

フラミンゴって、泳ぐ?
泳ぐ鳥なら、羽根が水に濡れても平気だよね。
平素から羽繕いには余念のない連中だし、もしかしたら身体が水没しても大丈夫なのかしら?
なんか、フラミンゴって、浅瀬に立っているイメージしかなかったもんですから。

まぁ、ととりの村の住人は、風切りを切ってはいないので。
屋根のないフラミンゴ舎・・・こちらは風切りを切って飛べなくしてある・・・・にいたら、脱走しちゃいますわな(笑)

春にまた会えるまで、元気でね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

珍しく・・・

普段、お客さんと遊んでくれる・・・否・・・お客さんで遊ぶのはとんこちゃん。
檻の格子をよじ登ったり、アクリルガラス越しに飛びついたり、ガラスを叩いたり・・・。
くまぞうさんが、客に関心を持っている様子って、余り見たことが無かったんですけど。
Kumazou05

この日は、何が気になったのか客の方を気にしておりました。

ヒグマは、現在発情を迎えておりませんので、オスとメスは時間交代の展示です。
だいたい朝方から昼過ぎまではとんこちゃん。午後からはくまぞうさんというパターンであるようです。

さて、この日のとんこちゃん。
Tonchan21 客席に好奇心を寄せるような様子をみせて、その実・・・・。

上の方から一眼レフカメラかまえている不審者の様子を窺っているようにも見えます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

シルバーバック

赤ちゃんならともかく、大人のお猿さんはどうにも苦手で・・・とか言いながらチンパンジー館へ行ったのは・・・・
Chimpanzee04

キーボさんを見たかったから。
やはり無意識が働くのか、きちんと見ていなかった事実が判明(笑)

ゴリラの雄が、それなりに立派になると、背中の毛が銀色になると言うのは聞いたことがあったのです。
いわゆるシルバーバックというヤツですね。

チンパンジーもそうだとは知りませんでした。
Chimpanzee05

この日、キーボさんのグループは屋外の運動場。
息子のシンバくん率いる群れと分裂して、今はシンバくんと血縁関係にあるメスだけを率いているキーボさん。

ちゃんと立派なオスである証拠が背中にありました。
なるほど、シルバーバックだわ。。。。

・・・・勉強になりました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

カリカリカリカリ・・・・

どこの動物園でもそうですが、旭山の総合動物舎のキリンの運動場でも、キリンがエサを食べるときの口の動きや長い舌を来園者に見て貰おうと言う工夫がされています。

柵の上に付いているパイプには、葉っぱ付きの枝ごと差し込んでおいて、葉っぱをしごいて食べる様子が観察できる・・・・はずなんですがね(笑)
見ていると、マリモちゃん、いつも枝ごと引っこ抜いちゃうよね♪
パイプについている針金を曲げたモノで、枝を押さえているはずなんですが、マリモちゃんの引っ張る力の方が強いみたい。
全部食べちゃった後は・・・・まごの手になります(笑)
Marimo50

お耳がかゆいの~~~

後ろへ倒したお耳の格好が、なにやら可愛げです。

野生の状態なら、木の枝とかに擦って掻くんでしょうけど、生憎ここの運動場には、立木がありません。
なにせ、旭山最古の建物で、展示場も非常に古典的なんです(笑)
動物園側も、この建物を何とかしたいのですが、壮大な計画とともに、半端じゃない金額がネックなのね・・・・。

Marimo51 すっかり色づいた園内の樹木をバックに。

純日本風に行ってみました。

や、この木確か外来種じゃなかったか?(笑)

あかん、バックのオレンジにキリンの色が埋もれてまう・・・・・。
・・・・・3巻見た影響が・・・・(笑)
ご存じない方、スルー願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

隔たり・・・・?

オランウータンのもぐもぐタイムは、言わずと知れた空中散歩。
基本的に樹上生活者のオランウータンですから、本来なら、ずっと高いところに居ても不思議はないのですが、そこは動物園の飼育の都合というものが(笑)

この日の空中散歩は旦那さんのジャックさんの出番でした。
Orangutan05 渡り終えて、おやつのある方の柱を降りるとき、必ず立ち止まる場所があるのだそうです。
ちょうどオランウータン館の向かい側。
ジャックさんが屋外に出ているときは、奥さんのリアンさんと娘のモモちゃん、息子の森人くんは室内展示場に居るのですが・・・・ちょうどこの位置から、室内展示場の窓が見えるのです。

ジャックさんは、ここから室内展示場の窓を、必ず確認するのだとか。
愛しい奥さんと可愛い子ども達が見えるかどうか・・・・って。

でも、オランウータンは、基本的に単独生活者。
家族といえば、母親と子どもを指すわけで、そこに父親の存在はありません。
あるとすれば、普段の生活の中で、「オス」と遭遇するかどうか・・・ってことになります。

でも、ジャックさんがここからオランウータン館を見つめているとき、中ではこんなコトになってるんです。
Orangutan06 ・・・・・窓に貼り付いてますけど・・・・?

お母さんも娘も、外を見詰めています。
お母さんのお腹に貼り付いている息子も、お外を見ています。

「あれが、お父さんよ・・・・。」

てな訳もなく(笑)
まったく修飾しない話をすれば、単に、「別の(或いはオスの)オランウータンがいる」・・・ってな認識なんでしょうね。
でも、興味は津々。

ジャックさんは、大層気だての優しい男性らしく、モモちゃんが産まれた後に、一緒の展示場に居た時期もあります。
メスや子どもに乱暴することはなかったようですが・・・・森人くんが少し大きくなったら、また一緒になれるのかな?
ジャックさん一人だと、色々ストレスも溜まるようだとも聞きますし、たとえ手出し(!)は出来ずとも一緒の空間にいるだけで、多少の満足が得られるのなら・・・なんて、考えてみるのですが・・・。

そうすると、あれだよね。
観客の中で勘違いさんが増えるということに・・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

お立ち台?

旭山のホッキョクグマ館には2つの展示場があります。
一つは広いプールや滝のあるイワンくんとルルさんのいるところ。
もう一つは、コユキさんのいる・・・アザラシ目線のカプセルのある場所です。

コユキさんのいる展示場の回りに人だかりが出来ていたので・・・・覗いてみましたら・・・。
Koyuki06 展示場にある岩の上に上って、観客を見下ろしていたコユキさん。
いや、コユキ様(笑)
なんとも堂々としたお姿を一目拝もうと、みなさんお集まりのようです(笑)

とかく、展示動物が「動いている」というのが、旭山に遠方から来られた皆さんた感心するところらしく・・・・何かヘンだと思うのだけど・・・、こういった姿は人を集めます。
一緒に眺めている隣近所から聞こえてくる会話には、「○○動物園の△□は、いっつも寝てるしねぇ・・・。」と言う類が多かったりするのですが。
そりゃ、飼育環境とかもあるけど、個体の性格や年齢とか、様々なモノがあるでしょうに、一概に横並びで比べてどうするって?

Koyuki07 おつむボリボリ(笑)

コユキさんのなんともユーモラスな仕草に、客席から笑い声がさざめきます。
・・・これでフラッシュが光らなかったら良い雰囲気なんだけどね。

かなりのお年ですから、聞くところに寄ると、耳も目も悪くなっているようだとか。
まだ鼻は利くので、あたりを嗅ぎ回ることによって情報を得ているらしいです。
しばらく前までは、お呼びするとお顔をむけてくださってたんですけどね。
もう、普通の声じゃ聞こえていないのかな?
でも、大声を出すのはマナー違反。
せめて、心の声が伝わるように・・・・熱い視線で眺めて行きたいと思います♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

とてとてとてて・・・♪

まだ、ジェンツーペンギンで何羽か真っ最中のコもいましたが、おおむね換羽が終わってすっきりさんが揃ったペンギン館。

Gentoo32 一羽のジェンツーさんが、宙を睨んでおります。

どうしたんでしょ?

視線は忙しなく動き、それに連れて首が小刻みに動いていました。

と。

その後・・・・。
Gentoo33 待てぇ~~~~!

走り出して行ってしまいました。

・・・・どうやら、トンボを追いかけていたみたいです(笑)

かなり寒くなってきたというに、まだ飛んでいるトンボさんがいました。
ととりの村のカモさんたちも、争ってトンボを追いかけていましたしね。

雪が降れば、今度は舞い落ちる雪を追いかけるんだろうな、この連中♪

続きを読む "とてとてとてて・・・♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

アンバランス♪

本日も、帯広動物園から。
Flamingo03 今年生まれのフラミンゴチビちゃん。

後ろに居るのはベニイロフラミンゴですが、このコはヨーロッパフラミンゴの赤ちゃんのはず・・・。

親と違って、灰色のモフモフです。

てか・・・・・、あんよだけが異様に太くて長いんです。
帯広動物園の公式サイトで見る限り、8月末ではか~な~りあんよは短いんですが・・・かかと着けて座ってますが、それほど足は長くない・・この写真撮ったのは10月頭ですから1ヶ月とちょっとくらいで、こんなににょきにょきと伸びるものなのですね。

嘴の色も地味で、まだ親鳥ほどは曲がっていません。
ちなみに、嘴の色が親鳥と同じになるまでには1年以上かかるようで、昨年生まれの若鳥は、羽根の色こそキレイですが、嘴の鮮やかさはまだ親鳥には及びませんでした。

そういや、キングペンギンの若いのも、最初の年は嘴の色が薄かったよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

大きくなった?

お久しぶり♪のホッキョクグマさん。
札幌の円山からお引っ越ししたピリカです。
Pirika13
円山にいたころは、なにしろぬいぐるみでしたから(笑)

さすがに間もなく2歳(だったよね?)

それでも、まだ十分小さいのだけれどね。
隣の檻のサツキさんが引っ越してしまって比較対象がなくなったのですよ。
サツキさんと比べると、まだまだちっさいピリカでした。

旭山のイワンくん見てる限り、5~6歳くらいになると、相当大きくなるんだろうと思うんだけどね。

Pirika14 一生懸命爪のお手入れ中・・・?

や、小さい頃は自分のあんよをかじる癖があったとか聞きましたが・・・・・。

今は・・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

遊んで~~!

帯広動物園のゴマフアザラシは、なにやら人懐っこいコたちでした。
Goma06

伸び上がって、なにやらおねだり?

何かせがんでる?

単なる好奇心??

どうもこれは子どもに対してだけ発揮されるようでした。
おばちゃんじゃダメ?(笑)
それとも、いつもの伝で、一眼レフの黒くて大きいカメラ・・・・しかも望遠レンズ付き・・・・がイヤなのかなぁ。

望遠レンズが銃身を思わせるのか、はたまた他の理由があるのか、動物たちにはあまり好かれないスタイルのようです。
それ持ってうろうろしている自分も・・・・当然遊んではもらえません・・・クスン。
Goma07

・・・やっぱり、子どもに興味があるのかな?

でも、金網に手をかけるのは・・・上の写真の伸び上がり方から行って、・・・ちょっと気をつけた方が良いかもしれない。
十分届く距離だもの・・・指なんぞ差し込もうものなら・・・かじられちゃうかもよ。
ちょい、気になりました。
何か事故があれば、怒られるのは動物園と動物だからね。
ルールを知らなくとも、無視しようとも、同じく「被害者」
その結果、動物と観客の間の距離は遠くなるんである・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

元気そう!

帯広動物園には、6月に旭山からお嫁入りしたフタコブラクダのチビちゃんがいます。
ぢつは、そのニュースを聞くまで、チビのこと、男の子だとばっかり思っていまして・・・一度謝りに行かねばと思っておりました。
Chibi04

ちびぃ~!元気だった??

・・・・なんだかすっかり毛づやが良いんだけど(笑)

旭山に居たときは、ぼさぼさでいつも地べたにぺたりとひっついて寝ていたよ・・・・ね??

どうしたの?
この穏やかで落ち着いた様子は。
旭山にいた頃とは見違えるような美女になってませんか?

どうやら・・・・・・
Boss ご主人のボスくんのお陰らしいです。

やっぱりちびちゃん、一人で寂しかったのかな?
ラクダも基本的に群れで生活する生き物でしたよね?
同じ仲間と一緒の空間を共有することが、彼女をこんなに美人にしたとするなら・・・・やはり、環境ってのは大事なんだなぁ・・・・と、思ったりするわけです。

この2頭、現在のトコロは順調と伺いました。
ただ、この先発情期を迎えたら、どうなるかは・・・・まだ分からないと言うことらしいです。

えと、お友達ならOKだけど、亭主するのはイヤ・・・・とか、あるんですか??(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

ごめんね。

帯広動物園のカンガルー舎のスポットガイドです。
Kangaroo01

飼育員さんの腕に抱かれたカンガルーチビちゃん。

じつは、まだお母さんのお腹の袋の中にいる仔です。

ちょっと見せてね・・・と引っ張り出してくださいました。

Kangaroo02 でも、やっぱりお母さん。

「ウチのコ、返していただけません?」

ごめんね、もうちょっと待っててね。

お母さんを宥めつつのスポットガイドです。

 
Kangaroo03 ・・・・返して貰いました(笑)

 

 

本日もあまりの寒さに動く気になれず。
身体が慣れるまでのちょっとの辛抱なんですけどね。

来週の土曜日が、夏期の最後になるのかなぁ。
お天気が荒れませんように・・・・。

あ、そろそろ、写真選んでプリントしとかないとな。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

森人(もりと)くん♪

オランウータン一家の長男の愛称が決定しました。
森人(もりと)くんです♪

Orangutan04 あはは!そのまんまですね♪

オランウータンって「森の人」という意味。

見ていると、本当に仕草や表情が人と共通しているような気がします。

もっとも、その辺りがじつは、自分がサル類を苦手としている所以なのかもしれないのですが。。。
ま、赤ちゃんは別格。
別格と言うより、母親が赤ん坊に向ける仕草や表情に、なんとも和むのは確かなのです。
無条件、無報酬、全く持って無償の愛情。愛しくてしょうがないという有様。
お母さんは、赤ちゃんをとてもとても大切にします。
そんなリアンさん(お母さん)ですが、長女のモモちゃんが産まれたときは、危うく育児放棄しそうになった経緯もあるそうで。
森人くんのときは、大丈夫だったんだよね。
もう、ちゃんと自分が守らなければならない大切な命だってわかっていたんだよね。

元気に、大きく育ちますように♪

続きを読む "森人(もりと)くん♪"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

角研ぎ

何やら顔面に力がはいっているっぽい鶴岡くん。
なるほど、こうやって木に角をこすりつけて、袋を落とすんだね。
Ezoshika08

秋から冬にかけては、シカに角を擦りつけられ、皮をかじられ剥かれして、樹木にとっては災難な時期のようです。

3年ほど、道東にいた時期があるので、エゾシカの樹木被害についてはある程度知っています。
さながら白骨状態になった若い木々もたくさん見ました。
シカが増えすぎてしまったというのも一因でしょうが、そもそも増えすぎた原因は人間にあったりしますからねぇ。
シカの頭数調整を行っていた生き物を絶滅させたのは、私たちです。
Ezoshika09

右側はお父さんの治夫さん。左が鶴岡くん。
角研ぎに精を出した結果、貼り付いていた袋がキレイに落ちたようです。

こうして比べてみると、やはりまだまだお父さんの方が大きくて立派です。
 

Ezoshika10 さて、むくみくんの方はと言えば・・・やっぱりちょっと遅れているっぽい。
上と同じ日の写真ですが、まだ角が茶色いです。

明日。。。。
旭山行けるかなぁ・・・・。
雪の予報が出ているんですけど。
車のタイヤ、まだ交換していないんですけど・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

お前もか・・・・

イチャラブのユキヒョウさん達をご紹介した翌日は、こちらもなんだかラブラブのキングペンギンさん達。
King14

ソフトフォーカスがかかっているのは、アクリル越しの撮影のせいです。
決して、効果を狙ったわけではありませぬ。。。。(笑)

仲良しさんは見ててほっこりします。

でも、キングさんの繁殖期って、とっくに終わっていたと思うのですけど?
一夫一婦制って・・・・繁殖期以外でもそうなんだっけ??

タグの付いているフリッパーが異なるので、間違いなく雌雄なんだと思うわけではありますが・・・・。
単なる仲良しさん・・・かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

寒さを吹っ飛ばせ・・・?

何とか我慢していたのですけど、とうとうストーブに火が入りました。
流石に朝晩は冷えるし・・・今、風邪を引き込むと大変なことになるのが分かっているので・・・・。
ったく、なんでまたこんなに仕事が立て込んでいるんだろう・・・?

さて、そんな寒さをものともせず・・・・いや、もっと寒いところでも平気でしょうが、あなた達・・・なにやらお二人で回りの気温を上げている方々(笑)
Snowleopard02

地べたに二人並んで・・・いちゃいちゃ♪
相変わらず、仲睦まじいユキヒョウのご夫婦、ゴルビーくんとプリンちゃん。
旭山動物園随一のイチャラブカップルなのです。

この日は、プリンちゃんがゴルビーくんをペロペロ。
 

Snowleopard03

さらには、ぴとっとくっついて♪

大好きな奥さんに身を寄せられて、ゴルビーくんもご満悦?

 
 
 

Snowleopard04

でもって、すりすり♪

何やら二人の世界で幸せを満喫しているっぽいご夫婦。

や、物陰でやってらしたのを、隙間から狙った身としては、いちゃモンをつけられるハズもないのですが(笑)

それにしても・・・・お熱いことですv

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

親子だなぁ!

Lions20 父上も母上も寝ていたのです。

アキラくんだけ、ちょろちょろしていたのですが・・・間もなく父上がお目覚めになりますと・・・・嬉しかったんでしょうかね?・・・後をつきまとい、仕草まで真似ッコですか?(笑)

同じポーズで、のびぃ~~っ!

母上はまだお休み中です・・・・。

Lions21 じゃれている父と息子。

こちらもなんだか似たようなポーズです。

一緒に産まれた兄弟姉妹がいれば、じゃれ合いも出来ますが、生憎アキラくんは一人っ子。

大きくなってくると、母上では荷が重いのでしょうか。
この日も、もっぱら父上にちょっかい出していました。
また、父上がよくお相手を務めてくださるのだわ。。。
や、たまたまこの日はご機嫌が良かっただけかもしれませんけど。

なにやら、人間も見習いたいような子育てしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

気紛れ?(笑)

朝は大雨だった本日の旭川・・・・。
ぢつは、土曜日から旭川に泊まりがけでおりました。
お宿で目を覚まして、お空を見上げて、溜息・・・・。
朝ご飯を食べている間に、どうやら雨も上がったようだったので、ちと買い物を済ませて10時半頃入園しました。
お天気は悪かったモノの、三連休の最後とあって、それなりの混み具合。

お天気が怪しかったので、かなり早めに帰ってきたのですが・・・・ある意味、大変濃い一日であったかと思われ(笑)

たとえば・・・・・朝方は、こんなでした。
Non14アムールトラののんちゃんです。
何やら威嚇の形相も凄まじく(笑)

運動場の隅っこで休んでいると、ときどきいっちゃんが側を通るわけで・・・・その度に、唸る・・・・。

いっちゃんの方には特に他意はないようなんですけどね。

 
Non15
この時ののんちゃんなんか、すっかり毛を膨らませて、お顔がまん丸になっちゃってます。

そんなにいっちゃんが嫌いなの?

2頭一緒に運動場に出ているときは、たいていこんな感じで、いっちゃんが近づくと唸るか逃げちゃうのんちゃんなのです。

が・・・・・、この日の午後・・・・・
Non16

これは、誰?(笑)

お休み中のいっちゃんに、のんちゃんの方から近づいて、ご挨拶。

何やら仲良さ気な雰囲気なのです。
何の気紛れなんだろう?
時折、こういうことがあるみたいです。
ちなみにのんちゃん、このとき寝起き・・・・、ずっと運動場の隅っこで寝ていました。

寝ぼけてた・・・なんて落ちは・・・・無しにしてね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

恋の季節?

ととりの村は、冬期には閉鎖してしまうので、今月21日までしか見られないんだよね。
ここの住人達を、冬用の部屋へ移動させるのが、かなり大変な作業だと聞いています。
なにせ、巨大な鳥かごであるととりの村では、羽根を切っていませんから、逃げるときは飛びます(笑)

Kamo02
杭の上でお休み中のお仲間を、なにやら羨ましそうに見ているお友達・・・・?
一緒に乗りたい・・・・?

春のベビーラッシュが済んで、オスのカモたちが地味な色合いに変わったと思ったら、既に、次の繁殖期の準備です。
 
Kamo03 マガモさん・・・・通称あおくび、と呼ばれるこれが所以。
緑を青と称するのは、あれだね、信号機と同じだよね。

我が国古来の色の呼び方に由来するようです。

オスガモがこうなると、婚姻色。
これから男同士の争いとか、女の子争奪戦とか・・・やっぱり、あるんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

兄弟

アテネくんを出したのだから、キンくんを出さねばなりますまい(笑)
Kin04

アテネくんに比べると、お鼻が黒っぽいのです。
んで、雰囲気なんだけど、アテネくんより精悍な感じがするのだね。

もちろん、顔の模様とか違うわけだし、きちんと覚えれば良いだけのことなんだけど。

下から見上げる檻の方に上っていることが多いです。
以前は、そこに2頭で寝そべっていたりもしましたが、今はどっちかが上っていると、もう片方は地面を徘徊していたりしますね。
Kin05

そろそろお嫁さんの心配をしないとならないお年頃。

でも、アムールヒョウは絶滅一歩手前の生き物ですから、野生個体は間違いなく無理です。

海外の動物園も含めて探さないとならないだろうね。
なにせ、国内のアムールヒョウは、殆どビックさんの子孫であるからして、アテネやキンとはいとこだったりはとこだったりするんですよ・・・ね??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

お~い!

擬木の上でお休み中のアムールヒョウ
Atene08

アムールヒョウは同じ運動場に2頭います。

先だって亡くなったビックさんのひ孫にあたりますが。
この2頭を見分ける手がかりの一つに、鼻の頭の色があります。
ピンクがかっているのがアテネくん、黒みがかっているのはキンくんです。
最近ちょっと色味が似通ってきて、単体で見ると首を傾げることもあるんですが。
いずれにしても、この状態では、これが誰なのか分からないんですな。
そこで、
「お~い。」

もちろん、大声は出しません。
普通に人と会話する音量で。
Atene09

・・・・顔を上げてくれました。

はい、これはアテネくんです♪

この春、キンくんとの中が険悪になって、大げんかの末、脇腹におった傷も、どこにあるか分からないほどに回復しました。
これで、いよいよ別展示かと思われましたが、今現在まだ2頭一緒の展示になってます。
大丈夫?またケンカしませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

あれあれあれれ?

Icchyan08

プールで遊ぼうと思ったのに・・・・・?

 

 

 

 
Icchyan09

お水が無いよぉ~~!

 

 

 

今日はプール掃除の日。
夕方早々に、プールのお水を抜いちゃっていたんですね。
でもって、いっちゃんだけが運動場に出ていたのは・・・・のんちゃんは時として寝室に入ってくれないことがあるらしい・・・・のでした。

せっかくお水を抜いても、のんちゃんに運動場に居座られるとお掃除ができません。
よってこの日は、最初からお外へ出さなかったそうです。
いや、頑固だとは聞いていましたけどね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

母の愛

昨日は、元気に冒険するおちびちゃん。
引き続き、本日は母親と子どもの様子など(笑)
旭山のオランウータン館からおおくりいたします。
Orangutan02

なんとも、人間くさいです。
や、オランウータンは「森の人」ですもんね。

母の顔に手を伸ばす乳児・・・・って、よくあります。

愛しげに赤子を見つめる母親。

Orangutan03 姉のモモちゃんは、ちょっと拗ね気味かな?

モモちゃんもこちらを向いているところを撮りたかったんですけど、そうそうこちらの思惑通りにはいきませんて(笑)

それにしても、オランウータン館は室内ですから、当然光量不足で、カメラをオートにしているとフラッシュが光ります。
どの生き物も、基本的に眩しい光を中てられることを好みませんが、オランウータンは特にはっきりと動作に出るんです。
嫌がって顔を背けることもあります。
分かるだけに、無神経な人がいると腹が立ちますね。
係の人が、何度も何度も煩いくらい「フラッシュ撮影はご遠慮ください!」って叫んでいるのに。
てか、自分のカメラのフラッシュが光っていることに気がついていない人がいますよね。
どうなっているんだろう、あれ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

少しずつ・・・・

お母さんから離れても、引っ張り戻されないようになってますね。
Baby12

ブラッザグェノンの赤ちゃん。
おっきなお目々には、何が映って居るんだろう?

赤ちゃんはやっぱり可愛いですよ♪
「サル」の類は苦手としていたのですが、このコとオランウータン一家の長男のお陰で、最近はしっかりご挨拶していくようになりました(なんてゲンキン(笑))

Baby13 赤ちゃんが産まれた・・・・っていうことがすなわち、飼育動物が此処を、子どもを産み育てるに足りる環境だと判断してくれた・・・・ような気がするのが嬉しいのデス。

もちろん、オスとメスがいれば、いつでもどこででも繁殖しちゃうような動物もいるでしょう。
オスとメスの相性が良くて、更に環境も整っていないと中々繁殖してくれない種類もいるんだと・・・そう思うのですけど。
やっぱり無条件に「愛らしい」かな?(笑)
子どもの持つソレと、もう一つ、母親の子供へ向ける愛情。
癒されるなぁ・・・・♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

ゴロゴロゴロ・・・

Purin02 本日も、旭山のもうじゅう館から。

テレビなどですっかり有名になった、下から見上げる檻。
アムールヒョウとユキヒョウが、上に居るときはご覧頂けます。

写真は、ユキヒョウのプリンちゃん。

 
Purin03

金網の上で仰向けにゴロゴロ。

あんよはジタバタ

 

 
 
Purin04

大きく身体を揺すって。

あっちを向いたり、こっちを向いたり。

何しているの?

 
 
Purin05 背中でもかゆかったのかな??

「何、見てるのよ!?」

・・・・睨まれてしまいました(笑)

これから寒くなってくると、このコ達の季節です。

・・・てか、プリンちゃんと旦那様のゴルビーくんは、旭山随一のイチャラブカップルでして(笑)
雪をも溶かすアツアツっぷりを見せてくれることは珍しくありません。
でも、嫁さんの方が優勢です。
や、男は女房の尻に敷かれてやるくらいの懐の深さが無いとね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お昼寝♪

昼下がりのもうじゅう館、ライオン舎。
Akira57

基本的に肉食動物は、この時刻、寝ています。
余分なエネルギーを使わない、エコ生活(笑)
用も無いのにちょろちょろして、肝心の狩りに使うエネルギーまで使い果たす訳にはいきませんからね。

で、この日のアキラくん。

ぴとっとくっついて眠っているのは。。。。。
Akira58

お父上の腰のところ(笑)

あと一月足らずでお誕生日を迎えるアキラくん。

このナリでようやく1歳。
ライオン舎の紹介板には2~3ヶ月頃の写真を使っているので、ご存じない方・・・は、赤ちゃんドコにいるの・・・?ってな状態になります。
大概、メスのライオンと言われてしまうアキラくんですが、もうたてがみもかなりしっかり分かるようになってきてます。
こんな風に、父上に甘えていられる時間も、だんだん少なくなってくるんでしょうね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »