« 様々な愛の形・・・? | トップページ | 今度こそ、独立! »

2008年9月 3日 (水)

視線・・・!

つまり・・・山の中では絶対お仲間にお目に掛かりたくないです(笑)
それでも、仕事でちょくちょく山へ入りますんで、・・・・ま、落ちてたりするんですな。
いわゆる、落とし物ってヤツが、こんもりと(笑)

アクリル越し、格子越しに眺めている分には、愛嬌者のエゾヒグマ、とんこちゃんです。
Tonchan39

材木をガジガジしながら、視線はあっち。

ちょっと睨んでるような目が、怖いっちゃ怖い。

 

 

 
Tonchan40  

同じく、材木にスリスリしながら、視線はこっち。

多分、見られているんだろうな。

クマの視力は人と同じくらいだと、聞きました。

コチラがとんちゃんを見ていると同様に、どんちゃんからも見られています。
人間を見て、とんちゃんは何を思うんでしょう?

とんちゃんも、オスのくまぞうさんも、保護個体です。
母グマを人に「駆除」され、子熊であった故に飼育を条件に命を救われたと言う可能性が高いです。
目の前で・・・・想像を逞しくすることを許してもらえるなら・・・・・人間に母親を殺されたかもしれないヒグマが、人間に対して抱く気持ってどうなんだろう・・・?
・・・と、そんなことを思わないことも無い訳で。

それでも、エゾヒグマは言わば「隣人」
常に、人と隣り合わせのエリアで生きている動物です。
今までも、これからもそうであって欲しいから・・・・、やっぱり、旭山へ行くたびに、とんちゃんやくまぞうさんのご機嫌を伺いに行くのです。

|

« 様々な愛の形・・・? | トップページ | 今度こそ、独立! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 視線・・・!:

« 様々な愛の形・・・? | トップページ | 今度こそ、独立! »