« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

仲良しこよし♪

本来なら、群で生きるものが単独展示されていると、とても淋しそうに見えてしまいます。

札幌の円山動物園でも、しばらく単独展示されていたシンリンオオカミにお婿さんが来たようです。
ペアリングも上手く行きそうな雰囲気で次に円山へ行くのが楽しみです・・・・いつになるかな・・・?(笑)

こちら、旭山でも、上手く行っているペアリング・・・ってか、たんなる同居?
まだお色気とは無縁の、無垢な2頭です♪

Giraffes08_2 今のところどう見ても、お姉ちゃんを慕う弟です(笑)

マリモちゃんの後を追っかけ、お姉ちゃんのやることなすこと好奇心一杯に見つめているゲンキくん。

お姉ちゃんの方は、ちょっと困ったふうでありますが・・・・(笑)

 

Giraffes09_2 でも、ちゃんとゲンキくんの目の高さまで首を降ろしてくれるマリモちゃんなのです。

優しいお姉ちゃんですね♪

 

さて、明日の肉体労働が終わるとお休みです。
どうしようかなぁ?
どっちかおでかけしたいところだけれど・・・・。

旭山のサイトに出ていた一枚の・・・・オオカミの森の写真・・・・群になってきていますか?
一見、上下関係が出来ている二頭の様子に見えます。
問題は、クリスが服従の態度を取っている・・・ように見える・・・相手だよな。
ケンくんなら構わないけど、メリーちゃんだと大問題。
さて、真相は・・・・?
・・・・ところで、娘娘ちゃんは、どうなったのだろうか・・・・?
やっぱり、旭山が気になる~~~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

元気一杯!

今年は無事に育ってるぞっ・・・と、アライグマのチビさんたち。
4頭もいますからね>兄弟姉妹
とにかく元気一杯。
走り回り、よじ登り、はね回りしています。
Araiguma_baby10

もっぱら、取っ組み合いに終始している、チビさん達のお遊び。

ホールド!ホールド!!

 

 
Araiguma_baby11なんのっ!

まだまだ!!

・・・・てな感じです(笑)

もう、かなり大きくなっていますが、毛並みがフワフワなのと、顔立ちがあどけないので、まだ子ども達だと分かります。

ちなみに、この子らのお母さんは、奥の壁のところで、後肢で立ち上がってジャンプを繰り返すクセがありまして・・・、何を意味する行動なのか、よく分からないのですが・・・・チビさん達がそろそろ真似をし始めていませんか・・・・?

5頭揃って、壁際で跳ねられたら・・・・・笑うしかないんですけど?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

くったり・・・・

ずっと気温が低かったので、たまに高くなると身体が辛い。
額からしたたり落ちる汗。
べたべたになる口の中。
加えて、本日、肉体労働。
腰が痛い・・・・。

Lesser30 ・・・・てなわけで、代理(笑)

それでも、本州に比べれば25~6度なんて、たいしたことないんだろうなぁ。。。

今年は、春先に全然雨が降らずにいきなり30度越えがあったかと思えば、今度はまるきりお天道様が拝めない低温が続き・・・・農家はさぞかし大変だろうと思う次第。

昼間は暑くても、日が落ちれば一挙に気温が下がることが多い北海道。
夜はあまり寝苦しくなる事もない・・・ハズなのだけれど、こんなおかしなお天気だと、どうなることやら。

いろいろやることはたくさんあるのに・・・段取り付けるのがどうも苦手。
でも、苦労の後には楽しみが待っているのだから・・・ガンバロ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

分裂(笑)

7月の頭くらい、・・・・結構遭遇率が高かったんですね。
エゾモモンガさん。
夜行性ですから、滅多に姿を拝めないのですが・・・・この頃はエゾリス・・・こっちは昼行性のハズ・・・・よりもお目にかかれる率が高かったんです。
Ezomomo06

でも・・・・、

なんか、ヘン・・・・??

 

 
 

Ezomomo07そうこうしているうちに・・・・・分裂しました(笑)

2頭が重なっていたのですね。

右のコ、ちょっと辛そうです。

あんよが開いてしまって・・・・(笑)

 

夜の動物園では、ちゃんと会えるかなぁ。
でも、あそこ、照明あったっけか・・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

なぜでしょう?

本日は、お仕事でした。
普段よりは早めに上がって、夕方4時頃、旭山のライブカメラを覗いていたら、アミメキリンのゲンキくんが、ひたすらマリモちゃんの後を追っかけていました。
マリモちゃんがあっちこっち行くたび、その後を追いかけるゲンキくんの姿が・・・・(笑)
仕舞いには、マリモちゃん、走り出してしまいましたが・・・・カメラに写ったのは、その後を走っていくゲンキくんの姿でした。

Giraffes06 ところで・・・・、

マリモちゃんは首を下げるとき、前肢を広げます。
地面の草を食べるときや、水を飲むときなど。

巷で聞く、キリンの首の下げ方は、このとおりなんですが。

 

Giraffes07ゲンキくんは、まだ首も短いんですね(笑)

前肢が曲がります。

「何してるの・・・?」

マリモちゃんが、不思議そうに覗き込んでます。

や・・・単にゲンキくんが食べてるものが気になるだけだと思う・・・・結構食い意地の張っているマリモちゃんなんです・・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

お熱いくせに・・・?

もうじゅう館の一角、ユキヒョウ舎は、熟年夫婦(笑)が、この日もラブラブ。
Snowleopard16

お休み中の奥方プリンちゃんのところに、旦那様のゴルビーくんがご機嫌伺い・・・?

風通しの良いこの場所は、ときおり夫婦で取り合いになることがあるらしいです(笑)
もちろん、二人で仲良く一緒にいることもあるのですけれど・・・。
 
Snowleopard17

スリスリしながら・・・なんでそんなコワいお顔をしていますか?>奥様

もしかして、コレも場所の取り合いの駆け引きなんでしょうか?

 

Snowleopard18 しばらく、スリスリしあった後、ゴルビーくんは虚しく、この場所を後にしました。

どうやら、相席を拒否られたものと思われます(笑)

これから暑くなりますからね。
寒い地方で生きるユキヒョウ・・・しかも、繁殖期以外は単独で生きる生き物ですし・・・・。
とりあえず、今はくっつきたくないのかも・・・・?

 

 

来月、お客様をお迎えすることになりました♪
自分がこれだけ動物園・水族館好きになった、言わば元凶師匠でいらっしゃいます。
迎撃計画を立てていましたら、昨日のブログは、見事に更新出来ませんでした(笑)
うっふっふ。
現在、一生懸命弾を込めております。
折角おいでになるのですから、少しでも見ていただきたくて、色々詰め込みました。
一人で行く動物園も楽しいですが、同じ感覚で一緒に楽しめる仲間がいると、一層楽しめる場所ですよね。
自分で自分の首締めておりますが(笑)めいっぱい一緒に楽しむつもりでおりますので、よろしくお願いしますね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

100年前の森

かつて、北海道にはオオカミが棲んでいました。
けれど、和人が入ってくると、オオカミのエサであるエゾシカが毛皮や肉を目当てに獲られて、数を減らしていきました。
追い打ちを掛けるように、大雪のためにエゾシカの数が激減し、家畜を襲わざるを得なくなったオオカミたちは「害獣」とされ、「駆除」され・・・・僅か30年ほどで絶滅に至ったと言います。

Wolves01そんな100年前の様子を彷彿させる光景。

小高い山の上の2頭は、カナダから来たシンリンオオカミのケンとメリーです。
兄妹(姉弟?)だそうで・・・すみません、どっちがどっちなのやら(笑)・・・見分けが付きません。

まだ若い彼らの姉貴分として、秋田の大森山動物園から来たのがクリス・・・・大森山ではハチと呼ばれていたそうで。Wolf01

これだけ毛並みが違っても、同じシンリンオオカミなのだそうです。

ちょっと足が不自由ですが、水路を元気に駈けていました。

 
 

Wolves02 まだ、「群」として確立していないようで・・・・時折3頭でもつれ合うようにじゃれています。

若干、クリスの方が年上な分、上位にいるようだと聞きました。

3頭は、これから「群」へと形を為していきます。
仲間思いで、家族思いのオオカミたち。
だからこそ、罠に掛かった仲間を見捨てられず、群の全てが銃弾に倒れると言う悲劇が起こってしまったのですね。

そんな、厳しくも暖かい光景を・・・・この先楽しみにしていましょう♪
ケンとクリスが上手くアルファ同士で結びついてくれれば、国内のオオカミの新しい血統が生まれます。
動物園という限られた空間の中で・・・・シンリンオオカミ達の繁栄を祈って。
僅かでも・・・過去に起こした過ちの・・・罪滅ぼしになるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

まん丸!

釧路市動物園のフクロウの森では、ワシミミズクさんのチビさんが順調に育っている模様でした。
何と言っても、親鳥の愛情一杯もらってますからね♪

Washimimizuku17

ご覧下さい。
親鳥のこの鋭い眼差し。

少し大きくなったチビさんは、生まれた場所・・・・観覧通路の直ぐ側・・・・を離れ、自分なりに身を隠すように草木の間に身をぺったんこにして潜んでいます。

少し離れた所から見守る親は、人が近づくと激しく警戒音を鳴らします。

・・・てか、あなたの警戒音の出し方で、チビさんがどこら辺にいるか分かってしまうんですが(笑)
せっかく、どこにいるか分からないように隠れているチビさんなのに(笑)

Washimimizuku18ここは通路の直ぐ脇。
かまぼこ形のケージの中のトンネル状になった通路ですが・・・通り抜けるのが至難の業なんです(笑)

まん丸に羽根を膨らませる親鳥。

親鳥に向かって左奥、ヨモギの茎の間に、チビさんが身を隠しています。

この状態で警戒音を出し・・・時には格子越しに飛びかかってくることもあるようです。

ヒナを守ろうとする親鳥の愛情たるや、人でも中々真似が出来ません。

ところで、フクロウの仲間って、オスは子育てに参加するんでしたっけ?
シマフクロウのケージでは、育雛中も雌雄を一緒に入れているから・・・オスもエサ運びをするのだと思うのですが・・・・。
そうなると、この親鳥、お父さんなのかお母さんなのか・・・・??

んなわけで、釧路市動物園では、フクロウの森でワシミミズクのチビさんを探すのが楽しみになりつつあります。
ワシミミズクのおとーさん、おかーさん、心配させてごめんなさい・・・・・。
チビさんを見つけても、側に長居はしないように心がけますので、ご容赦を(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

まだ春なんです。

各地で、最高気温が30度を超え、暑い暑いとうだっているこの時・・・・、最高気温が20度そこそこ・・・・ってのは、どうなんだろうなぁ・・・・?
7月も終わりというのに、家の中でまだ長袖着用中・・・中々暖かくならない我が地方。

こちらも、夏は涼しい部類に入ります・・・・釧路市。
そのせいかどうか・・・・(笑)
Peacock07子ども動物園のインドクジャクさんが、まだ春のご様子でした・・・・。

長い尾羽・・・じゃなく、正しくは上尾筒と言うそうです・・・を広げ、目玉模様も鮮やかに自己アピール。

帯広動物園のインドクジャクさんも美しいですが、こちらも中々お見事。
ちなみに、旭山動物園のクジャクさんは、どういう訳かこの上尾筒が短くすり切れた感じで・・・・オスが複数いるせいなのかな?・・・地面を引きずらんばかりの飾り羽根を持っている個体はいない・・・よね?

Peacock08 金属的な光沢を放つ模様は、良く見ると不気味でもあり怖くもあり、美しくもあり・・・・・。
この見事な羽根を保つことこそ、クジャク男児の誇りでもあります。
それだけ強く、健康である証拠なんです。

だから、クジャクのご婦人達は、この広がった飾り羽根をみて、殿方の品定めをするわけですな。

けれど・・・・・
Peacock09 彼が、一生懸命プロポーズしているのは・・・・・。

これはどう見ても烏骨鶏さん(笑)

もしかするともしかして、雄鳥さんなのと違います??

道を誤ってはいけないよ・・・・と言いたいところですが、残念ながら、ここにクジャクのご婦人がいないのです。

せっかくの美しい羽根も・・・・見せる相手がいないんじゃ可哀相・・・・。
ご婦人のお輿入れの予定は無いんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

まだ、怖いの・・・・

ボク、釧路市動物園にいるホッキョクグマ、ツヨシです。
Tsuyoshi10

ブイで遊ぶのが大好きです。

でも、同居しているクルミお姉ちゃんと時折取り合いになります。

最近、よく黒くておっきなカメラ持って覗きに来るオバサンが、クルミお姉ちゃんは家付き娘だから強いんだって言ってました。
 
Polabears15

それでも、クルミお姉ちゃんのご機嫌が悪くない時は、これくらい近くには寄れるようになったんだよ。

この日は、一緒にお昼寝もしたんだ。

オバサンが、見逃したっ!!って悔しがってた。
 

Polabears16 でも、まだやっぱりクルミお姉ちゃんが怖いんだ。

ブイを取りに行きたいんだけど、側でお姉ちゃんがシャワーを浴びてたから、なかなかそっちへ行けなくて・・・・。

ボク、しばらくの間、うろうろしちゃった。

相変わらずのツヨシくんとクルミちゃん。
一緒におしゃべりした年配のご婦人から、この日の朝方はくっついて寝てたと伺って、(だんだん仲良くなっていくらしいのが)嬉しいやら、(肝心のシーンを見逃したのが)悔しいやら(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

お披露目

本来ならコチラがメインだった訳で(笑)
Humboldt18

寝室からワラワラとご登場のフンボルトペンギンさんたち。

決して初めてではなく、もう何日も前から馴れさせるためにココで過ごしていますが・・・・・、この日、セレモニーの為に、いつもと様子が違ったからでしょうか。

登場!の声が掛かっても、寝室から出てこず(笑)
飼育員さんが小屋の中から、半ば追い出す格好だったので、全員駆け足です。
Humboldt19

んでももって、バシャバシャと水の中へ飛び込むのは、恐らくは危険回避のための本能であろうかと・・・・。

あれ?
でもペンギンって、陸上での天敵がいない地域で進化したからこそ、陸上での動きが悪いんじゃなかったか?
むしろ水中の方が、アザラシやシャチなどの捕食者がいるんだよ・・・ね?
まぁ、みな水族館生まれなんでしょうから、水中での天敵の存在を知るわけも無し・・・自在に動ける水中の方が安心するのかも・・・・。
Humboldt20

後刻、覗いてみましたら・・・・何故か寝室とは真逆の場所に固まっていました。

慣れない場所に来て、それほど経っていませんものね。
みな、固まってしまいます。
セレモニーの最中にも、イカナゴ(?)を与えていましたが、まだ我先に飼育員に寄っていって食べるという雰囲気ではなく、飼育員の手から引ったくって行く・・・ような状況で・・・(笑)
みな、早く釧路の地に馴れると良いね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

会えたよ♪

ずっと会えないものだと思っていました。
だから、お知らせを見た途端、予定も何もあったもんじゃなく、本日早朝から釧路へ吹っ飛びました。
Taiga_cocoa01

釧路市動物園で生まれたアムールトラの、大河(タイガ)ちゃんとココアちゃんです。

本日、おたるから来たフンボルトペンギンのお披露目式の後、30分ほどの臨時公開がありました。

未使用のケージの中に、虫除けのテントをはり、さらに虫除けの扇風機を回して・・・・母親の初乳を飲んでいないので、感染症に対する抵抗力に不安があるのです・・・・満を持して、降臨公開です。

Taiga01

男の子大河ちゃん。
後肢の障害はこのコの方が重いようです。
それでも3本の足を使って、懸命に歩いていました。

やはり男の子なんでしょうか、僅かに女の子より体格が良いようです。

 

Cocoa01

女の子のココアちゃん。
ミルクを飲ませても、あまり飲まない様子で、お顔にはねてます。

大河ちゃんもココアちゃんも、回りの人混みにびっくりしたようで・・・・写真撮ったときは少し落ち着いた様子でしたが・・・・最初の頃撮った写真は、怯えてしまってまるで泣き出しそうなお顔の2頭が写っています。
こんなに大勢の人間に囲まれたのはもちろん初めてでしょうし・・・フラッシュ光らせると言う思いやりの無い人も中にはちらほら。
2頭にしてみれば、結構な災難だったかも・・・・。
見たい一心ってのは、自分も同じ・・・・ちょっと、罪悪感覚えて帰ってきました。

この先、手術も含めてなんとか障害を軽くできないか・・・各方面と検討していくのだとか。
秋口には体重も10キロを超えるでしょうし、何より成獣になれば、人間が直接世話をするのは不可能に近いと思われ・・・・。
なんとか、少しでも回復して欲しいものです。

僅かですが・・・基金の方にも協力させていただきました。
医療面の他にも、新たな飼育用施設の建設など、・・・・市の方でも予算措置すると言ってくれましたが、・・・・昨今地方自治体の財政難はかなりのものがあるんじゃないかと・・・・あまり期待出来ないような気もするし・・・・。

頑張れ、釧路市動物園!!
頑張れ!大河、ココア!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

浮き球遊び♪

オレンジ色のブイは、ホッキョクグマさん達のお気に入り。
Tsuyoshi08

釧路市動物園のホッキョクグマ、ツヨシくんも例外ではありません。

弟のピリカくんも、伯母(叔母?)さんになる旭山のルルさんもブイで遊ぶのが大好きです。

両手で持って、壁に勢いよく押しつける格好になったものだから、ブイは思い切り押し出されて・・・・・。

Tsuyoshi09 ポーーーンと上へ。

ブイが半分切れちゃった・・・カメラ、縦で構えておけば良かったよ・・・・。

楽しそうに遊んでますが、実はこの直前、プール脇を歩いていて、クルミお姉ちゃんとコースが鉢合わせそうになったもんだから、思わずプールに逃げ込んじゃったんですね。

あいかわらず、クルミちゃんが怖いらしいツヨシくんなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

第一級警戒態勢!

先日、釧路市動物園で誕生したワシミミズクのヒナ・・・・。
もう、こんなに大きくなりました。
Washimimizuku15

カメラ目線・・・くれませんでした・・・・(笑)

粘ったり、音を立てたり大きく動いたりすれば、こちらを向いてくれたのでしょうけれど・・・・。
それをしなかったのは・・・・。

 

Washimimizuku16 お母さんが、物凄く警戒していたからで・・・・。

エサを食べていたんでしょうか、チビのもとから離れてはおりましたが、チビに近づく人間に対して、威嚇してきます。

姿勢を低くして、身体は・・・羽毛を膨らませて・・・まん丸になるわ。
くわえて、けたたましく警戒音を鳴らします。
パチっ!パチパチっ!!
まるで、放電実験の時に火花が出るような音。

そそくさと、写真だけ撮らせて貰って、その場から退避。
・・・いや、だから、人間を警戒するんだから、こんな通路の直ぐ側で子育てしないでよ・・・・(笑)

ちなみに、漏れ聞いた話では・・・・ワシミミズクは、繁殖力の割にはもらい手が少ない生き物故に、今年も卵を抱き始めた時に、擬卵と取り替えているのだそうです。
つまり、孵化させるつもりは、動物園側には無かったのですね。
2つ産んだので2つとも取り替えて安心してたのですが、いつの間にかもう一卵産んで・・・気がついたときには孵化していたそうです(笑)

ワシミミズクさんの方が、一枚上手だったようですね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

冬花ちゃん♪

生後半年くらいで離乳すると聞きました。
釧路市動物園のオタリア、冬花ちゃん。
そろそろお魚を食べるようになっているでしょうか。

Otaria08 アシカやトドの幼い個体は、かならずコレをやるようです。

「お母さん登り~~~♪」

えっちらおっちら(笑)

 

 
Otaria09「がぁぁぁっっ!」

「・・・・くすん。
怒られちゃったの・・・・。」

 

  

Otaria10「ママだって、小さい頃やったんでしょ~!?」

「生意気言ってると、食べちゃうよ!!」

流石に、お口の大きさでは適いっこない冬花ちゃんです(笑)

ホントに娘を食べちゃいそうなお母さんのお口です。
 

Otaria11なんだかんだと、結局仲良し親子なんですけど(笑)

1人でお魚を食べられるまでは、お母さんの教育期間が続くのか・・・な?

なんとも愛らしい冬花ちゃんをアップで♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

ゲンキくんのもぐもぐタイム♪

マリモちゃんのところにお婿に来てくれたゲンキくんは、まだ一歳にもなっていません。
故に・・・小さいです。

Giraffes03 キリン舎には、キリンの特徴である長い首を伸ばす様子や、長い舌を間近で見て貰おうと、色々工夫されたエサ箱があります。

空中からぶら下がっている木箱もその一つ。
マリモちゃんが伸び上がって、さらに舌を伸ばして草を食べる様子が直ぐ目の前で見られる工夫の一つです。
けれど・・・・このエサ箱は、マリモちゃんのサイズに吊ってあるんですね。

Giraffes04

故に・・・小さいゲンキくんには届かないのです。

・・・・・・・ボクも食べたいよ~~!

 

 

Genki01 ねぇ、お兄さん、ボクのおやつは~~??

ペレットやヘイキューブを入れる箱には届くのですが、やっぱり、青々とした草が食べたいもよう。

はいはい、ゲンキの分もちゃんとあるからね。

 

Giraffes05 放飼場の奥にある餌入れなら、ゲンキくんも届きます。

ゲンキくんの分の青草は、コチラに入れてくれます。

・・・でも、マリモちゃんも食べに来ます(笑)
吊ってある箱の方は、この時既に空っぽ。もっとも、桟の隙間から引っ張り出すときに、半分くらい一緒に引きずり落としちゃうんですけれどね・・・フェンスの外側に・・・。

ちなみに、ココで上げるのはおやつ程度。
ご飯は、寝室に収容してから上げるのですが・・・・、同じ量を与えて、マリモちゃんは少し食べ残し、ゲンキくんは完食しちゃうのだとか。
これだけ体格差があっても・・・・成長期なのね。
食べ盛りのゲンキくん。きっと直ぐに大きくなっちゃうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

母と子

ほっこり、ほっこり。
にっこり、ほのぼの。
動物の親子は、見ていてなんとも和みます。
Ezoshika28

旭山のエゾシカ舎。

これは・・・多分・・・清野さんとお嬢ちゃんかな?

ときどき治夫さんのお腹の下に潜り込んじゃうこともあるチビさんですが、コレは間違っていません(笑)
ただ、エゾシカの授乳期間と言うのはかなり短いようで、チビちゃんの乳房の突き上げ方から想像して、あまり豊かには出ていないのかもしれません。
お母さんも、チビちゃんが潜り込んでくると、するりと逃げます。

離乳を促しているのか、もしかしたら、自分がイタイだけかもしれませんけれど(笑)

Ezoshika29 でも、お母さんは優しいのです♪

チビちゃんをなめている・・・えと、清野さん・・・・?

お顔や首筋・・・そしてお尻まで。
せっせとなめていました。

 

Ezoshika30 近すぎて、金網が消せませんでした。

広角用の小形デジカメで、隙間からレンズを突っ込んで撮れば良かったね。

オオカミの森のとなりに作っている最中の「エゾシカの森」(仮称?)は、かなりの広さになるようで、そうなれば、エゾシカももっと増やして展示する予定もあるようです。

増やしたいのは山々なれど、血縁関係も考慮せねばならないので、実際は簡単には行かないだろうなぁ。
清野さんは、今年も出張する・・・のかしらね?

代休で一日お休みを頂きましたので・・・・釧路まで吹っ飛びました。
でも、寝過ごしたので、動物園に着いたのは11時半過ぎ。
ゆっくり、ゆっくり、話しかけながら回っていたら・・・・案の定、時間が足りませんでした。

レサパンとこども牧場は駆け足で・・・・。
ちびっちゃいモルモルは、いつの間にか触られるのを嫌がる様子が伺えて・・・・大人ほど脱兎ではないのですが・・・やっぱり、ちょっと淋しいかも。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

あそぼっ!

旭山のエゾヒグマの女の子、とんこちゃんは客で遊びます(笑)
Tonchan35

ガラス越しに、遊び相手を探している(?)とんこちゃん。

お客さんにとっては、大迫力です。
小さいお嬢ちゃんは、大泣き・・・・怖かったんでしょうねぇ。

 

Tonchan36今度は、お客さんの持つ、白いお帽子に興味津々。

お客さんはとんこちゃんを釣ってるつもりかも知れませんが、ぢつは、とんこちゃんに遊ばれてます(笑)

隙をを見澄まして、ガラスをバンッって叩いてみたり。

お客さんで遊ぶのに飽きると、今度はプールに浮かべてある丸太をかじり出します。

Tonchan37 バキバキバキ!

・・・・豪快です・・・・・。

ガラス越しに、お客さんは可愛い、可愛いとおっしゃいますが、ガラス越しだからこそ言える言葉だと・・・・。
ガラスが無ければ、人間も、この丸太と同じ運命を辿る訳でして・・・・。
でも、とんこちゃんが愛嬌者であることは確かだな事かと(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

いつも一緒♪

Flamingo05 一緒にご飯を食べている仲良しフラミンゴさん。

手前はヨーロッパフラミンゴさんで、奥がベニイロフラミンゴさんです。

旭山にはこのほかにチリフラミンゴさんがいますが、この時は皆陸上でお休みしたり羽繕いしたりとのんびりしていました。

 
Flamingo06 じつは、この前日も、仲良く一緒にご飯の時間を過ごしていた二人。。。。

や、足輪が見えないので、同じ個体同士かどうか分からないのですけど。

フラミンゴさん達の羽根の色は、食べているものが持つ色素によるのだとか。
昔は、この色を保つために、エサにニンジンを入れたりとか苦労されていらしたようですが、今はフラミンゴ用の固形飼料というのがあって、ちゃんと色素も混ぜ込まれています。

割と、アースカラーの目立たない色合いの多い生き物たちのなかで、このフラミンゴ舎だけは、オレンジや朱色、ピンクや薄桃とお花畑のようです。
カラーでものを見ることが出来る鳥類ならではの体色なんでしょうかね。

先週に引き続き旭川にお泊まりで出掛けです。
お天気が良くなさそうなのだけど・・・炎天下と雨とどっちがイイかな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

暑いのに・・・・

もうじゅう館のアムールトラ舎。
ネコ科の動物としては珍しく、トラは水浴びを好む生き物です。
他の・・・ライオンやヒョウ・・・獣舎とは異なり、プールがあるのですが。。。。
Tigers13

この日、プールの水は何故か抜かれていまして・・・・?

朝のウチは日陰になるココは、床がコンクリートな分、冷たいと見えて、いっちゃんものんちゃんも、ケンカすることなく一緒に過ごしていました。

30度越えの暑さは、シベリアトラとも言われるアムールトラには辛かろうなぁ。。。

プールの底には、前の晩のお掃除のあとなのか、僅かに水たまりが数カ所。
いっちゃんが、水たまりのお水をなめているのを、じぃーっと見つめるのんちゃんです。
Tigers14

どうやら、美味しそうに見えたらしい(笑)

自分の足下を見回して、小さな水たまりを見つけると、のんちゃんもペロペロしていました。

 
 

Tigers15 それにしても、この暑い日になんでプールの水を抜いてしまっていたのかなぁ?

水が張ってあったら2頭とも、プールから出て来なくなっちゃうから・・・なのかな??

午後からは、コチラにも日が差し込むので、今度は日陰になる場所で、寝ていた2頭でした。

それにしても、のんちゃん、表情に出過ぎ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

あらら・・・・・?

Raira11 ふわぁぁぁ!

大きなあくびをしていらっしゃるのは、旭山の王様ことライラさん。

 

 

Raira12 なにやら、お退屈そうでいらっしゃいます。

そういえば、お妃様のお姿が見えません。

先日伺ったときは、ご一緒にいらしたので、ちょっと不安になってしまったのですが・・・・。
体調でも崩されていないとイイのだけど・・・・と。

でも、大丈夫。
何てコトはありませんで♪
Lions31 お妃様は、王子様とご一緒でした。

ライラさんと別展示ってことは、しばらく繁殖させないってことなのかな?

アキラくんの新居が決まらないと、落ち着かないせいでしょうか?

それとも、アキラくんを跡継ぎにしてお嫁さんを貰うんでしょうか?

ライラさんもレイラさんも、もう12~3歳で、繁殖がだんだん難しくなってくるお年頃だと思われますが・・・・・。
だからといって、二十数年生きる・・・・ことも可能な・・・・ライオンの事ですから。
代替わりするころには、アキラくんだって十歳程度になっているかも。

レイラさんとアキラくんだって、数年で、一緒には展示できなくなるでしょ。
万が一にも間違いが起こったら困るしねぇ・・・・。

どうするんだろうなぁ。。。。。。

ちなみに、ライオン舎にはマキちゃんの訃報の看板が掛かっていますが、それをご覧になったお客様が・・・・、
去年のあの子、死んじゃったんだぁ・・・・って、それ違いますから!
去年のあの子は、しっかり立派に育っています(笑)
一年と9ヶ月・・・?・・・で、ライオンはこれだけ大きくなると、知らない人も多いのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

エンリッチメント

ミナミシロサイのノシオくんです。
暑いと、ごろんしていることが多かったノシオくんですが、この日はしっかり起きていて・・・・あれ・・・?
Noshio09 サイ舎に、シャワーがついてる!

放飼場の上部から管を伸ばして、水を落としていました。

なんだかノシオくんも嬉しそうに、何度も何度も行き来して、シャワーを浴びています。

サイは泥浴びが好き・・・っていうのは聞いた事がありますが・・・・放飼場の隅には、小さいですが泥浴びが出来るように、土のエリアがあります・・・・。
この先、泥浴びした身体で、こっちに来てシャワーを浴びると・・・・身体に付いた泥は、みんなこっちで落っことしていくわけで・・・・お掃除、大変じゃない?
排水溝に泥溜まるでしょ・・・。

その苦労をしてでも、ノシオくんに快適に過ごして貰いたいという、動物園側の思いですね♪
Noshio10 シャワーの後は・・・・、

お尻がかゆかったらしいです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

子守り♪

Brazzas_monkey02 ブラッザグェノンの赤ちゃんを抱っこしているのは、どうやら昨年生まれの個体のようです。

お母さんは右側にいます。

赤ちゃんに吸われて、乳首がすっかり伸びています(笑)

ブラッザグェノン舎では、何年か続けて子どもの誕生があったようで、小さいのや中くらいのが、それは活発にはねまわっています。

Brazzas_monkey03 一番小さいおちびさんは、お腹が空くと、お母さんのところへ行きます。

それでも、子ザルちゃんが気になる年長サルさん。

お母さんも、あまり神経質になっている様子もなく、これも一つの教育なんでしょうね。

 

Brazzas_monkey04 やんちゃな赤ちゃんを押さえるのも年長さんの役割です。

腕の中でじたばたしている赤ちゃんをしっかり押さえていますね。

この年長さんがもし女の子ならば、将来何処へ行ってもちゃんと母親になれますね。
やはり、群で生きるモノ達は群で飼育するべきだと・・・・こういったシーンを見ると、つくづく思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

親子じゃないの!

山口県の徳山動物園から来てくれた、アミメキリンのゲンキくん。
二日がかりの長旅で、さぞかし疲れたろう、不安だったろう・・・・と思えば・・・・!
普通は輸送箱から寝室へ入るのに半日くらい掛けて慣らすのに、僅か3分で入ってしまった上に、直ぐにエサ・・・床に敷いていた寝わら・・・・をもぐもぐと食べてしまい。
Giraffes01 キーパーさんの手からも、躊躇うことなく葉っぱをもぐもぐ・・・・神経質なハズのキリンのくせに、妙におっとりしているというか、強者というか・・・・、ベテランキーパーさんをして、こんなキリンは初めてだと言わしめる大物ぶりを発揮したそうです。

マリモちゃんと比べても、まだこんな。
まだお誕生日も迎えていないゲンキくんですが、徳山では客が餌をやれたりとかしたようで、人を嫌がる素振りが見えません。

Giraffes02立っていた位置が悪くて、エサ箱の陰になってしまいましたが、マリモちゃんとゲンキくんがすりすりしている場面もありました。

昨今・・・ツアーで来られる・・・事前の下調べも何もしていない・・・お客様が多くて、キリンが1頭増えたことも知らない方は、放飼場にいる2頭をご覧になって、こうおっしゃいます。

「お母さんと子どもだね・・・・・。」

まだちっちゃいですけど・・・・ゲンキくんは歴としたお婿さんですから~~!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

生まれてます♪

一ヶ月ぶりの旭山でした!

や、旭山はやっぱりイイです。
相変わらず人が多いですが・・・・、土曜日はそれほど極端でもなく・・・・天気予報が悪かったせいか?・・・ゆっくり見てくる事が出来ました。

Brazzas_monkey01 行けずにいた一ヶ月の間に、色々生まれていました。
「オオカミの森」オープンで、大層お忙しかったと思われ・・・・看板が間に合っていなかったのもちらほら(笑)

まずは、ブラッザグェノンの赤ちゃん。
お母さんのおっぱいを貰っているのはもちろん、昨年生まれの、お兄ちゃんだかお姉ちゃんだか・・・が、一生懸命赤ちゃんのお守りをしている光景は、目を細くするしかありません♪

 
Ezoshika27 エゾシカ舎でも、新しい命が誕生しています。
オオカミの森に隣接するエゾシカエリアには、若い男の子が2頭・・・鶴岡くんとむくみくんが移動していますが、残りの個体は、まだエゾシカ舎にいます。
この後、オオカミの森の隣にエゾシカ用の施設を作るそうで、そうなると皆そちらへ移動になる・・・のかな?

んで、右側が男の子でお母さんはチャッピーさん。
左は女の子で、お母さんは清野さんです。
チャッピーさんが放任主義らしく(笑)お兄ちゃんのほうも、清野さんにくっついていました。
あ・・・お兄ちゃんと言いましたが、実はこの2頭、血のつながりはありません。
男の子の方は、お父さんは治夫さんですが、女の子の方は清野さんが出張中に貰ったタネ(笑)なんですね。
本当は、こっちに男の子が欲しかったのだそうですが・・・・治夫さんの子どもばかりだと、この先繁殖させられませんから・・・・上手く行かないようです。

そして、昨年のリベンジ!
Araiguma_baby09アライグマが生まれています!

今年は4頭!!

昨年、ちょっと公開が早すぎたのか、母親が神経質になってしまったので、今年はじっくりバックヤードで育てたそうです。

もう、すっかり大きくなって、兄弟姉妹でコロコロとじゃれ合っていました。
ちなみに、元気なのは午前中だけ。
さんざん暴れて、午後からはすっかり疲れてぐっすりだそうです(笑)

ととりの村でもカモのヒナが・・・もうだいぶ大きくなっていました・・・・見られました。
コブハクチョウさんはまだ卵を抱いていて・・・もう少しかかるようです・・・コクチョウさんも抱卵しているっぽかったです。

孵化したと伝え聞いたタンチョウさんは・・・残念なことに土曜日の朝、亡くなってしまったそうです。
せっかく三度目の正直で生まれたヒナだったのにね・・・・。
結局、一度もお顔を見せて貰うことなくお☆さまになってしまいました。
来年はまた、タンチョウに生まれ変わって、今度こそ元気な姿を見せておくれ・・・・。

土、日と、旭川は30度超え・・・・・。
・・・・死にました・・・・・。
したたる汗。
真っ赤になった腕
辛うじて水分補給だけは欠かさなかったので、具合は悪くなっていませんが・・・。
今日は少し早めに動物園を出て帰ってきました。
くたびれたよ~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

一月ぶりに・・・・

Wapiti09「ん?出掛けるって?」

はい、しばらくぶりに、母上様のご機嫌を伺ってきますよ♪

昨年までは月に2~3回は行ってたんですけどねぇ。
今年は、月1~2のペースがやっとですわ。

動物園も、何度も行くと「その後」が気になって気になって・・・。
タンチョウさんはどうやら孵化したらしいが、コブハクチョウさんはどうしているだろう?
オープンしたオオカミの施設も気になれば、エゾシカさんたちの赤ちゃんは生まれているかどうかも気になるところ。
そして、なによりアミメキリンのゲンキくん。
ととりの村にチビカモたちはいるだろうか?
ペンギンさん達の繁殖状況やホッキョクギツネさん達の換毛の様子も。
とにかく、見てきたいモノは一杯あるので・・・・。

催し物もあるので、泊まりがけで行ってきます。

Wapiti10

「そう。
母さんによろしく伝えて。」

承知です♪

アサオさんがイイ男になってますヨと、ご報告して参りますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

争奪作戦(笑)

Kawauso11 ・・・・・・・・

ちなみに、上に乗っかっているのは、実は女の子の方なんです。

釧路市動物園のカナダカワウソ、リッキーくんとチャッピーちゃん。

このとき、チャッピーちゃんの頭の中では、緻密な作戦が練られていたのです(笑)

Kawauso12 何するのさっ!?

怒って振り向いたリッキーくん・・・・実は狙っていたお魚から気をそらされてしまいました。

チャッピーちゃんは、体格では僅かにリッキーくんに敵わないのか、ご飯の時間には、お魚をくわえると、さっとリッキーくんから離れます。
取られちゃうのかな・・・・?と思ったんですが・・・・。

Kawauso13 チャッピーちゃんの作戦は、見事に成功しまして(笑)

リッキーくんの後ろへ回り込んで、お魚ゲットしていました。

普段は仲の良いリッキーくんとチャッピーちゃんですが、ご飯と、お休みの時のベッド争奪戦では、なかなか派手にバトってたりしますね。
でも、直ぐにじゃれ合いになっちゃうんだけどサ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

誰かいる!

バックヤードに、誰かいる!
Tsuyoshi07

立ち上がって、窓を覗き込んでいるのはツヨシくん。

こちらは、人の出入り口。
ホッキョクグマさんたちが寝室へ入ったあと、お掃除する人たちが出入りします。

よく、こういう光景をご覧になると、「(室内へ)入りたいんじゃないの?」とか、おっしゃるかたがいらっしゃいますが・・・・。
Kurumi07

こちらは、クルミちゃんの、誰かいるわ・・・光景。

人の出入り口と、動物の出入り口は別の場所です。この写真で言えば、右側にある四角い箇所が、ホッキョクグマさん達の出入り口。
本当に室内に入りたいときは、そちらへ行くでしょ。

バックヤードを覗き込むのは、人が動いている気配がするから・・・・じゃないのかな?

人がバックヤードでごそごそ始めると、好奇心が発動するものと思われ・・・・、動物園じゃあまり刺激らしい刺激も無いものね・・・・。
Polabears14

でも、くるみおねえちゃんが来ると、そそくさと逃げるツヨシくんなのです。
なんとなく、肩をすくめて逃げてるよ・・・ね?(笑)

同居が始まってからは、いろいろと刺激的な出来事があるんではないかと思われ・・・・(笑)
それにしても、見ていると飽きない連中なんです♪

ぼちぼち、ホッキョクグマ舎のネタも尽き・・・・(笑)
さて、次はどこの獣舎からお送りしましょうか♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

争奪戦!?

本日も、釧路市動物園のホッキョクグマ舎からお送りします。
てか、昨日の続きということで(笑)

Tsuyoshi06 ブイで遊ぶのも大好き、ツヨシくん。

バレーボールやってる見たいです。

けれど・・・・!

ツヨシくんのおもちゃは、いつの間にかクルミちゃんの手に・・・あらら。

Kurumi06 ぢつは・・・・、ブイで遊んでいたツヨシくんの目の前にダイビングしてきたクルミちゃんなのでした。

びっくりしたツヨシくん。
ブイから離れてしまったんです。

そこをすかさず、クルミちゃんに取られてしまいました。

クルミちゃんも、ブイで遊ぶのが大好きみたいです。

Polabears13 「帰してよ~~!」

水の中では、若干気が大きくなるっぽいです。

このあと、ブイそっちのけで2人でじゃれていましたけれど・・・、

クルミちゃんの方が先にリタイア。

クルミちゃん、まだ、若い男の子とはしゃぐのには、馴れませんか・・・・?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

おねえちゃんとボク♪

Tsuyoshi03

ボク、ツヨシです!

広いプールのあるお部屋には、砂場があって、そこでまったりしたりごろごろするのが大好き♪

今日ものんびりしていたら・・・・・。

 

Tsuyoshi04 くるみおねえちゃんが、こっちに来たので、思わず逃げて来ちゃったんだ。

だって、くるみおねえちゃん、時々こわいんだもん。

おねえちゃんが、のしのしって来ると、つい避けちゃうんだよね。
 

Kurumi05 それでね。

くるみおねえちゃんってば、ボクがのんびりしていた場所、取っちゃうんだ・・・・。

ボクだって、のんびりまったりしたいのになぁ・・・。

しょうがないから、

Tsuyoshi05 ちょっと離れたところで座ってみた。
でも、下が砂じゃないから、あんまり気持ちよくないよ。

まだ、ボクの方が小さいんだ。
だから、おねえちゃんには敵わない。

「あと、2年もすれば、ツヨシくんの方が大きくなるよ。きっと♪」

ツヨシくん、ガンバっ!!

3枚目だけクルミちゃんの写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »