« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月30日 (木)

元気かな?

土日勤務の振り替えをくっつけて、晴れて4連休。

Sealion13ちょいと、道内を回ってこようと思います。

車のタイヤも取り替えたし。
これで、峠道で雪が降っても大丈夫。

明日・・・起きられたら、会いに行きます♪

さて、さっさと寝よう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

お名前は?

今日は、旭山動物園から。
夏期開園中の写真です。
Ezoshika37 エゾシカ舎のおちびさん。

8月も下旬になってから生まれた男の子です。
とても元気なコですが、やはり、中々身体が大きくなりません。
「まだ」こんなに小さいです。

昨年も、遅く生まれた女の子が夭折しているので・・・しかも、その子よりまだ誕生が遅いのです・・・・、今年も心配で溜まらないのです。
ちゃんと冬が越せるかな・・・。

Ezoshika38 もう、草も食べますが、ときどき、「まだ」お母さんのおっぱいに吸い付いてます。

でもって、「まだ」名前が付いていないのです。

だから、「まだ」くんと呼ばれてます(笑)

んもう!
エゾシカ担当キーパーさんてば!

故に・・・チンパンジー館で、この夏生まれた赤ちゃんのコトをお尋ねしたとき、あまりにまっとうな名前の付け方だったので、一瞬気が抜けました(笑)
どんな回答が返ってきてもずっこけないようにしようと言う心構えが、なんというか、スカっと空振りした感じ(笑)
Chimpanzee_baby06Mキーパーさん、まともなリアクションが返せなくて、ごめんなさい。

ミコさんの赤ちゃんは、男の子だそうです。
お母さんの胸に、しっかりと抱き抱えられていて、中々お顔を見せてもらえないのですが。

シンバくんにとっては、長男です。
そのお名前は・・・・、や、まだ赤看板が更新されていないから、もうちょっと黙っておきましょう。
冬期に、看板・・・青看板も含めて・・・整理されていたら、改めてご紹介したいと思います。
担当キーパーさんの、逆境に負けない強い男に育って欲しいと言う願いが込められた、とてもステキな名前です。

・・・・でも、チンパンジーって、水は苦手なんじゃなかったっけ・・・・・??(ボソボソっ)(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

しっかりね・・・!

Nana01 釧路市動物園のアフリカゾウのナナちゃんです。

来年公開される旭山を描いた映画では、今は亡きマルミミゾウのナナちゃんの役を立派に勤め上げたそうです。

監督も絶賛する名女優ぶりを発揮したとか・・・。

そのナナちゃん、随分前から、左前脚を患っています。

イベントも中止にして、治療を続けているのですが・・・・。
たまに、パクパクタイム(?)で、飼育員さんとのトレーニング風景を見ることができました。
Nana02ゾウは、大変頭がよい上に、気むずかしい生き物のようです。
釧路市動物園でも、大ベテランのキーパーさんが、長い時間を掛けてじっくりと信頼関係を築き上げてこられました。ここしばらくは、放飼場であまり動かずにじっとしていることが多かったですね。

まだ、若い個体のハズですが、傷は中々良くならないようで・・・・それどころか・・・・。

Nana03調子が悪いのでしょうか。
寝室から出てきてくれません。

この日はとうとう、お外へは出てきてくれませんでした。

そして、公式サイトでは公開中止の知らせ・・・・。

治療に専念するのですね。

ゾウのような巨大な生き物にとっては、脚の怪我は致命傷になる場合が往々にしてあるので、心配です。

ナナちゃん、ガンバレ!
きっと、きっと元気になってね!
これからナナちゃんの苦手な寒い日が続くけれど、ゆっくり傷を治して、きっと元気な姿を見せてね!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

だるまさんが転んだ・・・?

運動場をトコトコとと歩いていて・・・・ふ、と何かに気がついて、動きが止まることがあります。
この時、上げていたあんよも、上がったままぴたっと止まります(笑)
Lesser36

釧路市動物園のレッサーパンダ。
男の子の剛くんです。

右前肢が上がったまま、固まっていました。

 

Lesser37 女の子の光愛ちゃん。

彼女も左前肢が上がったままぴたりと止まっていました。

まるで、だるまさんがころんだ・・・をやって遊んでるみたいです。

トラなんかの忍び寄り系は、けっこう動きの途中で止まっている様子を見るんですけど、レッサーパンダのコレって、なんなのでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

復活~~!

世界中の、様々な環境で・・・・本来は生きているものたちです。

動物園のある場所の環境が、必ずしも適しているとは言い難いわけで。。。。
つまり、気候によって体調を崩してしまうことがあるんですね。
Snowy_owl09

北極圏に棲むシロフクロウさんは、夏の暑さには大層弱いようで。

釧路のように夏場に寒冷な地域・・・・・動物園のある地域は、少し内陸なので、夏場は案外気温が上がることもあるようです・・・・・でも、体調を崩して、しばらくバックヤードで療養なさっていました。

10月の頭くらいから、復活しています♪
Snowy_owl10

上がダンナさん。

下は奥様です。

シロフクロウのメスは、卵を抱くときの保護色として、褐色の模様が入って居るんです。

かなり、長い間展示されていなかったのは、健康を取り戻せたか、展示再開して再び悪化させる可能性はないか・・・慎重な検討が重ねられていたせいでしょうか。
生き物の健康が第一。
そのためには、端から見れば過保護とも思われるくらいの措置も必要なんですね。

特に釧路市動物園は釧路湿原に位置し、回りは湿地ばかり。
蚊が媒介する病気の心配もあるようです。

無事に元気になって、良かったね。

こうした状況を、釧路市動物園ではホームページを始め、フクロウの森の金網の前に手書きの黒板ボードを下げたりして、きちんと知らせてくださいました。
こういうのは、ホントありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

Take off!!

北海道ゾーンのシマフクロウケージの隣にいます。
Kumataka03

日本で見られる猛禽・・・・つまりワシ・タカの仲間では大きい部類に入りますか・・・。

クマタカさんです。
釧路市動物園さんでは、数年前から繁殖に成功していますが、並々ならぬご苦労があったようです。

それというのも、このクマタカさん・・・・、
Kumataka04

大変に神経質な生き物なのです。

クマタカケージには、木で目隠しがなされており、数カ所に開いた隙間から、クマタカを観察出来るようになっているのですが、コチラから見るスペースがあるということは、向こうからも当然見える訳で。

人の姿が見えると、たちまち警戒音を発して、動きがせわしなくなってきます。
Kumataka05そして、あちらからコチラと飛び回り、落ち着かない様子が続きます。

写真を撮る身には、格好いい離陸シーンではあるのですが、クマタカさんにとっては、限られたスペースのケージの中で、少しでも人間から離れようとする行動ではないかと思われ・・・・。

取りあえず、そっと静かに忍び寄り、小さな声でご挨拶して、板の陰に隠れるようにして眺めています。

それでも、クマタカの旦那の、コチラを気にすること気にすること・・・・。
オマケに、デジタル一眼レフカメラの、シャッター音の響くこと。
クマタカさん、ごめんね。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

ダイブ!

相変わらず、じゃれじゃれのホッキョクグマのペア・・・てか、カップル(笑)

Polabears33 ツヨシくんめがけてダイブするクルミちゃん。

・・・もう、何も言わないわ。
好きなようにイチャついてて・・・・(笑)

・・・と、言いたくなりつつも(笑)この二人から目が離せません。
とにかく、面白い!
大きな図体して、まるで子熊のようにじゃれ合うんですから。

Polabears34 こっちでも、ダイブはクルミちゃん。

年老いた母親相手では、こんな風に遊ぶことも適わなかった・・・のかもしれません。
若いツヨシくんと思い切りじゃれ合うのが楽しいんじゃないかと思うのですが。

このまま二人で仲良く・・・・数年後には、嬉しいお知らせが聞けると良いなぁ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

しまい忘れ(笑)

釧路市動物園のもうじゅう舎は、奥行きが無いので、ちょいっと写真が撮りづらいのですが・・・。

こちら、ライオンのご夫妻。
Lions_k01

ダンナさまのキングさんは帯広うまれ。
ご実家(笑)には、弟(?)のドラゴンさんと、妹(?)のエルザさんがいらっしゃいます。

奥方のマナミさんには頭が上がらないのだとか。
いずこのライオン夫婦も同じなんですね~♪

ごろごろ寝ていらっしゃるのも同じ。
ダンナさま・・・舌をしまい忘れていらっしゃいます。
 
Lions_k02そろそろ室内収容・・・パクパクタイム・・・・という時刻。

お目覚めになられて、お互いにごあいさつ。
マナミさんがキングさんにすりすりすり。
キングさんもマナミさんをペロペロ。

でもって、キングさん・・・・・。

 
Lions_k03

やっぱり、舌をしまい忘れていますよ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

みんな一緒!

平日にポツンともらった代休。
旭山は休園中。
となれば、行くところは決まっている(笑)

てか、休養のための休暇なんだけど。
身体を休めるより、心の癒しを・・・・てか?(笑)

Sealion11

お母さんのお口にピントが合ってしまいました(笑)

オタリアの冬花ちゃん。
生まれて約8ヶ月で、今日、大きいプールに出ていました。

オス親が一緒だと、事故の可能性もあると言うことでしたが、もう、大丈夫なのかな?

釧路市動物園の「ある日の日記」を見ると、今日から?
もしかして、今日、大きいプールでのデビューだったんですか??
Sealion12

プールの壁の汚れが気になって、何度もジャンプを繰り返していた冬花ちゃんです。

ずっと、お母さんと一緒に小さいプールにいた冬花ちゃんです。

きっと大きいプールは刺激的で、好奇心も一杯発揮できるんでしょう。

ちなみに、お父さんはしばらくぶりに一緒になったお母さんに、とっても興味があるっぽかったです(笑)
冬花ちゃんに弟か妹が生まれる日も遠くない・・・?

 

新施設が出来るまで、公開が一時中止になっているタイガちゃんとココアちゃん。
その成長を記したDVDが販売されていました。
もちろん、購入することによって、基金に寄付もできるとのこと。
今日、伺ったお話では、障害の重かったタイガちゃんが、不自由な足を付いて4本脚で歩行することも出来るようになったとのこと。
骨の成長不足を、筋肉で補うことが出来るのであれば、動かすことは決して悪いことではないハズなのですが・・・・。
もしかすると、増加してきた体重を支えるためにはそろそろ3本の脚では負担になってきたということも考えられ・・・・。

中々、単純に喜んで良いことなのかが分からないあたり、ちょっと辛いですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

期待♪

夏の間、なんというか元気がないのです。
Ruru16

あまり動かず、半身浴みたいにして水に浸かっていることも多いのですね。

基本、人混みは苦手なので(笑)ホッキョクグマのもぐもぐは避けるようにしていることもあって、あまり活発に動くところはみられないのですが。

や、ルルさんのね。
イワンくんは、結構常道運動してることが多いですが。。。。

Ruru17毎年、秋口には冬毛への生え替わりが上手く行かず、地肌の黒が透けて見えてしまうルルさんですが、今年は・・・今のところ調子が良いのだとか。

秋口に調子が良いということは・・・
今年は期待しても良いのかな?

若かったイワンくんもすっかり大人。
某週刊誌の情報によれば・・・旭山の公式サイトから見られます・・・もしかするともしかするかもしれない♪♪

Ruru18

基本、冬の間も冬眠しないホッキョクグマですが、妊娠中のメスだけは別です。
交尾は春先ですが、着床遅延という身体のシステムがあって、秋口の母体が出産子育てに耐えられるだけの健康体であれば、冬ごもりして出産と言うことになるのだそうです。

イワンくんが大人になって・・・・ルルさんが元気であれば、動くぬいぐるみ(笑)の出現率は高くなるのね。

問題は、環境かな?
北極圏の冬は太陽が昇らないから、一日暗いままだし。
狭い穴の中で、風の音しか聞こえないような・・・・そんな環境が、今の旭山で用意してやれるか?と言う不安があるんだな。

あれだけ、人が入るようになったところですからねぇ。

旭山はもともとホッキョクグマの繁殖では先駆者ですが、当時の動物園はこれほど人が入っておらず・・・・しかも冬期開園していなかったんですよね・・・・?

頼むよ・・・・旭山。
ルルさんのためなら、ホッキョクグマ館が閉鎖になっても文句言わないから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

秋の一コマ

初霜、初氷と来て、あとは初雪の便りを待つだけになっていますが、先日、小春日和のこんな光景。

Marimo71

おすわりマリモちゃん。

相変わらずの美少女っぷりです♪

ところで、この写真・・・・良く見ますと・・・・。
 

Marimo72 お尻から、左脚先にかけて。。。。

トンボが一杯とまって居るんです(笑)

トンボさん、マリモちゃんのドコがそんなに心地良かったんでしょう?

 

この日のマリモちゃんとゲンキくん。
Marimo73

仲良く一緒に、もぐもぐTime♪

 

 

 

仕事で・・・・土日がありませんでした。
旭山の夏期開園最終日というのに・・・・。
ちなみに、次の週末も土日が潰れます・・・・。

なかなかゆっくり休める日が無いせいなのか、ちょっとお疲れ気味で・・・・、頭イタイ。。。。
風邪引いたかな・・・・?

代休はもらえるけれど、土日のように連休にならないので、こうなるとお出かけもままならないし。
取りあえず、今日は早く寝よう・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

森の人たち

オランウータンは、冬期は室内のみの展示となります。
初冬や春先など、暖かい日は外へ出ることもありますが、基本、熱帯地方に棲む生き物ですから、寒いのは苦手なんです。
Orangutan19

父親のジャックさん。

奥さんや子ども達とは交代展示になっているので、最近室内でしかお会いできないのですが・・・大抵、客に背中を向けて寝てらっしゃいます(笑)
故に、お顔を拝見したのは、とても久しぶりなんです♪

Orangutan20でもって、室内では奥さんと息子。

外にオスのオランウータンが出ていると気になるんでしょうね。

たいてい窓に張り付いています。

息子の方は・・・・・取りあえず、客に興味があるっぽいですが(笑)

で、娘の方はと言いますと・・・・・。
Orangutan21 ・・・なんだか、ちょっと拗ね気味です。

来年は5歳・・・になるのだったかしらね?
野生ではだいたい6歳くらいで親元を離れると聞いたのですが、モモちゃんもそろそろ独立準備でしょうか。

んで、何をふて腐れているかと言えば・・・・。

 
Orangutan22 下の方で遊んでいて・・・どうやら何か見つけた様子に、母親のリアンさんがすっ飛んできて・・・取り上げちゃったのか、止めさせたのか・・・・?

オランウータンは、親子でもエサを分け与えることをしません。
故に、早い者勝ち、強い者勝ちが原則なんです。
もしかしたら、何か危険と判断してやめさせたのかもしれません。
いずれにしても、モモちゃん、ちょっと面白くなかったらしいです。

オランウータンは、とても人と近いので、仕草や個体同士のやりとりは、見ていると興味深いところが多いです。
でも、観覧スペースがあまり広くないので、混んでいるときはゆっくり見るのは難しいあたり、ちょっと残念なのですが・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

一人前?

ええ、図体だけはしっかりと(笑)

Gentoo52 8月に生まれたジェンツーペンギンのおちびさん。

もうすっかり大きくなりました。

あと僅か!僅かにフリッパーの真ん中だけ、産毛が残っています。

新しい羽毛はまだ銀色に近くて、柔らかそう。

Gentoo53 でも、一人前なのは体格だけで・・・・・(笑)

まだまだ、ご飯のおねだりです。

まだ、お魚丸ごと食べられないのかな?

とにかく、ちょーダイ攻撃が凄まじく、親鳥がとうとう逃げ出しました。
Gentoo54

運動場を駆け回る、二羽のジェンツーペンギン(笑)

ちなみに、このあと親鳥が逃亡する先は・・・・プールです。

ちびさんは、まだ泳げない・・・水に入っていないのだそうで、プールに飛び込まれると、追っかけられないのですね。
親鳥は、取りあえず逃げても、すぐ上がってきますから・・・・また追いかけっこが始まるのです。
見ている分には大変ユーモラスで楽しいのですが・・・・やってる本鳥たちは、多分必死です・・・・お互いに・・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

ぬくぬく ふわふわ♪

やはり、気温が低いせいなのでしょうか。
ジェフロイクモザルの生息地は中米、暖かい地方に棲むサルですからね。
Kumokapi05

暖房になっている電球(?)の回りに、みな集まっています。

上からは電球。
でもって・・・下からはカピバラ暖房(笑)

カピさんも、電球の下は暖かいんでしょうかね。

Kumokapi06カピさんの毛が、ちょっと、薄く見える部分があるのが、気にはなるのですが(笑)
クモザルさん、おイタしてる??

良く見ていただくと、
カピさんの毛がふんわり、ふあふあ♪

ネコなんかは、総毛立つと言えば、怒っていたり怖がっていたりと言うところですが。
聞くところに寄れば、カピさんの場合、気持が良いときに毛がフワフワになるのだそうです。

Capybara07 クモザルさんが去ってしまうと、ふわふわになっていた毛が、ゆっくりと落ち着いて下がってきます。

お顔も、なんだかちょっと物足りなさそう。

上の写真のお顔の、何とも気持ちよさそうなコト♪

どうやら・・・気温が低いとき限定かも知れませんが(笑)・・・カピバラさんも、クモザルさんにくっつかれるのは気持ちが良いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

不在・・・・

年間に数十回と同じ動物園に行っていると、当然、様々な個体を識別できるようになってくる。
そうでなくても、名前がついているコには、挨拶をしたり話しかけたりする訳で・・・・や、端から見ればかなり危ないオバサンなのかもしれませんが・・・・。

となると、運動場に出てきていないことがあると、不安になる。
もちろん、きちんと交代展示されているとか、あるいはおめでたいニュースがあったりとか・・・個体によってはご機嫌が悪いと出て来ないとか・・・・、不在の理由が分かっているなら問題はないのだけれど。

Snowy_owl08今年の春から公開になっていたシロフクロウの奥方。
来園当初から身体を壊していて、しばらくバックヤードでの養生期間があったようです。

公開になって・・・・やもめ暮らしだったオスのシロフクロウと、少しづつ距離が縮んでいるように感じていたのですが。

夏の終わり頃から姿が見られなくなっていました・・・・。

Dacho08

こちら、ダチョウのご夫婦。

旦那様のお名前を失念したのですが、奥方はよしこさんとおっしゃいました。

実はエミューさんと日替わり交代展示。
故に、タイミングが合わないと、ずっと会えないということになるんですが・・・・。
こちらも、先頃、旦那一人の展示となっておりまして・・・・、どうしたかしらと案じて居たところではあったのです。
 

どちらも、既にお亡くなりになっているとのことでした。

んで・・・青看板、出ていないんですけど?
個体が死亡したときにもきちんと伝える、というのが旭山のやり方なんじゃなかったっけ?

オオカミの森がオープンしてこの方・・・多忙を極めておいでなのでしょうが・・・原点がお留守になっていませんか?

「命」とつきあっていれば、いずれ別れが来ることは分かっていても、知っている個体や思い出を作ってくれた個体との別れは、やはり辛いものがあります。
行くたびに、必ず慰霊碑に向かって一拝はしてくるものの・・・・いつもの顔が見えない不安、そして、キーパーさんにお尋ねしてようやく返ってくる不在の理由・・・・・。
頻繁に行けなくなっているからこそ、みな元気で変わりなくいてくれるだろうかと・・・そう思うのに。
知らないうちに、実は死んでました・・・では、ちょっと切ないよ。

 

 

アドベンチャーワールドの梅梅さんが亡くなられた知らせ。。。。。
彼女とは、一度室内にいるところでお目に掛かりました。
双子を両腕に抱えた写真が・・・・・とても優しい眼差しが・・・・大好きでした。
若い良浜ちゃんがお母さんになったばかり・・・。
良浜ちゃんが、ちゃんとお母さんになって、しっかり子育てするのを・・・空の上から見守っててくださいね。
たくさんの子ども達をありがとう。
たくさんのほんわかと、笑顔をありがとう。
心中よりご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

木登りレッサー

レッサーパンダは、樹上生活者です。
基本的に木登りは珍しい事ではありません。

とは言え、個体には得手不得手があるものでして(笑)
Lesser33

釧路市動物園の木登りレッサーといえば、女の子の光愛ちゃん。
運動場に生えているモミジの木に登っているのをよく見かけます。
逆に男の子の剛くんが木に登っている姿を、いままで見かけたことはなかったのですが・・・・。

この日、木登りしていたのは、なんと剛くんの方でした!
何とも見ていて危なっかしいと言うか、枝にしがみついているように見えて仕方がなかったのですが(笑)
Lesser34

光愛ちゃんは、地面を元気に駆け回っていました。

けれど・・・・ちょっと気になることが。

一時、自分で舐めて細くなってしまっていたシッポ、換毛を終えて、ふさふさになっていたところでしたが・・・・おや??
Lesser35

ありゃりゃ・・・・、

また・・・・、細くなって来ちゃってます。
ストレスなんかなぁ。

びみょ~に上手く行っていない二人なんですね・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

アクシデントもあります(笑)

釧路市動物園、ホッキョクグマシリーズ・・・・いつからシリーズ化?

Polabears29

じゃれじゃれしていると、ちょっとテンションがハイになってきたりして・・・

 

 

Polabears30カプリっと、強くやっちゃうこともあるようです。

決して相手が怪我をするような噛み方ではないのですけれどね。

この時も、ツヨシくんが勢い余ったか、クルミちゃんをカプリ!

 

Polabears31直後、しっかり仕返しされたツヨシくんです。

あいたたた・・・・お姉ちゃん、ごめんなさ~い・・・・

右耳をがっちりくわえられて、なんだか痛そうです。

 

 
Polabears32てか・・・、ホントに痛かったらしい・・・・。

ツヨシくん、しばらくクルミちゃんの側へ寄れません(笑)

それでも、遊んで貰うタイミングをはかっているようなツヨシくんなのでした。
物陰から、こっそり(笑)

でもって、朗報!!!

続きを読む "アクシデントもあります(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

Kiss,Kiss,Kiss♪

Polabears26 とにかく、いちゃつき具合が見てて楽しかったので、一杯撮ってきてしまったツヨシくんとクルミちゃん。

・・・・ので、しばらくおつきあいくださいませ。

ともかく、最初は軽いKissから♪

伸び上がった・・・というより、プールの壁にしがみついてる?(笑)クルミちゃん。

 

 

Polabears27ちょっとムーディに(笑)

こちら、プールにいるのはツヨシくんの方ですね。

こういったkissは、じゃれ合いの合間にちょくちょく見られます。

基本、じゃれ合いは、お口がパカっと開いて、牙が見えて・・・いわゆる甘噛み?・・・噛み合い状態になるんですが。
シーンだけ見てると、結構ガオガオやり合ってて、怖く見えることもあるんです。
子どもさんなどは、ケンカしてる・・・と思われることも多いみたいですね。

Polabears28 最後は、ちょっとディープに(笑)

下がクルミちゃん。上がツヨシくんです。

ツヨシくんの体格が、急に大きくなったような感じがしますね。

今年の春、同居して直ぐは、かなりツヨシくんの方が小柄だと思ったのですが、今は、体格だけで見分けるのが難しいような・・・・。
ツヨシくんも今年で5歳。
急に大きくなる時期なのか、はたまた女の子との同居がそうさせたのか・・・・。
いずれにしても、近い将来が楽しみな二人なのです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

誰か・・・・!

誰か、何とかしてください!
この二人を・・・・(笑)

Polabears23釧路市動物園。
ホッキョクグマ舎。

クルミちゃん、遊ぼう!とばかりにプールから誘っているのは年下の男の子(古い?)ツヨシくん(笑)

 

 

Polabears24

えいっ!

水中から伸び上がって、クルミちゃんを誘うツヨシくん。

クルミちゃんの方も、何やら楽しげに相手をしているように見えます。

 

Polabears25

しばらく後に、同じような場面に出くわしました。

今度は、プールからじゃれついているのがクルミちゃん。

さっきとは逆のパターンで、ツヨシくんも積極的にじゃれています。

とにかく、イチャイチャ、とかラブラブとか・・・・そんな生やさしいものではないです(笑)
同居当初の頃は、クルミちゃんが怖くて避けまくっていたツヨシくんですが、聞くところに寄れば、7月初旬頃、もっぱらツヨシくんを無視していたクルミちゃんが、彼に関心を持ったあたりから、二人の関係が変わったらしいです。
クルミちゃんの身体の生理が関係しているかも・・・という話もあります。

・・・・・ともあれ、今ではすっかり仲良しさん♪
て言うか・・・熱すぎません???(笑)
ええ、本日の釧路市動物園・・・ついうっかり釧路市の天気予報の気温のつもりでいたら、海岸沿いよりだいぶ気温が上がる地域なんですな・・・・ひどく暑かったのは・・・・、もしかしてこの連中のせいですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

寒さには強いんです。

豹柄と言えば、昨今一部のご婦人達にたいそう人気のある柄だと聞いております(笑)
Atene18

秋らしく、赤く色づいたナナカマドの実をバックにちょっと伏せた眼差しが、なんとも美人さんではあるのですが。。。。

ぢつは男の子(笑)

アムールヒョウのアテネくんです。

Atene19 こちらの写真だと、男の子に見えるかな(笑)

兄弟のキンくんとは、男の子同士でもう一緒にはいられないので、交代展示になっています。

でも、檻の前にはまだ2頭の名前が並んでいますから・・・・。

「1頭しかいないね。もう1頭はどこにいるんだろう?」
って声がよく聞こえてきます。

そしてもう一つ・・・・・。
「こんなに寒い日に・・・・」
・・・ってヤツです。

トラもそうですが、ヒョウも南方系のイメージが強いようですね。
確かに、ヒョウといえば、ジャングルのイメージがあったりするのかも・・・・。
でも、このコたちはアムールヒョウ。
アムールトラが別名シベリアトラとも言われるように、アムールヒョウも寒いところの生き物です。

もっとも、アムールヒョウを展示しているのは、ココを除けば王子と安佐だけのハズだから、寒いところに棲むヒョウというのは、あまり知られていないのかも知れないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

冬支度

山がすっかり金銀紅に染まりました。
雪が舞う日もそう遠くないと思われます。

山の動物たちも、冬支度が始まってますね。
例えばエゾシカ。
Ezoshika36 夏場の鹿の子模様が消えていきます。
ちょっとごわごわした感じのある冬毛に変わってきて、色味も赤みが薄れてグレイに近くなってきますね。

左の牝鹿さんは、多分清野さんと思われるので、右の子ジカはペペコちゃんだね。

ぺぺコちゃんがくんくんしているのはお父さん。

Haruo13

その、お父さんの治夫さん。

相変わらずの御立派な角。
そして、秋になって凄まじく首が太くなりました・・・や、冬毛で太く見えているだけかも知れないが・・・・・いや、これだけの角を支えるのだから、やっぱり夏より太くなるんじゃ・・・???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

外来種

とても、とても長い時間を掛けて、ゆっくりと進化したり淘汰されたりして、生物が微妙にバランスを取って作り上げてきた世界に、人間が、異種なものを放り投げてしまったことから起こった問題です。

アメリカミンクやアライグマなど、人の身勝手が生み出してしまった「害獣」が、今や在来の生物を潰しかねない状態。
とは言え・・・・・・、

Araiguma03生き物に罪はないものね。

外来種代表(笑)アライグマさん。
昨年は残念なことになりましたけど、今年は4頭が元気一杯・・・・小獣舎が手狭です(笑)

とにかく元気一杯なのは良いのですが、最近大きくなってきて、いとも容易く金網をよじ登るようになってます。
天井の金網を、逆さまになって移動したり(笑)

小獣舎を覗いて、アライグマの姿が見えないときは、檻から少し離れて上を見てみてください。
張り付いてたり、挟まってたりします(笑)

Tanuki04こちら、在来種代表、エゾタヌキさん。

比べると・・・確かによく似たお顔立ち。

鼻から額に向かう黒いラインの有無が大きな特徴となりますね。
これも、個体差とかあったら、一瞬で見分けるのは、きっと大変です。

旭山では今、外来生物展をやっています。
その一環として、午前中だけですが、アライグマ舎の隣にタヌキを展示して見比べられるようになっています。(午後はウンピョウ)
アライグマなどの動物に限らず、植物や昆虫などでも外来種は問題になっています。
・・・行こう、行こう、行かなくては・・・と思いつつ。
早起きが辛くて入園が遅くなり・・・・夜道が怖くて退園が早くなる現状では・・・・中々時間が取れません。
夏期開園が終わるまでに・・・・泊まりがけで行けるかなぁ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

本日の営業担当(笑)

この日のサービス係はクリスでした(笑)
Wolf05 オオカミの森のヘアーズアイの正面で、接客業に精を出してました。

ヘアーというのは、野ウサギのこと。
ラビットとはまた違うウサギです。
北海道に野生でいるのは、エゾユキウサギ。
野ウサギともまたちょっと違う分類をされるらしいのですが、少なくともラビットではないのですね。
ラビットは、巣穴で子を産み、生まれたコは赤裸で目も開いていませんが、野ウサギは巣穴を掘らず、生まれたコは最初から毛があり、目も開いているのだそうです。

かつて、オオカミが北海道で生きていた頃、彼らの食料の一つだったウサギです。
その目線でオオカミを眺めてみようと言うのがヘアーズアイですが、上手くオオカミが近くにいないと、折角並んでもなんにもならない・・・ということに。
この日、ご覧になった方は幸運でいらっしゃいました。
黒い方の個体も、ちょろちょろしていましたから、両方一辺に見られた方もいらっしゃると思います。

その黒い方(笑)Wolf06

こちらと・・・・

 

 

 

Wolf07

こちら。

 

どっちがケンくんでどっちがメリーちゃん??

顔の幅から言うと、下の方が細い・・・・?(笑)
鼻面も長い感じがするから、下の方がケンくんなのかな??

この日の、テーマソングが掛かったのは2時頃だと思われます。
オープンしてしばらくは、一日に何度も掛けてたのにね。
あれかな、以前の記事で情報頂いた、10時と14時って言うのは、ツアー客向けの時間帯なのかな?
きっと、午後3時だと、団体さんはそろそろ集合時刻なのかも。。。。

頻繁に行けてない分、状況が変わったことを知らず、間違った情報を流してしまい、ごめんなさい。
園内放送やテーマソングに反応して遠吠えするのは確かなようですが、放送が掛かる時刻については、変動があるかもしれません。
お詫びして訂正します・・・・<(__)>

自分もこの日、10時過ぎに入園し、午後2時には別の場所にいた(笑)もんで、遠吠えは見逃しました。
また次の機会に。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

デビュー!

8月に生まれたジェンツーペンギンのおちびさん。
この日の夕方、外の運動場に出ていました。
Gentoo50

右にいるのは、お母さんだと思われます。

モフモフの産毛が、今どんどん抜けてきているそうです。

抜け替わった段階で、独り立ちということになるのかな?

 Gentoo51

お顔のところや、ワキの方は最早大人の羽毛が見えています。

ジェンツーさんは、もう間もなくですが、キングさんの方はと言いますと・・・・、

 

King_baby03まだ、こんな。

なにせ、親鳥が大きいですから・・・・(笑)

お父さんからご飯を貰ってますね♪

キングさんの産毛が抜けて大人と同じになるのは、来年の春です。

昨年のキングちびさんは、事情があって人工育雛になったせいで、大人のキングさん達となじめず、ちょっと淋しそうに一羽でぽつんとしていたのですが、今年のちびさんはちゃんと親が育てていますから、親鳥と寄り添うヒナ鳥の姿を見せてもらえそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

リラックス~~~

ちょっと、風が強かったのだけれど。
お昼くらいまで、雨模様だったのだけれど。
日差しが注げば、小春日和の陽気となり・・・・・。

クモザルカピバラ館では、こんな光景が・・・・。
Kumokapi01

どっこいしょ♪

あらあらあら・・・・。
カピバラさんの背中に、どっかりと腰を降ろしたジェフロイクモザルさんです。

 

Kumokapi02なんだか、すっかりリラックスしてます。

カピさんも、特に嫌がっている様子はありません。

一番小柄なカピさんでしたから、お母さんだと思うのですが・・・・。

 

Kumokapi03

こちらは多分、息子の方だと・・・・。

母ちゃんよりだいぶデカイです(笑)

・・・・ウチの母ちゃんは、ホントに人が良いんだから・・・・・。

 

Kumokapi04

・・・・・お前もな・・・・・・。

昼寝中の息子の腹にも、クモザル(笑)

寒くなってきて・・・・冬場は展示されない連中ですから、くっついていると暖かいのでしょうかね。
かつては、悲しい出来事もあったクモカピ館ですが、今はなんだか和やかなようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

お赤飯~~♪

翌日、死ぬかな・・・と思いつつ、行ってしまいました、旭山。
本日は、おめでたいお話を♪

Marimo70 アミメキリンのマリモちゃん。

今年3歳になったばかりですが・・・・キリンはだいたい3歳頃で性成熟するのだそうで。

つまり、マリモちゃんに初めての発情が訪れました~~!!

人間の場合、こういうときはお赤飯を炊いて御祝いしますよね。
アタクシの年代ではそうだったんだけどな。今は・・・どうなんでしょ?(笑)

んな訳で、本日のマリモちゃんは朝からとても機嫌が悪かったのだそうです。
身体が大人に変わった・・・、その最初ですからね。
不快感とか、戸惑いとか、いろいろあるんでしょう。

餌も食べず、もぐもぐタイムのときも、だいぶうろうろしてからようやくキーパーさんの手元の枝を食べてくれました。

もぐもぐタイムの間も落ち着かなかったマリモちゃん。
Giraffes13

イライラ、もじもじしているマリモちゃんに、ゲンキくんが奮起します。

お姉ちゃん、ボク頑張るからね!

 

 
Giraffes14 大好きなお姉ちゃんのために・・・

よいっしょっ!!

 

・・・・残念ながら、届きません。。。。。
届かないどころか、まだ1歳のゲンキくんには、そちらの能力も無いモノと思われますが。。。。

それでも、こうやって男の子になっていくんですねぇ。
あと、2年ぐらいすれば、ゲンキくんの身体もマリモちゃんより大きくなって、ちゃんと男の子になって・・・。
嬉しいニュースが聞けるまで・・・まだもうちょと間がありそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

どなた?

もう、巣から出たようです。
Ookonohazuku08まだモフモフが少し残っているオオコノハズクのおちびさんです。

こんな風に小首を傾げられると、ひどく愛らしいですね。

大きさも加わって、なんともあどけない感じがしますが・・・・おちびさん的には、ある種の警戒なのかも・・・・?

 

Ookonohazuku09 んで・・・・どういう訳かお隣にいらしたのはコミミズクさん。

まるで親子のようですが・・・ぢつは種類が違います。

コミミズクさんも、なにやら不思議そうにおちびさんを眺めています。

このコ、だぁれ?

おちびさんはおちびさんで、金網越しにカメラを向けている人間に向かって・・・・

あなた、だぁれ・・・・?

 

明日・・・・お天気が悪そうだったので一日ごろごろしていようかと思ったのですが、天気予報見ると、回復傾向にあるらしいのだね。
崩れなかったら・・・・旭山行ってみようかな。
石北は怖いから・・・・北見峠経由で・・・・あまり時間は変わらないしな。

明日・・・朝起きられるかどうかと、お天気でよって・・・・ちょっと考えて見よ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

しばらくの間・・・

お別れですね。
新しい獣舎の建設も決まったと言うし、そこで展示されるようになるまでは会えないね。
でも、しようがない。
どんなに可愛くても、愛情を注いで育てても、このコたちはネコじゃない。
身体が大きくなれば、それだけで飼育員は危険にさらされる。
相手はじゃれているつもりでも、人間にとっては命がけ。

Taiga047月19日、初めて公開された日のタイガちゃん。

溢れかえる人に、すっかり怯えてしまってました。

この時はまだ、離乳食が始まったばかりのころで、飼育員さんも素手で扱ってます。

 

Cocoa04同じく、初公開の日のココアちゃん。

キャリーから出された途端、パニくって走り出しちゃったココアちゃんでした。

木製の柵にぶつかったりして、危なっかしいったら無かったです。

 

Taiga_cocoa05 こちらは9月24日の公開の時の様子です。

左がココア、右がタイガです。

表情も少し大人びて、大勢の人にかこまれても落ち着いています。

どんな施設になるかは無論ですが、この後、大きくなるに従って負担が掛かっていくであろう脚に対して、どのようにケアしていくのか・・・して行けるのか・・・・。
不安材料は山ほどあります。

それでも、ガンバレ、タイガ、ココア!
ガンバレ、釧路市動物園!!

また会える日を、楽しみに待ってるよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

ガジガジガジ

Gentoo48

壁に向かってガジガジガジ・・・・?

いえ、壁の影からホースが出ているのです。

運動場はお掃除中。

ゆらゆら動くホースが気になってるみたいですが、単純な好奇心?それとも警戒心?あるいは、敵愾心??

 

Gentoo49_2 そのうち・・・・、

どうやら飽きたみたいです(笑)

ジェンツーさんの好奇心は、ホースだったり、除雪スコップだったり、はたまたトンボだったり・・・・多岐にわたります。

や・・・野生生物としての警戒心とか・・・無い訳じゃないよね?

余程、天敵のいない状態に馴れてしまったのか・・・・、基本、どれも生命を脅かすだけの危険なものではないと学習したとか・・・。
それとも、野生下でも、こんなもん・・・・??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »