« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月29日 (火)

まるっと半日

周南市徳山動物園は、旭山に婿入りしてくれたアミメキリンのゲンキくんの実家。
弟御のご誕生と言うこともあり、今回伺ってみた次第。

駅近くにお宿を取り、バスで向かいます。
折しもシルバーウィーク。
9時から5時までの開園時間は、8時半から9時半となっており・・・・。
朝の8時半過ぎに入園。夜は8時過ぎに動物園を出たので、約11時間半を園内で過ごしたことになります^^;

Giraffe17 こちら、アミメキリンの男の子。
ゲンキくんの弟さんになります。
お名前はまだありません。これから公募されるようです。

まだ、角が柔らかそうで、若干寝ていますね~~♪
・・・うん、お顔立ちは、お兄ちゃんに似てるかも♪♪

母親も、二度目のせいか、子どもべったりという感じではなく・・・なによりお父ちゃんが付きまとってくるのが鬱陶しそうで(笑)放飼場の中をうろうろ。
そんなご両親を、不思議そうに見ているチビさんなのです(笑)

Hipo01 こちらは、朝からサービス満点の、カバのマルちゃん。

女の子です。

あんよ踏み外すんじゃないかと、見ていてドキドキしていました。
もちろん、愚鈍そうに見えても決してそうじゃないと、頭の中では理解しているつもりだったんですけど。

まだ涼しい時間帯だったせいか、陸上で動くところを見せてくれたマルちゃんでした。

Kotsume03 そして、コツメカワウソの四つ子ちゃん♪

真ん中がお母さんです。

本来ならば、コツメカワウソは家族で子育てするのですが、このご一家のお父さんは、どうやら子育て向きの性格ではないとのことで、別展示。
お母さん一人で、四人のチビちゃんを抱えて、大変そうでした。
室内展示で、寝室との出入りを自由にさせているので、そちらへ入っちゃうとまるきり姿を見せてもらえないのですが、やはり活動的な朝方・・・・、揃って遊んでいるトコロをゆっくり見せてもらうことが出来ました。
でも、室内・・・しかもチョロチョロ・・・・どこかがボケ、かしらがブレ・・・しております。

Akahana01 んで。

仲良しこよしのアカハナグマさん。
アナグマやハナグマの類は、道内4園では展示しているところが無いので、個人的には珍しいと感じます。

寝ている時と食べているときを除いて、ずーっとお互いにスリスリ・・・毛繕い?・・・していたペアでした。

夜・・・日が落ちてからは、暑さも凌ぎやすくなり・・・・。
マレーグマのツヨシくんの有名なお悩みポーズ(マーサちゃんとケンカして、よじ登っていた檻から落下した・・・(笑))や、ホッキョクグマのユキさんの、おやつ入り氷でのぱくぱくタイムも見せていただき・・・体力的に、これ以上は無理と判断して、8時過ぎに園を出ました。

それが正解だと分かったのは・・・道に迷った揚げ句辿り着いたバス停で・・・次に来るのが駅方向へ向かう最終便だと知ったときです(笑)

そんなこんなで、徳山で二泊しましたが・・・・、いずれも宿に入った時刻が遅く、それから飲みに出ようと言う気力も無く(笑)
せっかく山口県まで出掛けて・・・「ふく」のふの字も口に入りませんでした(笑)
最初の晩は、お宿のレストランで。
次の晩は、コンビニ弁当で。
たいそう経済的な旅行になるわい・・・と思われたのですが・・・・そうは問屋が卸すはずもなく(笑)
この次の日に、ある意味無駄な散財をする羽目になった・・・・のは、また明日にでも(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

ようやく復活!

なんとか。なんとか。

帰宅したのは土曜日の昼過ぎなのですが、翌日曜日は早朝から仕事が入っており・・・・。
コレが無ければ、土曜の夕刻の便で戻って(昼の便が満席で、時刻変更出来る人を募っておりました。協力金が1万円って、結構魅力的だったんですけどね(笑))、日曜日一日ゆっくりできたんですが。。。

よって・・・土曜も日曜日も、屍状態(笑)

さて!
今回は、途中途中でご報告したとおり、瀬戸内周辺を主に回って参りました。
飛行機は羽田まで・・・・基本的に苦手なんで、乗っている時間は短い方が良い(笑)・・・利用し、あとは新幹線。
朝一番の飛行機で出発したので、少し余裕があったのです。

寄り道・・・・してきました。
3時半頃入園して、1時間半くらいしかいられませんでしたが・・・・。
是非とも会いたかったコがいたのです。

Namiko02 ちぃちゃいながらも、お耳パタパタ。

1頭だけだと大きさが分かりませんが、まだ幼いお顔なのが分かってもらえるでしょうか。

会えるかどうか・・・時刻も遅かったので・・・はなはだ心許なかったのですが、幸い、室内展示場での姿を見せてもらえました。

カバの赤ちゃんです。

お母さんは、旭山生まれのナミコ嬢。
ゴンさんとザブコさんの・・・末の娘がナミコさんなのです。

Namiko03ナミちゃん!
ザブコ母さんに報告するから、赤ちゃん見せて♪

・・・・と言ったら・・・・本当に陸に上がってきて、チビちゃんと一周してくれました(笑)

や・・・ガラス越しだし、叫んだワケじゃないから、偶然なんでしょうけどね。
もちろん、次に旭山に行くときに、写真持って行きますとも!

この日は、王子が閉園した後再び新幹線で西へ。
山口県の周南市へ入りました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

最終日です

最終日です
最終日となる本日は、東山動物園へ行ってきました。
サンくんとオーロラちゃん、パトラさまやスティービーさん御一家など、大好きな方達が一杯です。
暑すぎて…、かなり体力消耗しましたが…(>_<)

明日はいよいよ帰宅します。夕刻前には家に着けると思うんだけどね。
着いたら、爆睡かな?(笑)
今回の旅の報告は、また改めて♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

行き当たりばったり

行き当たりばったり
まさに、そういう状況になってます(笑)
連休明けの平日、何処の施設も休園日がずれ込み…。
要は、天王寺も京都も東山も…今日はお休みなんだもんっ!!
辛うじて名古屋港水族館が営業していたので…本当なら、明日行ってみるつもりだった名古屋港水族館へ直行しました。

ええ、明日は、サンくんとオーロラちゃんに会ってきます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

母と言う名の神

母と言う名の神
ファインダー越しでさえ、その神々しさに涙が出るほど感動しました。
幼い子供達を足元に纏わり付かせ、長い鼻で、子供達に優しく触れる様は、見ている時間が止まっていたかのようでした。

さて、ココは何処でしょう…?
…って、もうお分かりですよね?
今回は、中国・四国を中心に回っております。
明日以降の予定はまだ確定しておりませんが…(笑)
まだ数日余裕があるので…どうしようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

第二の目的地

第二の目的地
さて、本日お邪魔したのはこちら。
再びアフリカゾウでの出題ですよ(笑)
詳しい方は、背景からお分かりになるかも…です。
昨日のゾウさんとともに、割と最近話題に上りましたね。


それにしても暑い!
暑さだけで、体力を削られるようです。
水分を目一杯とって、ちょくちょく休みながらゆっくりと回りました。
ええ、とても広い動物園でした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

最初の目的地

最初の目的地
本日は、ココ。
アフリカ像の巨大な耳が好きです。いかにも威厳があって。
さて、何処でしょう?(笑)
ヒント:コツメカワウソの四ツ子ちゃんとキリンの坊やさんが、大変愛らしかったです♪


…そういや、昨日の写真、表示がずっこけてますね。
帰宅したら直します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

ここはどこでしょう?(笑)

Sh380008飛行機は無事羽田に着陸!そこからは、新幹線で長距離移動。
実は、ここは本来の目的地ではありません。
途中下車して、わずか1時間半、滞在したのは、会いたいコがいたから♪
でも、写真は別だったりして(笑)
さて、誰でしょう?…って、この写真じゃ無理ですね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

命日・・・・

クーちゃんが逝って、一年・・・・・。

Orca14 クーちゃんショックは、未だに尾を引いており・・・・

何かの拍子に、彼女の思い出が湧き上がっては、うるったりしています。

何度か名古屋港水族館へ伺った時は、コンデジくらいしか持っておらず・・・、トラブルもあったりして。。。。

あまり良さそうな写真は撮れていないのですが。。。。

Orca15

もっとも、デジイチとかレンズとか、ちっとばっかり揃えた今になっても・・・・自分の撮る写真は、あまりデキが良くありません(笑)

室内から見たクーちゃん。
その巨体に圧倒されました。

 

Orca16 同じプールにいたイルカさんたちとも、じゃれたり、ケンカしたり、遊んだり・・・・。

シャチという生き物の不思議さを、いっぱい教えてくれたクーちゃんでした。

クーちゃんのいない名古屋港水族館には、なにやら行きづらくて・・・・。

しばらくご無沙汰しちゃっているなぁ。

ナナちゃん・・・・大きくなってるだろうね・・・・・♪

 

 

 

さて、こんな時刻まで何をやっているかと言えば・・・本日からのお出かけの支度を、慌ててやっていた次第。
せっかくの連休なので、また、ちょっと遠くまで足を延ばしてみるつもりです。

ブログもしばらくの間、お休みを頂きます。
携帯で、またアップするかもしれませんが・・・・。

今度も、春先と同様行き当たりばっ旅になる予定。
一応、行きたいところはある程度固まっているのですが・・・・。
さて、この大型連休。
動物園や水族館は、どこも混んでいそうですね。
どうなりますことやら・・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

ごろにゃん♪

ペルシャヒョウのベルちゃん♪
Bell04 ゴロニャン状態です(笑)

年に何度か来るみたいですね。
動物によっては、そのシーズンは年に一度・・・とか言う場合もありますが。

アムールトラのチョコのゴロニャン状態も、しょっちゅう出くわすのですが、ベルちゃんがゴロニャン状態の時にも、ちょくちょくお目に掛かります。

Bell05 ベルちゃんの場合、この時期は、すっかり挙動不審(笑)

ごろごろと転がってみたかと思えば、行きなり飛び上がり、走り回り・・・・。

・・・・こういう時は、檻の前であまり動かないようにして眺めることにしています。

ちょっとした動きに、大きく反応してしまうので、狭い室内展示場では、暴れて欲しく無いので・・・・・って、基本、激突するようなことは無いと思われます。

Bell06 じっと見ていると、中々にしどけない・・・と言いますか、悩ましい・・・と言いますか(笑)

ベルちゃんも、10歳を超えているんじゃなかったかな?・・・それなりの年配なワケですが、なにせお隣のヒョウ、安佐太郎さんが20歳というご年配(笑)

比べると、まだまだお嬢様のベルちゃんなのです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

kick!

ビーバー舎もそうなんですが、お隣のカワウソ舎でも、最近、寝室(室内展示場)と外の間の扉が閉められているので、開園時間内は、室内へ入れない状態になってることが多いです。

Canada06 だから、お昼寝姿なんかもお外で見られるのですが・・・・。
この日は、とても元気にバトルの最中だった、カナダカワウソのリッキーくんとチャッピーちゃん。

リッキーくんに押さえつけられながらも、チャッピーちゃんの強烈な足技が炸裂しています(笑)

 

Canada07 さらに、kick!!

なにやら、二人ともハイテンションでしたが・・・・。

この時期って、そう言う時期?

それとも、関係なくじゃれじゃれ?

 

Canada08 リッキーくんが、チャッピーちゃんの・・・ヘンなところを気にしているような素振りがね・・・・あったりしたもので。

何やら憤然と抗議しているかのようなチャッピーちゃんです(笑)

 

 

Canada09 ようやく、リッキーくんの拘束から逃れられたチャッピーちゃん。

や・・・、逃げようという様子はなかったので、やはりじゃれじゃれだったんでしょう♪

今年は、そこはかとなく期待感を漂わせておいて・・・・何でもなかったようなので・・・・。
ここは来年に期待を繋ぎたいトコロです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もぐらたたき・・・・?

・・・・では無いのでしょうが(笑)
相変わらず、剛くんに構って欲しい(?)光愛ちゃん。
Lesser47

放飼場内の休憩小屋は高床式なのですが、その隙間からお顔を出しているのは光愛ちゃん。

そして、上で迎えるは剛くん。

 

 

Lesser48 ていっ!!
剛くんの前肢が、素早く伸びます。

ひゃんっとばかりに引っ込む光愛ちゃん。

光愛ちゃんも前肢でガードしていますか?

 

 

Lesser49 懲りてないね、光愛ちゃん♪

今度は向きを変えて、剛くんを挑発します。

面と向かうと、剛くんに威嚇されて、逃げちゃう光愛ちゃんなのですが、隙間だと、直接威嚇されないせいか・・・あるいは遊び感覚なのか・・・・?

 

Lesser50 でも、剛くん、こんどは右前肢。

光愛ちゃんのおでこを、思い切りパチン!

う~ん。

やはりどちらも遊んでいますか??
普段は、二人で遊んでるシーンって、あまり目にしない・・・・どころか、常道中でも剛くんを避けてコース取りする光愛ちゃんなのですが。

ジャイアントパンダの場合は、妊娠可能な期間が、物凄く短いと言いますが、レッサーの場合はどうなんですかね?
ただ、光愛ちゃんがそう言う状態でも、剛くんの反応が・・・・メスを追いかけている感じが無いので・・・・・。

ま、そう言う可能性の話を抜きにしても・・・・二人が絡んでいる図は、楽しいのです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

まだまだおちび♪

既にすっかり大きくなって、大人と一緒になってプールでも泳いでいる釧路ツインズこと、ビーバーチビーズ。
まだ、若干大人達より小柄なので、子ども達だという見分けは付くのですが、菊丸くんと桜子ちゃんの見分けはさっぱり付きません(笑)

ちなみ、松太郎氏と梅子夫人、そして一昨年生まれのお姉ちゃん(アツコちゃんと言うらしい)の見分けもついておりませんが・・・・(笑)

Beaver13 大人の一人が、放飼場に入れられたヤナギの木を、立ち上がって掴み降ろし、小枝ごと葉を噛み切っています。

それを、興味深そうに見つめているチビーズの一人。

なにせ、好奇心旺盛なお年頃(?)

早速、大人の真似をして・・・・・・

 

Beaver14 よっ、とばかりに立ち上がります。

 

 

 

 

Beaver15 思い切り伸び上がってみますが、まだ子どもの悲しさ。

大人より体躯は小柄。

体の大きさでは、まだまだ適わないチビさんなのです。

 

 

Beaver16あ~~ん!
とどかないよぉ~~!!

この後、チビさんは向かって左のプールに向かってどぼんしたのでした・・・・♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

見つめる

Lesser44

見つめ合う、剛くんと光愛ちゃん。

 

 

 

 

Lesser45

光愛ちゃんを見つめる剛くん。

 

 

 

 

Lesser46

光愛ちゃんに、視線を外される剛くん。

 

 

 

偽妊娠のため、おかしな時期に発情が来てしまった光愛ちゃん。
えと、まだ続いているんでしょうか?
随分、長いような気がしますが。
まさか、このまま冬まで続くなんてことは・・・無いよね??

光愛ちゃんは剛くんが気になって、側へ寄ろうとしていますが、剛くんの方は戸惑っているように見えないこともありません(笑)

いつもは、剛くんから距離を置きたがる光愛ちゃんですからね。

あまり絡むところを見ていない二人なので・・・こういうシーンは、微笑ましいです♪

・・・んで、任務は完了したんですかね?剛くん??(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

退屈・・・?

タイガがいなくなって2週間。
独りぼっちになってしまったココア。
Cocoa22 遊び相手がいなくなってしまったので、広い放飼場で中々動かず・・・・。

タイガにちょっかいを掛ければ、嫌がられたり怒られたり、反撃を食らうこともあれば、逃げられることもありました。

そんな様々な反応が返ってくるようなおもちゃは・・・ありません・・・。

今は、お客さんが相手をしてくれるようですが・・・・それでも、今までに比べて、運動量はかなり落ちているのでは?・・・と案ずる次第。

Cocoa23 目の前におもちゃが転がっていても・・・・何となく怠そうに眺めているだけ。

ちょちょいと前肢を出してみるものの・・・それ以上の動きはありませんでした。

自分が、動いている場面を見ていないだけなら、それは構わないのですけどね。

幼児をお持ちのお父さん、お母さん。
どうか、ココアの檻の前で、お子さんが走り回るようにし向けてください。
一番、釣られるのがそのパターンだと思うのですよ。

人に例えるなら、小~中学生程度のココアです。
骨格も、筋肉も、まだまだ成長途上にあります。
タイガより軽症とは言え、ココアもまた後肢に障害を抱えていますから、この大事なときに、筋肉が衰えるようであれば・・・将来に禍根を残します。

Cocoa24 それでも・・・・、食欲は落ちていないと聞きました。

えと、えと・・・運動量が落ちて、食べる量が同じだと・・・・太るぞ、ココア(笑)

 

ぢつは密かに考えていたことがあったのですが・・・・、おびひろさんに先を越されました(笑)
こっちのトラにも欲しいです、それ・・・・♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

玉砕・・・・・。

流し撮り・・・・失敗(笑)

Reindeer16 なぜか、運動場を走り回っていたサロベツくん。

すっかり、見事な角になって、そろそろ繁殖期を迎えるのでしょう。
えと、今年の3人娘の生まれた時期から妊娠期間を逆算すると、9月から11月がシーズンと思われます。

この走り回りは、繁殖シーズンと何か関係がありますか?

サロベツくんが運動場を一周して戻ってくると、入れ替わりに走り出したメスのトナカイ。

Reindeer17 これは、どなたかな?

とてもバランスの良い形の角をお持ちですが、12月始めに落角してしまうオスと違って、メスの落角は3~4月。
となれば、この角はまだ完成していないのですね?

この先もっと伸びたり広がったりするのでしょうか?
見た感じ、まだ若いご婦人のようですが・・・・。

手稲さん?オルメカさん?それともボルスカヤさん?
・・・・若手のご婦人達の名前を列記してみる・・・(笑)

 

先月末に行ったときに、今は亡きセーヌさんの写真を撮っていました。
Reindeer18

あらためて、ご冥福をお祈り申し上げます。

セーヌさんは、ノリカさんのお母さんの姉妹になるようです。
そのノリカさん、もうお孫さん(=キリカちゃん)が生まれてましたものね(笑)

長い間、本当にお疲れ様でした。
天国から、貴女のの血を引く若い子達を見守ってくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

どこかで見たような・・・

某四コマ漫画を読んでいたのです(笑)
だから・・・・、
ああ!コレがそうなんだな・・・というのは、分かりました。
分かっていても、ちょっと心配してしまったのは・・・・シマウマ舎で遭遇した、こんな場面。

Zebra11 おぉ~~い、よもや(仮称)くん!!

大丈夫かぁ~~??

思わず、叫びたくなりますよ(笑)

実際、回りのお客さんから、たいそう密やかな声で・・・・最悪のご心配をなさっておられた方が、チラリホラリ。

Zebra12・・・ン?

生きてます・・・・・(笑)

もちろん、この後再びコテン♪

某漫画は、かなりの数頭を抱えて群飼育をしている動物園でのお話なのですが、ここでは実質親子のみの飼育です。

古参のお婆ちゃんチャップマンさんが、新入りグラントさんを威嚇し、蹴ったりしていたこともあり、チャップマンさんはケープキリンのキリコさんと一緒のエリアにして、親子だけにしてあります。

それでも、安心しているんでしょうか。
放飼場のど真ん中で熟睡していたよもや(仮称)くんです。

Zebra13いちおう、慎重を期して別エリアになっているチャップマンさんですが、やはりシマウマは群れる方が安心するのでしょうか。

隅の方で固まっていたお三方。

あるいは、若いお嬢さんが母親になったことで、認められたということでしょうか?

Zebra14 となりのお婆ちゃま、こんにちわ。

よもや(仮称)くんも、ご挨拶です。

仔馬に対しては、特段威嚇している様子もありませんでしたね。
仔馬の方も、怯えてたり警戒している感じは無く・・・・、もう少ししたら、一緒になれる・・・・かも??

もうすぐ、よもや(仮称)くんに、正式なお名前が付きます♪
なにせ、お母さんも釧路では新人で、つい先日「小夏」さんとお名前が付いたばかり。
命名板が放飼場に立て掛けてあるので・・・・ちゃんと「お母さんの名前」と書いてはあるのですが、放飼場に仔馬がいれば、仔馬の名前だと早合点する人が続出(笑)
男の子に小夏なのぉ~?と首を傾げる人が後を絶ちません(笑)

早く、ステキなお名前が大きく張り出されると良いね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三人娘♪

トナカイ舎で、今年生まれたのは3頭。
いずれも女の子でした。

Reindeer12 まず、4月に生まれたハルカちゃん♪

生まれたその年から角が生え始めるトナカイです。

ハルカちゃんは、お母さんのノリカさんも見事な角をお持ちなので、将来的にどんな角になるか、楽しみなのですが・・・。
もしかすると、角の大きさは遺伝じゃなくて、群の中での社会的地位などにも影響されるとすれば・・・・まだ分かりませんね。

Reindeer13 こちら、5月生まれのクエルボちゃん。

クエルボって言うのも、お酒・・・しかも、お母さん(オルメカ)と同じくテキーラの名前です。

ハルカちゃんとクエルボちゃんは、お父さんは先代の駆動さんですね。

そして三番目。6月生まれのキリカちゃんです。

Reindeer14

この子だけ、お父さんは昨年秋に着任したサロベツくんです。

着任したとき、サロベツくんは既に冬毛。
そのせいか、キリカちゃんも冬毛状態で生まれてきて、真っ白な赤ちゃんでした。

そのせいか、暑い夏場は元気が無くて、ちょっと心配したのですが、何とか乗り切ってくれたみたいです。

Reindeer15 左がキリカちゃん。
右はハルカちゃんです。

一番早く生まれてきたコと最後に生まれたコでは、これだけ大きさが違うのですね。

ちなみに、この2頭、姉妹の関係ではなく叔母と姪の関係になります。

サロベツくんの角は既に枯れ角の状態となっていした。
そろそろ、恋の季節ですか。

 

そして、トナカイの国内最高齢のセーヌさん・・・22歳・・・が、亡くなられたとのことです。
角こそ、既にぼろぼろの状態でしたが、まだお元気そうにお見受けしていたのですが。。。ご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

早くぅ~!!

オホーツクとっかりセンターでは、アザラシの給餌中、お客さんがいれば解説も行ってくれます。
給餌は、訓練を伴いますが、これは芸を見せるためのものではなく、あくまでも健康管理とトレーナーとアザラシの信頼関係を築くためのもの。
Gomahu22

ゴマフアザラシのグーグーさん♪

こことっかりセンターの最長老。
既に22歳を超えているはずで、毛の色も白みがかっていますが、まだまだお元気♪

トレーナーさんの指示によって、お口を開けてあ~んして見せてくれます。
これによって、口の中の状態を1頭1頭確認するのですね。

しかして・・・訓練には、条件付けを利用しているわけです。
つまり、トレーナーさんの指示を正しく実行すれば・・・・当然お魚がもらえることになっているわけでして・・・・。

Gomahu23 ぐーぐーさん、お口の中が唾液でいっぱいになってます(笑)

早く、お魚くれないっかなぁ~?

たいそう待ち遠しいようです。

とっかりセンターの解説給餌は、いく時間によって、出てきてくれるアザラシが違います。
男女別相部屋(笑)飼育なので、男の子グループだったり女の子グループだったり、運が良ければ、アゴヒゲアザラシだったりワモンアザラシだったりすることもあります。

お昼時分に行って、お向かいのラーメン屋さんで昼ご飯を頂いて帰るのが、いつものドライブコース。
沿線では、季節によってオオワシオジロワシなどの大型猛禽、アオサギや鴨類、シカやキツネは言うに及ばず・・・野生味も豊かな場所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

威嚇・・・・?

Sealion29 トドの赤ちゃん、ヒロくん。

お口を開けて怒ってます?

どうしたのかな??

 

 
 
Sealion30 あらら、そとこちゃんが側まで来ていたのですね。

他の大人達とヒロくんとの間では、あまり見られないシーンなのですが・・・年が近いせいなのかな?

体の大きさは違うようにみえても、ぢつは1年くらいしか離れていません。

そとこちゃん。
年下の男の子が趣味でしょうか?(笑)

Sealion31 やはり年の功で、そとこちゃんが優勢でしょうか。

でも、この後さっさとヒロくんから離れちゃうそとこちゃんなのです。

やはり・・・・、

ちょくちょくちょっかいを掛けに来るのは、ヒロくんに興味があるせいでしょうか?

えと・・・そとこちゃん、10年後を見越していますか??(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界最大の・・・・

トカゲ。
爬虫類と・・・言えるのかな?
それとも、もっと大型のカメさん・・・居ますか??

あ、もちろん現存する・・・という形容詞は付きますが(笑)

Komodo_dragon03奥方のコニーさん。

木の下がお気に入りのようです。

なんと言いますか・・・・甲羅背負っている見たい(笑)

 

 
Komodo_dragon04 旦那様のコナンさん。

奥方に寄り添って・・・・じゃなくて。

ぢつは、通り過ぎる途中に、ちょっと止まってみただけでした(笑)

最近・・・毒を持つことが分かったコモドオオトカゲですが、エサを取るための毒なのであれば、十分にエサが与えられる飼育下では、使われるコトは無い道理。

あとは、自分の身を守る場合・・・かしらね。
でも、コモドオオトカゲって、子ども時分を除いて、ほぼ無敵なんじゃ・・・・?
子どもの頃は、大人のオオトカゲが天敵なんだそうです・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

遊び、遊び、そして狩り。

円山ツインズ♪
公式ブログなんかを見ていると、しばらく会わずにいるウチに、みるみる大きくなってますな。
こどもの成長を見守っていけるのは、なんとも喜ばしいことでございます♪
Polabear_m15

相変わらず、二人でじゃれじゃれしています。

一見、ケンカに見えるじゃれ合いは、実は野生で生きるための大事な練習。

兄弟に対しては甘噛みであっても、獲物に対しては本気でキバを立てなければなりませんけどね。

 
Polabear_m16

伸び上がって襲いかかる相手は、本当ならアザラシなんでしょうな。

ホッキョクグマの嗅覚は、氷の下のアザラシの存在までかぎ当ててしまうそうです。

こうして、雪穴に身を隠しているアザラシの子どもや、氷に空いた息継ぎ穴から顔を出すアザラシに襲いかかる・・・・その練習ということですね。

Polabear_m17 ・・・・お顔が、怖いです・・・・・(笑)

本気?本気ですか??

遊びのつもりがエスカレートしちゃいましたか?

 

 

Polabear_m18 あんたたちー!

大概にしなさいよ~~~!

ララ母さん、今ひとつ真剣みに欠けています(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

将来は・・・・?

小樽のフンボルトペンギン。
デビューして間もない、「ガキ大将軍団」(笑) Humboldt27

・・・・・の一部。

あの独特のラインもまだハッキリせず、でも、決して産毛ではないのですよね。

もう、水に浸かっても大丈夫な羽毛で、しっかり泳げます。

来年の換羽の時に、成鳥の羽根に変わりますが、それまでは若鳥だとわかります。

一際、何やら期待されているらしいのが、こちら。
Humboldt28

マラドーナ氏です(笑)

えと、今年生まれの若鳥はマラドーナ氏を入れても、8羽ほどであったかと。。。。
イレブンまであと3羽・・・・どうなさいますか?(笑)

 

ジェンツーさんも、どうやらチビさんが孵化して、順調に育っているようです。
パパダディと、ママボンとの間に、娘ボボンちゃんがいますが・・・弟かな?妹かな?

先月伺ったときに、ジェンツーさんの姿が全然見えなかったと思ったら・・・子育て中だったんですね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »