« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

ツイスト・・・?

ツヨシくんとの同居が先日から始まっているクルミちゃん。

亡くなったお母さんのコロさんは、もうお年でしたから、殆ど寝てばっかりでしたが、ツヨシくんは、まだまだやんちゃな盛りの4歳。
気にはなるけれど、まだまだ年上のクルミ姐さんが怖いと言う感じで(笑)

さすがにクルミちゃんは落ち着いたモノで、ツヨシくんが同じ放飼場にいてもあまり気にする様子はありませんでした。
我が物顔で振る舞って、ツヨシくんがたじたじ・・・・・。

Kurumi03

そんなクルミちゃんですが・・・・。

えと、えと、立ち上がってツイスト・・・・?

 

 

Kurumi04 お尻振り振り(笑)

どうやら、お尻がかゆかった模様。

人の出入り口の角にこすりつけていました。

立ち上がってやるものだから、なんだか踊っている見たいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

クラカケっこ♪

釧路市動物園へ行ってみた目的は、実はコチラにありました。
Kurakaketibi03

クラカケアザラシのお嬢ちゃん♪

今年の春、尾岱沼で保護された仔で、しばらく非公開で飼育されていたのですが、来月おたる水族館へ行くことになって、今現在ゼニガタアザラシプールの一角で展示されています。

まだ幼いので、しかも女の子ですから・・・・特徴的な鞍掛け模様はでていません。

Kurakaketibi04 模様が見えないので、つるんとした印象です。

しかし、おたる水族館には、既に2頭のクラカケアザラシがいます。

クララとクラリス(笑)
さて、このコは、何と名付けられるのかしらん??

ついでに言えば、同じ時期に保護された男の子がとっかりセンターにいます。
おたるからラブコール入っているのと違います??

どうせ飼育するなら繁殖を目指したいところなんじゃないかと・・・・?
女の子ばかりじゃどうにもならないし・・・・かといって、4頭も飼育するスペースがおたるにあるのかしらん?というのも気になるところ。

ときに、保護個体を収容していたプールが、現在改装工事中。
おたるからフンボルトペンギンさんが来るという話です。
そういえば、釧路ではペンギンを飼育していなかったですな。
ただ、夏でもあまり気温が上がらない釧路ですから・・・・暖房設備が必須と思われるんですけど・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

Happy Birth♪

2週間ぶりの動物園♪
日曜日が仕事で潰れるので、どうしても旭川まで出るのは辛いのです。
で、釧路行きが頻繁になる・・・・と。
距離、短いし。峠、きつくないし。

釧路市動物園の北海道ゾーンには、飼育されているタンチョウやオオハクチョウ、シマフクロウやオオタカなどのほか、野生のアオサギのコロニーや、広大な湿原という立地を活かした豊富な野鳥など鳥類が充実しています。
その最後のコーナーにあるのがフクロウの森。
かまぼこ型のケージに、道内で見られるフクロウ数種が飼育されているのですが。

前回お邪魔したとき・・・・気がつかずに、直ぐ側に突っ立ってしまったせいで・・・・思い切り怒られてしまったワシミミズクさん。
・・・・人が通る通路の直ぐ側で、抱卵中でした・・・・・。
Washimimizuku13

見えますか?

親鳥のお腹の下・・・。

一丁前の面構えをした、チビすけの姿が(笑)

気がつかずに通り過ぎるお客さんがいる一方で、気がついたお客さんは一様に・・・・何でこんなところで・・・・・?、とおっしゃいます(笑)

あまりに格子が近くて消すことが出来ません。
広角レンズの小形カメラなら、レンズを隙間に突っ込む事も出来るのでしょうが、親鳥をあまり警戒させたくないので、止めました。

Washimimizuku14 チビすけだけなら、このくらいには抜けるのですが。

こういうシーンは、親鳥のお腹の下から顔を出しているってのが良いのですよね♪

今日の釧路市動物園は、お天気も良かったせいか、それなりに・・・子どもさん達の団体とか・・・入っていて、結構賑やかな雰囲気でした。

これまで自分が行くときには、閑散としていて、・・・大丈夫か、この動物園・・・と言う気がしないでもなかったモノで・・・失礼(笑)
展示エリアが小さく、コンパクトな印象がある釧路市動物園ですが、実際は広大な敷地を誇っています。
豊かな道東の自然に生きる鳥類を中心に、繁殖研究に力を入れており、興味深いお話を聞かせていただけます。

ただし、黙っていても教えてもらえるという訳ではなく、自らの好奇心と知識欲の発動が必要です。
自分から、知りたい、と言う欲求を満たす努力をしなければ、どんな立派な施設であろうと、得られるモノは無い訳で。
説明板や看板があったら、読む。
キーパーさんがいたら、聞く。
動物たちを、見つめて・・・見て取る。
好奇心さえあれば、動物園は不思議と感動の宝庫です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月27日 (金)

鯛やヒラメ・・・・?

とは、ちょっと違うようです(笑)
Aqua01カレイとエビの舞い踊り・・・・?

オホーツクガリンコタワーの地下水族館。

小規模ですが、近海のお魚を中心に、暖流系から流れて来ちゃったのやら、マイナーながらユーモラスな連中を集めて展示しています。

海の中を覗ける窓辺にも、時折野生のお魚や小さなカニの姿が見えたりして、あの小さなスペースをゆっくりと3周から4周します。
そんな中、水槽で舞い踊るカレイさんとシマエビ(?)さん。

ここは、とっかりセンターと同じところで管理していますので、同じカテゴリに入れました。

さて、肝心要のとっかりセンター!
やはりここは、千両役者に御登壇いただきます。
Wamon11

ワモンアザラシのコムスビちゃん♪

ご飯バケツをしっかり抱えて・・・上目遣い♪♪

中味、まだ入っているんだけど、気がついていないでしょ。(笑)

分かっていたら、おとなしくバケツ抱えていたりしないよね、きっと。
直ぐにひっくり返して、もぐもぐもぐ・・・だと思うんだけどさ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

手のひらサイズ。

ゲンキくん、無事旭山に到着したみたいですね。
良かった♪

とはいえ、マリモちゃん・・・・しばらくお仲間の姿を見ていなかったせいですか?それとも、生来の警戒心の強さですか?
寝室の隅っこにひっついているのが・・・・(^^;;

詳しい様子は公式ページで、動画をごらんくださいませ!
 

さて、旭山の北海道産動物の一群の中に、フクロウ舎が並んでいます。
釧路でオオコノハズクを目の前で見て、その小ささに驚いたのですが、オオコノハズクでこのサイズだと、コノハズクってどうなの?
・・・・ということで、旭山のコノハズクさん。
Konohazuku01

・・・ダメだ。

写真だと実際の大きさが分からないですよね(笑)

手のひらサイズのフクロウさんです。

~ズク、と言うだけあって、ちょんと可愛らしい飾り羽根が見えています。
コノハズクさんも、警戒すると、逆立ったりするのかな?
だからといって、もちろん、脅かしたりはしませんけどね。

Konohazuku02 ぱっちん(^_-)ミ☆

や、ウインクしてもらったような気がしたんですけど(笑)

客を誘惑しても、ご飯には結びつかないよ(笑)

願わくば・・・・もちっと近くでお姿見てみたいかな。

遠いところにいるので、望遠レンズは使いやすいけれど、なんか臨場感に欠けてる・・・・かもしれない。
回りがもうちょと明るいとなお嬉しいのだけど、フクロウさんには酷かもね。

さて、ゲンキくんはどのくらいで公開になるのかな?
マリモちゃんがいるから、必要以上に警戒したりはしないと思うのですけど・・・・。
それでも、隣のミナミシロサイのノシオくんとか、カバのゴンさんとか、とか、とか・・・・。
以前の飼育展示の状況によっては、びっくりしちゃうかも知れないなぁ・・・。
頼むよ・・・・マリモちゃん・・・・!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

お邪魔してます・・・?

ゲンキくん、今頃どこらへんかなぁ。
もう、苫小牧に上陸しているのかなぁ。
徳山動物園発表のルートだと、どうにも、一般の航路ではなさそうなので(舞鶴~苫小牧)、別便に乗ってくるのかな。
苫小牧に夜着いたとしても、きっと一休憩して、深夜から早朝に掛けて、高速道を走ってくることになると思われ・・・・車が少ない時間帯の方が、ゲンキくんに負担を掛けずに走ってこられるハズ。。。。

なんか、気持ばかりが焦って・・・自分が焦ってもどうにもならんことは百も承知しとりますが(笑)・・・・どうか、無事に到着してくださいぃぃぃ!!

順調にいけば、明日にもマリモちゃんと対面するわけで・・・・総合動物舎の裏側は、キリン2頭を隔離して入れられる寝室は無い筈。
マリモちゃん、ゲンキくんを歓迎してくれるかな・・・・??

てな訳で(笑)
この間、釧路で見かけたほっこり場面でリラックスしましょう。
Rabbit03

こども動物園の一角、ここはウサギを展示している場所なんです。
「誰よ、コレ・・・・?」

ええ・・・カイウサギを・・・・触れることも出来るんですけどね・・・ウサギを・・・・(笑)
何で、ニワトリさんがいるんでしょう・・?

頭の形状見ると、ポーリッシュさん・・・の雑種??

なんだか、うさうさの運動場で、1人のんびりしてらっしゃいます。

アルビノっこのうさうさが・・・胡散臭そうに(笑)見ています。

鳥インフルの騒ぎで、しばらく雉鶏類は、触れあえる場所には出てきていなかったんですが、渡り鳥も北へ帰り、落ち着いたところでクジャクさんもお外へ出ておられました。

そういや、5月に生まれたビーバーっ仔、☆になっちゃったようです。
公式サイトの、とても目立たないところに報告が・・・・。
あのふわふわの毛玉が・・・・残念です。
ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

まだかなぁ~?

Marimo67 まだかなぁ・・・・まだなのかなぁ・・・?

「大丈夫、もう少しだよ。」

マリモちゃん、首を長くして(笑)待っていますよ。

徳山のげんきクン。
順調に行っていれば、舞鶴港から出港しているはずだけれど・・・。
長旅です。
どうか、海よ荒れないで。
波よ、穏やかでいて。
幼いげんきクンが、疲れ果ててしまわないように。
生まれて初めて、両親と離されて・・・・不安で押しつぶされてしまわないように。
まだお誕生日を迎えていないげんきクンです。
マリモちゃんが旭山へ来たときより、さらに幼いのです。

無事、北海道に着いたとしても、長い陸路が待っているのです。

Marimo68
ひとりぼっちのマリモちゃん。
「まだ子どもなんじゃない?」
「一頭だけで可哀相だね。」
何度も聞いたお客さんの言葉に、早くお婿さんおいで・・・と願っていました。

ようやく、もうすぐ、あと少し!

マリモちゃんにお婿さんがやってきます。

濡れてくしゃくしゃになってしまったたてがみも、お互いにハムハムし合える相手が出来ます。
まだきっと、マリモちゃんよりちぃちゃいけれど、あと3~4年もすれば、マリモちゃんを追い越すハズの男の子です。
しばらくは、幼気なげんきクンの「お姉ちゃん」してあげてね。
げんきクンが、旭山に馴れて、旭川の寒い冬を越すことが出来るように・・・・♪
これからは、1人じゃないよ。

どのくらいで公開になるのか分かりませんが・・・・公開されたら、一刻も早く駆けつけて、可愛らしいペアの姿を見たいのですが・・・・いかんせん。
どうしてこう・・・・土日に仕事が立て込むかな(--メ
むりくり、平日に休み取って行ってみようか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

ぐったり・・・・

本日、代休・・・・。
なんかしよう、どっか(近間に)出掛けてみよう、という意志はあったのですが、見事に挫折。

Gentoo45昨日の仕事の疲れと言うより。。。。
恒例の三重苦の方です。
昨日来なかった事は、幸いでした・・・・。
山仕事は・・・・トイレが無いのが致命傷です(笑)

てな訳で、本日も一日ごろごろしていました。

旭山のジェンツーペンギンさん。
しばらく行けてないのですが、もうぼちぼち抱卵に入っているかな。
先に抱卵していたイワトビさんはどうなっているんだろう?
ホッキョクギツネさんの換毛の様子とか。
エゾシカさんたちのお腹の様子とか。
色々と気にはなるのですが、取りあえず・・・ぐったり。

Koyuki15 ホッキョクグマのコユキさん。

もうご年配なので、これから迎える暑い季節が心配です。

身体壊さないで、なんとか乗り切ってね・・・・。

寝顔も愛しいコユキさんなのです。

ぐったりついでに、今日はあこがれの宅配ピザを頼んでみました。
や。。。配達地域に入っていない田舎暮らしが長くて・・・・今年、いわゆる都市部へ引っ越してきてから、一度は頼んでみようと思っていたんですけど(笑)
結構、お値段も良いもんで・・・・給料日が来て、ようやく・・・・。

結論・・・・とても美味しかったのですが、1人では食べ切れませんでした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

一体何事!?

Wapiti06

なになに?

ワピチのお嬢さんたち。
一斉に同じ方向を向いて、耳をそばだて、一体どうしたの?

 

Wapiti07 唯一のオス・・・・、旭男くんまで、一体何事と言うように身を乗り出して来ました。

ワピチは、この大柄なところから結構勘違いされるのですが、決してウマじゃありません(笑)
歴としたシカの仲間で、世界でもヘラジカに次いで大型と言われています。

その巨大なワピチさん達が、一斉に見つめているのは・・・・。

じつは。。。
車椅子でお越しになったお客様なのでした(^^;

Wapiti08 あまり目にすることが無かったと見えます。

二本脚で歩いてくる人間は、普段から見慣れていますが、その人間が運んでくるのが、なんなのか?
飼育員さんが飼料を運ぶのともどうやら違う・・・・その正体を見極めようとしているようです。

・・・・丁度エゾシカが、近くで止まった車の中の人間が、鉄砲を持っているかどうか、見極めようとしているのに似ている気がします。
危険、と判断すれば、脱兎です。

もちろん、動物園じゃ、そんな危険は有り得ないのですが。
この時は、車椅子のお客様が余り近くまで来られることなく引き返してしまわれたので、この後普通の状態に戻りましたが・・・・。

ワピチさん達に、揃いも揃って注目されてしまったお客様・・・・、面白がってくださっていれば良いのですが、困惑などなさっていないでしょうか・・・・?

続きを読む "一体何事!?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

大好き♪

レッサーパンダの女の子光愛ちゃん。
Kouai04 天然木の平均台をトコトコトコ。

体躯は不器用そうに見えるけれど、木登り大好き、細いところでも全く平気です。

シッポの毛、まだ若干細いのが分かりますけれど、換毛につれて、ふさふさが回復してくるかな。
早くリング模様が復活すると良いね。
  

Kouai05 走るのも大好き。

木登りしていないときは、運動場を走り回っています。

写真撮る身としては、結構辛くて(笑)「お願いだからちょっとの間だけでも動かないで~!」と願ってしまうくらい、一生懸命走り回ってたりします。
若干ピントが合っていないけれど、比較的まともに撮れた写真。
あとは、ブレブレ(笑)

続きを読む "大好き♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

おまえらもか~!

いちゃついているカナダカワウソさんに手を振って、室内展示場の前を通り抜け、隣接するのは、アメリカビーバー舎。

Beaver04 おまえらもか・・・・!

2頭して、なにらや仲良さ気です。

ただ、個体識別が出来ないので、ほのぼの2頭が、松太郎&梅子夫妻かどうか、分かりかねるのですが。。。。

ビーバー舎には、ご夫妻のほか、昨年と今年生まれのチビさんがいらっしゃるはずなんですが、ですが・・・・3頭しか確認できませんでした。
どうしちゃったかな・・・・??
Beaver05 仲良し2頭のほかに1頭がプールで泳いでいました。

ビーバーって、ラッコやカワウソと同じ仲間かと思っていましたら、げっし目・・・ネズミの仲間で一科立ってるんですね。
ちと、勉強不足でした。

そういや、肉食(魚食・貝食)でもないしね。

どうりで、胴体が短い訳だわ(笑)

Beaver06 好物(?)のヤナギの枝に首を伸ばすビーバーさん。

このあと、葉っぱをくわえてたぐり寄せ、枝ごとポキリと折って、巣の中へ運び込んでいきました。

えと、ご飯兼巣材ですか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

ご夫婦♪

仲良しご夫婦のカナダカワウソさん。
どっちがリッキーさんでどっちがチャッピーさんなんだか分かりませんが(笑)
Kawauso08

もともと、遊び好きな生き物ではあるようです。
つまりは、好奇心旺盛・・・・と。

まだ3歳ほどの若いカップルのようですね。

繁殖の期待も大ですか?

 
Kawauso09 お互いに毛繕いの真っ最中♪

仲良しさんは、やっぱりほっこりしていて良いですね。

何やら、目の毒という気がしないでもないんですけど?(笑)

 

Kawauso10 なにやら、大人の雰囲気ではないですか(笑)

じゃれ合いは、この後、水中へと舞台を変えて続くのでした。

それにしても、カワウソ&ビーバー舎の室内は、写り込みが激しくて、ホントに写真が撮りづらい。
このコ達の、室内で寝ているときの格好と言ったら・・・・無防備というか、情けないと言うか(笑)

長い身体を投げ出して、仰向けに引っ繰り返ってますからね。
思わず、生きてるかどうか確認したくなります(笑)
写真、撮りたいのだけど・・・・出入り口の暗幕、勝手に動かしたら怒られるかしら・・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

モルモルモル・・・・♪

先月行ったときには、まだ建物の中のケージの更に奥の方でした。
Marmot01

大人のモルモットさんに囲まれて、さながら託児所状態。

ちっこいのが、押し合いへし合いしておりました。

先日、子ども動物園を覗いた時には・・・・・、
 

Marmot02 幼稚園デビューでしょうか?(笑)

まだ、成獣の半分くらいしか無いのが、一杯お外に出ていました。

ココはおサワり触れる事が出来る場所で、ちょんちょんと背中や腰の辺りををつついて見たりして・・・(笑)

大人のモルモットさんたちは、手を伸ばすや否や脱兎なんですが、チビさん達は、まだヒトの事を知らないのか・・・・どうなのか・・・?
あまり怖がる様子もなく・・・触ればピクリとしますけれど・・・・暖かくてフワフワの感触を楽しんできました。

それにしても、直ぐ側に人間が突っ立って写真撮っているのに・・・・誰もコチラを見てくれないね・・・・(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

チョコちゃん♪

Choco06 釧路市動物園のアムールトラの女の子、チョコちゃんです。

夕方近くまで、室内展示で・・・しかも、ご飯を食べ残していました。
何があった??チョコちゃん。

初めて産んだ3頭の子どもは、1頭がお星様になり、残る2頭も脚に重度の障害を持っていました。

まだ身体ができあがっていなかったトコロへ、一挙に3頭も身ごもってしまった故の悲劇なんでしょうか。
それとも、他に理由があったのか?
単に神様の悪戯だったのか?

今は人の手にゆだねられた2頭の子どもたちですが・・・・。
チョコちゃんにとっては、産んだ子が死んだに等しい訳です。

つまり、再び子どもを宿す準備が整ってしまったそうです。
・・・まだ一月経っていないのですが・・・・そういうもん?

Choco07 夕方3時過ぎに、ようやく外の展示場へ出られたチョコちゃん。

流石に、今からだと子どもが産まれても秋と言うことになります。
寒い時期に向かうと言う状況では、子どもが元気に育つ確率も下がるでしょうし・・・・。
なにより、障害抱えた虎の子の世話もあれば、今、チョコちゃんに身重になって貰っては大変なのですね。
繁殖は、少なくとも来年までお預けのようです。

発情したチョコちゃんが気になって、オスのリングくんは、気もそぞろ。
チョコちゃんが出てくるまで、運動場を動かないぞ!状態だったようで、本来ならお昼には入れ替えになるはずが、3時のパクパクタイムまで、寝室に入らなかったのですね。
食欲には流石に勝てなかったか・・・?と思いきや、入ることは入っても、ご飯には殆ど目もくれず、直ぐさまお外へ出たい!状態。
お外には、入れ替わりにチョコちゃんが出ていましたから・・・・窓から覗くわ、入り口から動かないわで・・・にゃんこの発情は大変そうです。

でもね、チョコちゃん。

お外に出るなり、人の顔見て・・・・後ろ向きになって腰を落とし、シッポを上げるのは勘弁してください。

私にはトラの男の子の代わりはできません・・・・・。(--;

続きを読む "チョコちゃん♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

海のライオン2

アシカの仲間はおしなべて「Sea Lion」と呼ばれるようですが、中でもオタリアは、もっともライオンらしいと・・・・ハナシには聞いておりました。

Otaria05「 だあれ?」

ちょっとお写真撮らせてね?

この冬に生まれた冬花(とうか)ちゃん。
まだ、仕切られた小さいプールで、お母さんと一緒です。

お母さんがなかなかの教育ママらしく(笑)泳ぎもかなり上達したのだとか・・・?

午後から覗きに行くと・・・・・
Otaria06 お母さんと仲良くお昼寝中でした♪

濡れていると黒々としてツルツルに見えるオタリアですが、実は、しっかり毛が生えてます。

乾いてくると、こんな風に茶色から灰褐色になってくるんですね。

そうそう・・・海のライオンの話でした。

同じ時の、おとーさん。
Otaria07

・・・・確かに・・・・!

ライオンだわ、こりわ・・・・!!

お昼寝中を、シャッター音で起こしてしまった典型です。
片眼を開けて、コチラを窺って・・・・またお休みになってしまわれました(笑)

奥に、お尻だけチラリと写っているのは、お父さんのもう1人の奥さんです。
なんで、こう、頭とお尻と互い違いでくっついて寝るのかな?
一種の警戒態勢?
それとも、単に凹凸の問題ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

雨は降っていなかった

朝方、ちょいっとのんびりしていたので、到着したときは11時を回っていたのだけれど。
取りあえず直行したのはコチラ。
Wapiti04

この間行ってから、3週間とちょい。
ここまで伸びるとは・・・・!

くどいようだが、オスのワピチは、道内ではココにしかいない。

ちなみに、彼・・・・旭男(アサオ)くん・・・旭山のサチさんのご子息だそうな。
気の強いところも似ているのだろうか(笑)

Wapiti05 それにしても、この巨大な角を頂いて、バランスを取るのは大変だろうなぁ。

それでも伸びるときは徐々に・・・だからともかく、落ちるときは、当然・・・・ドサリっ!だよね。
一挙に数キロの重さが頭上から無くなるのだし・・・・一辺に両角とも落ちる訳じゃないよね?
片角づつ数日の間を置くとすれば、その間、頭の片方にだけ、巨大な角が着いたままということになる。
よく、首が曲がらないモンだ(笑)
首の筋肉、凄いんだろうなぁ~~!

ちなみに、来月末くらい・・・遅くともお盆までには、奥に隔離の憂き目に遭うらしい(笑)
この巨大な角をもってして、繁殖期の気の荒さがプラスされるとなれば、やむを得ないとは思うけれど・・・・、なんとかもうちっと見やすくならないもんですかね??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

雨の日も♪

濡れ鼠になりながらも、お外大好き。
Lesser28

吊り橋を渡った先のウラジロハコヤナギの木・・・通称ギンドロ・・・から下を見下ろしているのは、多分お父さんのノノくん。

吊り橋を渡ったのは最後だったハズなのに、一旦覚えてしまうと、すっかりコチラがお気に入りになった模様です。

流石にこの日は寝てこそいませんでしたが、それでも雨を厭う様子もなく、遊んでいました。

Lesser29 何か見つけましたか?

熱心に下の方に覗き込んでいるノノくん。

晴れている日は、結構寝ちゃってる事が多いので、こういう時の方がお顔は撮りやすいかも(笑)

ちなみに、奥方の娘娘ちゃんと息子の凌凌(リンリンと読ませるそうだ。)くんも、こっち側で寝ていたり遊んでいることが多く、本来のレッサーパンダ舎が空っぽになっていることもしょっちゅうです。

本日のお仕事も、雨の中でした。
なんだってこんなに気温が低い・・・・。
風呂上がりに、ストーブに火を入れないと風邪を引きそうです。
明日、晴れていたらお出かけしようと目論んでいたのですが、まだお天気が回復しそうにないし。。。。。
やはり、寝て曜日になるのか・・・・?
溜まりに溜まっている録画と、購入したDVDでも片付けようか・・・・?
でも、朝雨が降っていなかったらきっとお出かけしてしまいそう(笑)

 

東北地方の地震で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
小さな被害で済んだ方も、きっと大層恐ろしい思いをされたこととお察し申し上げます。
被害に遭われた皆様の1日も早いご快復を・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

ようやく!!!

若いエゾシカくんたちの角が落ちていました。
5月の中旬を過ぎるコロになっても、まだ立派な角を付けたままで、いったいどうなっちゃうのかと思ったものですが・・・・。
Ezoshika26

鶴岡くんとむくみくん。

・・・・角が落ちてしまうと、どっちがどっちなんだか分かりません(笑)

むくみクンの方が、1年遅れて生えたせいで・・・角が細かったから、落角跡の小さい右側が多分むくみくん。
鹿の子模様もきれいになっている左がツルちゃん・・じゃないかな?

角が落ちてもオレ様っぷりを発揮していたツルちゃんですが、さすがにこの時期、お父さんにはかないません。

Haruo12 4月中に落角したお父さんの治夫さんは、すでにここまで伸びています。

今年も、そろそろ仔ジカの季節だよなぁ。

あんよの細いバンビたち・・・・次に行く頃には会えるかなぁ。
昨年は、3頭中2頭が夭折してしまったので、今年の仔ジカさんたちは、全部無事に大きくなれると良いね。

 

今日も山行きで、くたびれました。
明日も仕事で、ほぼ1日が潰れる予定。
幸い、日曜日に仕事が入らなかったので・・・・、また寝倒そうか(笑)
今日は、さっさと寝よう・・・・♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

遊ぼっ!

遊ぶの大好き。
発情中(笑)だって、お客さん「で」遊んじゃう。
エゾヒグマのとんこちゃん。

Tonchan33 窓から覗いて、遊べそうな客を物色中?

誰かいないかなぁ~?

自分なぞは、あまりとんちゃんに相手にしてもらえないので、きっと彼女なりの選択基準があるのだとは思うのですが。

アクリルガラスの大きな窓のほうだと、結構子どもさんや若い女性がいるときに驚かせていることが多いような気もするのですが・・・悲鳴があがるせいで、・・・・その場に居合わせなくてもとんちゃんが悪戯したのが分かるせいで、そう感じるだけかな・・・・?

Tonchan34 誰か遊ぼうよ~~!

とんちゃんの物色は続きます。

でも、くまぞうさんが、イソイソととんちゃんに寄り添うので(笑)あまりのんびりもしていられないのでした。

ま、この可愛いお尻を見たら、くまぞうさんでなくとも近くで眺めたくなる・・・・かもしれない(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

荒天!

本日、仕事で山へ入りました。
余程、大気の状態が不安定だったと見えて、・・・それでも仕事を終えて車に乗ってからだったのは大助かりでしたが・・・・稲光と豪雨・・・・!
暗雲立ちこめた空に、きれいに稲妻が走り、バケツをひっくり返したような雨。
道路も直ぐに水浸しになり、大型車とすれ違おうものなら、大量の水を浴びせかけられます。Kin08

「それで?」

雨粒が車の屋根を叩く音で、車内の会話も一苦労でした。 

 

 
 
Kin09 「だから?」

や、本当に音が凄かったんです。

バチバチバチ・・・・って!

フロントガラスにヒビが入るんじゃないかと思うくらい。
 

Kin10 「何が言いたいのかなぁ~?」

えと、えと、降ってたのは雨だけじゃなかったんですよ。

 

 

 
Kin11

ヒョウが降ってきたんです。。。。。

「・・・・・お休み。」

アムールヒョウのキンくん、あくびの連続写真でした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

残念!

決定的瞬間を写し逃しました(笑)
連続シャッター切ったんですけどね。
僅かにタイミングがずれたみたいです。

Tigers12 アムールトラののんちゃんが、スタスタと歩いていくルート上に、旦那様のいっちゃんが休んでいました。

普段はいっちゃんを避けて歩くことが多いのんちゃんですが、今日はどうだろうとカメラ構えてました。
のんちゃんが「構ってモード」のときは、仲睦まじくスリスリする二人の姿が見られますし、「不機嫌モード」の時の、唸り合いもまた、迫力があるんですよ。

写っていたのは、のんちゃんの左手・・・いや、左前肢が降りた後の写真だけ。
・・・・この写真の直前、のんちゃんの猫(虎)パンチが、いっちゃんに炸裂したのでございます(笑)

のんちゃんはスタスタとその場を去り、残されたいっちゃんの雄叫び(?)だけが虚しく響きます。
Icchyan13

「何するんだよ~~っ!ひどいじゃないか~~!」

相変わらず、ちょっとばっかり情けないいっちゃんでした。

続きを読む "残念!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

あっちでもこっちでも。

旭山動物園の小獣舎の向かい側に、タンチョウ舎があります。
タンチョウは正式名。本当のところ、タンチョウヅルとは言わないのですね。
Tancho02

長いおみ足を畳んでお休み中・・・・?

いえいえ!

彼女(?)のお腹の下には・・・・・!

 
  
Tancho03 白い卵、一つ。

春先に一つ産んで・・・人止め柵の回りにさらにロープが張ってあったのがいつの間にか消え・・・・。
今年も失敗だったか・・・と思っていたら・・・。

先日行ったときに再び人止め柵の回りにロープが♪

今度こそ、上手く孵ってくれると良いのだけれど・・・・。
それにしても・・・・どっかからアシの茎もらって来ようよ。
道東の方に、公園の網被ってない箇所(アシを刈っても怒られない場所)、きっとどっかにあるからさぁ!
これじゃちょっと貧弱すぎて。。。。
本来なら、タンチョウがアシの茎を使って作る巣は大変大きなものです。
産床が不十分だと、孵るモノも孵らないんじゃ・・・・?

ところで、ととりの村でもこんな光景が・・・・!
Swan11

コブハクチョウさんです。

そのお腹の下にはもしかして・・・・?

こちらも、元気に孵りますように・・・・♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

生きろ!

アザラシリリースクルーズに参加して参りました。
春まだ浅きに保護されたゴマフアザラシを、オホーツクの海へ還すため、ガリンコ号(冬は流氷観光用砕氷船、夏は釣り船)が沖へ出ました。

Release01 先ずはとっかりセンターからトラックに積み込まれた5頭の子ども達。

まだ、随分と小さいです。

でも、ちゃんと治療を受け、生きた魚を捕らえる訓練も済ませています。

これ以上長く置くと、逆に人に慣れすぎて、海へ還れなくなります。

Release02 ガリンコ号の船尾に積まれた檻。

元気なコがいて、檻の格子をガタガタやって外してしまってました。

リリースポイントに着く前に脱走されるかと、担当者さん、気が気ではなかったようです(笑)

船の下では、スクリューが回っています。
ここで海に落ちては大怪我しますからね・・・・。
Release03

ポイントに着きました。
船は、スクリューを止めて、完全に停止します。
船尾を沖へ向けて、檻が海面へと降ろされます。

後肢にタグを付けて、ここから海へと還ります。

 

Release04 広大な大洋に、ゴマ粒にも満たないような幼いアザラシたちが放たれました。

この先、自分でエサを取って生きていかなければなりません。
天敵からも、誰も守ってくれません。

それでも、一度は人に救われた命。
生きろ!と、君たちの神様は言っている。

元気で・・・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

ただいま発情中♪

・・・と言う表示と共に、同居となっておりました、エゾヒグマのとんこちゃんとくまぞうさん。

って、とんちゃんっ!いったい何をやってるのぉ~?!
Tonchan31

修学旅行の生徒さんの姿がたくさん見えるなか、檻の全面に貼り付いているとんこちゃん。

実は地面に置かれた木の枝が、檻に向かって斜め上に伸びている、そこにおっちゃんこ(死語!)しているんです(笑)

気が向くと・・・あるいは好奇心のまま?・・・檻の格子をよじ登る事も多いとんこちゃんですが、しっかり座ったままって・・・これはもしかして手抜きなのでは(笑)

Tonchan30「なぁに?」

なんでそんなところに座ってるの?

「だって、くまぞうくんがしつこいのよ~」

同居中のオスグマ、くまぞうさんは、決して暴力的には見えませんでしたが、かなり熱心にとんこちゃんに迫っていました。
Tonchan32_2 ちょいちょい後ろを確認するのは、くまぞうさんの動きを気にするせいみたいです。

ちなみに、くまぞうさんは体重の関係だと思われますが、檻の格子を上ることも無ければ、とんこちゃんのように木の枝に腰をかけたりもしません。

つまり、とんこちゃんにとって、ココはくまぞうさんから逃げる場所・・・・?

でも、とんちゃん、あなた、くまぞうさんから逃げ回ってはいたけれど、本気で怒ってはいなかったわよね(笑)
うなり声一つ、聞いてないわよ(笑)

んで、そのころのくまぞうさん。
Kumazou07 とんこちゃんを見上げて、溜息・・・?

 
いいなぁ、あれ・・・・♪

(fuchakaさま、ごめんなさい!!!)

続きを読む "ただいま発情中♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

表情

日曜出勤の代休を貰ったので、スタコラと旭山(笑)
お天気に恵まれなかったのは・・・・日頃の行いのせいでしょうか?

Raira10 ライオンのライラさん。

お座りになっていた位置が悪くて、ちと余分なモノが写ってしまっていますが、なんだかとっても穏やかなお顔です。

彼がじぃ~っと見つめる先には・・・・、

 

Leira10 愛する奥方の寝姿が。

本当だったら、幼い娘を導くために、こんな風には寝ていられないハズでしたが。

マキちゃんが亡くなって、以前と同じ、二人きりの展示となっています。

 

Akira79 こちらは、息子のアキラくん。

たてがみこそまだ短いですが、ちゃんとオスのライオンの顔つきになってきましたね。

独り立ちという試練のせいですか?

お父さんのライラさんとよく似ています。

アキラくんの方が若いせいか、顔立ちが丸くて、目と目の間が離れていますが。

旭山がすっかり遠くなりました。
さて、明日こそは寝倒そう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

寝顔♪

そろそろネタがなくなりつつあり・・・・(笑)

Ruru14 旭山動物園のホッキョクグマ、ルルさんの寝顔を。

寒いウチは元気ですが、そろそろ気温も上がりだして・・・・、もしかしてクタッとしてるんじゃないかなぁ?

先月の中旬・・・、気持ちよさそうにお休み中。

ま、基本野生動物ですから、ちょっとした物音とか、イワン君が動き回る気配とかで、直ぐに目を開け、顔を上げ・・・しちゃうのですけどね。

Ruru15_2 なんだか幸せそうな寝顔ですが・・・・良い夢でも見てますか?

のどかな春の風景でした。

イワン君も大人になり、そろそろ・・・期待したいトコロなんですけど、この春の状況はどうだったんでしょ?

ここ数年、冬毛への生え替わりが上手く行かなくて、地肌が透けて見えちゃってるようなルルさんですが、・・・・子どもを産むためには秋口の母体が健康でなければならないはずで・・・・その辺り一抹の不安が。。。。

 

釧路市動物園のチョコちゃん・・・・残念なことに、生まれた子供は障害を持っていたようです。
やっぱり、若すぎたのかなぁ。
初産というより、野生の生き物の場合、虚弱だったり障害を持っていたり・・・・育たないと思われる・・・・子どもを放棄するのは珍しいことでは無さそうで・・・チョコちゃんがきちんとお母さん出来る可能性が無くなった訳じゃないのでしょうけど。

やっぱり・・・・出来ることなら、健康に生まれてきて欲しかったね。
どこまで頑張れるのか・・・・赤ちゃんも、動物園も・・・・この先、大変だろうね・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

キリンの首はこうして伸びる

・・・・訳はありませんが(笑)

Marimo64 運動場の傍らに生えている・・・これはハルニレかな?・・・・に一生懸命、首と舌を伸ばすマリモちゃん。

ハルニレの葉って、割と繊維質が固い感じで、美味しそうってな印象は無いのですが、まぁ、出たばかりの若葉だから、もしかしたら柔らかくて美味しいのかも。

 

Marimo65 ちゃんと届きました。

日々成長しているマリモちゃんです。

や、首と舌ばっかり伸びていたりしてね(笑)

でも、舌の届く範囲は、あらかた食べ尽くしてしまってます。

一生懸命、葉っぱを食べようとするマリモちゃんの姿に、回りの反応は「可哀相だね。」・・・・。

動物園の動物は「満腹」になるまでエサを与えられるとは思えないんですよ。
野生状態とは、まず運動量が全然違うでしょうから。
人間だって、毎度毎度満腹になるまで食べて、運動していなかったから、待っているのはメタボリック(笑)
だから、栄養素や量をきちんと量って、毎日の食事は考えられています。
食欲や食べ方で、キーパーさんは、動物の健康状態を推し量るのです。
放飼場の草や側の木の葉は、おやつ代わりで、キーパーさんもちゃんと分かっている範囲内でもぐもぐしています。

Marimo66 それにしても、一生懸命な姿が、これだけ美人ってのは、反則ですな(笑)

もうすぐ、お婿さんも来園します。

楽しみ、楽しみ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

お転婆ちゃん♪

もともと、ヤギという生き物は険しい岩山に生きる事が多く、草だけではなく、木に登って木の葉を食べることもあるのだそうで。
つまり、運動神経は大層良いわけだ。。。。
Yagikko2_2

釧路市動物園の子ども動物園にいるヤギっ子たち。

運動場に設置された大きな切り株もどきに、いとも簡単に上ったと思ったら・・・・。

降りるときにはこんな風に飛び降りるんですね。

Yagikko3

しゅたっ!!!!

着地もキマッてます♪

なんともお転婆な、なおちゃんでした。

この時、一番ちいちゃくて角もまだ見えなかったしずくちゃん。
Yagikko4

なおちゃんと並ぶとまだまだ小さいですが、可愛い角が生えてきてました。

 

 

ようやく、仕事の目処がついて、先が見えてきました。
この週末には、この間の休日出勤の代休ももらえそうで、久しぶりにゆっくりとできそうです。

でも、休めるとなると、・・・・どこへ出掛けようか迷ってしまうってあたり・・・・つくづく懲りてはいないらしいです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

疲れてるときは癒し系・・・。

流石に・・・・、寝て曜日が無いと、肉体的に辛い。
次の土日はなんとか、仕事が入らずに済みそうなので、少なくとも1日は、寝倒すつもりでいるのですが。。。

月曜日からそんなことを考えています(笑)

Yagi01

2頭のヤギさん・・・・すりすりすりすり。

釧路市動物園の子ども動物園の光景。

色が違うんですが、種類違う・・・?

でも、なんか、仲良しさんです。
 

Yagi02 茶色いヤギさんのほうは、同じ運動場にいるヒツジさんにはとても攻撃的なんですけど。

コチラの白ヤギさんには、なんだかとても甘えっ子。

もしかして、血のつながりがある同士のスキンシップ?
それとも、単なる仲良しさんなのかな?

もう一つ、コチラの仲良しさん。
てか、コチラは親子♪
Rabbit02

子ウサギちゃんとお母さん。

親子にせよ、仲良しさんにせよ。
スキンシップのシーンは、見ていてほっこりするので、ついつい写真撮ってしまいます。

まだまだ命が誕生する季節ですから、きっと、色々な動物園でたくさんの親子が見られるんだろうな。
楽しみに・・・・・とか思いつつ、これだけ休みが無い状態では、子どもが子どもである時期はあっと言う間に過ぎそうだなぁ。。。。

ふぅぅぅう・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »