« ごろごろごろ・・・♪ | トップページ | ようやく・・・! »

2008年1月14日 (月)

お団子

北海道と本州の間にあるブラキストン線。
このラインを挟んで、北海道には居ない生き物の一つが、ニホンザル。
本来、南方に棲むことの多いサルの仲間では、最北端に棲むのがニホンザル。

そんなニホンザルにとって、旭川の冬ってどうなんでしょう。
下北半島で雪を被って吹雪の中でじぃーっとしている映像は見たことがあるのですが・・・気温としてはもしかしたら旭川の方が低いのではないかしらね?
そんな冷え込んだある日の光景。
Nihonzaru01

子どもを真中に挟んでお団子状態。

この日は、雪こそ降っていませんでしたが、昼間でもマイナス7度を下回る寒い日でした。

このおちびさんは、眼の回りを怪我しているっぽいのですが、大丈夫かな?
円山に続いて、旭山でも猿山のアルファオスの訃報を聞きました。
素直に次の順位に受け継がれるならば問題は無いのでしょうが、これが荒れるようだといろいろ弊害があるように聞きました。
大人の社会が無秩序であると、先ず子どもが犠牲になる・・・上手く育たない事が多くなる・・・のだそうです。
円山は、何やら波乱の展開になるかもしれないと聞きましたが、さて旭山は順当に群れは治まったのでしょうか?
Nihonzaru02

・・・・冷え込む日に、こんな風に大人が子どもを抱え込んで守っている姿を見ると、大丈夫なのかなって思ったりもしてみます。

ただ、大きなお団子にならず、数頭ずつ小さなお団子がそこかしこに出来ていましたから・・・・、大人同士が固まれないのだとすると・・・・もしかして、まだちょっと揉めているのかな??
それとも、野生下でもこんなもん??

|

« ごろごろごろ・・・♪ | トップページ | ようやく・・・! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お団子:

« ごろごろごろ・・・♪ | トップページ | ようやく・・・! »