« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

チビたんが一杯♪

デジタルカメラにしてから、やたらシャッター切りまくるので、1回で撮ってくる写真の量が尋常ではありません。
その上、後から色々処理することを考えて、かなり大きなサイズで撮ってくるので・・・・、パソコンのディスクの容量が・・・・・!

外付けのデータ保存用ハードディスクを、ようやく用意して、今までポータブルディスクの方に詰め込んでいたファイルを一旦内蔵ディスクに避難して、入れ替えました。
夜中の2時まで掛かりました・・・・・(笑)

ま、これでしばらくは、移し場所を気にせず、シャッター切りまくれますけど!

てなわけで、昨夜の更新はサボりましたが・・・・・、
旭山には、ニューフェイスが一杯いましたよ~~♪

まずはこちら。
Gentoo_baby01ママのお腹の下のおちびちゃん。生まれて2週間です。
ジェンツーペンギンの繁殖は、以前、名古屋港水族館とアドベンチャーワールドで見たことがありますが。

何度見ても、赤ちゃんって良いですね♪

まだ、殆ど寝ていますが、たまに、ご飯をねだるように首を伸ばしていました。
アクリルガラス越しで、撮影は困難を極めます(笑)
一番奥のほうなので、手前を横切っていくキングさんとか、居座ってしまうフンボルトさんとか・・・・、取りあえず今現在、キミ達はジャマです(笑)

さらに同じペンギン館では、こちらも。
King_baby01

キングペンギンのほうも、ジェンツーより4日ほど遅れて孵化したようです。
昨年は人工育雛だったので、親の足の上に乗っているヒナを見るのは、何とも新鮮!
てか、多分、親に育てられている最中のキングのヒナを見るのが初めて!
左のペンギンの右のフリッパーにタグが無いので、こちらが母親。つまりおちびさんはお父さんの足に乗っているんですね。
両親が揃って、チビさんを見つめている姿はほのぼのと暖かいものがあります。
右手前のキングさん・・・・ジャマ(笑)

んで、チンパンジー館からも、朗報が届いています。
Chimpanzee_baby05

ミコさんと赤ちゃん。
ミコさんがお母さんということは、お父さんはシンバくんだよね?
シンバくんにとっては初めての子どもですよね。
・・・・つまり・・・キーボさんの、初孫だよね(笑)
シンバくんおめでとう!キーボさんもおめでとうございます!!
同じミコさんの娘のミラクルちゃん(お父さんはキーボさん)が引っ越して・・・シンバくんの群はちょっと淋しくなっていたのですが、これで賑やかになるかな。

最後のご紹介になりましたが、こちらでも新顔が♪
Ezoshika33

エゾシカ舎に、ちっさいのがいて・・・・、昨年、いつまで経っても大きくなれずに、夭折しちゃったコがいたせいで、・・・一瞬ギョッとしたのですが、大丈夫。
8月も終わりに近くなってから新たに誕生したコでした。
母親はトナカイさん。
もうご年配で、この先子どもはもう・・・と思われていたようですが、今年も・・・かなり遅れたとは言え、元気な男の子を産んでくれました。
先に生まれた清野さんのところの女の子・・・・ぺぺこちゃん(なんで??(笑))と、チャッピーさんのところの男の子は、ちょっと大きくなっていました。

みんな、みんな、元気に大きくなぁ~れ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

アザラシ三昧♪

日本の・・・と言うより、主に北海道の・・・近海で見られるアザラシは5種類います。
その5種類全てが見られるのがおたる水族館。

なかでも、ここでしか見られないのが・・・・。
Kurakake02

クラカケアザラシです♪

おたるにいるのは全部で3頭。
いずれも女の子なので、特徴的なクラカケ模様ははっきりしないのですが。

この日は、2頭いるクラカケお嬢さんのうちお一人が、ガラス越しに大層遊んでくださいました。
いつもながら、写真は撮りづらいのですが、寒いところで暮らすクラカケアザラシのことですから、完全室内飼育もしようがないんでしょう。
冬場なら・・・とも思いますが、冬はおたる水族館やっていないし(笑)
冬期の特別開園のときも、海獣公園は閉鎖しているしなぁ・・・・。
お天道様の下で元気に泳ぐクラカケさん達が見てみたい!

Kurakaketibi05 この春、釧路市動物園で保護されておたるに移ったクラカケっこ。
ナポリンちゃんです。

一日、こんな風にごろごろしていたっぽい。

まだお姉ちゃん達と遊ぶにはちっちゃすぎるのかな?

クラカケ水槽は、ジェンツー水槽の隣。
通っていくお客さんが・・・・時折・・・・、なんだ、ここもまたアザラシか・・・・みたいなこと言って通り過ぎて行くのが、ちと悔しい。

クラカケは、他では会えないんだぞ!
もったい無いよなぁ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

重たそう・・・・!

円山動物園からトナカイの姿が無くなってしまったので・・・・やっぱり釧路市動物園でしか見られなくなってしまったトナカイさん。
旭山にいた、メスのうららさんも亡くなってしまったので、いよいよもって、ここでしか眺めるしか無いのです。
Reindeer08

オスのトナカイの角です。

体躯からみた割合だと、トナカイが一番大きな角を持っているような感じがします。

ワピチの角は巨大ですが、彼らは体躯も大きいですから。
エゾシカも、角は格好いいですが、巨大と言うほどでは無いし。

トナカイもシカの一種ですが、唯一メスにも角があります。
そして、一年に一度落角して生え替わります。
年々大きく立派になりますが、やはりメスの角は小振りです。

ところで・・・・、
Reindeer09 このコはどちら?

今年生まれのチビさんなんでしょうか?

それとも昨年??

エゾシカだと、男の子の角は、生まれた翌年から角が生え始めるんじゃなかったっけ?

トナカイはどうなんだろ?

今年の春に一頭生まれているんですが・・・・放飼場を見渡した限り、このコが一番小さいようでした・・・。
もう、こんなに大きくなったの・・・・?

 

 

釧路市動物園を訪ねた日。
とても8月とは思えない気温で・・・・。
釧路を中心とする北海道の太平洋側の地域は、確かに夏でもあまり気温が上がらない地域ではあります。
しかし・・・・阿寒湖のお宿に入ったその日。
直ぐ側のおみやげ屋さんが集まった集落を覗きながら・・・・外で実演販売しているお店の人・・・・足下にストーブ置いているよ、おい!・・・・てな状況で。
冬ともなれば、結構冷え込む阿寒湖畔ですが・・・・夏もですかい。
最高気温13度って・・・・・。

さすがに、毎日30度越えしている地域の方をご案内するのは・・・・(笑)
風邪引かせたんじゃないかしらん・・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

言うこと聞かない・・・・(笑)

小樽水族館は、ショーがたくさんあって、とても忙しい。
オタリア&イルカの後は、海獣公園へ降りていってペンギン&ゴマフアザラシ。
続いてトドのダイビングがあり、ソレが終わるとセイウチのご飯。
よそ見している暇がありません。
取りあえず、一通りは回ってみました。

Humboldt21_2

ペンギンショーの一コマです。

やらせようとすればやらないし、号令を掛ける前にやっちゃうし、ご飯貰うのも何かをするのもマイペースを崩さないフンボルトペンギンさん達。

鳥類の芸と言えば、オウムやインコの物まね程度が関の山。
後は、「訓練」と言うか・・・「条件付け」を利用して見せているだけ。
そういう鳥の本質を、ショーとして成立しないショーで、飼育員さんの巧妙な語りをもってして見せてくれるのが、おたる水族館のペンギンショーなんですね。
このショーをご覧になって、「ペンギン、可愛い♪」だけで終わらないお客さんをご案内できるのは、なんとも嬉しい事です。
おたる水族館が、何を見せ、何を伝えようとしているか・・・・ちゃんと見て取ってくださる方と一緒したわけですから、一人で行っても面白い水族館が、2倍、4倍と楽しくなるわけです。

Humboldt22 ショーの前。
飼育員さんに追いかけ回されてあたふたする(笑)前に撮った、仲良しさんたち。

今年生まれの、まだ模様がハッキリ出ていない仔や、換羽中のコ、換羽が終わってきれいさっぱりしてるコ。

10羽ほど、釧路市動物園に引っ越しちゃったハズですが、おたるのフンボルトさん達は、ますます元気でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

三度旭山へ

もっぱらビジネスホテルを利用してきたので、一泊ぐらいは温泉で贅沢しよう!と言うことで、最終日に泊まったのは阿寒湖温泉でもたいそう評判のよろしい温泉宿。
お値段もとってもよろしかったのですが(笑)
温泉を楽しみ、お料理も美味しく頂いて参りました。
欲を言えば、お宿内のイベントがたくさんありすぎて、一泊二日くらいでは時間が足りないってことですかね。

翌朝、再び旭川空港までHARUKA様をお送りするのに、途中観光名所にいくつか立ち寄りつつ・・・・時間の設定を間違えました・・・・。
お昼ご飯の旭川ラーメンを食べるのに少々待たされてなお、2時間近くの時間が余ってしまったのです(笑)

んでもって、三度旭山動物園(笑)

Giraffes11

「獅子の子は獅子」様と、ネタがダブってしまいました。

アミメキリンのマリモちゃんとゲンキくん。

もぐもぐ~と言う訳ではなかったようですが、丁度おやつタイムのようで、青草が与えられていました。

先ずは、マリモちゃん用のエサ箱の準備をするキーパーさんを、揃って見つめる二人です。

ゲンキくん・・・・既に舌なめずりですか?
でも、このエサ箱には届かないゲンキくんなんです。

故に、こうなる。
Giraffes12手前、マリモちゃん。
奥で背中を向けているのがゲンキくん。

仲良し2頭ですが、ご飯に関しては姉も弟も婚約者もあるものか、状態になるようで・・・・(笑)

残念ながら、ツーショットとはなりませんでした。

 

この後、HARUKA様を無事空港までお送りし、離陸する飛行機をお見送りして、自分も自宅へと車を走らせます。

なお・・・飛行機が中部国際空港へ着陸したとき、自分はまだ自宅まで約60kmの辺りをちんたら走っておりました(笑)
飛行機って、早いんですねぇ~~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

クロクマ・・・・・

4日目はまるっと移動日でした。
小樽を出て、釧路まで。その距離約400km。
大きな声では言えませんが(笑)北海道では、平均時速60kmで走ることが可能です。
つまり、距離=分数という計算が成立するんですな。
もちろん、都市部を抜けたり、曲がりくねった峠道ではそうそうスピードは出せませんが。
ついでに、小樽からは、途中かなりの部分で自動車道を走ることが出来ます。
故に、結構あっさり釧路に着きまして・・・・夕方からは炉端焼きと相成りました。
釧路が発祥と言われる炉端焼き。
新鮮な魚介類を、目の前で炭火で焼いて出してくれます。

そこで、盆踊りの話を聞いて・・・・そういや、釧路市動物園が仮装で出ているんじゃなかったか?・・・・ホームページの日記に書いてあったぞ・・・・と、会場まで行ってみれば・・・・。

雨です。
しかも本降り・・・・・。
ずぶ濡れになって、お宿へ帰る羽目になりました。
温泉付きのお宿をチョイスしておいて正解でしたね♪

さて、翌日は朝から釧路市動物園。
しかしてお天気は雨模様。気温も上がらず。
途中から、防寒も兼ねてレインポンチョを被って、二人で歩いておりましたら・・・・動物の皆さんに、随分警戒されてしまいました(笑)
滅多に見ない格好だったせいですかね。
シマフクロウさん・・・・揃いも揃って、飾り羽根を逆立ててくださいましたよ(苦笑)

Tsuyoshi11

ホッキョクグマのツヨシくん。

砂場でごろごろしてた彼は、シロクマならぬクロクマになってしまっています。

この後プールに入ったらしく、後でお邪魔したときにはシロクマになっていました。
この砂は・・・・全部、排水溝へ行ったのね・・・・。

Kawauso14

カワウソ舎には、お外にも木のトンネルが置かれていました。

今まで室内にはあったけど、お外には無かったよね・・・?

良い遊び場になるんじゃないかと思いますが・・・・取りあえず上に乗っかっているだけで、くぐって遊んでいる場面は見られませんでした。

木登りレッサーの光愛ちゃんは、相変わらず放飼場を元気一杯走っていました。
アムールトラのチョコちゃんは、この日もまたご挨拶に応えてくれたし・・・・スプレー行動が凄かったんですけどね(笑)そんなに怪しい二人連れだったんでしょうか・・・・。
ワピチのアサオさんは、やっぱり奥の方に隔離されてしまっていて・・・見事な角が殆ど拝めず・・・・。
代わりにトナカイの殿方が、見事な角を披露してくださっていました。

お天気が悪かったせいもありますが、ほぼ貸し切り状態でした。
動物園の職員さんも大層フレンドリーで、のんびり楽しんで回れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

おたるへGO!

せっかく北海道へおいでになったのだから・・・・動物園と水族館がメインとは言え、色々見ていただきたいモノや味わって頂きたいモノがあります。
二日目、旭山から少し早めに出て一路札幌へ。
札幌時計台もご覧になったことがないとのことでしたので、晩ご飯を食べに行く道すがら、大通公園やテレビ塔と共にご覧頂いて、ジンギスカンとビールの夕食とあいなりました。

翌朝、札樽自動車道を一路小樽へ、おたる水族館へと車を走らせます。
ココは、海獣の宝庫。アシカ類、アザラシ類。セイウチもいればバンドウイルカもおります。
Gomahu18

ピンぼけ写真ですみません。
今年の春生まれのゴマフアザラシ、るたぴーくんとコハルちゃん。
奥の色黒くんがるたぴーで、手前の色白がコハルです。

現在室内のふれあいプールで、ネズミイルカさんたちと一緒の展示になっていました。
ネズミイルカさんは、最近立て続けに不幸が続いていましたが、新しい仲間も加わったようで、3頭が泳いでいました。
Aoumigame

館内の展示場では、アオウミガメのたろうくん。

右前肢を失い重体で保護された個体ですが、水族館のご尽力もあって、元気を回復。
失われた脚は戻りませんが、傷も塞がって、・・・若干、方向転換に苦労しているようでしたけど・・・元気そうに泳いでいました。

忘れちゃ行けない。
Seiuchi06

セイウチのウチオさん。

もらったご飯を見せびらかしに来ているところです(笑)

とりあえず、お魚の原型止めなくなる前に止めてくれると嬉しいんですけど(笑)

イルカ&オタリアショーとコツメカワウソを見るほかは、ほとんど海獣公園の方ですごしました。
ワモンアザラシのルルちゃんは元気でした。
でも、ワモミ母さんがいないのです・・・・どうしちゃったかな・・・・。名札が無いと言うことは・・・もしや・・・(; ;)

トドのチビさん達は両方とも女の子。
もう、姉妹2頭で泳ぎ回っていました。
ウメさんの娘はスモモちゃん。カキさんの娘はアンズちゃんと名付けられたそうです。
昨年生まれたノリタマは、別エリアに移っていました。
ダイビングはモンキチさんとジローさん。
・・・モンゾーさんやサブローくんはどうしているのかな?

釧路で保護されたクラカケッこも、クラカケアザラシ水槽で・・・・殆ど寝てました(笑)
お名前はナポリンちゃん。
・・・・そのうち、シトロンくんが来るのだろうか?(笑) 

この日も、気温はともかく日差しの強い日で・・・・加えておたる水族館は展示場が、坂の上と下の二カ所に分かれていますから、行き来しているウチに足にキました。
前日の旭山も坂道ですからね(笑)
夕ご飯は・・・・折角小樽に来たのだからと・・・お寿司にしたのですが・・・なんか、ちょっと疲れてて・・・美味しかったのですが、今ひとつ印象が薄いような・・・・もったいないことを・・・・。

ぢつはオルゴール堂や北一ガラスのご案内も出来ませんでした。
HARUKA様、ごめんなさいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

旭山三昧♪

二日目は開園から旭山。
ここで、最初の悲劇は起こった(笑)

や、有料駐車場の管理の奥さん、自分とHARUKA様は、決して親子じゃないですから~~!
HARUKA様がお若く見えるのは分かるのですが、自分、そんなに年食って見えますでしょうか?
以下・・・この手の勘違いにつきまとわれた今回です(笑)

旭山動物園の朝一でご案内したいのは、もちろんこちら♪
Tonchan38

エゾヒグマのとんこちゃーん♪

朝一で行くと、客で遊んでくれるとんこちゃんです。

この日、アクリルガラスのところで前肢バンッ!もやってもらえました!
もっとも、自分に対してではなく、何かの視察でお見えだったお客さんに対して・・・ですが。

Genki02
おすわりゲンキくん。

お隣ではマリモちゃんもお座りしていたのですが・・・・色黒のゲンキくんが日陰で、色白のマリモちゃんが日向で・・・写真の露出がどうにもならないので、取りあえず1人・・・(笑)

この日の旭山も混雑していました。
お天気も穏やかで・・・自分的には少々暑かったのですが、最低気温が30度近い地域から来道されたHARUKA様にはいかがなものか(笑)
もっとも、この後道民である自分にも、想定外の気温になるのですが(笑)

さて、あちこち遊んでいた間に、旭山ではめでたいニュースもあったようで・・・行きたいと思えど・・・。
一日休んでいたはずが、どうにも体調が戻らず・・・・疲労とここんところの低温のせいか、風邪引いたかな・・・?
頭痛が治まりません・・・・。
本日も、早めに休みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

帰宅~~~♪

道内の動物園&水族館巡り五泊六日、HARUKA様をご案内して参りました。
かなり長距離の移動だったので、昨夜7時過ぎに帰宅してから、ほぼ現在までお布団さんと友好関係を結びつつ(笑)

詳しくは、リンクから「獅子の子は獅子」様へ飛んでご覧下さい・・・って、ダメか(笑)

16日は、自宅をお昼前に出て旭川空港へ。
ちょっとのんびりし過ぎて・・・・着いたときには既に飛行機が着陸しておりました。
お出迎えするのには、なんとか間に合いましたけど。
お久しぶりの再会を喜び・・・さくっと旭山動物園へ。

夜の動物園やってますからね。
夕方から行ってものんびり見てこられる・・・はずだったんですが、なんでこんなに混んでますか??

Wolf02

夕方、岩のてっぺんで遠吠えするオオカミ。

名古屋の東山動物園から来た、アミメキリンのマリモは・・・ゲンキくんというお婿さんも来て・・・昨年もそうだったんですが、夜の動物園では、何故かハイテンションで・・・放飼場を駆け回っていました。
見てる方は冷や冷やしますけど(笑)

んで、同じく東山へ行ったライオンのサンくんのご両親・・・時間交代の展示なので、この日は、父上のライラさん・・・にも会っていただけました・・・もっぱらお休みなさってましたけどね(笑)

HARUKA様のホームグラウンドが名古屋なので、もう一つ、ご紹介したかったのがこちら。
Gentoo46

まだ、空が明るいウチに行ったぺんぎん館のジェンツーさん。

旭山のジェンツーさんは、名古屋港水族館のご出身なのです。

レッサーパンダも吊り橋を渡ってくれたし、なんだかんだと結構良いところをご覧いただけたかと・・・・?

この日は旭川の市内のお宿で・・・・そういえば、宿を取るときに随分取りづらいと思ったんだわ・・・・旭山の混みようから見て、そのせいだったかと、今になって思い当たる(笑)
道内の小中学生・・・・夏休み最後の土日だったんだよね。

しばらく旅日記兼で参ります。
今回、カメラを小さい方しか持って行かず、もっぱらHARUKA様のご案内に終始したので、結構良い場面を取り逃してたりしますが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

行ってきます!

Wolves03

旭山動物園のオオカミの森。

今月頭の写真ですが・・・、3頭仲良しシーンです。

そろそろ「群」になってくる頃かと思っていたんですが・・・それらしい場面もあったし・・・・、まだ、なんかじゃれている感じですね。

3頭とも若いせいでしょうか。
ケンとメリーはまだ1歳だとか。
クリスは4歳とのことですから、3つほど年上のお姉さんです。
一番年長のクリスを挟んで・・・二人ともお姉ちゃん遊ぼう!状態ですか??
これもまた、微笑ましくて良いかなと思うのですが♪

Wolves04 遠吠えしています。

通っている人はご存じ、特定の時刻に、とある放送に合わせて遠吠えするオオカミたち。

残念ながら、山の上で・・・とはいきませんでしたけど(笑)

 

Wolves05 こちらは。。。

ケンくん?

メリーちゃん??

黒い方の二頭の兄妹の見分けがまだつきません。

並ぶと、やはり男のことでケンくんの方が若干大柄なようですが、離れるとダメですね。

もちっと精進します(笑)

 

 

 

さて、明日からしばらくお休みを頂きます。
これからいそいそとお出かけし、HARUKA様をお迎えに参ります。

色々ご案内したいところは有ったのですが、いかんせん時間の関係もあり、個人的に推したい3カ所に絞りました。
海洋性ほ乳類大好きなHARUKA様ですから、小樽を外すわけにはいかないのです(笑)
旭山は一押しですし、シマフクロウはなんとしても見ていただきたい。
故に、途中円山とニクス、帯広は飛ばさざるをえませんでした。
どこの施設も優劣付けたくないし、それぞれ異なった特徴があるので、全てご紹介したいのは山々なのですけれど・・・・。

ともあれ、安全運転第一で、行って参ります。
何事もなければ・・・・有ったら困る(笑)・・・来週末には復活する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

一触即発・・・?

旭山動物園のはちゅうるい館で見かけた光景です。
Hatyuurui04

奥にいるのはボールニシキヘビさん。
手前はナガクビガメさんだったと・・・。

同じ水槽で飼育されてるってことは、共存共生が可能ということですが・・・・、この状態、大丈夫か(笑)
ヘビに睨まれたカメ(笑)
でも、ナガクビガメさんのほうもしっかり睨み返しているし・・・・。

まぁ、このサイズのボールニシキヘビさんだと、このカメさんを飲み込むのは無理そうに思えますが。
喉詰まりするでしょ(笑)
その前に、口が開かないって・・・・。

とはいえ、見ていて何となくハラハラするシーンでした。

 

 

さて、いよいよ明日に迫って参りました。
こちらからもリンクさせていただいている「獅子の子は獅子」の管理人様がお見えになります♪
お見せしたいものがた~くさんあって、ほぼ北海道横断という無体なスケジュールですが。

・・・・台風来てるんだよな・・・・

飛行機、無事に飛びますように。
飛んでしまえば、コチラは晴れているようなので、大丈夫だと思われるのだが・・・・。
週末から来週にかけてのお天気は、ほぼ無難に過ぎそうではあります。
最後のステージでコケそうな気もするけどね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

いつまでも・・・・

大好きなタカヨさんは、今年の春30歳をお迎えになりました。
流石に、お年は隠せなくなってきていますか・・・。
Takayo03

傍らで戯れる小鳥を見る目が、なんとも優しそうなタカヨさん。

まだ、目は衰えていないかな?
耳は?
鼻は?

年を取ってくると、色々とあるからね・・・・。

Giraffes10

そんな奥方を見つめるユウマさん。

高齢のタカヨさんには、もう妊娠出産は負担にしかならないという判断で、ユウマさんとは家庭内別居状態(^^;

マサイキリンは、数多いキリンの亜種のなかでも、かなり大型になる種なのだとか。
なるほど、ユウマさんの大きさは、柵の向こうから顔を寄せられると、おもわず後ろに数歩後ずさる迫力です(笑)
や、ユウマさんの場合、迫力ともう一つ・・・・ヨダレ・・・凄いんですけど(笑)

マサイは、全国的に飼育数が少ないので、先日久々に誕生のニュースが聞こえてきて嬉しかったのですが・・・・女の子には中々恵まれないみたいですね。
また、飼育数が少ないということは、血統的に近いという可能性もあったりして・・・・。

ちょっと、未来に影りが見えるマサイキリンではあるのですが。

ともあれ、タカヨさんにはもっともっと長生きして欲しいと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

微妙な色合い

肉眼ではとてもキレイなんです。
でも、写真に撮ると、その美しい色が出ません。
見事に挫折してきた・・・・某DEEPなブログにも出ていた・・・エゾブルー。

古来・・・信号の緑色を青信号と称するように・・・青と緑は同じカテゴリに捕らえられていた色合いなのだそうですが・・・。
非常に青みがかった色です。
なんていうの?・・・ターコイズ・・・?・・・を、もうちょっと暗くしたような・・・??

てなわけで。
Birumanishiki カメラがどうであろうと、たいそう美しい・・・ビルマニシキヘビのアルビノっこ。

大きな体に似合わぬ温厚な性格をしていると聞きます>ビルマニシキ。

首に巻いてみたいけど・・・重さ、どのくらいあるのかしらね??(笑)

昨夜、ペルセウス座流星群。
北海道でも東の方に位置する場所で、月が沈むのが早かったこともあり、それほど夜更かしすることなく・・・・そろそろかいな?・・・・と外へ出てみれば。
なんで、お目当ての方向だけ、上空に雲がありますか?
それでも、ちぎれた雲の隙間から、数回・・・輝き流れるものを見ることができました。

これでも、学生の頃・・・はるか昔(笑)・・・は、天文部などと言う活動をしていた時代もあったりするのですが。
夏休みなど、部の仲間達と、都市部から郊外へと遠征して星空を見上げたこともあったっけねぇ(遠い目(笑))
いまは、天上の星から、「命」という地上の輝きへと目を転じ、子どものように目を瞬かせております(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

母と息子

せっかくなので、ライオンで続けてみようかと。
特に、西部ファンではありませんが(笑)
Lions32

旭山動物園のライオン、レイラさんとアキラくんです。

奥が息子。手前は母。

こうしてみると、母上の方が鼻先長いんですね。

もう、お父上とは一緒にいられないアキラくんですが、一人っ子で育ったせいか、淋しんぼうらしく・・・・しばらく単独展示されていた間、ひたすら奥に向かって泣き鳴き続けていた時期ががあります。

どういう経緯があったのかは分かりませんが、最近は母親と一緒の展示です。
時折、鼻先をくっつけてご挨拶するシーンが見られる他、特に母と子というやりとりではないのですが・・・・。

Akira80 アキラくんのこんなシーンを見ていると、やっぱりまだまだ幼い感じが否めませんね。

 ・・・・爪、研いでます・・・・

たてがみも、だいぶしっかりしてきたんですけどね(笑)

※ お母さんの名前間違ってたので修正。
  なんてこったい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

大きくなったね♪

生まれたのが昨年11月の末ですから、間もなく9ヶ月になります。
Yuuki01

父親のリッキーさんがお休みの直ぐ側で、このコは起きていました。
多分、女の子のゆうきちゃん。

今年の3月に行って以来ですが、あのころ、母親のティモンさんの可愛がりようったらありませんでしたね(笑)
チビちゃん達がハゲるんじゃないかと思うくらいなめまくり、寝ているコですら、なめてなめて、起こしちゃってました(笑)
初めての子ども達でしたから、まぁ仕方ないのかな。
父親との同居も、なんとかなったようで・・・・ティモンさんの剣幕に、リッキーさんがたじたじ。無心にじゃれてくる子ども達をヘタにあしらう事も出来ず、お父さんのストレスは、かなり上昇したと聞いています。。。。

外の放飼場へ出られるようになってからは、おちついたのかな。
Gennki_l01ティモンさんは、少し下の方の日陰から、チビさん達の方をじっと見ていました。

こちら、ねむねむのげんきくん・・・だと思う。。。。

すでに、オスラインらしくなっていますか?
や、オスライオンは寝るのが仕事・・・(笑)

まだ、たてがみなんかは目立ちませんね。
もうちょっと・・・お誕生日くらいには、うっすらと蓄えられてくるかな?
・・・知らない人には、メスライオンと言われてしまう時期がしばらく続きますよ、きっと(笑)

Lions_m01

少し後から、もう一度覗いてみたところ・・・相変わらずお父さんは寝てますが(笑)
暑かったので、はしゃいでこそいませんでしたが、起きて顔を上げててくれました。

並ぶと、・・・何となく見分けられる・・・ような気がします。
奥がゆうきちゃん、手前がげんきくん・・・・違うかな??

もう少し涼しくなったら、駆け回る2頭の姿が見られる・・・と思いたい。
円山は、若干過保護な面がありますからね(笑)
また、早々に室内収容・・・ってなことになりそうな気も、しないではないんだけど?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

好奇心♪

お天気が良くて、日差しが強かったんで、コントラストがダメダメ。
Tanuki02

柵の外側に、ヘンなオバサン(笑)がいると、なになに?なんかくれる?とばかりに見上げて来ます。

この春生まれたエゾタヌキのチビさん達。

ちなみに、兄弟姉妹で8頭いるんだそうな。
えと、エゾタヌキのお母さん、乳首の数は幾つあるんでしょう??
てか、8頭もどうやって入っていたんだろう???(笑)

Tanuki03そっちの方から物音がすれば、そろってそちらを向き。

この後、他の兄弟とじゃれ合いに行ってしまいました。

やはり、チビーズは、コロコロ転げ回ってて楽しいですね。

ちょっと、放飼場があまりに自然に近く(笑)木の陰なんかで見づらいところもありますが・・・。
まぁ、タヌキの一家が快適なら、それもやむを得ませんか。。。。

みんな元気に育ってね♪
 
タヌキは、東アジアの極一部地域と、我が国にしか棲息していない、希少な動物ですからね。
昨今、近所の山林では余り見かけなくなってしまいました。
見かけたと思ったら、道路の脇でご遺体になっていたり・・・・。
・・・・キツネは結構見るんですが・・・・。
それでもこの間、仕事で林道を走っていましたら、道ばたの草の陰から、仔ダヌキが1頭ちょこんと顔を出してくれて、ああ、この辺りで繁殖しているんだ~、と、大層嬉しかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

派手派手♪

情報がしばらく滞っていたので、若干の不安があったのですが。
良かった、無事でした♪
Yousukouwani01 世界的快挙とも言われる、ヨウスコウワニ(揚子江鰐)の赤ちゃん。

本来、冬眠する生き物だそうですが、冬眠させずに繁殖に成功しているのは、世界でも円山だけだそうです。

今回で2回目。

生まれた赤ちゃんは、なんとも派手な模様を背負っています。
 
Yousukouwani02 大人になればこそ、生態系の頂点に立つ生き物であっても、この時期はまだまだ捕食される立場。

これだけ派手な模様ってことは、コレが逆に目くらましになるような環境で生きているんでしょうね。

積もった枯葉の間とか・・・?
ヨウスコウワニが生きているのがどんな場所なのか、想像するのも楽しいです。

Yousukouwani03 え・・・こちらが、ご両親ですよね・・・多分。

何てコトはない、普通に想像できるワニ・・・という姿をしています。

でも、今絶滅の危機に瀕している種類なのですね。

ご両親、頑張ってください。
ヨウスコウワニの将来は、あなた達の双肩に掛かっている・・・と思います(笑)

釧路市動物園の夜の開園・・・・行ってみようと思っていたのですが・・・挫折(笑)
朝、起きるのも遅れて・・・洗濯を済ませたら、なにやらくたびれてしまって、布団に逆戻り。
買い物にも行かずほぼ引きこもり。
明日は・・・動かねば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

良かったね♪

ついうっかり・・・時間が有ったりしたものですから・・・・(笑)

出張により2日ほど、札幌で過ごしました。
帰りの列車までの時間を利用して・・・大っぴらには言えませんが(笑)円山へ走りました。

ええ、このコ達に会いたかったんです。
Wolves_m01

シンリンオオカミのペア・・・ってより、既にカップル以外の何者でもない(笑)・・・キナコちゃんとお婿さんに来たジェイくん。

この前日4日前から同居したそうですが、すでにアツアツ♪
目の前で、ディープキスですか?

 

Wolves_m02 キナちゃん・・・お姉ちゃんのアンコちゃんが亡くなってからずっと1人ぼっちで・・・・群で暮らすオオカミとして・・・さぞかし淋しかったんでしょう。

すっかりジェイくんにマイッているご様子。
ジェイくんにお腹見せてごろんしています。

年齢的にはキナちゃんの方が5歳も上なのですが、流石にジェイくんはオスだけあって、若くとも体格が良いですね。

Wolves_m03 とにかく、キナちゃんの喜びようが凄いんですよ。

今、ちょっとお目々を患っているようなんですが、そんなの全然関係ないわとばかり、ジェイくんとじゃれまくり。

見ているコチラも、とてもとても嬉しくなってしまいました。

オオカミ放飼場も広くなって、2頭が十分に駆け回れるので、この分だと来年の春に、期待大です♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

実は・・・・♪

Brazzas_monkey05

今年、旭山で生まれたブラッザグェノンの赤ちゃん。

もう、お母さんのお腹から、ちょくちょく離れるようになってきています。

側にいるのは、昨年生まれのお姉ちゃん。

一生懸命子守りをしていると思ったら、やはり・・・というか・・・女の子だそうです。
キーパーさんに教えていただきました。

現在ブラッザグェノンは、両親とその子ども4頭、あわせて6頭がいます。
このお姉ちゃんがチビちゃんを構おうとするときは、お母さんは特に何もしませんが、上2頭は男の子なんだそうで、特に、下の男の子がまだやんちゃで、妹がチビちゃんを抱っこしているとちょっかい掛けに来ます。
お姉ちゃんとチビが叫び、お母さんが慌てて駆けつけ・・・ちょっとした騒ぎになりますね(笑)

昨年の日記を見ていたら、お姉ちゃんが赤ちゃんの頃の写真がありました。
秋口に生まれているんですね。
今年は春先の誕生です。
えと、ブラッザグェノンの妊娠期間ってどのくらい・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

親近感♪

以前、マルミミゾウのナナちゃんがいた展示場には、今、2羽のモモイロペリカンさんがいます。
ナナちゃんと一緒に展示されていたペリカンさん達は、今、ナナちゃんのいない展示場で過ごしています。
たまに、水面にいたり、水面に浮いている板の上に乗っていたり・・・・。
Pelican02

大概、陸地の端っこで並んで止まっていますけど。

いつもどおり声を掛けて写真撮って・・・・。

あれれ?・・・・・首が傾がりました。

そこで、角度を変えて撮ってみることに。

Pelican03 ・・・・やっぱり・・・・・。

なんで、こんなに体型が違うの・・・???(笑)

右のペリカンさん、メタボ!?

それとも、雌雄で体型違うとか??
或いは、何かに驚いたり警戒したりして、羽毛が膨らんでいるだけ??

同じ場所で飼育されていて、なんでこれだけ体格が違うんでしょう??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

台無し

様々な生き物がいる中で、生き物ごとに持つ性質があり、更に個体が持つ個性があります。

Ezoshika31エゾシカのむくみクン。

エゾシカ舎にした若い男の子2頭が、オオカミの森のエゾシカエリアに移動しています。
もちろん、間を金網で仕切っていますから、野生で・・・過去にはあった・・・状態を再現することはありませんが。

互いに、獲物または天敵が隣のエリアにいることで、刺激にはなるっぽいです。

むくみクン、すっかり写真が撮りづらくなりましたが・・・・角はちゃんと成長中。
ハンサム(死語?)な若ジカになってきています。

Ezoshika32 こちら、もうひとりの男の子。鶴岡(つるがおか)クンです。

左角が・・・・・!

初めてここでオオカミと対面したときに、驚いた余りパニック起こして、金網だったか柵だったか・・・に激突しちゃったんです。

袋角が成長中のこの時期、角は柔らかで血管が通っています。
・・・・流血の惨事になっちゃったんだそうで・・・・変形しちゃってます。

どちらかと言えば、鶴岡くんの方が活発で物怖じしないようなイメージがあったのですが、キーパーさんによれば、「お調子者」なんだとか(笑)
案外臆病なところがあったんですね。

せっかくのいい男が台無しです・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

手に汗握る・・・・。

今日の旭山は雨でした。
夏休みのせいか、お祭りと重なっているせいか、お天気が良くない割には混んでいたかな?
や、のんびり着いたら・・・駐車場が遠かった・・・(笑)

半袖では肌寒さを感じるような気温で、結構動いている連中も見られる中、どうやら雨は苦手らしいオランウータン。
屋外放飼場で唯一雨の当たらないエリアで、お母さんと息子はあまり動かなかったのですが・・・。
どうやら、娘が退屈を持て余したらしいです(笑)
Momo07

1人でタワーを登り始めたモモちゃん。

もちろん、もう1人で空中散歩が出来るモモちゃんなのですが。

 

 
Momo08 バックが灰色の空で、シルエットになっちゃっていますが・・・。

モモちゃん、まだ小さくて下のロープに足が届きません。

でもって、彼女、昨年だったか・・・腕を骨折しているんですね。
もう、完治していますが、握力とか・・・影響無いのかな・・・?
似たような事例を知っているだけに・・・・モモちゃんの見事なブラキエーションを見ながら、一抹の不安が・・・・。

Momo09しかも、モモちゃん、帰りは下のロープだけを使ってました。
ええ、この下は地面まで何もありません。

分かっているんですよ、理屈では。
オランウータンの、人間とは比較にもならない能力のことは。
分かっちゃいるのですが・・・・心臓に悪いです。
ましてや・・・遊びながら・・・でしょ?モモちゃん。

なんだかんだ、部外者の思惑をよそに、ちゃんと成長しているんだね。
いつまで、そのやんちゃな姿を旭山で見ることが出来るかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

お目覚め?

昼行性と聞いています。
でも、あまり会えません。
やっぱり基本的に彼らの行動は採餌のためであるからでしょうか?
ご飯が黙っていても与えられる状況では、走り回って探す必要がないのだし・・・・食べて寝てばかりだと・・・太るよ(笑)
Ezorisu04

あら?

見つかっちゃった??

なぜか、一番てっぺんで隠れていた・・・つもり?・・・のエゾリスさん。

冬も冬眠せず、食料となる木の実をあちらコチラに貯食する性質のあるエゾリスは、森林においては、立派な造林者であります。
彼らが食べ残しあるいは忘れてしまった木の実が、やがて芽を出して・・・・数百年かけて森になります。

Ezorisu05 生き物たちの力で森が出来、森は生き物たちを育み、その繁栄を助けます。

大切な役割を、この小さなからだと円らな瞳で担っているエゾリスさんです。

でも、せっかくですから、昼間もうちょっとお顔見せてくださいな。
最近、エゾモモンガさんと同じくらいの遭遇率になってますヨ♪

ようやく、一週間のお仕事終わり!
出掛けたいと思えど、この週末は全道的にお天気がよろしくないらしい。
ふむ・・・どうしよう。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »