« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

思い出を引っ張り出してみる。

始めて釧路市動物園に伺ったのは、2年前の春でした。
当時は、年に1~2回行くのがやっとでしたが、ここ1年は、頻繁にお邪魔させていただいています。

そんな中で、最初の頃の写真を引っ張り出してみました。
Koro03

在りし日のコロさん。

クルミちゃんのお母さんです。

昨年の春に亡くなるまで、クルミちゃんと一緒に過ごしていました。

一年少々で母親から離されてしまうコトが多いなか、クルミちゃんは少なくとも親離れするまでの2年以上を母親の元で過ごしたんですね。

もっとも、ホッキョクグマは本来単独生活者ですから、母グマと、成獣となった娘がずっと一緒に過ごしていたのは、どうなんだろう?というのもあるのですが、余生は穏やかだったようです。

Kurumi17_2 その当時のクルミちゃん。

流石に、もう成獣になっていますから・・・・今とあまり変わらないですね。

でも、お誕生日前の写真ですから、まだ一桁なんですよね、お年が・・・(笑)

 

そして、その頃のツヨシ・・・ちゃん。
Tsuyoshi14 お誕生日前でまだ3歳・・・この年の冬に4歳になったんでしたね。

まだ小さかったので、クルミちゃんとは一緒に出来ず、コロ&クルミの母子とは、時間交代制の単独展示でした。

交代の間は、隣にある小さな放飼場に出ていたツヨシちゃんです。

で・・・今現在のクルミちゃんとツヨシちゃん。
Polabears48なにやらすっかり仲良しです。
雌雄だと思われていた頃は、この仲の良さに、期待も膨らんだものですが・・・・(笑)
 

今は、寝室が一つ空いています。

放飼場も、狭い方は全く使っていませんが・・・・これでクルミちゃんの繁殖が上手く行けば・・・・そこでクルミちゃんが子育てをすることになるのかな。
クルミちゃん・・・自分が生まれた産室で子どもを産み、自分が育った部屋で子育てするんだ・・・・♪

デナリさん・・・サツキちゃんとも早く上手く行ってくれると良いな♪♪
いつでも、お待ちしていますよ~~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

網走湖のほとり

たまたま仕事で、そちらの方へいくことになって・・・ここはやはりカメラ持参で行くべきだと・・・(笑)

Oowashi17_3やはり・・・いました♪

湖のほとり。

木の上に3羽の大きな影が・・・・

 

 

 

Oowashi18 一番上の個体が、もっとも大きいような印象があるのですが・・・。

ちょっと枝がジャマですが、立派なオオワシの成鳥です。

 

 

Oowashi19 真ん中にいるのが、オスかもしれません。

こちらも成鳥ですが・・・・

 

 

Oowashi20 こちら・・・若鳥のようです。

まだ白い部分が顕著ではありません。

親鳥と一緒にいるのだとすれば、サハリンかカムチャッカの方で今年生まれたコでしょうか?

肩が真っ白になるまで、数年を要すると聞きますので、或いは数年を経ているのかもしれません。

冬の間、道内ではオジロワシよりオオワシを目にすることが多いのですが、実質はオジロワシよりかなり数を減らしている種だそうです。

若鳥の存在は、そんなオオワシの希望の灯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

クルミちゃんの遊び方

Kurumi14まず、運動場に厚く張った氷を、体重を掛けて割り、爪で引っかけて剥がします。

丁度溝になっているところの氷が剥がしやすかったみたいです。

厚さも大きさもお手頃な氷が取れました。

 

Kurumi15こんどはそれを滑らせて行き・・・・・

プールへとどぼんします。

その後自分も、氷めがけてダイブ。

 

 
Kurumi16氷を、後ろ脚まで使って、身体の上で回してみたり、

かじってみたり、

抱きついてみたり、

楽しそうに遊ぶクルミちゃん。

見ているコチラも、とても楽しい気持になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

角が・・・・!

今日は、釧路市動物園のトナカイ舎から・・・・。
一週間前に伺ったときは・・・・、
Reindeer10間違いなく、両角がありました。

先日もご紹介したトナカイの女性陣のなかでも見事な角をお持ちの・・・お名前はノリカさんとおっしゃるらしいです。

割と細くて小型な角を持つメスのトナカイの中では、たいそう男前のご婦人で、また体格も良いんだな・・・目立つ存在なものですから・・・・。

次の週に行ったときには、すぐ気がつきました。
Reindeer11

片角が、落ちてました。。。。

オスのトナカイは12月の頭くらいに落角しますが、メスは3月くらいまで角があるのではなかったかしらん?

そろそろ分離層が出来てきたところへ、どこかに激しくぶつけたか、したんでしょうか?

本来、落角の時期ではないところへ片角を落としたのだとしたら・・・・もう片方が落ちるまで、あとしばらく掛かるのでは・・・?
首の筋肉・・・筋違え起こさない?(笑)

もひとつ・・・落ちた方の角は、いずれ伸びてくるよね・・・・?
右と左で、角の大きさ違っちゃわないんでしょうか?

きちんと季節ごとに追っていけば良いかな・・・・とも思うんですが、角が無くなったらノリカさんを見分ける自信がない・・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

もっこもこ♪

昨日は、ちょっとまじめにやりすぎました・・・・。
あくまで私見であって、各動物園とは一切関係の無い発言であることだけは、ご了承下さい。

今日のアクセス解析見て、ちょっとぶっ飛びました(笑)
アクセス数が結構あったりしたのはともかく・・・・見ちゃいけないドメインがあったような・・・(笑)
生意気言ってごめんなさい。
・・・謝っておこう・・・・。

てなわけで、今日は可愛らしいところで、釧路市動物園のヤギっこたち。
Yagikko08

やんちゃなチビヤギさんが、ヒツジさんの背中に乗っかってます。

このヒツジさんは、コリデール種かな・・・?

大人のヤギの毛は、ごわついた感じですが、流石にヒツジはウール100%。純毛はもこもこふわふわ・・・・。(ちょっと油っぽいですが(笑))
その感触がお気に入りなんでしょうか?

Yagikko09もう1頭、チビさんが来て、ヒツジさんの背中にお顔を埋めています。

鼻先が、ここまで埋もれます(笑)

後ろにいる顔の黒いヒツジさんはサフォーク種。
とてもフレンドリーだったので、撫で撫でしながら毛の間に手を差し入れてみましたが・・・手首まで埋もれましたよ(笑)

このヒツジさん、左にいる大人のヤギさんとも仲良ししてます。
たいそう和みました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

残念ながら

ご期待には添えない運びになったようです>男鹿&天王寺

Polabears44釧路市動物園では、先ずクルミちゃんの繁殖を優先。
円山から、デナリ(ツヨシちゃんの父ちゃん)を借り受けるとのこと。ツヨシちゃんについては、もう少し時間を掛けると言うことです。

仲良しのツヨシ(上)とクルミ(下)。
クルミちゃんは、母親のコロさんが年配になってからの子どもなので、思いっきりじゃれて遊んで貰うことが出来なかったとも聞きます。
 
Polabears45釧路市動物園側でも、おとなしい個体と思われていたのが・・・・ツヨシちゃんと仲良くなってからは、全力で遊びまくっています。
ツヨシちゃんはは、まだまだクルミちゃんに適わないのに、ちょっかい掛けに行きます。

クルミちゃんが大好き・・・・なのかな?スリスリしているツヨシちゃん。
もうしばらく、二人で一緒に遊べるね。

Polabears46デナリさんが来園すれば、ツヨシちゃんはまた一人にされてしまうけれど・・・・。

この日、この直前に、生きたウグイの投入がありました。

狩猟本能が刺激された後のせいでしょうか、クルミちゃんもツヨシちゃんもハイテンションで、お相撲取り出してしまいました。

Polabears47こうしてみると、クルミちゃんの健康そうなこと。
フワフワで白くて・・・・オスグマさえいれば、直ぐにでも・・・という感じです。
女性のあしらいが上手(笑)だと聞くデナリさんの来園が楽しみですね。
札幌のみなさん、申し訳ありませんが、しばらくの間、デナリさんをお貸し下さい。

愛らしい仔グマの誕生を期待して♪

 

 

 以下、あくまでも私見です。

続きを読む "残念ながら"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

ゴロニャン状態

テレビで、釧路市動物園のタイガとココアの話が出ましたね。
そも、立って歩くことさえ出来ないだろうと言う判断のもと、非公開で飼育されていた2頭が、臨時ながらも何度か公開されたのは、彼らが自らの脚で立ち上がり、動き、駆け回るようになったから。

タイガとココアの生きる力と、それを精一杯発揮させてあげた動物園に、心から敬意を表したいと思います。

Choco14その2頭の母親、チョコちゃん。

この日、ゴロニャン状態でした。

産んだ子ども達が人の手で育てられている現在、すでにいつ次の子どもを宿しても良い状態になっています。

だから・・・人の顔を見るなり、何かを訴えかけるように鳴くのは止めて(笑)
人間の・・・しかもメスは・・・アムールトラに乗っかってあげるわけにはいかないのよ。
自分の命だって惜しいし(笑)

Choco15

気になるのは・・・・チョコがタイガとココアの母親だと教えて貰った来園者が、囁く言葉。

これが、育児放棄した母親よ・・・・・

野生生物は・・・時にはペット種ですら・・・育たないと判断した子の面倒は見ません。
重い障害を持って生まれた仔を、母親が手厚い看護をしてやることなど無理なのですから。
野生で独り立ちできない仔の面倒を見るより、次の繁殖を待って健康な子どもを産むことこそ、母親に嫁せられた使命です。

人間が育児放棄や虐待をするのとは訳が違います。
野生には野生の価値観があって、それは人間の思惑とは大きく異なるのですね。
人間の道徳観念を当てはめてチョコを見ないで欲しいんです。

実際のところ、動物園生まれということが原因なのか、チョコが人工哺育で育っていることが原因なのか、ハッキリしたことは分かりません。
だから。。。
まだ決めつけないで。
子育てが上手くできなくとも、それはチョコのせいではないんですから。

タイガとココアは、まだ予断を許さない状況なのでしょうが、一段落ついたら、いずれ次の繁殖の話も出てくるものと思われます。
チョコもリングもまだ若い、しかも祖父母の時代に野生保護個体を持つ、国内で最も期待されているペアですからね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

受験生は見ないでください(笑)

センター試験も終わり、いよいよ受験本番の皆様がいらっしゃる中で、少々不吉な言葉が出て参りますので・・・・験を担ぐ方は、この先、ご覧になりませんように・・・・(笑)

旭山動物園の小獣舎の一画を占めるレッサーパンダ舎。
真ん中から二つに分けられた展示スペースの、向かって右側は、吊り橋があるエリアで、ノノと娘娘の若夫婦がいます。
向かって左のエリアは、娘娘の両親である年配のご夫婦と・・・最近になって・・・孫息子が加わりました。

Lesser41 その孫息子・・・・凌凌・・・ですが・・・・。

 ・・・・・モートに・・・・落ちてます・・・・(笑)

もともと、モートに降りれないようにアクリル板のしきりのある右側のエリアで、両親と一緒にいた凌凌です。
既に年配の陽陽と朝朝のご夫婦は、モートに飛び降りる・・・なんて無茶をしないので、今いる左のエリアには仕切りがありません。必要なかったんですね。

いたずらっ子の凌凌が・・・親離れを促すためか・・・・両親の繁殖を促すためか・・・しきりの無いエリアに移ったものだから・・・・。
Lesser42

元いたエリアに戻りたいのかな?
吊り橋を渡って遊びたいのかな?

落ちたら自力では戻れないのに、とにかく飛び降りてしまうようです。

下へ降りないようにと・・・・モートの底でおどかしたり(公式サイト参照)、態と救出を遅らせて、モートの底の居心地を悪くしてみるのですが、さて、その効果や如何に?

Lesser43 こちら、娘娘ちゃん。

陽陽と朝朝の娘で、凌凌のお母さん。

昨年、一時期展示されていなかったので、ちと期待していたのですが、残念ながら出産には至らなかったようです。

今年も、繁殖行動が見られているとのことですから期待大ですね。

・・・・それにしても、雪の中のレッサーは、コントラストが極端すぎ・・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

動物園でバードウオッチング

Bird01 釧路市動物園は、たいそう自然に恵まれた場所にあります。

故に、園内で様々な野鳥の姿をみることができます。

夏場の写真ですが・・・・、これはアカゲラ。

 

Bird02 これは、・・・・誰?

園内には湿地を歩く木道もあり、その周辺でも夏場は野鳥が盛んにさえずります。

 

Bird03 秋口には、ミヤマカケス。

大層美しい鳥ですが、なにせカラスの仲間ですから、鳴き声は・・・・ま、そんなもんです(笑)

春先、まだ木の葉が出る前か、秋に木の葉が落ちてしまった後が探しやすいんですけど。

でも、秋口には、夏鳥たちは殆ど南下してしまった後なので、音響的にはちょっと寂しいかも。Bird05

上空を舞うのは、この時期ですとオジロワシやハクチョウ、カモ類。

夏場ですと、アオサギの姿もよく見られます。動物園の傍らに、アオサギのコロニーがありますから。

Bird04木道部分のほか、意外と隠れたスポットなのは、ワピチ舎前。

これは、キバシリ。

シジュウカラやゴジュウカラなども、よくエサを探しているのを見かけます。

 
Bird06 こんな姿も見かけました。

アオジ・・・・でしょうか?

ハンの実からタネをついばんでいました。

ワピチ舎は、コースの外れにあって、閑静な一画ですが、西門との間にミズナラ林の丘一つ超えねばならないせいか、結構野鳥の姿が見られます。
さらに・・・ワピチのエサとなる干し草のなかに、種子があるんでしょうか?虫でも潜んでいるんでしょうか?

案外と、バードウオッチングの穴場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

ベルちゃん

夏場、動物園へ行くときには、なるべく白や明るい色の服を着ていくようにしています。
冬場は、どうしても防寒対策優先になるので・・・・せめて手袋くらいは白か明るめの色を用います。

動物園好きで、動物のことをきちんと勉強していらっしゃる方は、その理由がおわかりになりますよね?

地道な努力(笑)が実を結ぶと嬉しいものです。
Bell01

釧路市動物園のペルシャヒョウ、ベルちゃんです。

明けて12歳ですから、コチラも実は結構なお年ということになるわけですが。。。。

ヒョウ類の性質なんでしょうか、釧路市動物園へ通い始めた頃は、思いっきり警戒されていました。

Bell02 格子の前に立って、こんにちわ♪と声を掛けた途端、飛び退かれ、唸られたこともあります(笑)

めげずに、同じような格好をして通い続けること半年以上・・・。

ようやく、良く見かける人間で・・・これは人畜無害だと認識してもらったようです。

Bell03_2 室内展示場・・・・コチラの方が距離が近い・・・でも、格子の直ぐ側でごろんしてくれます。

つまり・・・相手にされていない(笑)ってことでもありますが。

や、個人的には、野生生物と人間ってのは、無視してもらえる関係ってのが、ある意味理想なんじゃないかと思うこともありまして・・・・。

ともあれ、ベルちゃんの檻の前で、今日もひらひらと手袋をした手を振ってくるのデス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

期待しても良いべか?

・・・・と、つい北海道弁が出たのは、釧路市動物園の北海道ゾーンの一角にあるクマタカ舎を覗き込んだときです。
Kumataka06

ご夫婦そろって、巣皿の上にいるのを見たからです。

左側が奥方、右は旦那様です。

何やらちょっとご不満そうな奥方に、悩める旦那様(笑)

Kumataka07 旦那様の愚痴には、奥方は知らんぷり(笑)

 
クマタカは、大変神経質な鳥です。

新しいケージに移って数年、昨年ようやく有精卵が一つ。
それでも、卵を温めてくれなかたので、人工孵化、人工育雛となりました。
現在、立派な若鷹となって、非公開ケージで兄や姉と過ごしている・・・はず。

今年は、ちゃんとココで産んだ卵を孵してくれるかなぁ?
クマタカの子育てが肉眼で見られるのなら、とても嬉しいけれど・・・。
でも、こちらのご夫婦のことを一番に考えてあげないとね。
もしも、子育てに影響が出るようであれば、クマタカ舎に目隠しされても、文句は申しませんから♪

 

 

 

円山のペルシャヒョウ、ヤヤさんが亡くなられてしまいました。
Yaya

国内では、亜種不明の「ヒョウ」は結構いるのですが、ペルシャヒョウとして血統がキチンとされている個体は、殆どいません。

そんな貴重な種で、国内最高齢だったヤヤさんです。

実は、ヤヤさんとの思い出は、あまり多くありません。
奥行きの無い獣舎で、常道を繰り返しているトコに行き会う場合が多く、写真も殆ど撮れていない中・・・・少し古い写真ですが、ようやく一枚ちょっとまともに撮れてたのを引っ張り出しました。

長い間、ありがとう。
ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

お手紙は食べません(笑)

釧路市動物園のこどもどうぶつえんに、新たなお仲間が増えていました。
Yagikko05 まだ、ふわふわのヤギっこちゃんたち。

全部で6頭・・・・・ちっさいのが跳ねていました。

ここ2年ほど、白いコばっかりでしたが、今回は、ちょっと毛色の違う子も。

 

Yagikko06黒白ちゃん。
もう一歩で、ホルスタイン模様の縁起羊になったかも(笑)

まだ小さいですが、一人前に角も生えていますよ。

この日、大人のヤギやヒツジさんたちが妙にフレンドリーで、やたらとまとわりついてくれました。
頭に角のあるヤギさんは、頭を撫でてやり辛いですね。
首の横とか、かりかりしてやってたら、手が油っぽくなりました(笑)

Yagikko07ちょっとベージュがかったふわふわっこ。

ところが、このフワフワ達は、まだ人間が怖いようで、容易に触らせてはくれません。

近づいただけで逃げてしまうのです。

追いかけ回して、母ヤギに頭突きを食らっても困るので、母親と思しき大人のヤギの陰にいたところを、大人のヤギの背中越しにそっと手を伸ばして、ようやく、ちょっとだけ触らせて貰いました。

やっぱり大人のヤギの硬い手触りとは違って、とても柔らかかったです。
次に行くときには、もうちょっと警戒心を解いてくれると嬉しいな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

日々成長してます。

Cocoa06 釧路市動物園のアムールトラ。

女の子のココアです。

昨年暮れの公開では、しばらくぶりの人混みに驚いて、寝室から出てこないわ、出てきても妙におとなしいわ・・・てな状態でしたが、今回はもう馴れたのかな・・・大丈夫でした。

障害が軽い分、良く動くお転婆なココア。
対照的に、障害が重いタイガの様子が、ちょっと痛々しい気はするのですが。
Taiga06それでも、不自由な足を付いて4本脚で走る姿も見られました。

なにやら物思いにふけっている(?)タイガ。
気性はおっとり。

このコは変形が腰まで来ているので、急激な体重増加は、脚に負担を掛けます。
現在の体重は30kg弱。
母親のチョコは、釧路へ来たとき8ヶ月で40kg以上あったとのことですから、成長はゆっくり・・・・。
男の子のタイガは、普通女の子より一回り大きくなる分、早い成長を抑えるために、時々食事制限が入るようですね。
食べ盛りの子トラには、ちょっとかわいそうではあるのですが・・・・。
 
Taiga_cocoa06ふたりはいつも仲良し♪

じゃれ掛かるのは、やはりココアの方が多いでしょうか。

こうやってはしゃいで動くことで、筋肉がつき、遅れている軟骨の発達も少しづつですが、促されていくようです。

すこしでも回復して、元気に成長して欲しいですが・・・・。
不安材料は・・・・やはりタイガの障害の重さでしょうか・・・・。

タイガとココアの新獣舎の建設も始まっています。
ドスン、ガシャン、トントン、ガタガタ・・・・と、隣設する獣舎の、ライオンのマナミさんがちと心配なのですが・・・。

このために捻出した予算が、人件費の削減と言う形で帰ってきたという噂もあるんですがね(笑)なにせ、最近の地方都市の財政状況と言ったら・・・・!
せめて・・・基金には、行けば必ず入れるようにしてますが・・・。

ちなみに、某有名動物番組で、来週タイガとココアを取り上げるようです。
報道の使い方には、最新の注意を払って欲しいところではありますが(笑)名前が知られることで、財政的な支援が集まるなら、それはそれで今は必要かもしれない・・・とも思ったり・・・・・。
今、自分に何が出来るかな・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

ひゃっこくないかい?

ひゃっこい、またはしゃっこいは、コチラの言葉で冷たいと言う意味です。
かつて栄えたニシン漁のお陰で、東北地方から来た働き手・・・漁師さん・・・が、そちらの言葉をたくさん持ってきてくれましたから、案外東北地方の方も、同じような言い方をするかもしれませんけれど・・・・。Giraffe10

思わず、そう言っちゃったのは、雪の中でよっこらせと座り込むゲンキくんの様子を見たから。

キリンのお座りは、どんなに若い子でも、かけ声つきです(笑)

ゆっくりと、肘・・・ではなく手首を折り、ゆっくりと膝・・・ならぬかかとを降ろして座り込みます。

Giraffe11

固められていない雪の、ふわふわの感触・・・・確かに、ちょっと不思議で、少し優しい・・・・。

でも、それじゃぁ、あんよが冷えちゃうよ。

キリンの毛皮は、いかにも薄そうで、雪の冷たさを直に伝えてよこすような気がするんですが・・・・。
キリンの脚は、キリンの命。冷えて血行障害でも起こしたら・・・と思うと・・・・・!

Giraffe12 案の定・・・・冷たかったんでしょう。

少し後、再びよいっしょと立ち上がったゲンキくん。

走って、マリモちゃんの側まで戻っていきました。

そして・・・・
それわそれで、悲鳴が上がるんだ。
滑って転びでもしたら大変だから・・・・
「走らないで~~~」
(笑)(笑)(笑)

 

 

明日から泊まりがけで、ちょっくら出掛けて参りますので、ブログもお休みを頂戴します。
はい。
仕事はしっかり休暇を取りました。
黄色と黒のシマシマのチビ達に会ってきますね♪

お天気が崩れないといいなぁ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

まだ?まだ??

Pen_sanpo01

まだかなぁ?まだなのかなぁ?

お散歩まだかなぁ?

 

 

Pen_sanpo02

早く行きたいなぁ。

まだお時間じゃないのかなぁ?

キングさんもジェンツーさんもお待ちかねです。

 
 

Pen_sanpo03扉が開くや否や、一斉に飛び出してくるペンギンさんたち。

本来お散歩は、キングペンギンが冬の間、数百メートル、あるいは何キロも歩いて海へ出て、エサを獲ると言う野生での状況を再現するものです。

集団で行動する習性のあるキングペンギンは、だから、誰がリーダーということもなく、隣が動けば次、次と同じ行動を取ります。
それを見せるための散歩であり、ショーでもなければパレードでもありません。

最近は、何故かジェンツーさんが数羽交じっています(笑)
警戒心より好奇心の方が勝ってしまうジェンツーさんは、キングさん達が毎日お散歩に出掛けるのを、たいそう羨ましく思っていらしたようで。

でも、キングさんと違って、個人主義のジェンツーさんは、散歩でも協調性は皆無です。
だからね・・・・ついて歩くキーパーさん達は、とても大変なんです。
気の向くままにあちらこちらへ突っ走ってしまうジェンツーさんから、目を離せないんですから(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

待て・・・・(笑)

旭山では、暖かい地方の動物も飼育しています。
あまり寒かったり、お天気が荒れているときは出さなかったり、出しても短時間(獣舎のお掃除中だけ・・とかね)だったりするのですが、やはりある程度はお日様の光に当たって貰うことも必要なんだそうです。

そこで、本日はキリン舎からGiraffes15

初めての北海道の冬を過ごしているゲンキくんと、三度目になる先輩のマリモちゃん。
こんなに積もった雪は、きっと初めてだよね?>ゲンキくん。

でも、やっぱり男の子だねぇ。
お姉ちゃんのお尻をくんくん・・・・・。
昨年から、ちゃんと定期的に発情が来ているらしいマリモちゃんです。

Giraffes16 ・・・・じゃなくて・・・・

すりすり・・・ですか?

単なる甘えん坊さん??

来た当初から比べれば、ゲンキくんもだいぶ大きくなったように思うけれど・・・・やっぱり、まだマリモちゃんの方がお姉さんなんだよね。

Giraffes17

・・・・って、目的はそっちですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前言撤回。

やっぱりまだ、子どもだねぇ・・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

残念・・・・!

ようやく行くことが出来ました、旭山!
3週間ぶりです。

一昨日の夕刻から思い切り天気が荒れ、道路状況を慮って早めに出発した結果・・・・開園1時間前には西門に着いていました(大笑)

回る場所が・・・この冬からオオカミの森が増えたし、今日は子ども牧場も行きたかったし・・・行きたい場所がありすぎて・・・・加えてペンギンの散歩、ワンポイントガイド・・・・・忙しかったです(笑)

んで、ホッキョクグマ館・・・・・・。
Ruru19アザラシのワンポイントガイドを見て、隣のホッキョクグマ館に入ったら、ちょうど、もぐもぐタイムで・・・人混みが苦手なので、いつもは避けるんですけど・・・、たまには名高いもぐもぐタイムを体験しても良いかな・・・・と。

あれれぇ?

ルルさん・・・・ルルさんが出ている・・・・・・。

んでもって、同じエリアには・・・、 

Ivan08イワンくんも一緒にいます。

イワンくんはもっぱらプール担当。

ルルさんは陸上担当でしたが・・・・しばらくぶりのもぐもぐのせいか・・・お魚をカラスさんにかっさらわれてました(笑)

てか、つまり、これわ・・・・・

ダメだったのね・・・・。。。。。
ダメっぽいよと言う話は聞こえてきていたけれど・・・・現実に目にすると、やっぱりちょっぴり落胆・・・・。

Ruru20 ルルさん・・・・相変わらず、冬毛の生え方が良くないみたいで・・・かなり地肌が見えてるよ・・・・。

公式サイトで見る限り、出産にまで至っていないようなので・・・やはり、この状態では、受精卵が着床しなかったということなのかしら??

ホッキョクグマの出産は、本当に難しいんですよね。
その時期、母グマの体調が3ヶ月間の絶食=子育てに耐えられる万全の状態でないと、妊娠すらしないという・・・・・。
ルルさんの・・・・夏場のダイエットが夏バテに直結してない??

どちらにしても・・・・仲良さ気なお二人の動画を見ながら・・・来年に期待ですな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

ニューフェイス?

円山動物園のチンパンジー館。

Chimpanzee10これは・・・・多分、テスちゃん。

ちょっと、お年に比して身体が小さめのようです。

今じゃ、年下のレディちゃんに追い越されたかも・・・。

でも、大層活発で元気に育っているようでした。

Chimpanzee11

こちら・・・・、えと・・・えと・・・・、

ガチャさんとハルちゃん?

チャコさんと赤ちゃん??

チンパンジー館は、今小さい子がたくさんいるので、見ていて楽しいです。
小さい子同士で遊んでる姿は、つい目が細くなります。

冬は、室内展示になるので、ちょっと駆け回るシーンが減っちゃいますけどね。
暖かくなれば、広い屋外展示場で、ちっさいのが一杯はしゃぎ回るのが見られるね。

ちなみに、レディちゃんは、ガラス際でお食事中・・・・写り込みが激しくて、お写真撮れませんでした。。。。。
あまり動き回られても・・・室内展示場では写真がブレるんですが・・・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

うつ・・・・うつ・・・・

ウツボ・・・・(笑)
Utsubo02ゼブラウツボさん・・・だそうです。

ウツボというよりウミヘビ・・・みたいな細さと長さです。

本日・・・・ホントは旭山へ行きたかったんですが・・・・・、お天気大荒れの予想にくわえて・・・・二日目で・・・・夜に掛かる長距離運転・・・しかも峠越え・・・は不可能と判断。

一日、ふて寝と相成りました。

Utsubo03こちらもウツボさん。

えと、えと、お名前失念しました・・・・・。

お顔の怖さの割には、柄のキレイな種類が多いようですね。

ま、一日、鬱々としていたということで・・・・(笑)

取りあえず、明日もお天気は荒れるようなので、一日おとなしくしています。
今日、本格的に風が強くなる前に・・・・コンビニ行って、籠城準備は済んでます(笑)
明後日、月曜日のお天気によっては。
お出かけしたいな・・・・っと♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

甘く見られてる?

円山動物園は、円山の麓にあります。
この円山・・・・実はカラスのねぐらになっています。
札幌は、繁華街を抱えていますから、カラスは結構多い・・・てか養っていると言うか(笑)・・・わけで、丁度良いあたりの距離なんですな。
でもって、このカラスさん達が動物園内でも傍若無人。。。。

猛禽のフリーフライトは妨害するわ、飼育動物の餌はかっさらうわ・・・やりたい放題でして。

Ezoshika52 円山のエゾシカの森

大人のシカの背中に乗ろうとして叱られたカラスさんです。

でも、大人に追い払われると・・・・

 

Ezoshika53 今年生まれの子ジカの背中から、毛をむしっています。

そろそろ冬毛も抜ける準備に入っているのか・・・・あまり痛そうな様子ではありません。

抜いた冬毛は、カラスさん達の巣材になるんでしょうか?

エゾシカの冬毛は強くて硬い感じがするのですが、やはり高級獣毛(笑)・・・・カラスの赤ちゃん達には良いベッドになるのかも知れません。
Ezoshika54

子ジカ相手だと、ここまで図々しくなるカラスさんです。

やはり相手が若い個体だと、侮られるんですかね?

ちなみに・・・お隣のオオカミの森では、キナちゃんがカラス狩りをするそうで・・・・、おやつのお肉を横取りに来るカラスさん達は、ある程度は命がけのようです・・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

やんちゃ盛り

1年と1ヶ月・・・ちょっと・・・になるのかな?
円山のライオンの双子、げんきくんとゆうきちゃん。

Lions_m02すっかり大人びてきましたね。

でも、母上のティモンさんは、相変わらずチビ達が可愛くてならないらしいです。

お尻しか写っていませんが(笑)父上のリッキーさんも、結構チビ達と遊んであげているようでした。

片方は男の子なんですが、・・・・まだたてがみが顕著ではないですね。
旭山のアキラくんは、この時期だとかなり首回りがモフモフしてたんですが・・・・双子で母乳の栄養が分散されたとか・・・・?(笑)

幼い頃の母乳の摂取量で、後々の成長に影響がでる・・・・ような気がするのですが・・・・どうなんでしょ??

Lions_m03

画像がちょっと荒いのですが・・・母上にじゃれ掛かったおちびさんの片方。

まだまだ、母上には適いません。

首根っこを一押しされて・・・・・・

Lions_m04

ペションっと潰れてました(笑)

母ちゃん、強い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

微笑ましい二人♪

正月は、元旦から円山へ。
ちなみに、円山動物園の直ぐ隣は北海道神宮。
初詣のお客で、道路がごった返すのは分かっていたので、自家用車を使うのは避けました。
公共交通機関は・・・カメラを持ち歩いてると肉体的には結構疲れる・・・・。
精神的には十分癒されてきましたとも!この二人に♪

Wolves_m04 ガラスの映り込みがちょっと残念なのですが、ほのぼのとじゃれているのは、シンリンオオカミのジェイくんとキナコちゃん。

キナコちゃんは、お姉さんのアンコちゃんに先立たれてからの様子しか知らないのですが・・・・。

一人でいたときとは、まるで別人(狼)です(笑)。

Wolves_m05

ジェイくんはキナちゃんより5歳も若いのですが、体格はキナちゃんより一回り大きいですね。

ただ、キナちゃんが標準より小型なのだとか。
ジェイくんの方は標準の体格だそうです。

比較対象がなければ分からなかったことだね。
アンコちゃんと二人の頃に会いたかったかも・・・・。

Wolves_m06 じゃれ合う二人がほのぼのと微笑ましく、二人が絡んでいると、ついオオカミ舎に長居してしまいます。

キナちゃんに本格的なシーズンが訪れるのは来月だそうです。

これだけほのぼのしていると、まず心配しなくても良さそうではありますが・・・・一応キナちゃんの年齢がね・・・一抹の不安ではあるらしい。

上手く行けばゴールデンウィーク明けには、チビオオカミが見られるかも♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

元気が良すぎて・・・・!

コツメカワウソの赤ちゃんが誕生した・・・というニュースは知っていたのです。
さぞかし可愛らしかろう。
行きたい行って会いたいと思いつつ・・・中々札幌まで行けなかったので、年末までお預けを食らっていました。

・・・・・すでに、親と子の見分けがつきません(笑)
Kawauso21

何を見つけたのやら、目を一杯に見開いているこのコは、子どもの一人かな?

二人の子どもはどちらも女の子だそうです。

とかく元気でちょろちょろと動き回るので・・・・しかも水槽のガラスを通してではピントも合いづらい・・・ブレることブレること。

Kawauso22 何とか少しまともに撮れたのは、寝てるトコ(笑)

ひとしきり遊び回ると、家族揃ってお休みタイム。

あっち向いたりこっち向いたり、乗っかったり潜ったり。

てんでバラバラのようで、でもやっぱり一つになる家族。

チビさん達のお名前も、もうすぐ決まるようです。
可愛いお名前になると良いね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

こちらもウシです。

円山動物園の熱帯動物館(決して熱帯の動物だけではありませんが)にいるエランドはウシの仲間です。
よって、一度角が折れると生えてきません・・・・。
Eland05

手前、小さい頃に事故で片角を失ってしまったラッシュちゃんと、お婿さんのプッチョさん。

プッチョさんの方が3歳ほどお若いようです。

あまりイチャイチャしているところを見られなかったのですが・・・・、

Eland06 獣舎内のお掃除のため、二人ともお外へ追い出されてきたところです(笑)

プッチョさんが、ラッシュちゃんにすりり・・・・、

すると・・・・・。

 

Eland07 ラッシュちゃんが、にょおぉぉと逃げます(笑)

あららら・・・・・。

虫の居所が悪かった?
それとも、プッチョさんのコト、キライ??

こちらも・・・・期待のペアなんだけど・・・・な♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

あけましておめでとうございます

遅ればせながら、新年のご挨拶を申し上げます。
皆様、良いお年をお迎えでしょうか?

今年もよろしくお願いします。

Bison01本年は丑年。

釧路市動物園から、アメリカバイソンの母娘です。

秋から冬にかけて晴天の日が多くなる道東地域。
実は太陽が低いこの時期、どうしても回りの網や柵、壁などが影を作ってしまいます。

この母娘が寄り添っている図は珍しいので、年賀用にとシャッター切ったのは良いのですが・・・・ご覧の通り(笑)
娘の鼻先に、柵の影が・・・・。

Bison02こちら、秋口の写真ですが、母親のポポさん。
娘の方はポロロさんと言います。

実はポロロさん、左の角が取れてしまっています。
角のように見えるのは、骨だそうで。

毎年落ちて生え替わるシカとは違い、同じ偶蹄目でもウシの仲間は、一度折れると生えてきません。
でもって、角の中にはしっかり骨格があるんですね。

 

 

出掛けるときは、殆ど積もっていなかった雪・・・・・、帰ってみれば、50センチ近く積もっているってのは・・・・(笑)
気温こそひどく下がらなかったようで、落としていって水道はどこも無事でしたが、積もった雪を除雪せんことには、車を置く場所もないといった有様でした。
さらに、実は実家にいる間に、なんと寝違えてしまい(笑)首が回らない状況。
車の運転では、右側の確認にいちいち痛みを伴い、目薬をさすのに、首が仰向けに倒れない・・・・。
それでも、やっちゃった直後の、首筋から右耳の後ろを通って頭のてっぺんまで突っ走るキィーンという痛みは薄らいで来ました。

お陰で年末年始の予定が大幅に狂い・・・・・、登別マリンパークニクスへいけませんでした。
帰り道に寄ろうと思っていた旭山も次週へ延期。
辛うじてサンピアザと円山はなんとか・・・・。
元気一杯のコツメっこや、仲良しほのぼののキナちゃん&ジェイくん、やんちゃ盛りのチビライオンなどなど、近いうちにアップの予定です♪

ともあれ、今年もマイペースでGO!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »