« ようこそ、旭山へ! | トップページ | 混合展示 »

2008年4月28日 (月)

新展示・・・ではなく(笑)

自分にとっては初めましてだったのですが・・・・、実は、バックヤードにいたのだそうです。

その前に・・・・、
Aneha03 開園時からいらしたアネハヅルさん。

26日に行ったとき、昨年までいた場所に姿が見えなくて、一瞬ドキリとしました。
なにせ、当然のことながら40年以上生きている個体です。
どのくらいの寿命があるのかは分からないのですが、相応のお年でありましょう。

よもやまさか・・・・?
そう思ったら、その放飼場の反対側・・・・クモカピ館が出来る前にカピバラさんがいらしたエリアにお姿が見え、ホッと一安心。

そして・・・・、お仲間がいました。
Canada01 カナダヅルさんだそうです。

身体の大きさはだいぶコチラの方が大きいですが、同じツルの仲間。
取りあえず、諍いはない・・・のかな?

特に親しげでもありませんでしたが(笑)

アネハさんにとっては、騒々しいホロホロチョウさんより、カナダヅルさんの方が良い?(笑)

ただ、このカナダヅルさん。
Canada02 上の嘴が欠けてしまっているのです。

バックヤードにいたっていうのは、このあたりに理由があるのかな?

水を飲むのに、とても飲みづらそうでした。
タライの形状、円形より小判型にするとか・・・・工夫してあげれば良いのに・・・・。

お互い、良い意味で刺激を与え合えられれば良いですね。

 

 

本日は、釧路市動物園にぶっ飛んできました。

以前は、最短距離で行っても・・・安全運転で・・・7時間ほど掛かったトコロですが、今現在2時間少々。
市街地の道路が混雑していると2時間半くらい掛かりますが・・・・以前よりはるかに行きやすくなりました。
国内で唯一シマフクロウが見られる動物園。
国内で唯一ケープキリンを飼育している動物園。
道内で唯一ワピチのオスが見られる動物園。
・・・・道東の自然を活かした展示の特色もそうですが、野生生物の繁殖にも力を入れている動物園です。
若干、イチャモンをつけたくなる展示もあるのですが、ま、それはそれとして(笑)
休日の狭間・・・・、キーパーさんから色々なお話を伺うことが出来て、非常に有意義な時間を過ごしました。
距離が縮んで近くなったことでもあり、また釧路市動物園をお訪ねすることがちょくちょくあると思われます。
色々、この先楽しみなこともあるようですし(笑)

|

« ようこそ、旭山へ! | トップページ | 混合展示 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新展示・・・ではなく(笑):

« ようこそ、旭山へ! | トップページ | 混合展示 »