« まん丸! | トップページ | お熱いくせに・・・? »

2008年7月24日 (木)

100年前の森

かつて、北海道にはオオカミが棲んでいました。
けれど、和人が入ってくると、オオカミのエサであるエゾシカが毛皮や肉を目当てに獲られて、数を減らしていきました。
追い打ちを掛けるように、大雪のためにエゾシカの数が激減し、家畜を襲わざるを得なくなったオオカミたちは「害獣」とされ、「駆除」され・・・・僅か30年ほどで絶滅に至ったと言います。

Wolves01そんな100年前の様子を彷彿させる光景。

小高い山の上の2頭は、カナダから来たシンリンオオカミのケンとメリーです。
兄妹(姉弟?)だそうで・・・すみません、どっちがどっちなのやら(笑)・・・見分けが付きません。

まだ若い彼らの姉貴分として、秋田の大森山動物園から来たのがクリス・・・・大森山ではハチと呼ばれていたそうで。Wolf01

これだけ毛並みが違っても、同じシンリンオオカミなのだそうです。

ちょっと足が不自由ですが、水路を元気に駈けていました。

 
 

Wolves02 まだ、「群」として確立していないようで・・・・時折3頭でもつれ合うようにじゃれています。

若干、クリスの方が年上な分、上位にいるようだと聞きました。

3頭は、これから「群」へと形を為していきます。
仲間思いで、家族思いのオオカミたち。
だからこそ、罠に掛かった仲間を見捨てられず、群の全てが銃弾に倒れると言う悲劇が起こってしまったのですね。

そんな、厳しくも暖かい光景を・・・・この先楽しみにしていましょう♪
ケンとクリスが上手くアルファ同士で結びついてくれれば、国内のオオカミの新しい血統が生まれます。
動物園という限られた空間の中で・・・・シンリンオオカミ達の繁栄を祈って。
僅かでも・・・過去に起こした過ちの・・・罪滅ぼしになるでしょうか?

|

« まん丸! | トップページ | お熱いくせに・・・? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 100年前の森:

« まん丸! | トップページ | お熱いくせに・・・? »