« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月28日 (水)

おめでとうー!!!

円山から朗報が届きました。
Lion01 ティモンさん、おめでとーっ!!
今は亡きジェスパさんがご高齢だったこともあり、子どもは望めないと思っていたけど、若いお婿さんのお陰で、ティモンさんも、初めて母親となりました。
ちゃんと、赤ちゃんの面倒見ているかな?

初産ということもあるし、まだ予断を許さないのでしょうけれど、無事に元気な姿を見せてくれることを祈ります。

男の子かな。女の子かな。何頭いるのかな??

年末か年明けには円山へ行けると思うので、とてもとても楽しみです。

上手く行けば、ララさんところにも新しい命が誕生するようだし・・・・こちらは早くても3月くらいの公開になるのかな・・・・来年は、円山が面白い♪

ときに・・・・。
また数日留守にします。
思い立ったら、善は急げの吉日ということで(笑)
見たい・・・と思ったら制御できませんでした。
それでも、本来なら来週・・・・と思っていたのですが、よりによってその日に仕事が飛び込んできたとあっては・・・・急遽、一週間繰り上げるしかなかったのです。
Who2 ←会ってきます。(これは5月の写真)

来るなら今・・・とか言われてしまったし(笑)

がんばって、行ってきます!

ブログの更新も数日滞ります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

のんびり、ゆったり

この時期、旭山動物園は、一番人の入りの少ない時期だそうです。
紅葉も終わり、本格的な冬を前にした時期は、ちょうど端境期なんでしょうかね。
閉園間近・・・・3時過ぎのあざらし館。
Gomahu07

これは・・・カムイちゃんかな?
お腹を見れば、雌雄の区別はつくので、女の子だったのは確かなのだけれど。
あざらし館の6頭のアザラシのウチ、女の子は2頭。
カムイちゃんとヒカルちゃんだけです。
ある程度空いてきた館内で、マリンウエイを何度も何度も行ったり来たり。
ゆっくりゆらりと・・・・癒しの空間ですな(笑)

結構、身体の模様とか違うのですが、いまだアザラシの個体識別がつきません。
はっきりわかるのは、ある程度の年齢に達して、身体全体が白っぽくなってきたウイちゃんと、一番若い男の子、ソラくんだけです。
Gomahu08 まだ小柄なのと、目の回りがキレイに白っぽく抜けているのと、一昨年のカレンダーの写真・・・まだパップ(笑)の見返りアザラシがソラ君なので・・・まだ幼顔が残って居るんですね(笑)
一日に何度か、必ず見るところに貼ってある・・・すでにカレンダーとしての用は成さない・・・・んで、なんとなくわかるんですけど。
もっとも、身体が濡れているときだけで、日向ぼっこして毛がフカフカになってしまうともう、誰が誰やら・・・・(笑)

そういえば、カムイちゃんと言えば、来年はどうなのかな?
今年の春は、とても残念なことになってしまったのだけど、次回こそは、元気な赤ちゃんがみたいぞ・・・っと♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

誰か・・・

この方を格好良く撮れる方法を教えてください(笑)
Pac03

旭山のクロヒョウ、パックさんです。

丁度男盛りの年齢ですが・・・・いかんせん。
パックさんは亜種不明のクロヒョウなのです。
あまり寒かったりお天気が荒れている日は、早々と寝室に収容したり、出ていなかったりするので、南方系と呼ばれるヒョウの変異体(黒色個体)であるとは思うのですが。
南方系って・・・・ペルシャヒョウだけじゃないのね??
・・・つまり、お嫁さんはもらえない・・・・(T_T)。

しなやかな体躯と軽やかな動き。
隣のアムールヒョウの兄弟も大人になり、時折、檻越しにやり合っているシーンも見かけます。
檻の中を三次元のレベルで駆け回り、動いているときはすごく格好良いのに、写真になると、どうも今ひとつピンとこないんですな。
すごく眠たそうに見えたり、ちょっと情けなさそうな表情に見えたり・・・・。

ところで、旭山のフォトコン。
賞をいただいたせいで、逆に写真撮るときに意識するような感じ(笑)
欲が出たってヤツでしょうか。
なにやら、上位入選の「キーワード」があるということまで知ってしまっては、そういうシーンを狙おうと、ついつい気持が構えてしまいます(笑)
応募した数枚のウチ、賞を頂いたのは、かなりトリッキーな写真ではあったのですが、なるほど、キーワードを聞けば選ばれた理由が分かります。
ちなみに、そのキーワードとは・・・コンテストのタイトルの中にちゃんと入ってます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

朝一番!

幸いお天気も崩れず。
旭山動物園へ行って来ました。
開園と同時に入って、真っ直ぐ向かった先はもうじゅう館。
エゾヒグマのとんこちゃんのところです。
Tonchan22

雪をガジガジ。

もうじゅう館は、二階部分が閉鎖されちゃっていました。
積雪期を迎え、雪に慣れないお客さんが足を滑らせ、怪我をされる事故が急増するせいですね。
でも、上から撮れないと、ライオンがきつい!
殆ど観覧スペースが無くなるんだもの!
雪が深くなれば、雪山に隠れたアムールトラとか、ひたすら見づらくなるしね。
ついでに言うと、ユキヒョウも、上からの撮影が出来ないとなると、あのアツアツぶりが見づらくなるなぁ・・・・見るモンじゃないわよっ、とかプリンちゃんに怒られそう・・・・・(笑)

Kumazou06 オスのくまぞうさんです。
比べるとかなり違いがあります。
顔立ちの他に、体格差もありますしね。
今は時間交代展示で、お昼過ぎくらいにはくまぞうさんに会えます。

一応、どちらが出ているかの表示はあるんですが、とんちゃんとくまぞうさんについては、一方だけでも識別できるようになりました。

今日は、お目当ての方を探してみたんです。
朝一に、とんこちゃんのトコロにいらっしゃるんじゃないかと思って(笑)
多分そうだろうと思った方はいらしたのですが、この時点でお声を掛ける勇気はまだ無し。
フォトコン表彰式で同じお顔を拝見して、確率が跳ね上がり、さらに作品の題材を拝見して、ほぼ間違いないと確信。
意を決して、ご確認申し上げました(笑)
やはり、ご本人様!
わ~い\(^o^)/
お写真と言い、ついているコメントと言い、・・・すてきで暖かくて楽しい・・・大好きなブログの管理人様でいらっしゃいます。
まだ、明日も回るところがおありになるそうな。
どうか、お気をつけて♪
後日のブログにアップされるお写真を楽しみに・・・・って、既に本日の成果がアップされていますね(笑)
お帰りになる頃には、きちんとブログにご挨拶に伺わねば。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

何かご用?

未亡人が結構いらっしゃる旭山動物園で、こちらは男やもめ・・・・(笑)
Snowy_owl01

大抵、客に背中を向けていらっしゃいます。
人間嫌い・・・ですか?(笑)

それとも、明るい方向を向くのがお嫌いなんでしょうか?
いつもいつでも、たいてい同じ位置にいらっしゃるのですが、殆ど動かないので、ドコにいるのか悩む方もいらっしゃるみたいです。

ほんの少しだけ動くところがどこかと言えば・・・・・。
Snowy_owl02

首から上(笑)

フクロウですから、首は自在に回転するのです。
他のトリと違って、前を向いて二つの目が付いているフクロウは、逆に視界が狭いのですね。
獲物を探すために、首がよく回るようになっています。
その首だけが時折クルンと回ります。
愛嬌を感じさせる仕草なので、客を喜ばせるのですが、本人(鳥)、あくまでも周囲の確認をしているだけだと思われます。

 

 

車庫前の除雪をしました。
明日、お出かけですからね。
少し気温が上がったので、除雪車で押されて盛り上がった雪の塊が、とにかく重い!
ついでに、燃料を入れに20キロ離れた隣街まで出掛けてきました。
うん。メインストリートは大丈夫そうだ。
雪が溶けて路面が出ているから、余程冷えてこない限り、スピードダウンで対処出来るね。
問題は、裏道でして・・・・。
圧雪アイスバーンでつるんつるん。
10キロ以下で走っていても、ちょっと強めのブレーキ踏むとABSが作動します。
気をつけなくちゃ・・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

お隣さん

どちらもシカの仲間で、どちらもご婦人です。
でも、片方のご婦人には、角があります。
Urara03

トナカイのうららさんです。
すっかり冬毛に変わって、暖かそう♪

もう間もなくアルバイトの季節(笑)だし、12月24日の夜はきっと、トナカイ舎が空になっているんだね(笑)

この時期、オスの角は既に落ちてしまっているので、サンタさんのそりを引くのは、女の子のお仕事になります♪

トナカイだけが、シカの仲間でメスにも角があります。
北極圏に住まうトナカイは、冬に、固く締まった雪を掘り起こして、コケなどを食べるのだそうで、角はその際に必要な道具であるらしい。
もちろん、オスのトナカイには強さの象徴としての役割もあり、メスの角よりはるかに立派な角になります。
生憎、旭山にはオスのトナカイが居ないので、比べられないのが残念ですが。

Sachi03 金網一つ隔てていらっしゃるのはワピチのサチさん。

基本的には、シカの仲間はメスには角がありません。
ワピチは、たいそう大柄なシカで、自分はお目に掛かったことがないのですが、亡くなられたサチさんのご主人の角・・・ワピチ舎のすぐ前に展示してあります・・・は、物凄く立派です。
生きているときにお会いしたかったなぁ・・・・。
春になる前に・・・釧路行ってみるかな・・・・。

お二人とも未亡人で、時折何やら会話でもしているように金網越しに隣に居たりします。
そのせいで・・・・同じワピチだと思われたり、トナカイだと思われたりすることがあります。
ちゃんと看板を見ようよ。ここまで違う生き物なのにね。
あ、でも顔立ちの優しいあたりは似ているのかな??

「オオカミの森」が完成したら、お引っ越しすることになるのかな?
どんな展示になるのか、大層楽しみです。

続きを読む "お隣さん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

空中散歩

冬期は、やりません。
・・・・オランウータンは、ご存じの通り熱帯インドネシアの出身。
寒さは苦手なので、室内展示になるのですが・・・・小春日和の穏やかな日には、屋外展示をしていることもあるのです。
空中放飼場は、オランウータンの自由意志で行き来が出来ます。
本来なら、見られる見られないはオランウータンの気分次第なのですが、一人でも多くのお客さんに見て欲しいということで、もぐもぐタイムには、反対側におやつを置いて、渡って貰うようにしているわけです。
それでも、もしもオランウータンの気分がノらない場合は、見られないことだってあるんです。
決して、強制はできませんものね。
Orangutan07

この日、ジャックさんが空中放飼場へ出たのは、屋外放飼場が日陰で寒かったから・・・みたいです。
反対側の方は、日が当たっていたので、暖かそうに見えたんでしょうか。
でも、ご覧のとおり風が強かったのです。

念のため、ジャックさんは右からひだりにむかっているトコロです。
Orangutan08

で、いつものとおり、途中で一休み・・・と見せかけて、ぢつは・・・・・、妻と子ども達のいる建物を見つめています。

 

 

Orangutan09  室内でも、お父さんの姿を見ようと、妻と娘が窓に貼り付いていました。

カメラを構えると、リアンさんの表情が硬くなります。
オランウータン館は、室内ですから光量不足のため、きちんとフラッシュを切っていないカメラは、間違いなく閃光を発します。
昨今、言われても言われてもフラッシュを切らない・・・自分のカメラが発光しているのに気づいていなかったり、切り方を知らないくせに使うことを躊躇わない・・・人も多くなり、リアンさんもいい加減嫌気が差しているんじゃないかと想像するところです。
カメラ向けられると警戒するようです。
まぁ、予告も無くあの閃光をいつでもかつでも浴びせられるんじゃぁねぇ。。。。

 

 

順調すぎるほど降り積もって、60センチ越えです>積雪。
もっとも、東北の方では70センチを越えたトコロもあるように聞きました。
11月だというのに、なんちゅー雪の量だ!?

ベランダ窓が、既に半分埋まっているんですけど・・・・?
屋根から雪が落ちるからなぁ。
悪天候で、三連休も遊びに行けないようなので、除雪三昧で過ごすことになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

密度

積もり積もって・・・順調に(笑)40センチを越えました>積雪。
よもやまさか、11月19日に降り始めてそのまま根雪・・・とか、言わんだろうな?おい!

旭山ももう雪景色なんだろうね。

Ezoshika13エゾシカ舎の最年少。
8月生まれのめぐみちゃん。

中々からだが大きくならないのが心配です。

父親の治夫さんを中心にした群れは12頭まで大きくなっていたのですが・・・・。
昨年生まれの3頭のお嬢さん達がお引っ越しし、清野ママが、現在お勉強のため(笑)出張中。
さらに、今年生まれの男の子、プルトニウムくんが残念なことに亡くなってしまったそうで、5頭が居なくなり・・・・現在、エゾシカ舎には7頭しかいません。
息子を失ったせいなのか、母親のトナカイさんの元気が無いのが気になります。

なんか、すっかりがらんとしてしまい、寂しい感じもするのですが・・・・。
毎年順調に増えている状態では、直ぐに飽和状態になることは間違いなく、毎年産まれた子ども達を外へ出さなくてはならないのです。
Ezoshika14

めぐみちゃんとお母さんのチャッピーさん。
まだ時々、お母さんのお乳をつついているようです。

5月に産まれたななしちゃん(名前がまだ付いていないって・・・・ヒドイ(笑))は、清野さんの娘さんなので、お母さんがお出かけ中の現在は一人で過ごしていますが、もう身体もかなり大きくなっているので、大丈夫・・・なのかな?

ちなみに、お出かけ中の清野さんは、子種を仕入れにいっているそうです(笑)
そろそろ治夫さん以外の血をいれないと・・・・繁殖していけなくなりますものね。
ここは、是非とも、男の子を産んでいただきたい・・・・とは、現場の願いだそうです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

ちょこまか!

この生き物の檻の前には、大層たくさんお客さんが集まります。
でも、カメラを構えた殆どの人が、溜息をつきます。
一つは、檻の構造。格子が太くて、中が暗い。
もう一つは・・・・・!

「お願いだから、動かないでぇ!」

Lesser08 とにかく、ちょこまかとよく動きます。
とても、とても元気です。

既に、どっちがどっちなんだか分からない(笑)レッサーパンダ親子。
多分右手がおちびさん。

左は・・・パパかな・・?
相変わらず、ここの檻は消えてくれません。
日が低くなって太陽光線が見事に反射してくれます。

Lesser09 ご両親が寝こけている間にも、ひたすらもぐもぐしていたおちびさん。

手前の塩ビ管に差し込んだ笹竹をもぐもぐもぐ。
寝転がって食べていたりと、好き放題の状態です。

ま、それがまた可愛いっちゃ可愛いんだけどね。
この位置だと・・・・食べてる時は・・・・動きが少ないので、写真は撮りやすい。
でも、こちとら望遠レンズなので、格子から離れて奥に行ってくれた方が、撮りやすい。
でも、その状態だと、動きが止まらない(笑)
薄暗い獣舎の奥では、か~な~り、きつい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

雪景色

えと、順調に降り積もっております(笑)
現在積雪20センチを越えました。
気温がそれほど低くないのと、雪がベタ雪なので、降り積もる片っ端から自重で溶けていると思われ、降っていた時間ほどには積もっていません。
とはいえ、メインストリートを1本外れると、すでに圧雪アイスバーン。
すっかり雪景色となりました。

雪といえば、似合いそうなのはやはりペンギンさんということで。
Kingbaby05

えっへん!
とばかりに、キングペンギンおちびさん。
取りあえず、柵の中からは出ていますが、一日中ではないらしい。
この日も、午後2時過ぎくらいに、キーパーさんに抱えられて、御退出なさった殿下です。
万が一、夜の間にプールに落っこちでもしたら大変ですものね。
コートは防寒かもしれないが、防水にはなっていないでしょ。
この時期の水濡れは、請け合い風邪を引くね(笑)
ペンギン館は、基本、寝室との間の扉を開け放ってあるので、ペンギンさん達は、いつでも好きなところで過ごせます。

寒いところに棲息するイワトビさん達は、今朝方ライブカメラを覗いてみれば、降りしきる雪の中、とてもお元気そうにお外で過ごしているようです。
一足先に、防水コートを身に纏ってデビューしたイワトビの若い衆(笑)
Iwatobi37

ピンぼけ写真でごめんなさい。
しまい込むには、あまりにもったいないシーンだったので、ここで出します。

脇を通り過ぎていくビッグな方を見上げるイワトビさん。
キングさんの方は、全く気にしていないように見受けられますが、イワトビさんがなんだか、一生懸命伸び上がっているようで(笑)
ペンギンの中でも、もっとも気が強い種類として1、2を争うと言われるイワトビさんは、ご幼少の頃から、こんなでっかい相手に対しても逃げたりはしないのです(笑)

続きを読む "雪景色"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

落ち葉のベッド

Icchyan10 もうじゅう館のアムールトラ舎の地面が凄いことになってました(笑)

落ち葉落ち葉落ち葉落ち葉落ち葉落ち葉・・・・・・・。

ミズナラ、カシワ、アカナラ、シラカンバ・・・・・。

園内の落ち葉を一生懸命かき集めては、バケツに突っ込んでいましたね。
全部が全部トラ舎行きではないのかもしれないけれど。

Non20

のんちゃんも、なにやらご機嫌でした。

このコは色合いが濃いので、落ち葉に紛れると、完全に保護色になります(笑)

何やら楽しげに落ち葉のなかでゴロニャンしていたので、動いているのとお腹の白さで、辛うじてそこにトラが居ることが分かります。

Tigers07ブレブレの写真ですが・・・。
本日も、どういうわけか、仲良さ気な2頭でした。
てか、のんちゃんがいっちゃんにごあいさつする場面を何回か目撃。

えと、そろそろシーズンなんでしょうか?

かなり早めのような気がするんですけど・・・・??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

やっぱり・・・♪

ここ数日、ひどく胃袋の調子が悪くて・・・・食欲はあるのですが、食べると胸焼けを起こす・・・と言うのが続いていました。
仕事場で、余計なものを背負い込んだせいだろうと思ってはいましたが・・・・本日旭山でまったりしてきたら・・・・やっぱり調子が良いです(笑)
食事しても、胸焼けしません。
癒されるんだなぁ・・・・、改めて実感♪

本日、雪の間の晴れ間。
風が強くて冷たかったですが、お日様もふんわりと降り注ぎ、青空もキレイな一日。
朝一で入園して、ホッキョクグマ館へ足を向けてみました。
Ivan06

おはよう!イワンくん。

ガラスに貼り付いているお客様が、係員の指示に従ってちゃんとしゃがんでくださると、水中を行くホッキョクグマが、この程度には撮れます。

これは、一段後ろの手摺りのトコロから撮った写真ですが、下の方にお客様の後頭部が入っていません。
時期的に一番空いているのと朝一と言うこともあって、ガラス前にも隙間ができていました。

Ivan05ちょっと混んでくると、こんな感じ。
お客さんの後頭部がカットできない写真になります。

ホッキョクグマ館はキャパが小さいので、特にもぐもぐタイムは凄まじいことになるんですね。
もっぱら上から見下ろして終わることが多いのですが、しばらくぶりに中を通ってみました。

イワンくん・・・少し前に前足の片方に怪我をしていたようですが、もう大丈夫なのかな?
今日は元気に泳いでいました。

ちなみに、奥方のルルさんは、この時は陸上でまったりとしていらっしゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

姉さん女房

ジェスパさん亡き後、新しく来たライオンの男の子、リッキーくん。
奥方のティモンさんは、6歳ほど年上女房になるはず。
Lions24

ティモンさんは、前にいた動物園で群れになじめず、ちょっと変わり者と言われていたらしいのですが、前夫のジェスパさんとは上手く行っていたとのこと。

今のリッキーくんとも順調だそうです。
リッキーくんは若いし、ティモンさんもまだ11歳・・・・まだ期待してもギリギリ大丈夫かな?(笑)

なんでもかんでもベビー、ベビーって言うつもりは無いけれど。
おめでたいハナシができれば嬉しいだけなのでお許しを。

でも、このお二人、特段トラブッては居ないようですが、旭山のご夫妻のようなご挨拶シーンが見られなかったので・・・・。
二人の間のルールというか秩序というか・・・・。
その辺、きちんとなされていないと、上手く行かないんじゃないかとも、思ったり、思ったり・・・・。
たまたま自分が居たときに見られなかっただけなら良いんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

相も変わらず・・・

Nakayosi12 本日も、円山動物園からお送りします。

秋口に、異種間交流でご紹介した、ガチョウさんとアヒルさん。
共に家禽という共通項はあるものの・・・・ガチョウはもともとガンだし、アヒルはカモ。

多分、同じ個体だと思うのだけど・・・・相変わらず仲良しのようで、一緒にいました。
他のアヒルさんたちは、アヒルさん同士で固まっていて、ガチョウさんと一緒にいたのは、このコだけ。
ガチョウさんの嘴上部のこぶの大きさからみて、このガチョウさんは女の子っぽいのだが、アヒルっコの雌雄は・・・・見れば見るほどよく分からなくて・・・尾羽があまり跳ね上がっていないトコロを見ると女の子かもしれないけど・・・・・。

え、所用で午後から旭川まで出掛けてきました。
この時期、午後から行ったのでは動物園へ行く時間はありません・・・グスン。
おもいっきり、雪でした(笑)
どさどさと雪が降る中出掛けて・・・・帰ってみれば、5センチは積もっているんじゃないか、これ・・・・。
流石に、高速道路も最高速度の制限がかかっていて・・・凍結路面なので・・・・2時間は掛かっちゃいます。
ま、自分は事故も無く無事に帰ってきたわけですが、途中、何台かスリップしたと思しき事故を目撃・・・・ありがたくない時期になってきました。

ところで、帰り道・・・・この雪のせいか・・・・一斉検問をやっていまして、何と申しますか2カ所でとっつかまってしまいました(笑)
見ていると、通行する車全部がされているわけではなさそうなんですが・・・・。
何一つやましいことをしていないので(笑)なんてコトはないんですけど・・・・ね!
そんなに、止めてみたくなるような走り方していましたでしょうか?ワタクシ・・・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

新しい仲間

動物園では、いろんな状態で生き物の出入りがあるわけで。
他の動物園から新しく仲間入りしたコがい一方で、他の動物園へ引っ越していってしまうコがいる。
そして、残念なことに命を失うものがいれば、新たに産まれてくる命もある・・・・。
Risuzaru

こんにちわ♪

リスザルの赤ちゃん。
円山は、コモンリスザルでしたね?
リスザルにも何種類かあるようで。
今や、エキゾチックペットと言われて、ペットショップでも入手可能だと聞いています。
子どものウチに母親から離されたりしてはいないだろうか・・・とか、心配してしまうのですが・・・。
こちらは、ちゃんとお母さんに育てて貰っている赤ちゃん。
そうしてこそ、群れでの生活が出来るわけだし、リスザルはリスザルとして生きていって欲しいですから。
Sihshiozaru

こちらも新入り(笑)

シシオザルの赤ちゃんです。
円山はサルの種類が多いね。
今時期は、寒いので・・・・暖かいところに棲む種類が多いんだね・・・室内展示になっています。
この、室内で見られる・・・というのも、結構嬉しい。
アクリルガラスや薄暗さで、写真撮るのはかなりしんどいのだけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

期待?

本日この後、ココログのメンテがあるようなので、大急ぎでアップしてしまわねば(笑)

昨日に引き続き、札幌円山動物園から。
アムールトラのタツオくんとアイちゃんの、こちらも仲良しペアです。
Tigers05

円山のペアは、5歳ほど年齢差があるんだったか・・・?
タツオくんが近づくと、アイちゃんはごろんしてみせます。

群れで生きる者達だと、順位によっては、服従のポーズとかあるようですが、トラは基本単独生活者。
このポーズに意味があるんでしょうかね?
それとも、単に甘えの仕草なのかしらん??

Tigers06 アイちゃんはタッちゃんが近づいても唸ったり逃げたりする様子はないみたい。
伺えば交尾行動もあるようなのですが、ベビーはまだかな♪

アイちゃんがまだ若いこともあって、今後の期待大のペアです。

円山のアムールトラは、どちらも大層毛並みのキレイなコで、純粋に感触を味わいたいと言う意味で・・・触ってみたい(笑)

研修中に、閉園後のバックヤードを見せていただける機会に恵まれ、熱帯動物館のキーパー通路を通りました。
トラの檻の直ぐ脇を通るんだね。
夜の闖入者に、二人とも好奇心一杯で近寄ってきてくれたので、迫力でした。
当然、キーパーさんもご一緒してくださっていますから、特段警戒されたり威嚇されたりと言うことはありませんでした。
檻を隔てただけで目と鼻の先♪
やはり、アイちゃんがね、若い女の子だけあって可愛いのだな。
お目々くりくりだったし・・・夜の獣舎内は薄暗いので、瞳孔が大きくなっている分、怖さより可愛らしさが浮き立ちます。

滅多に無い機会をご提供くださって、ありがとうございます>円山動物園さま

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

ただいま~♪

帰ってきました。
流石に3泊4日のお勉強は辛いです。
でも、取りあえず目的は達成。
ついでに、ラッキーなところもあったりして♪

なにせ、会場が円山動物園でしたから(笑)
目的は当然別だったのですが、それなりにお時間はあったりしたので・・・。
早速、ご挨拶をさせていただきました。
Coco01

埼玉からようこそ!

レッサーパンダのココちゃん。
ひたすら飼育員さん達に溺愛されてるっぽい(笑)ココちゃんです。
・・・・確かに、円山にはレッサーパンダって居なかったんだね・・・・。
ココちゃんが来ると言うニュースで、初めて気がついたようなもんです。
先ずは女の子一頭だけですが、血統管理をしている園に、現在お婿さん候補を紹介して貰っている最中だそうです。

Coco02この日は雨で、外の運動場には出して貰えなかった模様。
ちょっと過保護かなとも思うんですが、まぁ、ココちゃんの場合は環境が変わったばかりですからね。
慎重すぎるくらいで良いのかも知れません。

どっちかというと、この時期11時半に動物を寝室へ入れてしまうってあたりが不思議なんですが、なんか理由あるのかしら??
決して、寒さに弱い連中だけじゃないのにね。

や、室内は暗いから写真撮りづらいんだって・・・・(笑)
ついでに、レッサーパンダも、顔とお腹のコントラストが強すぎて、写真撮るのに苦労します(笑)

 

 

(追記)
↑については、某サイト様に理由がちゃんと書いてありました。
・・・・なるほど、そういうことでしたか。
やはり「熱帯動物館」に、全部一緒に居るって辺りが問題なのかしらね?
ココちゃんも、元タスマニア館・・・・今はカンガルー館・・・・で、屋外から入るとカメラのレンズがたちまち曇りますもんね、あそこ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

独り立ち?

今日、昼間、旭山のライブカメラを覗いたら・・・・あれれ?
ペンギン館の運動場に、いつもの白い格子がありません。
6月末に産まれたキングペンギンのチビさんが、慣れるために入っていた囲い。
Kingbaby03

雨が降っていたりすると、外へ出していなかったりする・・・まだ羽根が防水仕様なじゃないのね・・・ので、旭川は雨が降っているのか?・・・とか思ったんだけど。

よくよく見れば・・・・手前の方に、茶色のモコモコが♪
柵から出たんだ~~~♪
もう、大人のペンギンさん達、怖くない?

Kingbaby04えっへん!!

大人に一歩近づいたよ!

・・・・首がないってば(笑)

 

 

明日から所用のため、数日留守にします。
ブログ更新もお休みしま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

角磨き

ミナミシロサイのノシオくん。
Noshio08運動場の後ろに並べてある丸太で、角磨きの最中です。
サイの角は、人の爪と同じ。
どんどん伸びてくるのを、こうやって固いものにこすりつけて削っていくのですが。
ノシオくんは、この削るのがあまり上手くない・・・・(笑)

なるほど、他の動物園のサイの画像なんか見るとキレイに尖らせているように見えます。
あれって、確かにカッコイイと思う訳だが。

ノシオくんの、ちょっと不格好な角のカタチは、それだからこそ、近寄りがたさが無くて親しみやすいイメージを与えている・・・・のかもしれない(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

寒くても・・・♪

冬期に展示できない動物舎は、看板にビニールが被せられ、中はガラ~ンとして寂しい限りですが。
自然界では、寒いところに棲息する生き物だって、たくさんいるわけです。
そして旭山は、日本でもっとも北に位置する動物園。
これから寒くなるにつれ、元気になってくる生き物もたくさん居ます。

でもって、コレ(笑)
Snowleopard05 もうじゅう館の一角にいるユキヒョウのペア。

寝てるじゃん・・・・。
や、そうなんですけどね。
実は、この一角が最近とても熱い(笑)

二人でピッタンコ、くっついて眠っていると思えば。
何かの拍子に、ふと片方がお目々を開けることがあって。

Snowleopard06 この日は、奥方のプリンちゃんが、・・・なんの気配か、観客のたてた物音かに・・・顔を上げました。

となりで眠るダンナのゴルビーくんに、chu♪

もったいなくも眠り続けるゴルビーくん(笑)

 

Snowleopard07

んでもって~

再びプリンちゃん・・・・うとうと・・・・。

どうしてくれよう・・・・(笑)

旭山随一のイチャラブカップルは、この日もほのぼの和みモードでした♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

女心と・・・・?

秋の空・・・ってか(笑)
や、既に雪も降ろうという季節ではあるのですけどね。

毎度、いっちゃんが近づくと逃げるか唸るかしていたのんちゃんですが・・・・。
あら、ちょっと様子が違う見たいですよ。
Non17

木陰から、いっちゃんの後ろ姿を見詰めるのんちゃん・・・。
いやいやいや・・・(笑)
いっつも唸っているから、たまに構ってモードに切り替わったときに、いっちゃんに逃げられちゃうのではないのかな?
相手をしてくれないいっちゃんに向ける表情が・・・・なんか、以前円山でアイちゃんが見せた表情に似てるような気がするんだけどね。
あのとき、相方のタツオくんは、身体が本調子じゃなかったらしく、アイちゃんのモーションに応えてくれなかったんだよね。

Non18 ちょっと追いすがるような表情が切ないかも。

決して仲が悪いわけではないいっちゃんとのんちゃんなのですが、人工哺育で育ったせいか、二人とも今ひとつ自分たちの生理ややるべきことが分かっていないらしいというハナシ。

 

結局のトコロ、何も起こらず・・・・(笑)
Non19

・・・・もぉ!いくじなしなんだからぁ・・・・

・・・と、のんちゃんが思ったかどうか・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

大丈夫か?!

一人だけ、誕生がすっごい遅れていたのは知っていました。
今年は、ととりの村のキンクロハジロさんの孵化が一ヶ月ほど早かったのにくわえて、エゾシカさん達の産まれるのも5月末と早かった。
普通、6~7月に産まれることが多いのだけど・・・・。

ところが、それからさらに一月遅れで誕生したのがこのコ。Ezoshika11

母親が身重なのは分かっていたけれど、中々産まれてこなくて、一時、想像妊娠の疑惑まで出てました(笑)
8月に入ってすぐ、ようやく産まれたちびさんです。
お名前をめぐみちゃんと言います。

夏場の鹿の子模様が消えて、冬毛に生え替わりかけているところ。

でも・・・・まだすごく小さい・・・・。
3ヶ月しか経ってないんだもんね。
もう、草をもぐもぐしていますが、なんというかお母さんのおっぱいをつついて居る方が似合ってるってな感じです。
Ezoshika12

お母さんのチャッピーさんにペロペロして貰っているめぐみちゃん。
チャッピーさんは大人のメスジカの中では一番小柄と聞いていますが、そのお母さんと比べてもまだこの大きさです。

大丈夫か?
この冬、越せるの?
動物園だから、エサの心配だけは無いけれど、寒さに対する身体の機能とか、ちゃんと発達しているのかな。
あんまり幼い感じなので、ついつい心配になってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

冬期開園♪

道路脇が白くなっている峠道をおそるおそる・・・・夏タイヤで・・・通り、行って参りました旭山!
二週間ぶり♪

冬期はととりの村が閉鎖中なので、西門から入ります・・・って、おい!有料かよ!今年から・・・・!!
昨年までは冬は無料だったのになぁ・・・西門駐車場。
舗装して、整備していたのは知っているから、もしやとは思っていたけどな・・・・。

開園と同時に入り、あざらし館もペンギン館ももうじゅう館も吹っ飛ばして直行したのは小獣舎(笑)
Lesser06

いたぁ~~♪

公開されていると聞いていたレッサーちびさん!

ああ、でももうすっかりおっきくなっていて、ママやパパと見分けが付かんですよ(笑)

まだ、身体にふわふわの毛があるのと、若干首から下がコンパクトなので、そうだろうと思いつつ。。。。

Lesser07 夕方、パパもママも寝ていたのに、一人で動き回っていたおちびさん・・・いや、多分(笑)

なんか、パパにそっくり・・・?

えと、えと、パパじゃないよね??

それにしても、小獣舎は写真撮るには厳しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

赤ちゃんが可愛いのは・・・

むしろ、当たり前。
これこそが人を含めた幼体の最大の武器であり、身を守る術ではあります。
ただし、その種類を捕食する生き物にとっては、むしろ幼体は好まれるところでありましょうが・・・・・。

ライオンだって、赤ちゃんの時は他の肉食獣に襲われる可能性があったりするんでしょうけど。
どっちかとゆーと、別の意味で襲いかかりたいかもしんないぞ(笑)
Akira63

生後4ヶ月ほどにして、一丁前にフレーメン(笑)

このお腹のぽっこり具合がたまりません。
まさにぬいぐるみ。
抱き締めたい・・・という人の気持ちも、分からないではないけれど・・・・。
彼には、立派なライオンの両親が居て、彼をライオンとして育ててくれるわけで、決して愛玩目的で人に抱き締められてはならないのですよね。

Akira64 本当にちっさいウチは、寄るな!懐くな!状態だったお父上。

きっとライラ陛下は、自分の力が赤ん坊に及ぼす影響を知っていたのだと・・・・そんな風にも思えます。

大人のライオンの前足の一振りで、赤ん坊はどんな怪我をするかしれやしない。
歩くのさえよたよたしていては、何かあっても避けきれないでしょうから。
赤ん坊の扱い方によっては、お后レイラさんのネコパンチが飛んでくるわけだし(笑)
でも・・・・、
少しずつ大きくなって、身体も身軽に動くようになるにつれて、嫌々ながら(?)も相手をしてくれる時間が増えてきているように見えました。

子どもの成長によって、ちゃんと対応の仕方が変わるんだね。
野生の生き物の子育てを、こんなに間近に見られる・・・・ある時は心配したり、苦笑したり、ほっこりしたり・・・・・。
動物園って、きっとそういう場所です。

明日・・・冬期開園・・・・!
行けるかな?
外は・・・・みぞれなんですけど・・・・!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

寒い日

朝晩はストーブが欠かせません。
今朝方は、だいぶ激しく雨が降りました。
これから、一雨ごとに寒くなっていきますね。
もうすぐ、冬です・・・・。

冬は苦手なのだそうです。
見れば、赤道直下のご出身。
Spider_monkey 気温が下がった日は・・・・こんなことになってました。
多分、新人の男の子と女の子二人。
可愛い・・・っていうより、可哀相・・・?

本当は4人いるんだけど・・・・あと一人のご婦人は何故か孤高のたたずまい・・・・一人で高いところに陣取っておられましたが、見張り役を買って出ていたんでしょうか。

ジェフロイクモザルさんは、冬期は室内展示となります。
同居しているカピバラさんたちとは、春までお別れだねぇ。

続きを読む "寒い日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »