« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

お妃様はお嘆き中(笑)

ちょっと聞いてくださいます?Leira06

私どもの苦手な寒さも緩み、最近はすっかり春めいて参りまして・・・。

先日良い気持でうとうとしておりましたら・・・・。

 

 

Lions27 亭主がジャマするんですの。。。。

まったく、皆様の前で、何てコトしてくれるのやら。

後ろ脚で、けっ飛ばしてやりましたけど。

 

 

Lions28 そこへ今度は息子。

ウチの男どもは、どうしてこうヒトの昼寝をジャマしてくれるんでしょう?

揚げ句の果てに・・・・・。

 
 

Lions29 わざわざ狭いところを・・・・よりによって母の顔をまたいで行くとは・・・・・なんてこと!

 

 

 

Leira07ワタクシ、躾を誤りましたかしら?

一人っ子なもので、つい甘やかしたのが悪かったんでしょうかね。

ふぅ・・・・・。

 

 

それでも、そろそろ独り立ちを促されているっぽいアキラくんです。
ご挨拶をする分にはどうってことありませんが、じゃれつくとかなりの勢いで怒られていましたね。

ところで、レイラ妃。
入っているでしょ?
間違いなく、入っているでしょ??
アキラくんのときより、大きくなっているように見えるんですけど・・・・?
ご予定はいつ・・・・?

てか、この家族構成だと、どういう交代展示方法になるんですか?
ぼちぼち、父と息子を離さないとならないでしょ。
それとも、アキラくん、どこかへ婿入りさせる??
レイラさんが籠もったら、その間は交代展示になるとしても、その後は?
息子一人展示と、家族展示になるのかな?
ついこの間まで、母上と寝室が一緒だったアキラくん。
もう、別々の部屋で休んでいるのかな?
お部屋の予備はあったように記憶していますが・・・・。

さて?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

3歳になりました♪

Marimo54

マリモちゃん♪

今日はお誕生日です。
3つになりました!

旭山に来て、二度目の冬も乗り切りましたね

雪の量こそ少なかったとはいえ、マイナス20度をちょくちょく下回った今年の冬は、例年になく寒かったのですが。

Marimo55 輪っかシッポも健在ですよ~~

毛が伸びて分かりづらくはなってきてますけどね。

でもって、相変わらずの脚線美・・・・コレコレ

そろそろお婿さんの話も本格的に動いているらしいです。

昨年は、キリンの当たり年で、かなりの施設でキリンの赤ちゃんが誕生していますからね。

Marimo56 ということは。

二つほど若いお婿さんが来るのね?

どこから、誰が来てくれるのかな??

キリンの繁殖は5歳くらいからと聞いていますから、姉さん女房というより、ほんとに「お姉ちゃん」の状態で暫くは過ごすわけだ(笑)

ステキな男の子が来てくれると良いね

ともあれ、お誕生日おめでとう!
これからも元気で過ごしてね!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

まめタン♪

Mame01

「まめ」でちゅ~~!

3月22日生まれのゴマフアザラシの女の子でちゅ
 

 
 

 
Mame02

これは、生まれたばっかりのアタチ♪

 

 
  

 
Mame03

これが、今日のアタチ♪

おっきくなったでしょ?

 

 
 
Mame04

得意技は

エビフリャイ~~~!

・・・元気そうでした(笑)
ゴマフアザラシの大人達の間では、既に女の子争奪戦が始まっているっぽいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

話術

おたる水族館のペンギンショーからお送りします。
ただし、ペンギンが芸をするショーではありません(笑)
飼育員さんが、その巧みな話術で、ペンギンと意思の疎通が出来ないところで笑いを取ります(笑)
Humboldt11 ご飯だ、ご飯!

バケツを持った飼育員さんの足下に群がるフンボルトさんたち。

基本、彼らを動かすにはエサの力しかありません(笑)

ショーのメニューは、飛び込み、浮き板渡り、ハードル、シーソー、滑り台、高飛び込みがあります。
Humboldt12

これは飛び込み台の上。

ご飯につられて台の上まで上がったは良いのですが・・・。

 

 
Humboldt13

食べ終わったら、帰ります(笑)

「ちょっと、ちょっと、そっちじゃないよ」
と、飼育員さん。
でも、無駄です(笑)
帰るったら、帰ります(笑)

もちろん、ここで無理強いしたり、プールへ突き飛ばすなんてことはいたしません。
Humboldt14

やっぱりエサにつられて、滑り台の上まで上ったは良いのですが。

滑らずに、歩いて降りてくるペンギンさんです(笑)

上手く行くのはシーソーくらい。
ハードルは迂回していくし、高飛び込みも、ご飯さえ貰えば後は、階段を下りてしまいます。

浮き板渡りは上手く行く方かな?
ただし、行っても帰ってこず、どん詰まりの浮き板の上にどんどんペンギンが溜まるので、やがて溢れかえって水中に落とされるばかりです。

こういった様子を、
・・・ダメですねぇ、やる気全然ありませんね。
お魚食べたら、さっさと行っちゃいますね。
こうなると、信頼関係も何も無いです・・・・・
と、言葉で盛り上げて、笑いを誘うのが、飼育員さんの腕・・・もとい口の見せ所。
基本、芸を仕込むことが出来ないペンギンの、本来の動きを、人間の意図するところとずれているかのように見せるお芝居を演じるのですね。
だから、無茶も無理もさせませんし、一つのメニューが完遂しなくても良いのです。
そもそも、ペンギンはそれほど高いジャンプ力を誇る訳ではないとこへもってきてハードルを目の前に並べるのですから、「出来ない」ことを如何に楽しく見せるか・・・ってことなんでしょう。

でも、このショーで、ペンギンが出来ること、出来ないことがちゃんと分かるのです。
ジャンプは出来るけど、高くはない。
高いところから飛び込むのは苦手だけど、坂道や階段の傾斜は少々急でも下っていける。
少々不安定な足場でも、バランス良く動ける。

そして何より、
お腹が一杯になったら、飼育員には見向きもしない(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

愛の歌♪

ゴマフ、ゼニガタ、ワモン、アゴヒゲ、クラカケ・・・・全部、これアザラシです。
北海道近海に棲息するアザラシは、全アザラシ18種中5種類。
この5種類全部が見られるのがおたる水族館。

Agohige09 コチラアゴヒゲアザラシさん

名前の通り、アゴヒゲが立派ですが、男の子も女の子もこのお顔です(笑)

大変大柄なアザラシさんで、身体に比べて頭部の占める割合が小さいのです。

おたる水族館には、1頭の男の子と、2頭の女の子がいますが・・・このコは、誰だろう・・・・?
身体に模様が無く、ゴマフさん以上に見分けが付きません(笑)
や、見慣れればそうでもないのでしょうけど、このとき殆ど陸に上がってくれなかったので、じっくり見比べることも出来なくて・・・・。

Agohige10

遠近法の実例・・・ぢゃなくて、右側にいるのはワモンアザラシさんです。
まるで親子・・・(笑)

おたるのワモンさんは、冬毛なのか・・・?模様が目立たないので、こうしていると同じによう見えます。

一頃、ワモンプールとアゴヒゲプールは鉄柵で区切ってあったのですが、その仕切りが取り払われて、全部一緒。
ま、仕切ってあったときから、越境してアゴヒゲプールで遊んでいたワモンさん、いたよね(笑)

さて、このアゴヒゲアザラシさん。
只今恋の季節です。
で、男の子が恋鳴きするのを初めて生で聞きました。
動画で撮ってみましたので、良かったらどうぞ。

アゴヒゲアザラシの恋鳴き

こちらは、大層キレイな声です・・・って、どうも声というより鼻から出ている音のように思えます。
だって、鼻から泡がぶくぶく(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

フレンドリ~♪

メンテだったの、すっかり忘れていました
アップしようと管理画面にログインしてようやく思い出したってあたり・・・(笑)

今日もおたるからお送りします。
海獣成分をたっぷり補給して参りましたので(笑)
Seiuchi03

ガラス越しにkissしてくださっているのは、セイウチのウチオさんです。
大層人懐こくて、セイウチプールの前を通るたびに遊んでくださいました。

ワモンプールと、ゴマフプールの間にセイウチプールがあるのですね。
赤ちゃんのところを行ったり来たり・・・・時々ノリタマ(トドの、昨年生まれたチビさんたち)ってな状態で、朝一で入って夕方4時半過ぎに水族館を後にするまで、三分の二は、海獣公園で過ごしたような気がします(笑)

Seiuchi04 「まだ、ご飯あるかな?」

飼育員さんがちょっと脇見をしている間に、しっかりバケツを覗き込んで確認しているウチオさんです(笑)

この餌やりタイムに、飼育員さんとの遊びを兼ねたコミュニケーションを見せてもらえますが、セイウチは、たいそう頭の良い生き物だと感じました。
 

Seiuchi05 こちら、奥様のウーリャさん。

牙がないのは、メスだからではありません。
セイウチはオスもメスも牙を持ちますが、ウーリャさんは、歯髄炎を起こしてしまって、牙を抜かれちゃっているんです。

実は二人の間にはセイタくんと言う息子がいたのですが、彼もまた歯髄炎のため、帰らぬセイウチとなってしまいました。
ちなみに、体格はウチオさんの方が大きいのですが、ウーリャさんの方が強いのだそうです(笑)
や、男たるもの、奥方の尻に敷かれてやるくらいの度量が無いとね(笑)

さて、旦那様のウチオくんは、プールのガラスの前をヒトが通るたびに、遊ぼうよ!と声を掛けてくれます。
これが、とても不思議な音だったので、動画を撮って参りました。
パソコンの音量にご注意なさって、ご覧になってください。

遊ぼうよ♪

いかがです?
セイウチがこんな声(音?)を出すなんて知らなかったので、飼育員さんにお尋ねしましたところ、遊んで欲しいときに良く聞かれる・・・・と伺いました。

とりあえず求愛ではなかったことに安堵しました(爆!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

ご機嫌斜め

トドのダイビングショーの草分けでもある、おたる水族館。
あの巨体が地上9mの高さから飛び込むのですから、迫力は抜群です。

もちろん、おたる水族館へ行って、トドショーを見ないわけには行きません。
てなわけで・・・・いそいそ。
Sealion06

トドのモンゾーくんです。
この巨体が、両腕(?)だけで浮き上がります。

トドはアシカの仲間ですから、推進力は前脚なのですね。
如何にその筋力が強いか・・・ってことです。
きっと、アシカやトドに前脚を振り抜かれたら、骨折は免れないところなんじゃないかと。
 
Sealion07

てことは、アザラシに後肢を振り抜かれたら、骨折するんだろうな(笑)

これが、高さ9mの飛び込み台。

・・・・えと、下まで写っていませんが、このちょっと下に海面があります・・・・。

中段5.5mの箇所から、この日は一緒にショーに出ていた後輩(?)モンキチ君が飛び込みました。

このほか、昨年ショーに出ていたジローくんとサブローくんが居るはずなんだけど、一体全部で何人いるんだ?

観客が、固唾を呑んで見守る中、飼育員さんから合図が出ます。
出ます。
出ました・・・・。
出たんですが・・・・・。
Sealion08

ヤダっ!!

ストライキです(笑)
要求は賃金(食事待遇)の改善でしょうか?

呼べど叫べど、最上段に貼り付いたままモンゾーくん動かず(笑)

業を煮やした飼育員さんが、何やら妙な形の道具を持ち出し・・・モンゾーくんが嫌がってるor怖がってるモノだと思われ・・・強引に飛び降りさせましたが。

更にご機嫌を損じたようで、モンゾーくん、今度はショープールから戻ってきません(笑)
それを追い上げるために、プールに鉄の棒を突っ込んで木の棒で叩き、騒音を水中に流す。もちろん、陸上でも騒々しいことになります(笑)
トドの姿をめがけて、その近くに石礫を投げる。
とにかく、嫌な思いをさせることで、ショープールから飼育プールに移動させようと、海獣公園の職員さん総掛かりの騒ぎとなりました(笑)

やってることの意味は、多分こういう事だろうと思うのだけど、一般のお客さんから見たらどうかなぁ。
トドに向かって石を投げている訳だから・・・・特に小さな子どもさん、どう見えただろう??
ちょっと、状況の説明が欲しかったよね。

どうやら、この春担当さんが変わったそうで、それにまだ慣れていなかったらしいモンゾーくん。
シーズン初のステージは、残念ながら戸惑いのウチに失敗に終わってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

ベビたん♪ベビたん♪♪

帰って参りました。
ホントは、昨日の夜には戻っていたのですが・・・すみません、あまりに眠くて・・・・。
撮ってきた写真をパソコンに移動かけただけで、お布団さんの誘惑断ち難く(笑)

で・・・・急遽、朝の4時半に自宅を発ち、高速道路を吹っ飛ばして行ってきたのはコチラ。
Wamon_baby01

寝顔も愛しい・・・ワモンアザラシのルルちゃんです。

おたる水族館のサイトにあったような真っ白な赤ちゃんを見られると思っていたわけではありません。
ゴマフでも2~3週間で、産毛が抜けると聞いていますから、開園時にはもうだいぶ・・・とは分かっていたのですが、なにせワモンアザラシの赤ちゃんなんて、滅多なことでは見られないのですから!
Wamon_baby02

まだ、少しでも短い時間で会いに行けるウチに行っておこうと言う魂胆です。

ルルちゃんは、寝ているか泳いでいるか(笑)
泳いでいるときは背泳ぎが多かったですが、寝てるときも練習でしょうか?
完全に仰向け状態でお休み中です。
奥にいるのはお母さんかな。大人のワモンに比べれば、まだまだ灰褐色のルルちゃんです。
Wamon_baby03 この日、おたる水族館は開園日。

いつもより頻繁に覗いていく人間に、好奇心を発揮してくれたんでしょうか?

カメラ目線をくれたのは、この時だけ(笑)
後は、殆ど寝顔の写真だったりしてね。

背に浮き出した輪紋がキレイです。
おたるのワモンさんたちは、どういうわけか模様が出ていないので、ルルちゃんももしかしたら大きくなる頃には目立たなくなってしまうのかな?

そしてこの日、海獣公園へ行く途中であった飼育員さんに頂いた情報は・・・・。
「ゴマフの赤ちゃんも、今朝、生まれたよ。」
でした。
それが、このコ
Goma_baby01 繁殖用プールに、もう雪が残っていないので、さすがに真っ白な赤ちゃん・・・とは参りませんでしたが(笑)

今日この日に、この世に降り立った天使さま♪

お母さんのマナミさんは初産なのだそうで、そのせいか、ちょっと心配な事もありました。

 

Goma_baby02 お母さんが、赤ちゃんにお腹を向けてくれないのです。

赤ちゃんは背中に吸い付いて、ちゅうちゅうとやっちゃっているのです。

プールの回りにはロープを張って、見物人があまり親子に近づけないようにはしているのですが、開園日であれば、それなりに押し寄せる客、しかも、水族館の入り口に手書きの案内板で赤ちゃん誕生を知らせてあれば、見たいと思うヒトは多いわけで・・・。
そのせいなのか、母親の経験不足からなのかは分かりませんが、翌日もこの状態であれば人工哺育に切り替えると飼育員さんがおっしゃっていました。
公式サイトに翌日の日付で載っていますので、人気が無くなった後授乳したのか、あるいは人工哺育になったのかは分かりませんが、いずれにしても無事ではいるようなのですが。

心配と言えば、もーっと心配なのはこちらのコ。
Gomahu_baby01

旭山動物園あざらし館で、22日に生まれた赤ちゃん。

この日、イベントに参加するため1時間早く入園した客に、まず紹介していただきました。
アザラシ誕生の報に、思わず拍手しながら、首を傾げてしまったのは・・・。
昨年、カムイちゃんは、初めての赤ちゃんが・・・残念なことになりましたが・・・かなり遅くに生まれたせいで、発情が遅れ、オスたちの発情期とずれてしまったと聞いたからです。
交尾が上手く行っていなかった可能性が強く、翌年度はダメかも知れないと。
だから・・・、ああ、上手く行っていたのかな?と、そう思ったところで!
なんですと?母親はヒカルちゃんですとっ!?
ヒカルちゃんは今年5歳になったばかりの女の子ではないですか?!
アザラシの繁殖は7歳ぐらいと聞いています。
5歳たって・・・・交尾が行われたのは、前年の春ですから、ヒカルちゃんまだ4歳じゃないですか?!
人間で言うなら、13~14歳・・・・?
流石に・・・・相手は誰だ?・・・と詰問したくなりました(笑)
ええ~い!お年頃のカムイちゃんの受け入れ準備が整わなかったとはいえ、まだ幼いヒカルちゃんに手をつけるとは・・・なんてヤツ(笑)
てか、ヒカルちゃん・・・・早熟・・・・??
ついでに言うと、もっと恐ろしいのは、このプールにはヒカルちゃんのお父さんもいるハズ・・・と言うことなんですけど・・・・??

さすがに、若すぎるんじゃ・・・?
と思うのは、ヒカルちゃんが赤ちゃんの側にも寄らないことなんです。
気にはなるようなのですが、陸上に上がってこない。
おたるのマナミさんは、それでも赤ちゃんの側に居ました。
客が覗き込めば、赤ちゃんと客の間にその身体を移動させるようにして、客の視線から赤ちゃんを隠そうとしているとも思える動作があったのです。
ですが、ヒカルちゃんは・・・・ソレもない・・・・。
旭山の公式にも発表が無いのが気になりますね。
無事に授乳に至っているのか・・・・こちらも人工哺育・・・・ミルク入りホッケになっちゃうのか・・・・?
ちょっと心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

お隣同士

オーバーハングになっていて下から見上げる檻は、旭山の名所(笑)の一つですが、見上げた先には、2種類のヒョウがいます。
金網で区切られていて、それぞれ別の檻にいますが、時折混同していらっしゃる方をお見かけしますね。
どちらも寒いトコ平気!のヤツらです。

Snowleopard11
こちら、どちらかと言えば、高度が高くて寒いところにお住まいのユキヒョウさん。
お仲のよろしいご夫婦、ゴルビー君とプリンちゃん。
揃って見つめる先は、元トナカイ舎の会った場所。
現在、オオカミの森が工事中で、大型建設機械が入って、それなりの物騒(?)な気配と大きな音がいたします。

 

Snowleopard12 ね、何をやってるのかしらね?

さぁ、なんだろうねぇ。

相変わらず見せつけてくださるお二人です。

それにしても、そろそろ2階が開かないかな?
金網で、写真が撮りづらいです。
上からだと、反対側から望遠で狙って、網を消せるんですけど・・・・。

Kin07 仕切りのこちら側では、主に北緯が高くて寒いところにお住まいになるアムールヒョウさん。

まだ独身(笑)
今年4歳になるキンくんです。
ユキヒョウご夫妻と同じ金網の上にいたのですが、背中向けてました(笑)

けっ!見ちゃいられないよ!・・・ってトコ?
うん、・・・・お嫁さん、欲しいよね・・・・。
でも、国内にお嫁さん候補が居ないのです・・・・。
アムールヒョウは、野生化ではほぼ絶滅状態にあります。
世界各地の動物園で飼育されている個体数の方が多いのだそうです。
若いオスが2頭もいるのだから、なんとか繁殖を・・・・と、思うのですが・・・・難しいんでしょうね。

 

急遽、飛び石連休が、連休になることが決まりました。
ホントに、今日になってから、休んでいいよ・・・と言う話なので・・・・。
でも、連休になるのなら、行きたいところがあります!
朝っぱらから長距離ドライブをかける予定なので、今日はさっさと寝ます(笑)

ブログも数日お休みを頂きますが、この際、心残りの無いようにしときたいので・・・!!
良い写真、撮って来られるかなぁ~~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

モヒカン・・・・?

産毛が生え替わる直前のキングペンギンのチビさんもそうでしたが、ここにもいました

Akira72

さて、このちょっぴりお地味な(笑)モヒカンは、誰でしょうか?

 

 

 

 
Akira73

答えは、ライオンの男の子、アキラくん♪

・・・未だに、ちょくちょく居るよね。
メスライオンが2頭居る・・・っておっしゃるお客さん。
たてがみも、こんなに目立つようになってきたのに。
逆に、テレビなんかでやってたのをご覧になったお客さんは、もうこんなに大きいの?とおっしゃいます(笑)
や、昨年の春に取り替えられたライオン舎の看板の写真は・・・・まだ3~4ヶ月頃のものだからなぁ・・・・年に1回しか取り替えてくれないもんだから(笑)

まだ、お父上から邪魔者扱いはされていなさっぽいです。
じゃれついて、唸られることはよくありますけど。
間もなく、1歳半。そろそろ、独り立ちを促される時期なんでしょうか?
それとも、一人っ子だから・・・もうちょっと許してもらえる?

Raira09

凛々しくもお優しい父上、ライラさんです。

アキラくんは、しっかりパパ似の顔立ちですが、中味はどうかな?(笑)

レイラさんは・・・・アクリルガラスの前から動かず(笑)
後頭部しか、写真撮らせてもらえませんでしたので、今回は登場無しということで。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

春めいて♪

旭山動物園は、日本最北の動物園です。
故に寒い・・・・当たり前のことですが(笑)
そのため、熱帯産の生き物は、冬期には展示できないわけです。

基本的に、旭山には室内展示というのは、少ないですね。
オランウータン、チンパンジー、そしてジェフロイクモザル・・・・くらいではないかしら?
考えてみれば、もうじゅう館にも室内展示がありません。
これはやはり、「ありのまま、自然のまま」という旭山のポリシーに反するのかな??

とても暖かかったこの日。
オランウータンのリアンさんたち親子のところへご機嫌伺いに行きましたらば・・・・。
おや、空中放飼場に巨大な影がみえるではありませんか!
Jack02

ジャックさんだ~♪

リアンさんのダンナさまにして、モモちゃんと森人くんのお父様。
堂々たるお姿です。

冬の間、寒さに弱いオランウータンは室内展示。
しかも、群れで暮らすことのないオランウータンは、メスを中心とした家族が共にいることはあっても、そこに「お父さん」の存在は無いのですね。
故に、時間交代や、屋外と屋内に分けての展示となるのですが・・・・。
この冬は・・・・どうしてもモモちゃんや森人くんのいるリアンさんたちが展示の中心となり、室内展示場にオスのオランウータンの巨体がどっかり・・・・と言う様子は見られず、ジャックさんとはしばらくお目にかかれなかったのです。

気温が上がって風も無かったたこの日、久しぶりに屋外にお姿をお見せになったジャックさん。
太い柱の途中に座り込んで、見詰める先は・・・・相変わらず、オランウータン館の窓でした。
もちろん、オランウータン館の内側では、リアンさんが森人くんを連れて窓に貼り付いていましたとも。

Jack03

なにやら物思いにふけっていらっしゃるジャックさん。

本人にとっては笑い事ではないのでしょうが、どことなくユーモラスです。

残念ながら、ダイナミックなブラキエーションは見せていただけませんでしたが・・・・春になって暖かくなったら、思う存分身体を動かしてもらえることと・・・・

・・・で、同居の可能性はどうなの??(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

大人まであとちょっと♪

今日は、旭山に行ってきました。
大層、お天気も良く、暖かい一日で・・・・日差しが強かったせいで、写真の方はズタボロですが(笑)

King_sanpo12 そろそろ終わりになりそうな、キングペンギンのお散歩

換羽の時期が来ていて、羽毛が膨らんでぼさぼさになっている子が数人いました。

冬の間、結構頻繁にお邪魔して、ペンギンのお散歩も何度も見ているので、本当は、今日は見ないでもいっか・・・と思っていたのです。
しかし・・・・!
あざらし館の2階から望遠レンズでちょいと様子を覗いたらば・・・・・。
直ぐに帰りを待ち受けるコース沿いに並ぶ羽目になりました。
上の写真の右端のコ。
頭の様子がおわかりいただけますでしょうか。
昨年生まれのチビが、一緒に歩いているのです!
King_sanpo13

流石に、まだ大人と一緒は辛いらしく、だんだん遅れてくるチビさんです。

キーパーさんにそっと促され、背後を押し出されして、頑張って歩いていました。

伺えば、本当に最近の事だそうです。
産毛モフモフの頃にも、大人につられて散歩に出ては、途中で身動き取れなくなって、キーパーさんに抱えられて帰ると言う事があったそうですが(笑)

今は遅れながらも最後まで自分の足で歩いて戻ります。
King16

もう、ここまで産毛が抜けました。

胸元の黄色とくちばしの朱が薄いので、今年いっぱいくらいはまだチビの見分けがつくものと思われます。

それでもまだ、甲高い声を上げて、キーパーさんに甘えていたチビさんなのでした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

中、時々お外♪

朝起きたら、雨だったので・・・・、寝てました(笑)
動物園行きは、明日にします。
毎度、土曜日に伺うことが多いのですが・・・・、ワンポイントガイドは日曜日にしかやっていないはずだし・・・・てなこともあって、たまには日曜日に行ってみてもいいかな・・・と。

ということで、本日もまた引き続き円山動物園ネタでございます。
Kangaroo04

朝、覗いた時は、お腹の中でした。

ハイイロカンガルーのエリカちゃん♪

顔だけ出してお休み中。

しかし、灰色の砂地の上にハイイロカンガルー・・・・って、一応カラー写真なんですけどね(笑)

Kangaroo05 数時間後に再びお邪魔すると・・・・!

あ、出てきてる~~~!!

生き物にも生活のサイクルやリズムがありますからね。
寝顔しか見せてもらえなかったときは、時間が許す限り、もう一度お訪ねするようにしています。

間違っても、寝ているところで大声で叫んだり、ガラスを叩いたり、ましてや金網を揺すったりなんてことはいたしません。
・・・・いや、いるんだ、こういう人・・・・・(怒)

Kangaroo06 ペロペロ・・・・。
自分で毛繕い中。
(スペシウム光線ではありません(笑))

それにしても、エリカちゃん。

ずーっと、ママのおみ足踏んでるんだけど・・・・?

このあとすぐ、またママの袋に入り込んでしまったエリカちゃんでした♪

それにしても、こんなおっきくなっても入るんですね。
カンガルーのお腹の袋の伸縮性には目を見張るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

ホールド!

あんまり楽しかったので、引き続き円山動物園熱帯動物館ライオン舎からお送りします(笑)
Lion_baby05

お母さんと一緒に、3人で眠っていたんです。

でも、一人だけ目を覚ましちゃったんです。

起きていれば、じっとなんてしていられませんって(笑)

母上にじゃれついた揚げ句・・・・・・、おイタが過ぎたようです。
Lion_baby06

ガッシリ、ホールドされてました。

元気な子どもが二人もいて、しかもお母上はそろそろご年配(笑)
きっと、子育てに費やすエネルギーで、お疲れ気味なんでしょう。
決して、危険な事はないハズの室内展示場でも、母親は常に子ども達を見ています。
寝ているようでも目は開いていたり・・・・・。
そして、子ども達が動き出すと、ちゃんと起きてきます。
Lion_baby07

ちょろちょろし出した子どもを追って・・・もう一人は、後ろでぐっすり(笑)・・・・起き出したティモンさん。

でも、やっぱり甘いのです。
ひたすら優しいお母さんなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

ネコっ可愛がり♪

帰ってきました♪
最終日、お昼で終わったのを幸い、夕方まで列車がないのを幸い・・・・ホントはマズイんだけどさ(笑)・・・ぶっ飛んできた次第。
円山動物園は、実際市街地から数キロしか離れていないのでした。

Lion_baby03 ティモンさんのトコロの双子ちゃん。

手前が女の子かなぁ?
奥の方がお兄ちゃん?弟??

後ろでダレていらっしゃるのはお母上です。

双子の猛攻にあって、お父上のリッキーさんは気が休まる間も無く、やむなく同居は週に1回、数時間のみとなったようです。
や、暖かくなって屋外放飼場に出るようになれば、また変わるのでしょうけどね。

生まれてもうすぐ4ヶ月。
やんちゃな盛りのチビたちは、遊んで食べて寝て・・・の繰り返しなんでしょう。
この直前まで、二人してすやすやとお休みでした。
片方が起きると、もう片方も目を覚まし、チビ達が動き出すと、ティモンさんも起きてチビ達の動きを目で追っています。
今は奥の檻におられる父上や、ガラス越しの人間を堪能(笑)して、チビ達はまたおねむに入ります。
てか・・・・ティモンさんてば、本日は大サービスでしたか?
Lion_baby04

観客の目の前で授乳・・・・もうそろそろお肉も食べてるころだと思うんですが・・・・まだ母上のお腹を小さなお手手、もとい前足でふみふみしてました。

でもって、ティモンさん。
文字通り猫っ可愛がり状態♪

あんまりなめていると、チビのお尻がハゲて来ないですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

ご飯っ!!

たいへん、欲求に忠実と申しますか・・・・(笑)

旭山ではこの時期不定期に行われます。
園内放送をちゃんと聞いていないとなりません。
「フクロウを学ぶ会」です。
本来身近な生き物であるハズのフクロウですが、昨今数を減らしつつあります。
また、夜行性であることもあって、なかなかお目にかかれないフクロウについて学ぶ良い機会なので、タイミングが合えば参加させていただくことにしています。
Hukurou03

多分、ホンドフクロウさん。
エゾフクロウより、若干色黒だと思われます。

とにかく、良く鳴きます。
「餌くれ~~っ!」です(笑)

本来、野生の状態ではコレ、マズイんでしょうけど・・・・。

Hukurou04

「ご飯だ~~っ!」

一直線です(笑)

でも、フクロウはあまり飛ぶのが上手い鳥じゃないんだそうです。
低空をゆっくりと滑っていきます。
パラボラアンテナのような顔で音を集め、左右で位置の違う耳と僅かな光でも捕らえる目でもって獲物を確認、音のしない翼で忍び寄るようにして仕留めます。

Hukurou05 「ウマウマ~~♪」

ちゃんと手に止まれたら、ご飯は、キーパーさんからもらえます。

多分、この仔だと思うんですけど。
ご飯食べるときの顔が同じですよね?(笑)

 

 

明日からまた仕事のため、出張いたします。
数日留守にしますので・・・・ブログもお休みを頂きます。
今度は会議じゃなくて、お勉強に行きますので、ちゃんとしないと(笑)
興味のあるテーマなので、大層楽しみでもあるのです♪

そろそろ、水道落とさなくてもいいかなぁ。
まだ危ないかなぁ・・・・。
ここ数日は、見事にプラス気温なんですが、油断して水道管壊したくないし・・・・。
北国の季節の変わり目の悩みでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

春と言えば・・・!

たとえば、恋の季節
Iwatobi43

仲良しのイワトビペンギンさん達。

えと、大丈夫だね?
フリッパーのタグ、それぞれ違う方に付いているよね?(笑)

気が強いことではペンギン界では一二を争うと言われるイワトビさんですが、伴侶に対しては極甘になります。
仲良しさんは、見ていてこちらもほのぼのいたします。
今年も、上手く雛が見られるのかな??

さて、また春と言えば・・・巣立ちの季節Kingbaby10

一週間で、こんなに産毛が抜けました。
先週行ったときは、まだこんなだったのに。

なのに、なのに。
まだまだ甘えんぼさんなのです。
キーパーさんのおみ足に、すりすりすり。

大丈夫か?
ちゃんと独り立ちできる??

今日はまた随分暖かく・・・・随分風の強い日でした。
春一番・・・?
この間の強風は、南風じゃなかったよ・・・・ね??
お天気も良かったようですが・・・・いかんせん、本日はほぼ引き籠もり状態・・・てか、一日寝ていたので(笑)
いいのか?
この先、忙しくなるのは目に見えているのに、こんな状態で・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

久しぶり♪

いつも会っているコの姿が見えないと、つい心配してしまいます。
事情があって時間差や日替わり展示になっているとか、普段から気紛れで、時折寝室から出てこないとか。
そういった理由ならともかく、身体を壊していないかな?・・・っていう不安がね。
相手が生き物だけに、つきまといます。

んで、こちらもしばらく会えなかったんだよね。
時期が時期だけに、籠もっている可能性もゼロではないと考えてはいたのですが。。。
Tonchan25

エゾヒグマのとんこちゃん。

じぃ~~~・・・。

何を企んでいるのかな?(笑)

 
Tonchan26 えへ

悪戯大好きとんこちゃんの得意技、出ますか?

 

 

 
Tonchan27 ・・・・やっぱり、やりましたね。

ガラス越しで写り込みが激しいところはご容赦

でも一段目で降りちゃいました。
やるときゃ二段目まで上るんですけどね。

時期的に・・・・体重増加中か??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

くたびれた。。。。

昨日から仕事で出張しておりまして、ついさっき帰ってきたトコロです。
流石にくたびれた。
何より、昨夜の懇親会で飲み過ぎた(笑)
んでも、先輩に愚痴を聞いて貰って、だいぶ楽になりましたヨ。

Chimpanzee_baby04 チンパンジー館から、フルトさんの息子、キャロちゃんです。

男の子だったんだね。

フルトさんってば、キーボさんとの間には男の子しか生まれていない?

シンバくん、ピースケくん、んでもってこのキャロちゃん。

前のご主人との間にはイブさんが生まれているわけだから、いわゆる男腹とか女腹とか言う類ではないんでしょうけどね。
ヒトにもそういうパターンがあるからには、チンパンジーにも・・・?

イブさんの娘のプヨちゃんが、弟にして叔父さんにあたる(笑)キャロちゃんに、興味津々の様子でした。

でも、ピースケ君が近づくと、お母さん方は急いで子ども達を抱えてしまうのですよ(笑)
元気すぎるお兄ちゃんとは、まだ一緒に遊ばせてもらえないらしいです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

無念・・・・。

初めて伺って、キリンの群れ飼育を見て目を丸くしたのは、まだマリモちゃんが旭山に来る前でした。
それ以来、そちらの方面へ伺うたびに、何度か足を運んだ場所です。
広い放飼場で、大きなキリンがゆったり、ゆったりと足を運ぶ様が、なんとものどかで平和で・・・・。

Giraffe08 一昨年の秋口の写真です。

1頭の(繁殖可能な)殿方と4頭のご婦人方がいらした頃。

奥方の中でも最年長のハルエさん。

他の若い奥さん達の面倒見が良く、妊娠している個体の側に寄り添うようにしていたのが、大層印象的でありました。
このころは、オグラさんがちひろちゃんを身ごもった頃だったでしょうか。
Giraffe09

こちらは、昨年の夏。
旦那様のスティービーさんは、この年上の奥さんの事が大好きだったみたいです。

このあたりは、オグラさんが臨月に入り、一番若いサフィアさんのお腹にも赤ちゃんがいました。
ハルエさんは、サフィアさんにぴったりくっついて面倒をみていましたっけ。
サフィアさんの赤ちゃんは残念なことになり・・・・そして・・・・、ハルエさん本人も身重でいらしたのですね。
宿した命をこの世に送り出すこと無く、ハルエさんは逝ってしまいました。

大好きな奥方を失ったスティービーさん、頼りになる姉さんを失ったご婦人方。
ピースさんが逝き、ハルエさんも逝ってしまった東山のキリン舎が、一日も早く元気を取り戻しますように・・・・。

ハルエさんのご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

対抗意識!

・・・・なんて、持たなくてよろしいっ!
よろしいのですが、ついうっかり(笑)

白くて、ふわふわで、モフモフ・・・・・、これなぁ~んだ?

Arctic_fox25

旭山動物園のホッキョクギツネさんです。

男の子の方かな~?
それとも女の子の方かな~?

外見だけじゃ見分けが付かないんですけど。
蛍の光が響く、閉園間際の時刻、積もった雪の中でごろんしていたキツネさん。

 
Arctic_fox26

お顔に付いた雪は、前足で払います。

足の毛が短いので、なんだかヒツジさんみたいだわ(笑)

 

 
 
Arctic_fox27 立派な食肉目イヌ科の生き物でありながら、この時の様子は、まるでにゃんこ(笑)

もうそろそろ、この真っ白な冬毛も、抜け替わる時期ですね。

このホッキョクギツネさん、実は国内の施設では飼育しているところが非常に少ないです。
見られる施設の数だけ言えば、パンダなみの希少価値があるはずなんですけどね(笑)

そろそろ、嬉しいニュースを聞かせてくれないかな??

てなわけで、
白くて、ふわふわで、モフモフ・・・・・
旭山からの答えは、ホッキョクギツネさん。

そして・・・・おたる水族館からの答えは・・・ワモンアザラシの赤ちゃん♪
おめでとうございますっ!!!
でも、開園のころにはもう、あのホワイトコートは生え替わっちゃっているんでしょうねぇ♪
うううっ・・・・ナマで見たかったですぅぅぅ。
ワモンは一番小形のアザラシですから、ちびたんもさぞかしちっさいことでしょう。
きっと、ぬいぐるみだろうね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

お内裏様とおひな様・・・・?

実家に行けば、ガラスケースに入った雛飾りがあるハズなんですが・・・・出さなくなってかなり長いデス(笑)
それでも、今日はひな祭りだというので、仕事場では桜餅(道明寺)が当たりました。
や、女の子として扱ってくださってありがとう♪(爆!)

せっかくなので、今日はご夫婦並んだところで、雛飾りとさせていただこうかと。
Ezoshika21

金網の隙間にレンズを向けたのですが、ちっと写っちゃいました。

降りしきる雪の中、キリリと立つエゾシカのご夫婦です。

女雛が向かって左ということは、昔風の飾り方ですか?
男雛は間違いなく治夫さんなのですが、女雛は・・・・誰??
治夫さんには三人の奥様がいらっしゃるので・・・・(笑)
女御様がお三方ですかね?

Ezoshika22あ、こらこら!
せっかく、キリリとしているところを写真に撮っているのに、そんなところで舌なんてお出しになったら、台無しではありませんか(笑)

もしやそれは、撮影しておるワタクシに対してのリアクションでありましょうや?

ああ、もしかして、ちょっとばつが悪かったと・・・?
なにせ、この直前まで、治夫さんは、こーんなことしていらしたのですから!
Ezoshika23

見た瞬間、なにしてるんですかーっ!?と言っちゃいました(笑)

や、だってこのポーズは、まるで、その・・・仔ジカのようなんですもん。

・・・・大丈夫、位置が違いました(笑)
まだ、これだけ雪が積もっているというのに、エゾシカさん達、すでに毛変わりが始まっているようで、あの長い冬毛が所々抜け落ち、各自、毛繕いに余念が無いご様子でしたが、この位置は、自分じゃ毛繕いできませんもんね。
奥方の毛繕いを手伝って差し上げていた・・・・と思われる治夫さんなのですが、どうでしょう??
たいそう気の優しい・・・奥方に気をお遣いになる・・・ご主人様だと伺っております♪

世のご主人様達は、奥方に優しくしていらっしゃるところを見られるのは、なかなか決まり悪いもののようですから(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

日々これ成長♪

生まれて8ヶ月が経ちました。
鳴き声はまだ甲高く、もうじゅう館でトラやライオンを眺めているときでも、おや、おちびさんが鳴いている・・・と、分かります。
でも、先週覗きに行ったときには、親鳥と同じ低い声も出していて・・・そろそろ声変わりですか?(笑)
でも、まだまだ甘えんぼさんでした。
Kingbaby08

訳あって、人工育雛されていたので、キーパーさんがお母さんなのです。

キーパーさんが放飼場内にいるときは、側にぴったんこくっついて、こんな風に甘えています。

この時は、キーパーさんの防寒着に潜り込もうとして居るみたいに見えました(笑)

それでも・・・・・、
Kingbaby09

産毛が抜けてきています。

お顔の回りとか、フリッパーの部分が早いんですね。
その下にはもう、親鳥と同じグレイの短い羽毛が、準備万端整っています。

それでも、まだ時折いらっしゃいますね。
「何、あのペンギン・・・?」とおっしゃる方・・・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

ベストショットは・・・・

記憶媒体には入れ損ないました。
でも、目というレンズをとおし、記憶というフィルムには焼き付いています。
Ruru10

ほっきょくぐま館のルルさん。
雪がひどく降っていたからなのか、それともそういう時期なのか、ここのところ毎回元気な様子を見せて貰ってます。

ほっきょくぐま館には、プールに面したアクリルガラスのほか、一カ所、陸上に面したガラスがあって、一枚目と二枚目の写真はそこから撮ってます。
ガラス越しなのとISO設定間違ってしまったので、なんら変哲の無い写真ではありますが。。。。
この後、ガラス越しに手を振ったら・・・・ルルさんってば、ずんずんと歩いてきてくれて・・・・。
二人の間を隔てるモノはガラスの厚さのみ・・・という状態になりました。
思わず、ガラスにほっぺたこすりつけましたね(笑)
そんなわけで、このシーンは写真に撮れなかったのです。

ルルさん、たまたま好奇心が発動したんでしょうか?
それとも、何かと間違えました?
アザラシ・・・・?いや、ホッキョクグマの主食のワモンアザラシは随分小柄なハズで・・・・よもやまさか、セイウチと勘違いされったってことわ・・・・?(笑)

Ruru11 今日は、ルルさん優勢だった、夫婦の力関係(笑)

イワン君が、この体勢からどんどん後ろに下がっていましたよ。

そろそろ二頭が絡むことも多くなって、ケンカなんだかじゃれ合いなのかよくわからないやりとりも見受けられます。

 

Polabears10 んでもって・・・・、

お休み中の奥方の傍らで、ガリガリガリ・・・・・、氷をひっかいていたイワン君。

何をいじけていたんだか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »