« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

四日目は京都♪

京都では、朝、新幹線で駆けつけてくださったHARUKAさまと駅で合流。
京都市動物園へ。

ここで目を惹いたのはジャガーのご夫婦。
ご一緒してくださったHARUKAさまのブログでは、たいそう微笑ましい寝姿が写っておりましたが・・・・ぢつはこんなこともしてたんです。
Jaguar01

とにかく、ひたすら、なにがあっても・・・・

奥様は眠くていらしたのです(笑)

かみついても、
 

Jaguar02

す~り、す~りしても、

 

 

 

Jaguar03

もしも~し、奥さん、奥さんてばぁ~!

叩かれようが、小突かれようが、

奥方に、まったくその気がないのです。

 

Jaguar04

途方に暮れるダンナ(笑)

カメラ目線・・・・・。

客の顔を見ても・・・・お手伝いはして差し上げられません。

 

Tiger_k その頃のお隣さん・・・・。

ビクトルくんは、今日は檻越しにアオイさんとお見合いでした。

 

 

 

以下、旅行記

続きを読む "四日目は京都♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

三日目は王子♪

動物園は、一部を除いて自治体の施設であることが多いです。
・・・・つまり、図書館や美術館などに多く見られるとおり・・・・月曜日が休園・・・・というのも多いのです。
上野・多摩とお伺いして・・・・その翌日は月曜日、回りの動物園では結構月曜日にお休みのところが多くて・・・・。
つまり、一挙に王子まで吹っ飛んだのは、ここが水曜定休の動物園だったからでした。

経過報告でご報告しましたように、残念ながらアムールヒョウのサクラちゃんに会うことは出来ませんでした。
Amur_leopard ぽつんとお一人残されていた、旦那様のカニムさん。

旭山のアムールヒョウ、アテネとキンのお祖父さまです。

旭山でも、ビックさんよりエイラさんが先に逝き、王子でもさくらちゃんが先に逝ってしまったのですね。

安佐でも、奥方の方が早く逝って・・・現在新たにお貰いになったお嫁さんに赤ちゃんが生まれていますね。
アムールヒョウって、メスよりオスの方が長生きなんでしょうか??

Polabears_o ここ王子のホッキョクグマは、釧路のコロさんの血筋と、旭山のユキさんの血を引く者同士のペアリング。

釧路で三つ子で生まれ、無事に育った二頭の内の一人、
アイスくん(奥)と、旭山のショウちゃんを父親に持つみゆきさん(手前)。

アイスくんがミユキさんを追っているのですが、ミユキさんには全くその気が無いようで。
時にはアイスくんに向かって怒り出すことも。
上手く行っていないペアのようです・・・・。

Panda02 んで、ここと和歌山でしか飼育されていないジャイアントパンダ。

これはタンタンさんの方。
お食事以外は、「たれぱんだ」していました(笑)

 

 

Wallaby 最後は、王子での最大ヒット(笑)

パルマワラビーの赤ちゃんが、ほんのちょっとだけ、お母さんの袋から、お顔を覗かせてくれました。

それでなくとも最も小型のカンガルーであるワラビーです。

赤ちゃんもちっこくて可愛いのでした。

以下、旅行記

続きを読む "三日目は王子♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

二日目は多摩♪

小雨が交じるあいにくのお天気で、しかも風が強い。
携帯用の折りたたみ傘一つ、おシャカにしました。

その上、多摩は広かったのです・・・。

Orangutan_t オランウータンのジプシーおばあさま。

釧路のタマさん、旭山のジャックさんのおばあさまです。
どうやらそれぞれのお母さんが姉妹同士で、ジプシーさんの娘・・・らしいです。

あまり動くこともなく・・・お天気悪かったしね・・・さながら岩壁をバックにしたモナリザの如く・・・・(笑)

Zebra グレービーシマウマ。

チャップマンシマウマとかグランドシマウマなどより、しま模様が細くてこまかい。
なるほど、見つめていると目がおかしくなりそうで(笑)大集団で固まっていると、中の1頭を選ぶのが難しいと言うのがうなずけます。

 
Snowleopard_t そしてユキヒョウ。

三兄弟のウチの一人。まだ顔立ちが幼いでしょうか。

残念ながら、マユさんとミルチャちゃんには会えず。。。
円山のアクバルのママに会いたかったんですけどね。
でもって、随分美人の嫁さんが来たよ・・・と言いつけ報告したかったんですが・・・(笑)

Tiger_t アムールトラのシズカちゃん。
実は、彼女がほんの幼い時分に、一度多摩に伺っています。
う~ん。すっかり大きくなって♪

なかなかキリリとしたお顔立ちでしたが、これで案外、おもちゃで遊んでいるときは、幼いお顔になるんです。

 
日頃の行いが良くないせいでしょうか。
天気は悪くて寒いし、風はものすごいし、広大な面積の多摩動物公園は、ライオンバスを含めて数カ所吹っ飛ばしました・・・・。
全部、ゆっくり眺めようと思ったら、ここは二日は掛けないとならないねぇ。

以下、旅行記。

続きを読む "二日目は多摩♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

最初は上野♪

飛行機も無事着陸し、帰って参りました!
一週間ぶりの北海道は・・・・冬でしたね(笑)
まとまった休暇がもらえるチャンスはそうそう無いので、今回・・・・双子ちゃんに湧く円山を横目に見ながら(笑)本州の方を少し回ってみました。

先ずは、上野動物園。
何度かお邪魔したことはあるのですが、いつもコンデジくらいしか用意していかず、中々写真が難しかったのです。
今回、荷物の多さにめげつつも、一眼レフを背負って乗り込みました。
Golira

先ずは、ゴリラ(笑)
ある程度名前を知っている生き物でかつ地元ではお目にかかれない場合は、ちょっと惹かれます。

この立派なゴリラはもしかして釧路から出張中のムサシくんでしょうか?

Tukinowaguma んで、お相撲クマちゃん。

ツキノワグマです。
普段、ヒグマを標準で考えてしまうので、ツキノワグマは子グマに見えちゃうんですけどね。

ここのツキノワグマは、まだ若い子達だったはず。
楽しそうにじゃれていました。

Mamejika そして、・・・・・以前から撮りたい撮りたいと思いつつ、展示場所が夜行性動物館では諦めざるを得なかった・・・・こちら。
ジャワマメジカ
ガラス越し、高感度撮影・・・・見やすい写真ではありませんが、口元に見えるキバが、・・・初めて見たときには大層印象的でした。

偶蹄目で、シカとは言えど、マメジカ科と言う一科が立ってるようですが・・・コチラも、シカと言えばエゾシカ・・・と言う連想が働くので、ウサギサイズのマメジカは、大層愛らしい生き物にみえてしまうのです。

上野は、ご存じの通り飼育展示動物の数がたいそう豊富です。
わっ♪と思ってシャッター切って・・・・あとで思い返せば・・・動物の名称が出てこない・・・・ってのが、ちょくちょくあったりします。

以下、恒例の(?)旅行記もどき

続きを読む "最初は上野♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

経過報告2

経過報告2
そろそろ疲れがピークに達して来ました。
昨日お訪ねして来たのはコチラ。
えと…豊橋とどちらにしようか迷ったんですが、現在の肉体疲労の状態と(笑)移動距離など調整した結果、何度か行ったことはありますが、こちらにした次第。
大好きな可愛いマリモちゃんの実家でもありますし(笑)
オーロラちゃんもサンくんもいます。
パトラさまにもお目通りかないました♪
そして、今日は浜松市動物園♪
小獣舎オープン前日でしたが、釧路から引っ越したアフリカタテガミヤマアラシのトントンに会えました♪
でも…疲れた…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

経過報告

経過報告
モバイルからの投稿なので、上手く行くかどうか…。
えと…地元の常連さんに大層お世話になりながら上野、多摩とお訪ねし、昨日は、王子へ伺ったところです。
王子では、サクラちゃんに会えるのを楽しみにしていたのですが…ちょっと遅かったのです…。
もう少しだけ、待っていて欲しかったよ…サクラちゃん…。
アイスくんとナミコちゃんには、ちゃんと会えましたので、後日ご報告したします。

本日はこれから京都市動物園へ伺う予定です。HARUKAさまがご一緒してくださるので楽しみ、楽しみ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

雨ニモ負ケズ・・・・?

Blakistons_fish_owl17 暖かかったので、雪ではなく雨でした。

釧路動物園のシマフクロウ舎では、奥方のムムさんが卵を温めているそうです。

お伺いした日は、すでに二つの卵を抱いているとのことでした。
昨年は三つ産んで・・・全部ダメだったからね・・・・。
今年は一つでも上手く行って欲しいものです。

写真は、ダンナさんのトカチさん。
巣穴の入り口近くに張り出した枝で、一人雨に濡れながら見張り番。

羽角が・・・ぺたんこです(笑)

フクロウとミミズクの違いがこの羽角の有無・・・・耳のように見える飾り羽根があればミミズク、無ければフクロウと呼ばれます。
もっとも、一部に例外がありまして、例えばアオバズクは~ズクと呼ばれていても、羽角がありません。
このシマフクロウも、フクロウとは言いながら立派な羽角があります。

しかし、この雨で・・・・・
Blakistons_fish_owl18 羽角がずぶ濡れ・・・・

ええ、これならフクロウですとも(笑)

こんな状態になっても、愛する妻と、そのお腹の中・・・ならぬ下にいる我が子・・・まだ卵・・・のために頑張るお父さんなのでした。

さて、明日からの三連休に引き続いて、すこしまとまった休みがもらえることになりました。
ここは、しょっぱい川を越えて、南下してみようと思っています。
ただ、ちょっと風邪気味で、休みの予定がギリギリまでハッキリしなかったため、予定が未定で・・・つまるところ、何も決まっておりません(笑)
取りあえず、東京まで入れば、後は列車で移動できるので・・・行き当たりばっ旅・・・となります。
大きく体調を崩さなければ、明日の夕刻には羽田に降りられる予定です。

土曜日は・・・・上野から行こうかな?多摩からにしようかな??
ちなみに、回ってみたいところ・・・スケジュールを考慮しないで並べ立てれば、上野・多摩・日本平・浜松・東山・豊橋・名港水・京都・天王寺・王子・・・・(笑)
鴨シーとか、アドチャーとかも行きたいところなんですが・・・流石に無茶だろうなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

ワンポイントガイド♪

無謀と知りつつ、あっちとこっちの動物園の連チャンをやったのは、日曜日に行われるワンポイントガイドでキリンをやると知ったから。
今の旭山の原点とも言えるワンポイントガイド。
それぞれの担当キーパーさんの、担当動物への愛情がたっぷりてんこ盛り(笑)
どのキーパーさんにお尋ねしても、自分の担当している生き物が一番!(凄い、面白い)と言ってのけるところが、旭山の凄いところ♪
みなさん、担当動物に愛情と敬意を抱き、誇りを持って紹介してくださいます。

んで、キリン。
Giraffes20手前、マリモちゃん。
奥、ゲンキくん。

そも、旭山へ通う切っ掛けとなったのがマリモちゃんの来園でしたから・・・・・。

来園当初は随分小さくて、可愛らしいと思ったけど・・・いや、もちろん今でも可愛いのですけど(笑)、すっかり大きくなりましたよ。
なかでも、ここまで近いと、お顔がデカいです(笑)
二人して、シラカシの葉っぱを取り合うようにもぐもぐ。
 
Giraffes21 お次は、ハクサイをもぐもぐ。

普段の食事は、乾草とかペレットが主体のようです。
水分の多い野菜類は、お腹が緩くなることがあるらしいので、多くは与えられないのだそうです。
この日はガイドのために、リンゴも用意されていましたけれど、ハクサイの方が好きみたいね?
てか・・・・薄いものを引っ張るようにして食べるのが好き・・・?

ゲンキくんがどのくらいでマリモちゃんの高さを追い越すのか・・・これからの楽しみであります♪

疲労は尾を引き、筋肉痛は翌日が辛い。
最近、資源ゴミのビン類の中味が、栄養剤ばかりになりつつあります(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

眼差し

Atene22 雪模様の旭山。

とはいえ、気温はマイナス1~2度。
ともすればプラスを指す温度計。
厳冬期に比べれば、だいぶ暖かくなってきたのに・・・何故か穴に籠もっているのは、アムールヒョウのアテネくん。

彼が見つめる先は・・・・オオカミの森。

Atene23 穴から出てきても、見つめる先はオオカミ。

あるいはオオカミ舎に隣接するエリアにいるエゾシカ・・・・?

アテネくんが穴から出てきたこの時、オオカミの森では二頭のオオカミが、元気一杯放飼場内を走り回っていました。

最近、タイミングが悪いのか、キンくんにさっぱり会えません。
どちらかと言えば、やんちゃな印象のあったアテネくんですが・・・・最近は大人になったかな?(笑)
格子に前脚をかけて立ち上がり、背を反らせるアテネバウアーも、あまり見せてくれなくなりましたね。

さすがに・・・・(苦笑)・・・・連チャンで釧路と旭山は辛いかも。
でも、でもっ!
日曜日のワンポイントガイドがキリンと聞いては、行かずにおれません。
キリン舎の様子はまた後日。。。

前日の釧路行きが、道路の雪がすっかり溶けて無くなっていたせいで、つい勘違いをしました・・・・旭川は、まだ冬だったのですね(笑)
石北峠は圧雪アイスバーン。。。。
ついでに、ジャケットの選択も間違えました。
北海道は、広かった・・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

こちらにもお裾分け♪

雨模様のお天気でしたが・・・・釧路市動物園へ行ってきました。
Kawauso23

お互いに毛繕いしあってる最中です。
仲良しカナダカワウソのペア。

リッキーくんとチャッピーちゃん。

最初は、二人の見分けもつかなかったのだけれど、最近、リッキーくんの成長めざましく、チャッピーちゃんより一回り大きくなってるように思います。
もちろん、男の子としてもね。Kawauso24 仰向けになって寝てると、ハッキリ見えるようになってますね(何が?(笑))

「ん?」

写真撮っていたら、見とがめられちゃいました(笑)

  

Kawauso25 そんなカワウソ舎で、見つけました!

幸せの黄色いガス管が、こんなところに!!

一番細いタイプ・・・・かな?

ただ切ったものを浮かべてあるだけなのですが、こんな風に抱きついたり、くぐってみたりと楽しそうに遊んでいました。

Kawauso26 オレンジのブイも一緒に入っているんですが、もっぱらガス管で遊んでいました。

また、浮かんでいる管を器用にくぐるんです。

野生のカワウソも、こんな風に岩場などの複雑な地形を、くるくると泳ぎ回っているんでしょうね。

Kawauso27・・・・ところで、仲良くじゃれてはいましたけれど・・・・お二人の仲は、進展されてるんでしょうか?

そろそろかなぁ・・・・というお噂だったんですけどね(笑)

「・・・・何の話かな?」
いえ、人間の思惑のハナシです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

エンリッチメント?

遺伝子を比べると、ヒトと殆ど変わらないのだとか。
「森の人」って言うくらいですもんね。
だからこそ、ちゃんと気をつけて接しなければならない・・・・オランウータンなのです。
Orangutan23
旭山のジャックさん。

人間で言えば、そろそろ中年のオッさんという年代ではありますが、ご婦人に対してちゃんと気配りできる優しい性格で、奥方リアンさんとの間に、娘モモちゃん、息子モリトくんという二人の子どもをもうけています。

室内展示のみになる冬期は、屋外に比べれば、どうしても光量が足りず、気づかぬうちにフラッシュを光らせる方を多々お見かけするんですね。
これが相当お嫌いらしく・・・・たいてい、客に背中向けてたり顔を伏せてお休みなっていたりいたします。
この日、ちょうど交代の時刻で、ほんっとにしばらくぶりにお顔を見せてもらえました。
Orangutan24
オレンジのブイをお持ちになっているジャックさん。

フランジも立派で、なにより身体がデカイ(笑)

意外とオスのオランウータンをご存じない方が多いと見えて、驚かれている方がいらっしゃいます。

さて、このブイはと言いますと・・・・。
Orangutan25

・・・穴が空いています。

覗き込んでます。

 
 

Orangutan26 何か、入っているっぽいです。

どうやら、おやつを入れてあるようで、穴から出てくるのをもぐもぐしていました。

各地の動物園でも、こんなことやってたよなぁ・・・・などと思いつつ、外へ出られない冬期の退屈しのぎなんでしょうね。

だんだん暖かくなってきてます。
お外で遊べるのも、もうすぐですね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

クルミちゃんとガス管

Kurumi21 しばらく前から、各地の動物園のホッキョクグマあてに届いている黄色いガス管。

諸先輩がブログで教えてくださるところによれば、殆どの動物園で、ホッキョクグマさんたちには、大層喜ばれている模様。

ここ、釧路でも例外ではなく・・・・、もっとも、積極的に活用しているのはクルミちゃんだけなのですが・・・・(笑)

Kurumi22 二つ入れて貰っても、クルミちゃんが一人で抱え込んでしまうので、ツヨシちゃんは遊びたくとも遊べないのか・・・それとも、ちょっと興味が薄いのか・・・・?

首を入れたり、手の甲で押し出すように放り投げてみたり。
しかし、ホッキョクグマって、こんなに首の長い生き物だったんですね(笑)
  Kurumi23

大層丈夫なようで、破壊魔のクルミちゃんに押しつけられようがぶん投げられようが、容易に壊れそうにありません。

ぶつけられる床や壁、はたまた寝室への入り口・・・の方が心配になります(笑)

 
Kurumi24 こんな風に・・・・。

とても楽しそうに遊んでいます。

各地で、幸せの黄色いガス管と呼ばれるのもうなずけます。
こんな楽しそうなクルミちゃんを見ているこちらも、とても楽しくなります。

Kurumi25  以前、氷の塊を身体の上で回していたみたいに、ガス管もくるりと回して遊んでいたクルミちゃん。

前脚の、かわいいピンク色の部分が見えますか?

でも、後ろ脚の間も開いちゃって・・・もう、恥ずかしぃ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

ごろごろごろ

最近は、1頭ずつの展示で、ちょっと寂しいライオン舎。
この日は、国王陛下がお出ましになっておられましたが。。。。
Raira14

まぁ、寒いところが苦手なライオンで、しかも、それなりのご年齢(笑)

雪の上に置かれた板の上が・・・冷たくないので・・・定位置です。

若干、遊び道具になってる節があって・・・かなり囓られてますね。
Raira15

でも、リラックスし過ぎです(笑)

あくびしながら、開き状態。
そのまま、一夜干しにしちゃいますぞ・・・・(笑)

ちなみに、たてがみの黒っぽいオスはモてるのだそうで・・・ライラさんのたてがみも、ご婦人方から好感を持っていただけそうな色合いであろうかと♪
腹毛も・・・・凄いです(笑)

Raira16 

おすまし顔です。

何食わぬ顔をなさっても、既に無駄ですが・・・。
普段は、凛々しくて格好いいのに、時々、苦笑を誘ってくださるライラ陛下です。

 
自分が、旭山へ伺う回数も減り・・・ライオンが3交代制展示になってしまったので、午前と午後に覗きに行っても、会えないコが必ずいます。
タイミングが合わないと、ずっと会えなかったりするんです。
でもって、会えなかったコに会いたくて、また旭山へ行くんです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

同じに見えても・・・・(笑)

Washimimizuku21向こうを向いているところで、カシャッとシャッターを切りました。

前のカメラより音は低くなったものの・・・・そこは一眼レフ。

結構重々しい音が響きます。

 

Washimimizuku22 当然・・・・パッと振り向いて・・・・羽角・・・飾り羽根は警戒態勢。

や、飾り羽根が警戒しているんじゃなくて、本人(鳥)が警戒していると、逆立つわけです。

 

では、これは・・・・?
Washimimizuku23

羽角がピン・・・・!

どれほど、警戒しているかといえば・・・・そうではなく。

ぢつは、奥方に愛を囁いているところなのです♪

一昨年は3羽、昨年は4羽のヒナが誕生しています。
今年も、生まれるかな・・・?
それとも、そろそろ、擬卵の運命だろうか・・・・(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

お久!

遭遇率がモモンガ並みに低くなっているエゾリスさん。
昼行性のハズだけど・・・・エサを取るのに時間が掛からない分、あとは寝て過ごしているっぽい(笑)
Ezorisu06

なにやら金網越しに遠くを見つめているエゾリスさん。

何が気になったんでしょうか?
隣は野鳥ケージで、冬期は展示されておらず、現在は誰もいないのです。

園内では、野生の個体も時々見かけることがありますから、もしかして、誰かお友達・・・いた?

Ezorisu07 金網から離れたら離れたで、ケージ内を駆け回り・・・・シャッター押すどころではありません。

素早くて、すばしっこくって、カメラレンズで追いかけるのは難しいです。

ようやく、木の幹でちょっと一休みしたところを、何とか取らせてもらえました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入ってますか?

旭山のあざらし館は、本年も凍らせ作戦が成功。
今年は昨年より格好良く仕上がってます(笑)

Gomahu19こんな、感じ。

ちょっと見には、流氷原みたいです。

特に、この後ろにある氷の壁が凄いです。

 

ところで・・・・・。

Gomahu20 氷の下のゴマフアザラシ。

お腹がなぁ・・・・

なんとなくなぁ・・・

やっぱり、入ってますか?(笑)
詰まってるんじゃ無いよね??

今月下旬頃かな・・・?
白い産毛のモフモフが見られるかも。
2~3週間で抜けちゃうから・・・会いに行けると良いんだけど♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

やすらかに・・・

初めて・・・旭山へ行きだした頃・・・・、動物に少々えり好みがあって、声だけ掛けて写真撮らずに通り過ぎてくることが多かったね。
Chibi06

初めてシャッターを切ったとき、抜け替わる直前の冬毛が、凄いコトになってましたっけ。
誰かの漫画のキャラクターを思わせる風貌だったね。

この頃は・・・・まさか、女の子だとは思いもせず・・・・・。

 

Chibi07 秋口・・・・すっきりしていた頃。

この翌年の初夏。

おびひろ動物園に「お嫁入り」って聞いて、仰天したんだっけ。

その後、おびひろをお訪ねしたとき、ちゃんと謝ったんだけど・・・・。
Chibi08

随分美人になっていて、ちょっと驚いたね。

やっぱり、だんなさんがいると違うのかなぁ~って。

ずっと一人で過ごしてきたけど、本当は群で暮らす生き物だもんね。

こんなに早くお別れが来るなんて、思ってなかったな。
また、春になったら会いに行こうと思っていたのに。
Chibi09

昨年のゴールデンウイークが最後になっちゃったね。

お尻の方も、良くなってきてるんだとばかり思ってた。

チビちゃん・・・・。

せっかくお嫁さんが来て喜んでくれてたボスくんを、2年もしないうちに・・・また・・・独りにしちゃったら、ダメじゃない。

今年こそ、本当のフタコブラクダのチビっちゃいのが見られるかと楽しみにしていたんだけど・・・残念です。

チビちゃん・・・・どうか、安らかに・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

仕込み済みでしたか(笑)

先月お伺いしたときは・・・・、
・・・どうかなぁ・・・・
とか、言われてましたのに(笑)
Eland08 今年、お正月にお邪魔したときのラッシュちゃん。

だんなさまのプッチョさんにすりすりされて・・・何故か避けていました(笑)

ずっとお母さんと二人暮らしで、「男性」を見たこともない深窓の令嬢だった・・・とか、言われていましたね(笑)

でも、ラッシュちゃんのお父さんって・・・・?
動物園歴が浅いので・・・・亡きハイミーさんと一緒に居るところしか知らんのです。
ご存じの方、いらしたら教えてください。

Eland09

先月・・・既に室内にいたラッシュちゃん。
コンデジの高感度モードなので、画像が荒いですが・・・・・、たしかにお正月よりお腹大きくなってますね。

う~む、気がつかなくてゴメンね。

3月3日に女の子を産むなんて、出来すぎだねぇ♪
おめでとう、ラッシュちゃん。
きっと、近いうちにお母さんぶりを見に行くね♪

Eland10 エランドの妊娠期間は200日少々だと聞きます。

てぇ、ことは、夏の時点でしっかり仕込んであったわけね?(笑)

そこらへん、抜かりはありませんよ・・・・とばかり、フフンとほくそ笑んでるプッチョさん(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

成長途上

アミメキリンのゲンキくん。
まだ1歳と8ヶ月ほどの子どものキリンさんですが・・・・。
Giraffes18

雌のキリンのお尻の辺りをくんくんくん・・・・。

やっぱり男の子で、繁殖可能な年齢までまだ数年あるだろうに、こういうところにはしっかり反応するようです。

でも。。。。

Giraffe14 フレーメンは中途半端(笑)

本当なら、もうちょっと口が開くと思われるのですが・・・・?

 

 

Giraffes19 二人(笑)

釧路の、今は亡きメルさんと今も健在のキリコさんが、こんな風に写っていた写真、あったよね。

前がマリモちゃん、後ろがゲンキくんです。

こうしてみると、かなり大きくなってきた感じがするね>ゲンキくん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

写真はダメダメ

・・・・だったんですが・・・・。
あまりに微笑ましかったので、敢えて出しちゃいます。

Chimpanzee12 旭山動物園のチンパンジー館。

一昨年生まれのプヨちゃんが、昨年生まれの義弟キャロくんをおぶっていました。

キャロくんはまだ1歳と2ヶ月。
普通なら、母親が手元から放さない時期だと思うのですが、母親のフルトさんにとって、プヨちゃんは娘イブさんの娘で、孫ということになります。
えと、気心知れてて安心してます?
それとも娘の躾の腕を信頼しています?

Chimpanzee13 1歳年長のプヨちゃんに、運動能力ではまだちょっと適わないっぽいキャロくん。

一生懸命、お姉ちゃんにしがみつき、追いかけていました。

こちらの光景は、キーボさんの群が出ているときに期待できます。
一方、キーボさんの息子、シンバくんが率いるもう一つの群でも、微笑ましい光景が見られました。
Chimpanzee14

この夏に生まれたコースケくん。

母親のミコさんに抱かれて、・・・・遊んでくれているのはタケルくん。

コースケくんのお父さんはシンバさんですから・・・・タケルくんにとっては・・・えと、義理の甥っ子(シンバくんとタケルくんはお父さんが同じ)ということになりますか。

中々からだが大きくならないタケルくんですが、元気一杯です。
まだ赤ちゃんのコースケくんに、興味津々。
こうして、ミコさんの側では遊ばせてもらえるようですね。

国内ではチンパンジーの出生率が落ちていて、このままではどんどん飼育数が減っていく・・・なんて話も、ちらりとありました。
このチビさん達が元気に大きく育って、またどこかで子どもを作ってくれるといいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

過保護?

旭山へ泊まりがけで行ってきました。
土曜日の閉園後の催しだったので、お天気が崩れたら・・・・ホワイトアウトの石北峠を夜間に走る羽目になりますし・・・・。
せめて、昼間に走ろう・・・・と思って泊まったのですが、お天気が崩れることもなく、日曜日も閉園までしっかり居座っておりました(笑)
ヘンだな・・・いつも3時前には、もう帰ろうと思うのに・・・・何故そこからが長いのだろう??

Ezoshika55

エゾシカ舎の心配の種・・・一番遅く生まれたマダちゃん♪

大丈夫、ちゃんと居ました。

ここまでくれば、後もう少しで暖かくなるからね。
頑張って、大きくなろうね。

って・・・・何故か、二人がかりで構われていたマダちゃんなのです。

Ezoshika56 手前は、お母さんのトナカイさんかな?

奥は、メスジカでは一番順位が高いと思われる清野さん・・・?

・・・・違ったらごめんなさい・・・・

 

Ezoshika57 二人がかりで世話を焼かれて。。。

冬毛が・・・なにやら所々でごっそりと抜けてませんか?

まぁ、もう換毛の時期ではあるようで、他のコも場所によってはかなりの大面積皆伐・・・じゃない、夏毛が見えているようではありますが・・・・夏毛になったら、また愛らしい鹿の子模様が浮き上がりますね。

でも、なかなか身体が大きくならないマダちゃんです。
あんまりさっさと冬毛を抜いちゃって・・・・風邪引かせないでね・・・・。

 

 

催しの中で・・・・シンリンオオカミのクリスの話を聞くことが出来たのは幸いでした。
やはり、一部の報道や、あるいは個人のブログなどで聞く話とは、微妙な違いがありましたね。
クリスの一番近くにいたキーパーさん達が、如何に厳しく優しく暖かな眼差しで彼女を見守っておられたのか・・・・。
彼女がなぜ、「ハチ」ではなく「クリス」であったのかも。

思い出したのは、映画「旭山動物園物語」のラストのシーン。
新米キーパーの母親からの手紙を、園長が読んで話をするところです。
その母親の思いが・・・・そこにはありました。

正しいとか、間違いとか・・・結論を出せることではなく・・・けれど、オオカミという生き物の尊厳をきちんと認める姿勢は、さすがに旭山だなと思いました。
その考え方こそが・・・・自分が旭山に通い詰める理由でもあるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »