« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

コロさん・・・・

最後にお会いしたのが10日前でした。
Koro02

娘のクルミちゃんと、お婿さんのツヨシくんのお見合いのため、お部屋を変わって独り暮らし。

広いプールのある運動場では、殆ど寝てばかりだったコロさん。

狭いお部屋の方では・・・過去にはココで子育てしたこともあるのだとか・・・・落ち着かないように、ずっと奥の寝室の方を伺っていました。

育てた子どものうち、オーロラちゃんは名古屋の東山で、アイス君は神戸の王子動物園で会うことが出来ます。

・・・・王子動物園で、アイス君に・・・お母さんはまだまだ元気だよ・・・とお話しするのを楽しみにしていたんですけどね。。。。
それももう出来なくなりました。

Kurumi02 せめて、孫が誕生してから逝って欲しかった・・・・。
 

くるみちゃんは、コロさんの最後の娘

ついこのあいだまで、お母さんと一緒にすごしていましたけれど、今は、ツヨシくんとのお見合い準備中・・・?

広い運動場で、独り切りで・・・なんか退屈そうに見えました。

感傷的すぎるのは分かっていますが・・・彼女は母親の気配が消えたことをどう受け止めるのでしょう?

クルミちゃん・・・・ツヨシくんと上手くいってくれると良いね。

コロさん、天国から見守ってあげてください。

ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

夏しか会えない

前回旭山へ行ってから2週間。
そろそろ行きたいと思えど・・・・今週もまた土日が無い・・・・。

Capybara06

夏期開園中しか会えない生き物たち。

こちら、寒さは苦手と言うカピバラさん。

のんびりまったりの癒し系です。

数年前に生まれた子供とその母親・・・でしたよね。

中に一頭男の子がいたと思ったんですが・・・・まだ一緒にいたよね?繁殖期まで間がある??
大型なだけあって、成熟するまで数年かかるんですかね??

Unpyou11 こちら、ウンピョウのプータオさん。

こちらも、夏期の間しか会えないのですが・・・・、でもウンピョウと、レッサーパンダは、生息域が重なる・・・という認識があったんだけどな。

旭山のサイトを見ると、もっぱら東南アジアが生息域となってますね。

もしかして、北方系の亜種とか南方系の亜種とかいるんでしょうか??

樹上生活者のハズが、相変わらず地べたにいることが多いプータオさんです。

旭山、行きたい~~~~!!!
ネタ切れになる前に、取りあえず、わめいとく(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

お婿入り♪

オホーツクとっかりセンターのハルくんが、鳥羽水族館へお婿入りしたそうです。
以前、ツバサちゃんがお嫁入りしたときに、もう一頭、男の子が行く・・・・と言う話で、ハル君の予定だと聞いてましたけど、やっぱりハル君が行ったんだね。

てなわけで、本日はオホーツクとっかりセンターから。
Goma13

エサの時間は、トレーニングを兼ねています。

お客さんがいる場合は、ここでアザラシの解説がされます。

アザラシも、基本の基本は鼻先タッチから始まるんでしょうか?

ぎゅむ~と押されているアザラシさんと、思わず飼育員さんを不安げに見上げるアザラシさん(笑)
・・・おれちゃうよ、ねぇ、おれちゃうってば・・・
な、訳はない(笑)

Goma14 あ~~ん。

口を開けてみせるのも、芸ではなくてトレーニング。

各々の健康管理の為に必要なんです。

アザラシは、魚を捕まえて食べますから、捕らえた魚を逃がさないように鋭い歯を持っています。
のんびり屋さんに見えても、野生のアザラシにちょっかいを出してはなりませんね。

最後は、胸キュン(古っ)のお写真で
Wamon10

ワモンアザラシのコムスビちゃ~ん。

この間のお写真の反対側から撮ったヤツです。

こーんなにあどけない表情して。。。。ぢつは、とっても気が強いと言うのが、ワモンアザラシだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

角!

釧路市動物園へ行く理由の一つに、ぢつわ、コチラの存在があります。
Wapiti02

ワピチの殿方。

アメリカンエルクとも呼ばれる大型のシカの仲間です。

オスの個体は釧路にしかいないのですよ。

見事な角を見ようと思うと、ココしかない。
ココしかないのだけど、秋口になると、角は大きくなるし気性は荒くなるし・・・・観覧通路から一番遠いところに入れられてしまいます。

今はまだ袋角が大きくなっている最中なので、ご婦人方と一緒にいますが・・・・。

Wapiti03コチラの写真は、上の写真の約3週間後。

いったい、1日に何ミリぐらい伸びてンですか?

牡鹿の角というのは、なんというか、惚れ惚れします。
エゾシカにしてもトナカイにしてもそうです。

もっとも、人間に見惚れられてもあまり嬉しく無いかもしれませんが(笑)

ここのワピチさんは、残念ながら現在繁殖制限中。
奥さん、お嬢さんと、秋口には別居となります。
この奥さん、お嬢さん達も良く見ていると大変面白い。
警戒心の強いのと好奇心の強いのと、色々個性があるのが分かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

パンダのなる木

Kouai01 釧路市動物園は、正門と西門があって、今の時期駐車場からは西門の方が近いので、そちらから入ります。

子ども動物園を通り抜けてすぐ、レッサーパンダ舎。

運動場に植えてあるモミジ・・・?の木の、上の方・・・・。

なんか、付いてます(笑)

かなり高いです。

枝、細いです。

でも、上っていくところは見ていませんでした。

気がついたら・・・上にいました。

 

Kouai02 レッサーパンダの、光愛ちゃん。

高いところがお好きのようです。
流石、小熊猫(笑)

それにしても、か~な~り、高い!

本来、樹上生活者だと知っていても、下から見上げてドキドキします。

雨模様の上、逆光状態・・・・しかも、レッサーパンダは腹黒い(笑)
露出を上手く合わせる技術の持ち合わせは、自分には無い(笑)

Kouai03 お顔がよく見えないので・・・・。

下の台にいたところをパチリと撮ったヤツ。

とっても色白の、光愛ちゃんでした。

そういや、ストレスなのか自分でなめて、毛が抜けてしまったシッポ・・・・、少し回復してきているみたいでした♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

ふくろうの森

知る人ぞ知る、北海道はフクロウ王国でもあります。
釧路市動物園は、自然に恵まれた道東の動物園として、北海道産動物の展示紹介にも力を入れているようで、フクロウのラインナップも結構充実してます。

夜行性である分、人の目に付くことが少なく、身近な生き物であることが知られていないフクロウさん達。
前出のシマフクロウを筆頭に、渡りをするものを含めて、10種程道内での繁殖が確認されています。
Ookonohazuku

オオコノハズクさん。
巣箱からお顔を出してくださいました。
金網が近いのでアップで撮っていますが、実は手のひらサイズです。

オオコノハズクでこのサイズだと、コノハズクってどんだけ小さいんだ?とか思うサイズです。
コノハズクは旭山にいますが、コチラは見事に夜行性・・・あまり姿を見せてもらえないんですよね・・・・。

ちなみに、~~ズクと付く場合は、耳と見紛う飾り羽根があり、~~フクロウという場合は、飾り羽根が無いという区分けになるのですが・・・例外も結構あったりします。
シマフクロウは飾り羽根があるにも拘わらず、~~フクロウですし、逆のパターンもあります。
Komimizuku

こちら、頭部がまん丸ですが、コミミズクさんです。
もしかしたら、警戒態勢など興奮したときに、飾り羽根部分が立ち上がったりするのかも知れません。

結構、観覧通路の直ぐ側、人の足下でキョトンとしていることがあって、一瞬、こんなトコにいるっ!と驚くことがあります。

ところで、先日ふくろうの森で見かけたコ。
Ezohukurou03
濡れ鼠さんです。。。。

エゾフクロウさん・・・・?

妙に小柄なんですが・・・・?

随分お顔立ちがあどけないんですけど・・・?

ついでに、なんで地面にいるのかな???

Ezohukurou04 こちら、逆光で見づらいんですが、大人のエゾフクロウさん達。

雨で濡れ鼠なのは同じですが・・・(笑)

たいてい上の方で数羽が並んでいます。

もしかして、保護個体?換毛直後の若鳥・・・?

ちょっと気になった個体です。
また、釧路市動物園へ行くのが楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

片思い・・・?(笑)

釧路市動物園のゼニガタアザラシさん。
Zenigata02

水を抜いてのプール掃除が終わって、再びプールに水を満たす作業が始まったばかり。

水深の浅いプールで、戯れていたゼニガタさんたち。

CHU♪
 

Zenigata03でも・・・・、

「イヤ」

あれれ??

拒否られてます?(笑)

 

 

泊まりがけの出張でした。
一日半がかりの一大行事が取りあえず無事終了。
直接の担当ではなかったとはいえ、大仕事。
朝は4時に起き、6時半から仕事開始・・・・ほぼ一日立ちっぱなし・・・・。
疲れた~~~~。

ここんとこ、まともに身体を休めている日ってのが皆無だったから、なおさら。
休みと言えば、動物園へ行ってしまう自分にも、問題がありすぎる訳だが(笑)
普通の状態なら、土日が連続して休みになるから、どちらか1日遊びに行って、もう1日はゆっくりのんびりしている・・・・ってパターンなんだけど、土日に仕事してもらえる代休は連続にならない・・・という場合が多くて・・・。

そうなると、どちもお出かけしてしまったり(笑)

録ったビデオも買ったDVDも、満足に見ていない・・・いつになったらのんびりできるかなぁ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

真っ黒なお鼻の・・・・?

悪天候の中、釧路市動物園まで行ったお目当ての一つは、このコ。
Reindeer05

トナカイの赤ちゃんです。

子供を持つ母親としては、いささかのんびりさんなのか、チビさんを連れて、観覧通路の直ぐ側まで来てくれます。

エゾシカさんあたりだと、幼い子どもは物陰に隠して、母親だけがエサを食べに出てくるようだけど。
こういう、人を気にしないところが、「馴鹿」と言われる所以なのでしょうか?

Reindeer06 んで、お鼻は真っ赤ならぬ真っ黒(笑)

生まれて約2週間のちびさんです。

大人のトナカイさん達が、ちょうど換毛の時期で、長い冬毛が抜けている途中なものだから、なんと言いますかぼろぼろ状態。
大人の鼻も黒いのだけど、先ずは抜けつつある冬毛の凄まじさに目を奪われ、あまり目立つ感じがしなかったのに比べて、毛並みのきれいなちびさんは、まずお鼻の真っ黒けに目がいきますな(笑)

Reindeer07 丸太の端っこで、頭をカリカリカリ。

そろそろ角が生えてくるのかな?

トナカイは、オスもメスも角があるから・・・・。
このコは、どっちだろう?

大きくなればこそ、雌雄で角の大きさが異なりますが、生まれて間もなくでは、きっとどちらも同じ。

釧路市動物園では、昨年も赤ちゃんが生まれているハズなんですが・・・、どの子がそうなのか・・・・比べるには個体識別がつきませんでした(笑)
もう、どっかに引っ越しましたか??
若い子たちの角伸び方とか、年長さんと年少さんを比べたり、継続して見られると面白いんだろうなぁ・・・とか思ったり。

まぁ、昨年までは、釧路市動物園まで7時間という時間が掛かりましたが、現在は2時間半を切るくらいです。
色々と興味深い生き物がいますので、なるべくたくさん、遊びに行こうと思っとります♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

睨む・・・・!

釧路市動物園と言えば、シマフクロウ。
ご挨拶をせねばと、並んだケージを覗き込んで行きました。

Blakistons_fish_owl06 こちら、今年9歳になったククさん。

飼育下3世として最初に生まれた・・・ということで良いのかな?

コチラのケージも奥行きが無いので、金網がキレイに消えてくれないのですが、奥の止まり木にいるときは、この程度には撮れます。

もっとも、人工育雛で人間に興味津々のメメちゃんを除いて、みな、奥の止まり木にいることが多いのですが(笑)

幸い雨も小降りで、のんびりと写真を撮っていると・・・何が気に障ったのか・・・・?
黒くてレンズの長いカメラでしょうか。
それとも、少々周波数の高いシャッター音でしょうか。
もしかして、その日のお天気が悪かったせいなのかもしれません。

Blakistons_fish_owl07 飾り羽根が、だんだん逆立って来るんです(笑)

お顔付きも、だんだん剣呑になってこられたので、退散することにいたしました。

このあと、もう2度ほど伺ったのですが・・・シマフクロウケージの向かい側に手洗いと休憩所があるんです・・・人の顔見るなり、飾り羽根を逆立ててくださいました(^^;

もしかして、私のこと、嫌いですか??(笑)

アカンさんとポッポさんのところに生まれたヒナは、順調に大きくなっている模様。
巣立ちはいつ頃になるのかな?

 
チョコちゃんについては、もし赤ちゃんが生まれれば、もうじゅう舎そのものも閉鎖するようです。
初産というだけではなく、大層若い個体ですから、必須の措置なんでしょうね。
や、予め分かっていることについては、決して文句言いませんから(笑)
そういう事でしたら、協力も理解も惜しみませんし♪

なんとか、休みを調整して、来月にも釧路へお伺いする算段をせねば(笑)
もうじゅう舎が公開中止になっていれば、生まれたってことだよね?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

めでたい♪?

ぢつを言えば、昨日の釧路はひどく天気が悪かった。
天気予報で予め分かっていたことではあったのだけど、それでもトナカイのチビさんとビーバーのチビさんを一目見たくて、2時間半、愛車を駆って出掛けたわけです。

・・・・ほかに、お客が誰もいません・・・・。

降り続く細かい雨、時折傘を持って行かれそうになる風。
しかも平日に・・・・わざわざ来られるお客さんって、・・・・そういう物好きは、どうやら自分独りらしい(笑)

お陰様で動物独り占め(笑)

さて、お天気が良くない場合、たとえば室内展示場は、雨風来ないし暖かいし・・・写真は撮りづらいけれど、かなり助かる施設となる。
ところが、この日、もうじゅう舎の室内展示場へ行く扉が施錠されていて・・・・どうやら非公開らしいのね。

さては・・・・?と思ったら、釧路市動物園のサイトに載りました。
Choco03

アムールトラの女の子、チョコちゃん。

お誕生日が来ると4歳になります。

この写真は4月の末、室内展示場で撮った写真ですが、この時担当さんからお話を伺いました。

春先、男の子のリング君・・・こちらは5歳になるコ・・・と同居してから、発情が来ていないらしいです。
つまり・・・・もしかしたらもしかして・・・ご懐妊!?

Choco04 最近、どこかで似たようなトラの写真を見たぞ・・・と思いつつ(笑)

可愛らしかったので、出してみました。でも、お手々がデカっ!(笑)

釧路市動物園の辛いところは、獣舎の奥行きがないと言うことなんですね。
望遠レンズでも、格子が消えてくれません。
昨日、午前中は外の放飼場にいたチョコちゃん。
退屈だったと見えて、ふらりと檻をのぞきに来た物好きに、たいそう興味を示してくれました。
まだあどけない感じがする・・・もしかして母親になるには早すぎる・・・?などとも思ってしまうような雰囲気。
伺った話では、生い立ちに少々問題がありそうで・・・・チョコちゃんの問題ではなく、飼育していた人間の思惑に問題があったかもしれない訳で・・・・。
いずれにしても、果たして、赤ちゃんを産んだとしても育児をしてくれるかどうか、不安も多いのですが。。。。

Choco05 どうでしょう?

ふっくらしてきていますか??

釧路市動物園さんでは、寝室に産箱を置き、カメラの準備もされているようで、あとはチョコちゃん次第のようです。

室内も立ち入り禁止にして、チョコちゃんが安心して子育てできるように、みなさん一生懸命です。

自分も、一生懸命応援します。
動物園のスタッフさん、そしてチョコちゃん、頑張って!
どうか・・・誕生と、そしてチョコちゃんが、ちゃんとお母さんになったとの朗報が聞けると良いなぁ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

大きくなぁれ・・・・!

どうか無事に大きくなってね・・・と祈らずにはいられません。
Beaver01

5月11日に生まれたという、ビーバーの赤ちゃん。

生後10日あまりで、まだこんなに小さいです。

まだ、母親にぴったりくっついていて、外の放飼場へは出ていないっぽいのですが。

室内はガラスの映り込みが激しくて、なかな写真撮るのが難しい。

Beaver02 母親がまた、飽きる様子もなく子どもをなめ回していて、見ていて微笑ましい限りです。

既に大ベテランともいうべき母親で、25回も子供を産んでいるのだそうです。
ただ・・・そのコ達全部が元気に育ったかどうか・・・?

幼い命は、ほんとうに簡単に失われることがあります。

Beaver03

母親になめて、なめて、なめてもらって、そろそろお腹が空いたと見えるおちびさんが、母の乳房を求めてか、潜り込もうともぞもぞしていました。

でも、お顔のほうは、なんか眠たげでしたけど(笑)

 

旭山から、マキちゃんの訃報が届きました。
大きくなったら、お婿さんを貰って、旭山の王の血統を繋いでいくはずだったマキちゃんです。
17日に行って、ライブカメラの映像を見ていて、レイラさんが赤ちゃんの側にいないことに違和感を感じてはいたのですが。
寝室の隅で眠るマキちゃんと、まるきり反対側に座っていたレイラさんでした。

自分が知る限り、3度の子育てを経験し、ベテランの母親とも言うべきレイラさんにして、こういう事もあるのだと。
もう少しで会えるところだったのに、残念でなりません。
今度生まれてくるときは、もっと丈夫な身体をもらって来られるように・・・・。
冥福を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

ま・・・・め・・・?

Mame07 えと、えと・・・まめタン・・・・?

プールの端っこ、これは、排水溝・・・は、隣にあるから違うよな・・・・。
なんで、こんなところに出っ張りがあるんだろ?

ともあれ、妙なところにまめの姿が・・・・。

 

Mame08 とりあえず、呼吸はしている・・・・と。。。。

それにしても、陸地はいっぱいあるのに、なんでわざわざこんなトコロで寝てるんでしょ。

半分水に浸かっているってのが良いのかな?

 

Mame09 まわりが騒がしいので、ちと気になったらしいです。

薄目を開けて・・・・でも、また閉じちゃいました(笑)

午前中は、ひたすらお天気・・・・お昼過ぎから曇りだして、挙げ句の果てには雷と雨。

でも、雨の中でも、こうやって寝ていたまめでした(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

お仕事・・・・?

じぃ~~~~~!
Marimo62

よぉーく、狙いを定めて・・・・。

 

 
 

ダダダッと、追いかけます!!
Marimo63

でもって、ホロホロチョウさんたちを、小屋の中へ収容します(笑)

本来なら、飼育員さんのお仕事ですが・・・・、たまにマリモちゃんがやってくれるそうです。

 
日曜出勤・・・・一日お仕事でした。
土曜日遊んで、日曜日にお仕事では、さすがに身体が辛いなぁと思いつつ・・・・、ここは自己責任ですから(笑)
まぁ、代休が平日にもらえるので・・・・すでに心は釧路へ飛んでます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

日課・・・?

旭山へ行ってきましたー!

Koyuki12 愛しのコユキ様は、今朝は既に水浴を終えられたご様子でした。

岩に身体をこすりつけてゴシゴシゴシ。

 

 

Koyuki13 ヘアスタイルも手ぐしで整えます。

年を取ってもご婦人ですから(笑)
身だしなみには気を遣っておられます♪

 

 

Koyuki14 そうして、おもむろにお休みになります(笑)

展示場の縁を枕代わりにしてます。

時々、寝返りうったら下のモートへ転げ落ちませんか?ってスタイルになってたり。
水が貯まっているので、万が一落ちても大丈夫だと思いますが・・・・。 

いつもマイペースなコユキさんです。

続きを読む "日課・・・?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

落角・・・・

・・・してないんですけど?

連休明けですから5月も頭。
普通は、4月中に落ちるもんだと思っとりました。
Mukumi

旭山のエゾシカ舎
まだ若い男の子のむくみクン。

最初の年の角の成長遅れが響いて、まだちょっと貧弱な角をしていますが、今年、どんなふうに伸びてくるのか、楽しみなコであります。

同じ年に誕生した、こちらも男の子。
Tsuru 鶴岡くんです。

彼の角は順調に成長しており、ことしは4本角(枝分かれマックス状態)になる・・・んだと思うのだけど。

こちらも、まだ落角しておりませんでした。

エゾシカの落角は、日照時間に左右されるのだそうで、日が長くなってくると落ちるんだね。
昨年のこの時期、研究機関へ出張していたせいで、室内飼育され、そのせいで落角が遅れたと言う話は聞いたのですが、もしかしてリズムそのものも乱れちゃったのかな?

一方・・・・。
Haruo11 早々に落角して、既に角が伸びてきているのは、お父さんの治夫さん。

伸びるスピードも見事な治夫さんです。

雨上がりの水たまりで水分補給中。
エゾシカって、口先をつけて吸い込むんですね?
イヌやネコのように、舌で水面を叩く事はしていませんでした。

さて、次に旭山に行ったときには、彼らの角はどうなっているのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

プロポーズ♪

おびひろ動物園で飼育しているクジャクは、一番しかいないのかな?
ケージには一羽のメスと、一羽のオス・・・・見事な尾羽を引きずらんばかり・・・。
広げてくれたら、さぞかし美しかろうと思いつつ。

様子を見ていると、奥方の方をちらちらと気にしているご様子。
もしかして、ひょっとすると・・・・。
Peacock04 しばらくお待ちしていたら、ご覧の通り。

この状態で全身を震わせると、広げた尾羽がざわざわと揺れ動きます。

これがクジャクの求愛。
決して、威嚇ではないのですが、偶に、クジャクを怒らせようとして金網を揺すったりする勘違いさんがいらっしゃいますね。
この日のおびひろは、幸いそういう場面はありませんで、見事な尾羽を楽しませていただけました。
Peacock05

いわゆるピーコックブルー。

金属的な光沢が、見事です。

 

 
 
Peacock06 アップで、どうぞ(^^)

つぶらなお目々の男の子でした。

ちなみに・・・・奥方は、食欲の方が優先してらしたようでした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

ほっこり♪

すごく嫌なことと、すごく嬉しいことが一緒にあった今日。
取りあえず、嫌なことをさっさと忘れるために(笑)今日は、癒し系。
Snowleopard13

ユキヒョウのご夫婦。
奥様のプリンちゃんが、だんなさまをぺろぺろ。

行くたびと言うわけにはいきませんが、結構高い確率で仲良し風景が見られるペアです。

そうでないときは・・・・二人揃って寝ています(笑)

Snowleopard14

「なんか、用かい?」

相変わらず一眼レフの大きなシャッター音がお耳に触るっぽいです。

 

 

Snowleopard15 でも、気にしない。

「プリンちゃん、ボクも愛してるよ♪」

・・・・な、感じのゴルビーさんでした。

ユキヒョウは、群れで生活する動物ではないので、本来複数頭が一緒ということは・・・母子連れを除いて・・・無いのでしょうが。

プリンちゃんのご機嫌が斜めで、ガウガウやっている事もありますが・・・逆のパターンは見た記憶が無いんですけど?・・・奥方の方が優位ですか?(笑)

雌雄が一緒にいても、乗っかる(笑)場面を見たことがないので・・・既に、繁殖制限掛かっている血統だしね・・・・、雌雄=夫婦と言うより、兄弟感覚というか、同性感覚なんでしょうか?
や、例え同性感覚だとしても、普通は縄張りとか持ってるハズですし・・・・してみると、これはやはり動物園ならではの状況なんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

やっぱり、そうじゃん!?

Marimo59 もぐもぐタイムのマリモちゃん。

高いところからつるされたエサ箱の乾草をもぐもぐ。

お耳がぺたんとなっているのが、面白いです。

やはり、ご飯を食べているときは、リラックスしているんでしょうか。
それとも、首をグンと伸ばしているので、下方からの音に神経集中しているの?
Marimo60 本当なら、樹木の上の方に首を伸ばすのは、オスのキリンなのだとか。
メスのキリンは、樹木のちょっと低いところを主に食べているらしいです。
オスのキリンがいませんでしたからね。
マリモちゃんには、ちょっとオスのキリンの代わりもやって貰っているのだとか。

まだ、食べ足りないの・・・とばかり、運動場の隣に生えている木に舌を伸ばしています。

Marimo61

「地面の草を食べたいんですが、何か?」
そんなに食い意地張ってると、嫌われちゃうぞ♪

 
いよいよ、マリモちゃんのトコロに、お婿さんがやってくることになりました!

って、やっぱり徳山のゲンキくんなんじゃないか~~!!

誰ですか、めいっぱい否定してくださったのは!?(K氏!)
誰ですか、大嘘抜かしたのは!?(O氏!)
こちとら、昨年の秋口から多分、来てくれるのはゲンキくんだろうと思っていたのですが、関係者、なかなか口を割ってくださらなくって(笑)

6月の中旬くらいにはお披露目になるのかな?
まだマリモちゃんよりちっちゃいよね?
かわいいキリンのカップルが見られるのを楽しみに
また、いそいそと旭山へ行く日程を算段するのでした(笑)

ところで・・・。
「ゲンちゃぁ~ん!」
と呼んだら、別の人が振り向きそうなんだけど・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

まめ~~~!

Mame05 もうすっかりホワイトコートは脱ぎ捨てました♪

でも、まだまだちっちゃいのですぐ分かります。
ゴマフアザラシのまめちゃん。

夏期開園日に会いに行ったときには・・・・、

・・・・・なんか、浮いてます(笑)
浮くというより、漂ってます(笑)・・・・てな感じでしたけれど。

Mame06

連休明けに行ったときには、なんとか泳いでる・・・みたいな・・・様子。

すでにマリンウエイで遊ぶようになっているみたいで、公式サイトで動画が出ていましたね。

それにしても、まだ何とも頼りなさ気な泳ぎ方で、見ている方はハラハラ、ドキドキ。
お・・・溺れない?
呼吸しに上へ上がれる??
(マリンウエイの)出口、分かる???

てな案配でした(笑)

まぁ、自分が案ずるほど、弱々しい訳では決してないのでしょうが。
野生の生き物は、ちゃんと自分の身を守る術を知っているのだと、そう思うのですが。
近いうちに、その身をくねらせて自在に泳ぎ回るまめちゃんの姿を見せてもらえるのを楽しみにしています♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

淋しんぼ・・・・

生まれて一年半経ったのですね。
男の子ですから、さすがにもうお父上との同居は無理らしいです。
母上は現在、生まれたばかりの妹にかかり切り。
つまりは、生まれて初めての単独展示となっています。
  
Akira76ライオンのアキラくん。

どうして自分が独りにされたのか、まだ彼自身分かっていないような感じです。

父上も母上もいない運動場で、ひたすら吼えていました。

 

Akira77 鼻先、切れちゃってごめんなさい。

壁一枚隔てた奥には、父上と母上がおられます。

気配を感じるのか、まるですがるようにして吼えるアキラくん。

ちなみに、母上がアキラくんの声に反応して、吼えながら寝室の中を行ったり来たり・・・・・。
その度に、母上に足蹴にされていた妹のマキちゃんなのでした(笑)
・・・もうじゅう館横に、ライオンの寝室の様子を映したライブカメラがあって・・・・、眺めていた間、何回母上の後肢に蹴っ飛ばされてたかな?マキちゃん・・・・(笑)

Akira78「お隣の、アムールトラの小母さん。
ボクはどうして独りでいるの??」

アキラくん・・・聞く相手を間違っています。
アムールトラは、基本的に単独生活者ですから、本来ならいつも独りなんですヨ。

早く婿入り先が見つかると良いね。
父上に似て、イケメンに育ちつつあるので、ご婦人方からはモテると思うんだけど・・・・って、それは人間の感覚か(笑)

そういえば、妹ライオンのマキちゃんのお名前ですが、てっきり大先輩飼育員のマキ○さんから頂戴した名前かと思っておりましたら、違うマキ○さんから頂いたのだとか。
見事に、お仕事のジャマしちゃったんだそうです。
マキちゃんが生まれた日・・・・もうじゅう館の裏側のロケの予定だったんですって(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

今年も誕生♪

昨年、旭山で初めて繁殖したワシミミズクさん。
今年も、春先に抱卵しているのは知っていましたが、無事孵ったようです♪Washimimizuku10

昨年は、金網の直ぐ側で卵を抱いていましたが、今年は奥の方で卵を抱けるよう、木や石の配置を変えたみたいですね。

金網が光って見づらいのですが、ケージの奥の方・・・母鳥でしょうか、広げたその翼の下に・・・。 

 

Washimimizuku11 いました♪

もこもこの産毛に覆われた雛。

今年は4羽、孵っています。

けれど、孵った日にちに差があるようで、どうやら一番後から孵ったと思われるチビさんが、まだとても小さいのですね。

Washimimizuku12 このコが、ちょっと心配ですね。

一番大きなコは、お尻向けていますが、直ぐ右側にいます。

間の2羽が、ほぼ同じ大きさに見えました。

エサの量は・・・・動物園ですから・・・十二分に与えられるはずですが、猛禽の雛の中には、習性として弱い(小さい)兄弟を死なせてしまうモノもいると聞いています。

どうか、全員無事に育ちますように・・・・♪

でも、ワシミミズクって・・・ぢつは繁殖させてもあまり引き取り手が無い生き物だって聞いたんですけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

しまった・・・・

宝くじを買ってくるの忘れた!
Ezomomo04

エゾモモンガが、巣箱から顔を出していました(笑)

ほんとにしばらくぶり。
夜行性ですから、昼間はお休みの時間。

動物園によっては、昼夜を逆転させた建物で展示していることもあります。
動いているところを見せるためには、「夜」でなければならないので、そういった施設では、たいそう辺りが薄暗い。

旭山では明るい光の下で見られるけど、余程運が良くないとならないんですね。
だから、モモンガの姿を拝めたら、こんなラッキーなことはありません。
動物園を飛び出して、宝くじでも買いに行け・・・というハナシ(笑)

Ezomomo05

ちなみに、この状態を流石に慮ったのか・・・・、

モモちゃんが顔を出しているこの巣箱、金網のすぐ近くに設置してあるのですが、サイドがアクリル張りになっています。

それでも、巣材の中に潜り込んでしまうと、もうお顔も見られないのですけれどね。

この日は、グッドタイミングでした。
相変わらず目の大きさが愛くるしい、エゾモモンガちゃんなのです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

コユキさま、お水浴び♪

旭山には足かけ3年、足繁く通いました。
もっとも、多少は・・・と言う程度で、月に2~3度という状態でしたけれど。
それでも、2年以上・・・・・70回以上は、間違いなく旭山に行っている訳ですね。

んで・・・・、初めて拝見しましたよ♪

愛しのコユキ様の水浴びのお姿。
Koyuki09

ホッキョクグマって、みんな、ブイで遊ぶのが好きなんでしょうか?

コユキさんのいる運動場のプールは小さいのですが、話に寄れば、コユキさんは、毎朝水浴びをなさるのだとか。

夏期の旭山は、開園と同時に入っても、ととりの村やペンギン館、あざらし館それにもうじゅう館へ行ってしまうと、1時間くらい簡単に吹っ飛んでしまうので(笑)

Koyuki10 きっと、いつもほっきょくぐま館へ行く頃には、コユキさんの水浴びは終わってしまうんだろうなぁと思ってました。

この日は、・・・・・朝寝坊なさった?

連休が終わって、人混みも一段落したであろうこの日。
コユキさんの水浴びはいつもよりゆっくり目であったらしいです。

随分長いこと、ブイと戯れて、やがて満足そうにプールからお上がりになりました。
Koyuki11

大きいプールの2頭・・・イワン君とルルさんをご覧になったあと、コユキさんの運動場へ回ってこられたお客さんは、おしなべて、コユキさんを若いホッキョクグマだと思われるようです。

お年のせいで少し小柄なあたりがそう思わせるんでしょうか?
でも、・・・・動物園によれば・・・・コユキさんはスーパーおばあちゃんなのだそうです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

うららさん・・・・

この冬には、飼育員さんのアイディアで、雪の中に埋められたおやつを、蹄を使って掘り出し、食べるところを見せて貰いました。
Reindeer02 他のシカの仲間に比べて面積が広く、雪上ではかんじきに役目を果たすと言う蹄を使って、ザクザクと雪を掘っていました。

時折、同じ運動場にいるワピチのサチさんに、おやつを横取りされてしまってましたね(笑)

 

 
Reindeer03 旭山動物園のトナカイのメス、うららさんは、どういう訳か落角のとき、片方だけ早く落ちて・・・しばらくは片角だけで過ごしていました。

これは冬期開園中の写真ですが、冬毛の状態で、全体が白っぽくてフカフカの感じがキレイでした。

 

 
Reindeer04 4月の夏期開園日のうららさん。

ようやく、もう片方の角も落ち・・・・でも、先に落ちた方の角がもう伸び始めていましたね。

これが、最後の姿になってしまうなんて・・・・。

4月30日に、「急性鼓張症」のため、亡くなったそうです。
もう、ご年配とは聞いていましたけれど。
まだまだ長生きしてくれると思っていたのですが・・・・。

うららさん。
今まで、いろいろ教えてくれてありがとうね。
ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

ちょっと待てー!

ちょいっと、ちくりとやらかします。
あくまでも私見として、感想としてですが。
関係者はご覧になってないと思いますが(笑)

万が一にでも、あちゃ!と思われた方がいらしたら・・・こっそりと改善をお願いしたいところ。
Sealion09

帯広動物園にはカリフォルニアアシカがいます。

スポットガイド&エサタイムの時に、いち早く上ってきて、バケツに頭を突っ込んでいた奥方(笑)
ダンナに比べて、格段に体格が小さい奥方は、ダンナにエサを横取りされることが多く、なかなか食べられないので、この辺りは多目に見てもらっているようでした。
ダンナの方はデカい分、動きがちょっと遅いんですね。
二人の他に、広海ちゃんという娘がいるはずなんですが、どうやらバックヤード・・・・。
身体を壊しているんじゃないと良いんですが・・・・。

直ぐ側のプールにはアザラシもいて、スポットガイドは続けて行います。
アザラシとアシカの違いを説明するにも、その方が良いのね。

Sealion10ご夫婦揃って、ご飯おねだり(笑)

んで、解説の飼育員さん、
「アザラシは、両方のヒレを使って泳ぎますが、コチラは身体をくねらせるようにして泳ぐんですね。」

・・・・・・・
・・・・・・・
それ、逆です。

慣れない方だったのか、てんぱっていらしたのか、まるっきり逆の解説なさいましたね(笑)
知っている人間には、微笑ましく映るわけですが・・・・。
ぢつは帯広動物園の来園者・・・・動物園に来慣れていない方が多いと見えて、ハクチョウをご覧になって、お孫さんに「アヒルがいるよ」とおっしゃってしまう御年配の方も多々いらっしゃる。
その状況では、間違った解説は流石に拙かろう?

ここは、ご精進をお願いしたい。
てか、フォローの人、付いてください・・・・・。

動物園もいろいろと変わりだして、・・・・変わらなきゃいけなくなって・・・・、瞬時に対応するのはなかなか難しいことなんだと思いますが。
慣れないことや戸惑うことも多々あることと思いますが、帯広は帯広なりのやり方を進めてください。
でも、明らかに間違ったことを言っちゃいかんですよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

大きくなりました!

帯広動物園のカンガルー舎。
ここはアカカンガルーを飼育しています。

Kangaroo07 一人だけでいると、わかりませんけど。

一際ちっさいのが1匹。

ちょこまかと愛嬌を振りまいていました。

 

 

Kangaroo08 大人のオスの足下にいると、ほら、まだこんなです。

アカカンガルーの大人のオスは、かなり大きいですからね。

寝転がっていたりすると、「オヤジ」にしか見えなかったりします(笑)

ちなみにこのコは、多分昨年秋にはお母さんの袋にいた子。
この日、カンガルー舎のスポットガイドは無し。
ちょっと残念。

ほかに、おふたりくらい、お腹に抱えているんじゃないかという奥さん達がいらっしゃいました。
またお伺いするのが楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

リベンジ(笑)

行って参りました!
ちゃんと目覚ましが鳴ったら起きて・・・・出発は6時半になっちゃったけど、それでも開園時刻30分後には入園いたしました。
お陰で、駐車場も、遠いところにならなくてラッキーでした♪

さて、

Chibi05 チビちゃ~ん、元気だったか~い??

昨年、旭山からお嫁入りしたフタコブラクダのチビちゃんです。

お名前を呼んだら、振り向いてくれましたよ♪

まだ、もっさもさの冬毛状態でしたけど、さっぱりした頃にも遊びに来るからね。

Pirika15 ピリカ~!

だいぶ大きくなったけど、まだこんなところに幼顔が残ってます。

 

はい、行ってきたのはおびひろ動物園でした!
や、遠かったです。
旭川へ行くのと、ほぼ距離は等しいのに、途中自動車道(高速道)が無いもんだから、3時間近く掛かっちゃうんですねぇ。
ふぅ・・・・・。
特に、帰り道は・・・・暗くなってから山中の道を通りますから・・・シカの飛び出しが恐ろしくて、とてもスピードなんて出せません(笑)

「ホッキョクグマと地球温暖化」展、見てきました。
国内のホッキョクグマの図鑑・・・見事なものができあがっています。
残念ながら、1園だけ、お写真のご提供をいただけなかったようで、それさえ揃っていればパーフェクトだったんですけど・・・・。
国内はもとより、海外も含めた系統図もありました。
あら!?天王寺のゴーゴ君って、旭山のイワン君の弟なんだ!?とか。
円山のデナリさんって、アドベンチャーワールドのアークティクさんと従兄弟になるんだ!?とか。
いろいろ面白かったです。
や、眼目は地球温暖化防止だろ(笑)

色々と気になることもあった園内の様子ですが、それらも含めておいおいアップしていきます。
昨年みたいに、頻繁に旭山に行けるわけではないので、ストックをいろいろとしておかないとね。
シャッターだけはバカスカと切ってきたのですが・・・・(笑)

これで、どこの観光施設も一番混み合うであろう、明日5日は、一日寝ていられます(爆!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

行き先変更(笑)

Wamon07

えっへっへっへ♪

朝、寝過ごしちゃったのよ~~。

目覚まし鳴っても起きあがれなかったの。

 

Wamon08 いやぁ~、失敗、失敗。

ホントは、5時起きで、6時には出発したかったんだけどね。

目、覚めたら・・・・しっかり7時過ぎちゃってたわけよ。

しょうがないから、行き先変更したのね。

 

Wamon09 ここは、紋別。

とっかりセンター♪

 

2時間掛からないくらいで行ける距離になったのです。
保護されてきたワモンチビさんとか、見せてもらえました。
残念ながら、クラカケッ子は非公開。
でも、元気になっているそうです。良かったね♪

代理(笑)は、ワモンアザラシのコムスビちゃんでした~~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

釧路と言えば・・・!

こちらを出さないことには話になりませんよね?
Blakistons_fish_owl04

シマフクロウです。

特別天然記念物(笑)
それだけ貴重なんですね。

野生個体は、道東の一部にしか棲息しておりません。
国内では最大のフクロウで、主食は魚です。
こちらは、北海道ゾーンのケージ内におられるご夫婦の、ダンナさんで、トカチさんとおっしゃいます。
自分が伺うときは、いつもこんな風にお耳(飾り羽根)を立てています。
そんなに警戒しないでくださいな。。。。。

今年は3つも卵を産んだ、奥方のムムさんですが、残念ながらこちらは全部ダメだったそうです。
そのかわり、非公開ケージで、アカンさんとポッポさんのところで雛が育っていると、サイトでお知らせがありましたね。
アカンさんとポッポさんのペアリングについては、いろいろと心配なこともあるのですが、雛が無事に大きくなってくれますように。

Blakistons_fish_owl05 こちらは、確か・・・ククさんの方だと思うんですが・・・・。

今まで繁殖して、巣立ったコたちは、別のケージで展示されています。

現在4つのケージに4羽・・・・ククさんとメメちゃん、トト君と、つい先日お名前がついたボーボーくん。

ケージの奥行きがないので、望遠でも金網が消えません・・・・・。
一番奥の右隅にいたのは、たしかククさんだったと・・・・・(^^;

こうやって、順調に増えているように見えても、残念ながらほぼ血縁関係なので、繁殖については難しくなって来ているようです。
野生個体のメスが補充できれば良いんですけどね。
都合良く、怪我して来てくれって訳には行きません。
野生に返すのもまたいろいろと難しいモノがあるようですし。
野生生物を保護する・・・と言うのは、野生復帰も含めて、この先色々と検討の余地がある事業なのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

お名前発表♪

釧路市動物園のサイトが更新されていまして、お名前の発表がありました。
Otaria04

オタリアのお嬢ちゃんは、冬花ちゃんだそうです。

まだ小さく区切られたプールでお母さんと一緒に泳いでいますが、どのくらいで、お父さんや小母さん(お父さんのもう一人の奥さん)と一緒に泳げるのかな?

広いプールで、愛嬌を振りまいてくれる日も、遠くない・・・・?

さて、こちらは、もうすぐ誕生・・・かな?
や、産んでからまだ一週間もたっていないのだから、もうしばらく掛かるのか。
Tancho

立ち上がって毛繕い中のタンチョウさんの足下に卵が一つ。
数日おいて、もう一つくらい産むハズなので、そろそろ卵を抱いているころかな?

鶴公園の方からは、すでに可愛い赤ちゃんの誕生の報が届いていますが、動物園の方ではもう少し時間がかかりそうです。

上手く孵化すると良いな♪
また写真を撮りに行く楽しみが増えます♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »