« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

絡める

もう、2歳のお誕生日を過ぎて居るんだったね。
故郷では、弟が生まれたみたいですよ♪

Giraffes31 旭山のアミメキリン、ゲンキくん。

まだ、訳が分からないなりに・・・・マリモちゃんの発情をしっかり感知して、本能のまま(?)スリスリしています。

どんなに急いで大きくなっても、もう1年はかかるんでしょうね。
その頃には、マリモちゃんの背丈を追い越しているのかな?

首も、もっと長くなっているね。
結び目を作らないようにしてよ(笑)

Giraffes32 でも・・・・、

マリモちゃんは、発情中でも食欲が優先してます(笑)

室内じゃ、ゲンキくんがマリモちゃんのご飯(段差を付けて2つのエサ置き場があります)まで首が伸びるようになって、せっせと育ち盛りのトコロを見せているようなので、屋外にいるときは、マリモちゃんってば、食べる方に専念しているっぽいです(笑)

ちなみにゲンキくん、名前の通りとてつもなく元気で(笑)、放飼場と寝室への通路を隔てていた鉄の棒を曲げて使い物に成らなくしたばかりか、キリンのエサの食べ方を見せるために上から吊られていた木のエサ箱も、引っ張ってバラバラにしてしまったらしい・・・・。

末恐ろしきは、オスのキリン・・・・・!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

どうしているかな?

お盆に伺ったときに見つけた・・・チビさん♪
どうしているかな?

King_baby07 奥の方で・・・・まだ隠れていましたので、誕生のお知らせは掲示してあったのですが、大層見つけづらいところに居ました。

帯広のフラミンゴさんも、もう1羽孵ったようだし・・・・。

行きたい所は多々あれども・・・・。

 

タイガが逝って1週間。
あまりに突然のことに・・・まだ、そこだけぽかりと穴が空いているというか・・・・現実感に欠けているというか・・・・。

どこかで気持の整理を付けなければならないことは承知しているのですが。
何もやる気にならないというのが・・・正直なところ。

ココアのことも気になります。
もともと単独生活を送るアムールトラですから、1頭でいることに慣れれば、案外けろりとしているのかもしれませんが・・・・。
むしろ、そうであって欲しいと・・・・。

そして・・・、一番辛い思いをされた方は、大丈夫でしょうか?
未だ、掛ける言葉もありませんが・・・・。

時間を掛けるしか・・・無いのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

お別れになった日・・・・

3日前・・・22日の土曜日が、タイガと会った最後の日になりました。
Taiga30

気温はそうでもなかったはずなのですが、日差しが強く。

今年の釧路地方としては、暑く感じた日。

タイガは・・・・朝からずっとごろごろ状態。

日陰や物陰で寝てばかり。

それでも、何かの拍子にコチラを向いてくれたときの写真。

Taiga31 夕方近くには起きあがって・・・。

でも、まだぼ~としてた感じ・・・?

あまりはしゃいでいるところは、この日は見られませんでした。
 

そして・・・・・、

Taiga32 いつもより早めの室内収容でした。

ご飯は、それぞれの寝室に入ってからです。

この写真が・・・・、

正真正銘、自分にとってのタイガの最後の姿になりました。

少しは落ち着いた気がしますが、まだ・・・・気持の整理が付いたとは言い難いところです。
いずれ、時間が解決してくれる問題なのだと、理性では分かっているのですけれどね。

残されたココアがどうしているか・・・・。
そろそろ、何かがおかしい・・・ことに気がついているはず。
ふさぎ込んでは居ないだろうか?
食欲は落ちていないだろうか?

毎日でも様子を見に行きたいトコロですが・・・・
出来るはずもなく。
選りに選って、今週は土日も潰れる仕事のスケジュール。

休みになったら・・・直ぐにココアに会いに行きたいと思ってます。
ちょっとでも遊んでもらえれば・・・・すこし、笑顔が戻るような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

初めて会った日

会えないと思っていたので・・・・会えると聞いた日は、吹っ飛んで行きました。
Taiga27

初めて会った日の・・・・タイガ。

ケージから引っ張り出された(笑)直後。

何が起こっているのか、本人(トラ)まだ分かっていません。

この後・・・大勢の人間と、その歓声、カメラのフラッシュに・・・怯える羽目になりました。

Taiga28 ミルクを飲ませて貰っても、いつもと違う状況に戸惑って。あまり飲んでいなかった・・・んじゃなかったかな?

 

タイガに関しては・・・・

まだ、お悔やみの言葉一つ・・・、天国のタイガへ・・・とか、そんなことは何一つ考えられない状態です。
ただ、切なくて、虚しくて、やるせない思いで・・・・胸がいっぱいになります。

昨日、何とか4時前に動物園に入って・・・・・
ちょくちょくお目に掛かる常連さんと会って、泣き
いつも良くしてくださる飼育員さんに会って、泣き
そして・・・ココアの心許なさ気な様子に、涙しました。

担当さんにはお目にかかれませんでしたが・・・・逆に良かったと・・・・。
掛ける言葉が、見つかりませんもの・・・・。

Taiga29

閉園間際、誰もいなくなった獣舎の前で、ちょっとだけココアと遊びました。

単に、誰もいなかったから・・・なのか、あるいは、ちょっとした切っ掛けで、いつもの客だと思い出してくれたのか・・・・。

こんなことでココアの気が紛れるのなら、いつだってココアの前に居たいけれど・・・・。

何だって、こんなに仕事が立て込んでいるのか・・・・・。

それでも・・・今週は・・・外業が多くて助かった。
体を動かす仕事なので・・・余計なことを考えなくて済みます。

デスクワークだと、つい思い出しては涙ぐんでしまうので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

独りぼっち・・・・

なんとか・・・時間を作って・・・・献花に行ってきました。
滞在時間、30分。
そして・・・タイガのいない放飼場・・・・。
Kenka_k しつらえられた献花台。

たくさん、お花が届いていました。

それでもまだ・・・・、夢の中にいるような気がします。

 

 

Cocoa20 そして・・・・

独りになってしまったココア

彼女は、何が起こったのかまだ分かっていません。

寝室収容後のことであり、タイガとココアの寝室は現在別々で、しかも間に広い室内運動場を挟んでいます。

昨夜何があったのか・・・ココアは知らないのです。

どうして自分が独りなのか。

どうしてタイガの姿が無いのか。

まだ分からずに、首を傾げるばかりです。

Cocoa21 もう二度とタイガには会うことはありません。

じゃれ合うことも

ケンカすることも

互いをなめ合ったり、一緒に寝ることも

タイガに対する依存度が高いココアが、それを理解したとき。

戸惑いと、不安とが、彼女を押しつぶしてしまわないように・・・・。

切に・・・・祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

誰か・・・嘘だと言ってください・・・・。

Taiga20_4Taiga21_2

Taiga22_2

Taiga23_3

Taiga24_2

Taiga25_3

Taiga26_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

初めまして♪

前々から会いに行きたいと思っていたのです。
昨年は・・・・非公開扱いだったのですが、このたびめでたく公開されたと聞いて・・・・・。

Kurakake03 水面から、ちょこんとお顔をだしているアザラシさん。

さて、このコの正体を当ててください♪
出来れば、写真にカーソルを乗せずに考えてください(笑)

ヒントは・・・昨年の春、オホーツクとっかりセンターで保護されました・・・・って、これじゃヒントにもなりませんな。

では、こちらの写真ではいかがでしょう?

Kurakake04

まだ1歳なので、お顔はあどけない感じです。
麻呂眉が愛らしいですね。

そして、ゴマフでないことは、もうお分かりですね。

 

 

Kurakake05 はい、これが全身です。

まだ若いのでハッキリしていませんが・・・・、

クラカケアザラシの・・・・男の子です。
お名前は「とっち」

クラカケアザラシは、おたる水族館に3頭がいますが、いずれも女の子。
背中に鞍を置いたような模様があるのが特徴ですが、若い子や女の子はこの模様がちょっと薄目だと聞きます。
男の子は、日本全国・・・ここにしかいません・・・いないハズなんですが・・・(笑)

これからとっちくんが大きくなるに従って、この背中・・・どんな風に模様が現れてくるのか・・・・大変楽しみなコであります。

飼育員さんが、お仕事で忙しく辺りを行き来するのを、こんな風に柵の側まで上がってきて眺めています。
保護されてから・・・・乳母日傘で育てられた模様で(笑)・・・・大変人懐こく、お客さんも怖がりません。
すぐ目の前にいても平気です。

とりあえず・・・・ご飯、マダかなぁ・・・・状態かと(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

残念だったね・・・・

春先の情報では、今年の北海道は、レッサーベビーラッシュになるんじゃないかと・・・期待していたわけですが・・・・。

円山は残念なことになり・・・・・、
Kouai09 釧路の光愛ちゃんも・・・・・残念ながら偽妊娠と判明しました。

発情が来なかったり、体重が増えたりするほか・・・巣作りなどの行動も確認されていたそうです。

引き続き、来年に期待しましょう♪

ところで、そんな光愛ちゃん・・・・偽妊娠のために、体のホルモンバランスの周期がズレにズレて・・・・今頃発情しちゃってるらしいです。

そのせいか・・・・いつもは無視ってる剛くんのコトが・・・・どうにも気になる様子。

Gou 一方の剛くん・・・・この日はどうやらご機嫌斜め。

近づこうとする光愛ちゃんを、ひたすら威嚇。

もしかして・・・ご飯を取られると勘違いした・・・??

豪くんのやる気が無いと、赤ちゃんも出来ないんだからね(笑)

もし、この発情で妊娠することがあるとすれば、赤ちゃんは真冬に産まれちゃいます・・・。
それでも、ちゃんと環境を整える用意はあると聞きますので・・・・、今からでも頑張ってくれないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

育ち盛り♪

Sealion25 お母さん!おっぱい、おっぱい♪

今年生まれたトドの赤ちゃん、ヒロくんです♪
まだ、ウメ母さんのおっぱいで、お魚は食べられません。

半年以上は、母乳じゃなかったかな?

でも、母さんの方は・・・・どうやらゆっくり寝たいらしい(笑)
 
Sealion26

動いて、向きを変えてみたり、

 

 

 
 

Sealion27

前肢で拒否ったり、

怒ってみたり、するものの・・・・・

 

 
  

 
Sealion28 んくんくんく・・・・・♪

ヒロくんは、ひたすらおっぱいを求めます(笑)

ウメさん、あきらめ顔でしょうか?

おっぱいを一杯飲んで、大きくおなりよ♪

ちなみに、ヒロくんの食欲を満たすために、ウメさんの食欲も底なし状態(笑)
お客が、バケツ(トドのエサが入っている)を持ってプールサイドに姿を見せると、アピールが物凄いです。
おねだりと言うより、ほぼ脅迫に近いです(笑)

野生から来たばかりのそとこちゃんは、まだあまり人間におねだりすることが無いのですが、はるちゃんやまもこちゃんと言った、若い女の子たちも争奪戦に加わり、エサをもらえる確率が以前より低くなっているのかしらん?
もちろん、ちゃんと飼育係さんからご飯をもらっているんでしょうけれど。

中には、凄い跳躍を見せて、自分からはるか離れた所に向かって投げられた魚をキャッチするコもいます。
あの巨体が大きく伸び上がる様は、見事なものです。

ちなみに、ヒロくんに気づいたお客さんが、ときおり赤ちゃんにエサをやろうと、ヒロくんの方へ投げることがあります。
ヒロくんはまだお魚食べられませんから、投げられた魚は大抵おこぼれ狙いのカモメさんにかっさらわれます。
たまに、大人達がエサの方へ殺到することがあって・・・・、小さいヒロくんが、大人達に押しつぶされそうになることも・・・・見ていてちょっとコワいんですけど・・・・。
せめて・・・春先のアザラシプールみたいに・・・・看板、付けませんか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

祝!祝!!祝!!!

旭山で生まれて、神戸の王子動物園へお嫁入りしたナミコさんが、このたび、無事ご出産とのこと!

Namiko カバの妊娠期間は7~8ヶ月だそうですから、この3月にお伺いしたとき、既に妊娠3~4ヶ月ほどだったのですね♪

ご両親の愛の営みに伴って躍動する水面の美しさから、生まれた女の子は、「ナミコ」と名付けられました。(「ペンギンの教え」 小菅正夫著 講談社)

2度の辛い過去を経験して、今、お母さんになったナミコさん。
どれほどお幸せなことでしょう♪

おめでとうございます!!

 
Zabuko初めての子育て、いろいろと大変でしょうけれど、ザブコ母さんの娘だもの、大丈夫だよね?

「当然ですとも♪
ワタクシが育てた娘ですから!」

余裕のザブコ母さん。

 

Gon 「でかしたぞぉぉぉ!!
 ナァミコォ~~~!!!」

・・・・声が出ていれば、神戸まで届きそうです(笑

お喜びのゴン父さん♪

 

どうか、元気に大きく育ちますように♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

すくすく♪

お墓参りの翌日は、お天気も回復してきたので、小樽まで車を走らせました。
我が家・・・実家・・・から小樽まで、高速に乗ると約1時間ほどで、水族館に着いてしまいます。
さすがに、夏休み・・てか、お盆・・・の最中で、駐車場には既にかなりの台数が収まっていました。

さっそく向かったのは、海獣公園。
さらに、いの一番にお邪魔したのは、セイウチ舎です(笑)
Seiuchi12 ツララちゃ~~ん♪♪

生まれて2ヶ月半のセイウチの女の子。
ねむねむのようで、ガラスの際でぷかぷかと漂っていました。

・・・・・分かっちゃいるんですが・・・・息継ぎするまで、ずっと見てしまいましたヨ(笑)

 Seiuchi13

ウーリャママと一緒♪

お母さんと比べれば、十分に赤ちゃんのサイズなのですが、単体だと・・・・。

「これが赤ちゃんなの??」
・・・・と、言われていました(笑)
 

Seiuchi14 んで、ウチオパパ♪

豪快なUターン。

水中を仰向けで泳ぎ、壁にぶつかると、勢いよく立ち上がるように向きを変えます。

水面に出たときに、少々水を噴いてたりするようです。

親子との同居はいつ頃からになるのかな?
セイウチは一夫一婦制ではなく、ハーレムをつくるハズなので、父親が子育てに参加するということは無いんでしょうけど。

 

 

 

改めて、ジローさんの追悼を・・・・。

旅先だったこともあって、おたるのブログをチェックしていなかったのです。
不在に、一瞬嫌な予感がしたことも確かなのですが・・・まさか前日とは・・・・。
Sealion24

豪快なダイビングはもとより、倒立の姿勢が美しいことでも定評のあったジローさん。

ちょっと遠くから狙った写真なのでボケ気味ですが・・・・、向かって左がジローさん。右が若いモンキチくんです。

後肢がキレイに立っているジローさん。
現在、モンキチくんより若い・・・7~8歳くらいだったかな・・・・コが、ショーに向けて訓練中のようなのですが・・・暫くは、モンキチくん一人、ダイビングも中段から・・・となれば、おたるのトドショーは、ちょっと迫力不足になるのかもしれません。

国内最高齢で亡くなったゴン太さんが32歳と聞きます。
ジローさんの推定23歳・・・誤差があっても1~2歳でしょうから・・・・やはりちょっと早すぎると・・・・・残念でなりません。

もう少し、後輩の成長を待って欲しかったよ、ジローさん・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

強行軍

盆休み終わり。
土日含めて5日間の休暇で、4施設を回る強行軍。
お墓参りのついでに動物園・・・ではなく、動物園巡りの合間に墓参りをしてきたような・・・(笑)
ごめんなさいね、ご先祖様・・・・。

さて・・・・12日に帰省し、翌13日の午前中に墓参りを済ませた後。
お天気が今ひとつ良くなかったので、一番近い室内施設をお訪ねしました。
サンピアザ水族館は、札幌市の副都心の商店街ビルにある、とてもコンパクトな水族館です。
Minokasago 魚類代表(笑)

大きな胸びれが優雅なミノカサゴさん。
この容姿で、背びれだったか・・・毒を持っているんでしたね。

比較的ゆったり泳ぐのと、対象物が大きいので、ISOの設定さえ出来れば、結構写ってくれるお魚さんです。

Gomahu21
えと、サンピアザでは、一番大型になるんじゃないかな?
海獣代表、ゴマフアザラシさん。

多分、これは女の子の方。

時々立ち止まってくれるので、こちらもある程度写せます。
泳ぐスピードによっては、シャッター速度が付いていきません(笑)
流し撮りする技術は・・・・持ち合わせがありません。。。。

基本、光量が足りない室内の水族館で、しかもフラッシュを焚かずに撮影しようと思うと、何より困難を極めるのが、こちら。
Kawauso28

立ち止まったその一瞬を狙うしかありません(笑)
後は、寝ているトコロとか。

今年も順調に繁殖している、コツメカワウソさん。

現在、ご両親と昨年生まれのお嬢さんが2人、今年は3つ子ちゃんの誕生ということで、総勢7名が、水槽狭しとちょろちょろしています。
これは、お姉ちゃんかな?ご両親の片方かな?
撮影対象に注文つけていられません(笑)

Kawauso29 こちら、今年生まれの、まだあどけない・・・唯一の男の子じゃないかと思います・・・後の2人は女の子だそうで。

・・・まだ親より一回り小柄な体躯、ふわふわな毛。

毛玉が・・・転がるようにじゃれているか。走り回っているか、どっちかです(笑)
集団・・・フレームに数人・・・を収めようとすれば・・・間違いなく最低1人はブレます(笑)

コツメカワウソは、両親揃って子育てするのと、年長の子ども達も育児の手伝いをしてくれるので、みんな仲良し。
見ていて飽きませんね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

訃報…

訃報…
本日はおたる水族館を訪ねています。
いつもの通り海獣公園でトドのダイビングショーを見ていますと…。
いつもなら2頭登場するはずのトドが1頭しか出てきません。
ジローさんがいないのです…。
伺えば、亡くなった…と…。
それも、昨日のことらしい…。
モンキチくんが一人で頑張っていますが、彼はまだ最上段からのダイビングは練習中…。
頑張れ!モンキチくん!
そして、今まで迫力満点のダイビングを見せてくれたジローさん、本当にありがとう。
心より、ご冥福をお祈り申し上げます…。


写真は、トドプールのガンタロウさん♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

夏休み♪

本日から、夏休みを頂きます♪
親元へかえって、年に2回の(盆と正月(笑))親孝行ってヤツです。

実家は、札幌から近いので、円山か小樽に・・・・もしくはサンピアザ水族館とか・・・行ってみるつもりではありますが、お天気が良くなさそうなんで・・・・いつものコトか。。。。

Taiga19 「あんまり長い間・・・・・」

  

 

 

 

Cocoa19「顔見せないとさ・・・・」

 

 

 

 

Taiga_cocoa24「忘れちゃうわよねぇ~」

「そうだねぇ。」

まぁ、2週間ご無沙汰すると、忘れられますな(笑)

ということで、しばらく更新もお休みを頂きます。
上手く・・・携帯で写真が撮れれば・・・気紛れアップするかもしれません♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリオ♪

まだ、両手を並べればその上乗っかるくらいのサイズでした。

Fox01 あくびしている子ギツネ。

まだ3ヶ月弱くらい・・・・なんだっけか?

男の子の3兄弟で、保護されてきた個体です。

おびひろさんのブログにある、保護されて来たあたりの写真では、巣穴の外に、出るか出ないかというサイズなのでは・・・?
事故で親を失ったとか・・・?
農地拡張で、巣穴ごとほじくり返された・・・・とか?
お留守番中に人に見つかって、親ギツネが人間を警戒して近づけずにいるウチに、迷子(もしくは育児放棄)と誤解された?(善意の誘拐と言いますね。)
いずれにしても、何らかの形で、人間が絡んでいるような気がしてなりません。

Fox02どれほど、人間に愛情を注がれたとしても、自らの親に愛情を持って育てられるに勝る幸せは無いと・・・思っているので・・・・。

とは言え、人に保護されたということは、このコ達の運命はまだ終わっていないと言うこと。
彼らがどんな役割を背負って、私たちの前へ来たのか・・・・?

・・・・なんて、難しいことを考えているウチに・・・・・。

Fox03子ギツネたちは、すっかり客に興味を失って・・・・(笑)

揃っているようで微妙に個性的な3兄弟でした。

男の子ばかりなので、いずれ別々の飼育になるんでしょうけれど。
今はまだ、やんちゃなトコロを見せてくれるおちびさんたち。

先住の今は亡きツネちゃんも、きっと見守ってくれていますヨ。
元気に大きくなってね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

辺りを窺う・・・?

番でいるのはここだけ・・・かな?
既に、両個体ともご高齢のようです。

Condor01

アンデスコンドルのメス。

高いところで瞑想中(?)

 

 

 

Condor02 オスの方はとさか付きです。

こちらは、もっぱら地べた。

もしかしたら、もしかして・・・既に目をお悪くなさってますでしょうか?

 

コンドルは、同じ死肉を漁る鳥類であるハゲワシ類とは異なる種なのだとか。
猛禽ではなくて、コウノトリに近い種類なのだそうです。
首の回りの白いモフモフが、なんとも柔らかそうで・・・・でも、野生の状態ではきっと、こんなに真っ白にはならないのかも・・・・。
なにせ、ハゲワシと一緒でおつむがハゲているのは、頭に血などが付くことが多いために、羽毛があると清潔に保てないからだと言われていますから。

Condor03 ・・・・んなわけで、頭部がとってもスリムなコンドルさんは、金網の隙間から頭が出ます(笑)

何か、気になるものがありましたか?
こうすると、ケージの中よりいろんな場所が見えますものね。

行き交う人や・・・・近づいてくる飼育員さんとか、とか・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

待ち遠しい♪

Seal_o01 プールから伸び上がっているのは、ゴマフアザラシのカイくん。

良く立ち上がっているそうですが、ここはプールの水深が浅いので、どちらかと言えば、正座もしくは横座りになるようです(笑)

 

Seal_o02 あっちで立ち上がり

こっちで立ち上がり

カイくんが、しきりに何かを気にしています。

 

 

Seal_o03 女の子のモモちゃんも落ち着かない様子。

もうそろそろよねぇ。

そうだよねぇ。

 

 

Seal_o04 スポットガイドのお時間なのでした♪

2頭だけなので、右と左、交互にホッケが投げ入れられます。

たまに、ダイレクトキャッチ。

でも、ガイドですから、ちゃんと泳いでいるところも見せてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラフラフラ・・・

っと、フラミンゴ(笑)

 
Flamingo10だって、だって、大きくなっちゃったのしか会ったこと無いんですもん!

ヨーロッパフラミンゴの卵が孵化したよ・・・、と言うニュースをホームページで見て、なるべく早いウチに・・・と思っていたのですが・・・。

こちら7月30日に孵化したヒナちゃん。
既に、あちこちで冒険中。 

Flamingo11 こちら、8月5日生まれのおちびさん。
まだ、ママの羽根の下。

まるでビロードのような産毛。

丸くて大きなお目々。

短くてちっちゃい翼。

真っ直ぐなクチバシ。
Flamingo12 このままでいて欲しいと・・・・思わなくもないですが(笑)

・・・考えてみれば、旭山に日帰りで行ける場所に住んでいるわけですから、帯広にだって日帰りできるワケだ・・・ということで・・・一部高速道路を使っても、3時間、かかっちゃうんですけどね(笑)
お昼近くに着きましたが・・・・正門前駐車場には、まだ数台分の空きがあって・・・助かりました。

 Flamingo13 まだ、足下が覚束ない・・・・幼い方のチビさん。

でも、何とか自分の足で立ち上がろうと頑張っています。

親鳥も、応援してます♪

 

 

Flamingo14 必死で踏ん張るものの、ふらつくあんよは、まだピンク色。

この後一度黒っぽくなって、それから再び親鳥のようなピンクになってくるそうです。

ヒナながら、あんよはぶっとい(笑)

 
  
Flamingo15 あらら・・・・・。

ぺたんしちゃいました。

もうちょっと・・・かかるのかな?

 

 

Flamingo16 先に孵化した方は、既に逞しいあんよになっていました。

卵は、まだ3つあるようです。

ベニイロフラミンゴさんも卵を抱いているようなので、こちらも、無事に孵るといいね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

シャドウ・・・・

アンデルセンの童話では、みにくいアヒルの子は、ハクチョウになるわけですが・・・。
みにくいハクチョウの子は・・・・このあとコクチョウになります(笑)
Swan16

いえいえ、ぜんぜんみにくくなんてありません♪

だいぶ大きくなってきましたけれど、まだほわほわの産毛の、愛らしいヒナ達でした。

20日ほど前の写真なので・・・今は、もう少し大人の羽毛になっているのかな?

後ろの色の濃い方が、実はコクチョウのヒナ。
手前のコブハクチョウのヒナとは、乳兄弟・・・・とは言わんな(笑)・・・哺乳類じゃないし。
卵の時分からコブハクチョウの仮親に温めて貰って、孵して貰って、我が子同然に育てて貰っています。

みにくいアヒルの子は、自分の容姿が兄弟たちと違うことに悩むわけですが・・・こちらは、いじめられることもなく、コブハクチョウのヒナとも仲良しのようですが・・・・。
このあと、黒い羽毛を纏いだしたとき・・・・どうなるのかな?

そのうち・・・・。コブハクチョウとコクチョウの白黒コンビが並んで一緒に泳ぐ姿が見られるかも・・・・♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

そろそろかな?

King24 ペンギン館では、キングペンギンさんたちが卵を抱いています。

女の子の割合が極端に少なかった旭山のキングさんたち。

今期は、女の子が1羽加わったので、皮算用すれば、3コの卵があり、上手く行けば3羽のベビーがみられる・・・・・と、嬉しいんだけど(笑)

King22

これは7月初旬・・・お腹の隙間(?)から、卵が覗いています。

孵化まで2ヶ月弱・・・・・

今月下旬頃には孵る・・・・んじゃないかな?

 

 

King23

ところで、奥方・・・・、

あなた、その左のフリッパーは、いったいどうなっているんですか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

未来のお姉さん?

既に、時間が経ってしまって・・・・どっちがどっちだったか・・・(笑)

おたる水族館に、ワモンアザラシが1頭増えています。
釧路市動物園で保護されたワモンアザラシの女の子。
いつの間にか、ワットちゃんと名前が付いていて・・・(笑)
Wamon21

多分・・・撮影時間的に見て、こちらがワットちゃんだと思うのだけど。。。。

おたるには、水族館生まれのワモルくんとルルちゃんの兄妹がいます。

大人のワモンアザラシが、どうやら立て続けに亡くなってしまったらしく・・・・、兄妹二人暮らし。

ワットちゃんは、お兄ちゃんのワモルくんの将来のお嫁さん候補です。

Wamon20 こちら、多分妹のルルちゃん。

ワットちゃんが陸に上がって寝ていた間、お客さんと遊んでくれたのはルルちゃんでした。

指先はもちろん、カメラレンズにも釣られてくれたルルちゃんです。

おたるは、世界で唯一ワモンアザラシの繁殖に成功している施設です。
ワモンアザラシがどのくらいから繁殖適齢期になるのかわかりませんが・・・ゴマフだと、繁殖可能年齢は4歳くらいかららしいですが、実際適例といえるのは7歳くらいらしいです。
まだまだ幼いコたちですが、将来の繁殖を目指して・・元気で大きくなってね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

可愛いこニャンコ♪

今を時めく、円山ツインズ・・・・その2(笑)
Snowleopard_m01

ネコ科猛獣のちみっこい時代って、文句なく可愛らしい。

野生猛獣の精悍さを時折覗かせつつ、あどけない顔つきや、覚束ない動きなどなど・・・・♪

男の子と女の子がいるのですが・・・ユキヒョウちみっこは、難しくて、どっちがどっちなんだか・・・そもそも2頭の区別すらついていません。

Snowleopard_m02 好奇心か興味か・・・・・?

お目々が真剣。

 

 

 

Snowleopard_m03 本人(猫)至ってまじめにやってても、回りから見ると、何をやられても笑みが浮かぶ・・・そんなお年頃(笑)

タイミングが悪かったのか・・・・2頭で絡むシーンは見られませんでした。

母君リーベさんは、もっぱら高いところからちみっこ達の様子を見ているようです。

Snowleopard_m04

ちょろちょろしていたのと、もう片割れさんは、ひたすらおねむのようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巣立ち♪

シマフクロウが有名ですが、じつはクマタカの繁殖も、ここだけなんですね。
つまり、クマタカのヒナが見られるのはここだけ。
今年、ベテランのご夫婦が無事、1羽のヒナを育てました。
そのヒナが、めでたく巣立ちしています。
Kumataka14

この写真は、巣立ちの翌日。

まだ十分に飛ぶ力がないうちに、彼らは生まれた場所から飛び出します。

落ちるように・・・・恐らくは・・・・着地したのは、巣皿の直ぐ下・・・。
クマタカご夫妻が落ち着いて繁殖できるよう、大きなケージは、殆ど人の出入りをせず・・・つまり、草刈りなんかまるでしていない場所ですから・・・低木や大型草本の陰になって、ちょっと見辛いです。
クマタカのヒナ・・・・いえ、若鳥も、まだちょっと自信なさげでうつむいていますか?(笑)

Kumataka15それから約2週間・・・・・先週末には、ご両親と並んで高い止まり木に・・・・♪

一番右側が若鳥です。
だいぶ、飛べるようになってきたようです。

大きさも、雰囲気も、親鳥と同じようになってきていますが・・・、

実は・・・決定的に違う点があることに、気がつきました。

Kumataka16

近くの止まり木に来てくれたので、下からアップ。

分かりますでしょうか?

目の色が・・・青というかグレーなんですね。

親になると、オレンジor黄色っぽい色になるようです。
じつは、雌雄でも微妙に色が違うのだそうですが。

いつ頃・・・・何歳くらいで、目の色が変わってくるのかな?
そういうのを眺める楽しみも、動物園にはあります。

もしかしたら、変わってくる前に、非公開ケージにお引っ越しって可能性もあるんだけどさ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

ララ母さん♪

円山動物園のホッキョクグマ、今を時めく双子の兄弟。
そして・・・その母、ララさん。
Polabear_m09

やんちゃ盛りの男の子が二人。
育児疲れもかなりあるのかも・・・・?

ぐっすりお休みのように見えます。
チビさんたちは、この時二人ともモートの底で遊んでいたのですが・・・・・。

 
Polabear_m10 熟睡しているように見えたララさんが、いきなりガバッと起きあがって、モートへ降りる階段の方へと向かったのは・・・・。

底の方から、チビさんのうなり声が聞こえたからです。

自分のトコロからは、モートの底が見えなかったので、どんな諍いがあったのかは分かりかねるのですが、チビさんたちの間で・・・あるいは他の要因で・・・何かあったと・・・ララさんは判断したようです。

Polabear_m11 やがて・・・・チビさんの一人が・・・・母親に呼ばれたようで、モートから上がり、その子を宥めるような様子が見られました。

いじめられ・・・もしくは被害にあっ・・・・た子どもを、よしよしと慰めていたのか。
或いは、いじめっ子の側をたしなめていたのか・・・・。

 

Polabear_m12

その子を壁と自身の体の間に挟み込むようにして・・・・間もなく親子ですやすや(笑)

チビさんはしばらく、もぞもぞしていましたけれどね。
何度か、モートの方を気にしてた様子でしたが、本当はまだ兄弟と遊びたかったのかな?

その気になれば、ララさんの体を乗り越えて行けたんじゃないかと思うのですが、ホールドされてたのかな?(笑)

Polabear_m13 その頃・・・・チビさんの片割れは・・・・、

モートの底で、ポリタンク・・・破壊済み・・・で一人遊びしていました。

さっきの諍いは、おもちゃの取り合いかなんかだったのかしらん?

兄弟が上へ行ってしまって、おもちゃを独り占めできたせいか、とても楽しそうに遊んでいました。
Polabear_m14

ちょっと・・・モートの底は写真撮りづらいんですけど。

愛らしい姿をどうぞ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »