« 本日の営業担当(笑) | トップページ | 冬支度 »

2008年10月 8日 (水)

外来種

とても、とても長い時間を掛けて、ゆっくりと進化したり淘汰されたりして、生物が微妙にバランスを取って作り上げてきた世界に、人間が、異種なものを放り投げてしまったことから起こった問題です。

アメリカミンクやアライグマなど、人の身勝手が生み出してしまった「害獣」が、今や在来の生物を潰しかねない状態。
とは言え・・・・・・、

Araiguma03生き物に罪はないものね。

外来種代表(笑)アライグマさん。
昨年は残念なことになりましたけど、今年は4頭が元気一杯・・・・小獣舎が手狭です(笑)

とにかく元気一杯なのは良いのですが、最近大きくなってきて、いとも容易く金網をよじ登るようになってます。
天井の金網を、逆さまになって移動したり(笑)

小獣舎を覗いて、アライグマの姿が見えないときは、檻から少し離れて上を見てみてください。
張り付いてたり、挟まってたりします(笑)

Tanuki04こちら、在来種代表、エゾタヌキさん。

比べると・・・確かによく似たお顔立ち。

鼻から額に向かう黒いラインの有無が大きな特徴となりますね。
これも、個体差とかあったら、一瞬で見分けるのは、きっと大変です。

旭山では今、外来生物展をやっています。
その一環として、午前中だけですが、アライグマ舎の隣にタヌキを展示して見比べられるようになっています。(午後はウンピョウ)
アライグマなどの動物に限らず、植物や昆虫などでも外来種は問題になっています。
・・・行こう、行こう、行かなくては・・・と思いつつ。
早起きが辛くて入園が遅くなり・・・・夜道が怖くて退園が早くなる現状では・・・・中々時間が取れません。
夏期開園が終わるまでに・・・・泊まりがけで行けるかなぁ・・・・。

|

« 本日の営業担当(笑) | トップページ | 冬支度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外来種:

« 本日の営業担当(笑) | トップページ | 冬支度 »