« まだ春なんです。 | トップページ | 100年前の森 »

2008年7月23日 (水)

まん丸!

釧路市動物園のフクロウの森では、ワシミミズクさんのチビさんが順調に育っている模様でした。
何と言っても、親鳥の愛情一杯もらってますからね♪

Washimimizuku17

ご覧下さい。
親鳥のこの鋭い眼差し。

少し大きくなったチビさんは、生まれた場所・・・・観覧通路の直ぐ側・・・・を離れ、自分なりに身を隠すように草木の間に身をぺったんこにして潜んでいます。

少し離れた所から見守る親は、人が近づくと激しく警戒音を鳴らします。

・・・てか、あなたの警戒音の出し方で、チビさんがどこら辺にいるか分かってしまうんですが(笑)
せっかく、どこにいるか分からないように隠れているチビさんなのに(笑)

Washimimizuku18ここは通路の直ぐ脇。
かまぼこ形のケージの中のトンネル状になった通路ですが・・・通り抜けるのが至難の業なんです(笑)

まん丸に羽根を膨らませる親鳥。

親鳥に向かって左奥、ヨモギの茎の間に、チビさんが身を隠しています。

この状態で警戒音を出し・・・時には格子越しに飛びかかってくることもあるようです。

ヒナを守ろうとする親鳥の愛情たるや、人でも中々真似が出来ません。

ところで、フクロウの仲間って、オスは子育てに参加するんでしたっけ?
シマフクロウのケージでは、育雛中も雌雄を一緒に入れているから・・・オスもエサ運びをするのだと思うのですが・・・・。
そうなると、この親鳥、お父さんなのかお母さんなのか・・・・??

んなわけで、釧路市動物園では、フクロウの森でワシミミズクのチビさんを探すのが楽しみになりつつあります。
ワシミミズクのおとーさん、おかーさん、心配させてごめんなさい・・・・・。
チビさんを見つけても、側に長居はしないように心がけますので、ご容赦を(笑)

|

« まだ春なんです。 | トップページ | 100年前の森 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まん丸!:

« まだ春なんです。 | トップページ | 100年前の森 »