« 威嚇 | トップページ | 今日は外れ(笑) »

2008年12月 5日 (金)

敬称

動物園へ頻繁に行くようになると、飼育動物に愛称が付いている場合、その名前で呼ぶようになるまで、そう時間はかかりません。
気分によって、名前呼び捨てだったりもしますが、「~ちゃん」「~くん」「~さん」を付けて呼びかけることが多いです。

生き物の年齢は、人と取り方が違うので、まぁ、自分が生きてきた年齢の半分以下だったとしても、すでにその生き物としては老齢だったりすることが結構あるわけですが、そう言う場合は、さん付けになることが多いかな。
生まれた頃から知っている・・・・なんて場合は、大きくなってもちゃん付けだったり・・・。
ま、様々ではあるのですが・・・・・。
幾人か・・・たまに「~様」付けになる場合があります。

Koyuki16 たとえば、こちら。

旭山のホッキョクグマ・・・・シールズアイのある方の放飼場にいらっしゃる、コユキ様♪

京都のホッキョクグマさんに次ぐ高齢個体です。

もうお年ですので、目も耳も悪くなっているらしいと聞きました。
鼻だけは利くので、よく、鼻先が動きます。
耳が遠くなっているハズなのに、お名前をお呼びするとお顔が上がることがあります。
もしかして・・・聞こえてます?
それとも、・・・・染みついたタバコの臭いですかね(苦笑)・・・・ヘビースモーカーなんで、鼻のイイ連中には、一発でばれてるハズです(笑)

Koyuki17 ああああ・・・・コユキ様
そんなところでごろんなさったら、モートに落下しそうで怖いんですけど・・・・。

流石に呼びかけるときには様付けにはならないんですが・・・や、実際放飼場に向かって声を出します、「おはよ~!」とか「元気~?」とか・・・・自分(笑)・・・。

自分の中では、コユキ様♪

ちなみに、もう一方、自分的に、様付けになる方がいらっしゃいます。
遠く、名古屋の東山におられるユキヒョウ、パトラ様です♪
高齢の個体が必ずしも様付けにならないのは、亡くなった円山のタカヨさんが様付けにならなかったことからもハッキリしているのですが・・・・何が基準なのか・・・自分でも良く分かっておりません。

|

« 威嚇 | トップページ | 今日は外れ(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敬称:

« 威嚇 | トップページ | 今日は外れ(笑) »