« 一人前? | トップページ | 秋の一コマ »

2008年10月18日 (土)

森の人たち

オランウータンは、冬期は室内のみの展示となります。
初冬や春先など、暖かい日は外へ出ることもありますが、基本、熱帯地方に棲む生き物ですから、寒いのは苦手なんです。
Orangutan19

父親のジャックさん。

奥さんや子ども達とは交代展示になっているので、最近室内でしかお会いできないのですが・・・大抵、客に背中を向けて寝てらっしゃいます(笑)
故に、お顔を拝見したのは、とても久しぶりなんです♪

Orangutan20でもって、室内では奥さんと息子。

外にオスのオランウータンが出ていると気になるんでしょうね。

たいてい窓に張り付いています。

息子の方は・・・・・取りあえず、客に興味があるっぽいですが(笑)

で、娘の方はと言いますと・・・・・。
Orangutan21 ・・・なんだか、ちょっと拗ね気味です。

来年は5歳・・・になるのだったかしらね?
野生ではだいたい6歳くらいで親元を離れると聞いたのですが、モモちゃんもそろそろ独立準備でしょうか。

んで、何をふて腐れているかと言えば・・・・。

 
Orangutan22 下の方で遊んでいて・・・どうやら何か見つけた様子に、母親のリアンさんがすっ飛んできて・・・取り上げちゃったのか、止めさせたのか・・・・?

オランウータンは、親子でもエサを分け与えることをしません。
故に、早い者勝ち、強い者勝ちが原則なんです。
もしかしたら、何か危険と判断してやめさせたのかもしれません。
いずれにしても、モモちゃん、ちょっと面白くなかったらしいです。

オランウータンは、とても人と近いので、仕草や個体同士のやりとりは、見ていると興味深いところが多いです。
でも、観覧スペースがあまり広くないので、混んでいるときはゆっくり見るのは難しいあたり、ちょっと残念なのですが・・・・。

|

« 一人前? | トップページ | 秋の一コマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森の人たち:

« 一人前? | トップページ | 秋の一コマ »