« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

ごあいさつ♪

トラが、こんな優しい表情をするんだ~と、初めて目にしたのは、円山動物園。
先日お伺いしたときも、微笑ましいご様子だったタツオくんとアイちゃん。
Tigers19

クライスラーの名曲を思い浮かべながらご覧下さい(笑)

壁際で休んでいたアイちゃんに、タッちゃんが近づいてすりすり。

二人とも、本当に優しい表情をしています。

Tigers20 今度はお鼻をくっつけてます。

アムールトラも、初夏の頃に誕生するコが多い様子から、やはり交尾期は厳寒期。

寒くなってくる頃から、こんな様子が見られる・・・ということかも・・・?

こんなに仲良しの二人なのに・・・・なかなか結果が出ないのが不思議です。

まだ、アイちゃんが若いので・・・この先にもチャンスはあるよね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

旅立ち

去年の2月・・・・とても寒い時期に誕生しました。
Touka01 オタリアの冬花ちゃん♪

パパはオンツさん。
ママはシンコさん。

しばらくは、ママと二人で、仕切られた小さなプールで過ごしていました。

 
Touka02 ママと二人でお昼寝・・・・。

濡れていると、つるんとした印象ですが、乾くと、ちゃんと毛があるのが分かります。

寝るときは、完全にべったりと寝そべるか・・・立ったまま首を後ろに曲げて寝ることが多いです。

仲間がいれば、互いを枕にすることも(笑)

Touka03

ママに叱られることも♪

一丁前にお口全開で・・・口答えでしょうか?(笑)

 
 

Touka04 好奇心旺盛なお年頃で。
お客さんが手を伸ばせば触ることができるような場所まで、伸び上がってくるようになっていて・・・。

まだ体が小さいので、この狭い段差に乗っかれるんですね。

今まで知らなかったお外の様子に興味津々♪

その冬花ちゃん。
昨日の朝、九州に向かって旅立ちました。
産まれてから1年と9ヶ月を過ごした釧路を後に・・・打って変わって暖かな九州へ。

元気でね。
身体を壊さないようにね。
皆さんに可愛がって貰うんだよ。
九州へ行く機会があったら、きっと会いに行くからね。

冬花ちゃん、がんばれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冒険してみる♪

釧路市動物園のシマウマ舎には、こんな看板があります。
Kanban9

先住のチャップマンシマウマさんは、新入りグラントの小夏ちゃんを威嚇するので、飛馬くんが産まれたときから、隣のエリアで展示となりました。
先日までケープキリンのキリコさんがいた場所で・・・、二つのエリアは、シマウマに限り行き来が可能となっていたのですが、通り道を塞いで、小夏ちゃん親子のエリアに、チャップマンさんが入ってこられないようになっているのです。

Zebra22 親子水いらすで過ごす、小夏ちゃんと飛馬くんです。

産まれた当初よりだいぶ大きくなりましたが、まだちっさい飛馬くん。

そろそろ小夏ママから離乳も促されて・・・なにせ、男の子ですから・・・・冒険心が芽生えてきたようです。

 

Zebra23 これこれ!

飛馬くんっ!!

 

 
 

Zebra24 ありゃりゃりゃ・・・!

飛馬くん・・・まだちっちゃいから・・・・。
  

 

 

Zebra25 あ~~~!

隣のエリアに入っちゃいました!

えと、えと、チャップマンシマウマの小母ちゃんが怖いんじゃなかったっけ??

 

Zebra26 ・・・・・ほら、小母ちゃんに睨まれた・・・・(笑)

ちょっと腰が引けた感じの飛馬くん。

相手が仔馬とあれば、チャップマンの小母ちゃんも無体を仕掛けることはないようでした。

もっとも、その代わり・・・飛馬くんが小夏ママのトコロへ帰った後・・・・、柵越しに小夏ママに向かって威嚇していたチャップマン小母ちゃんでした(笑)
息子の躾がなってないわよ・・・とでも言ってたんでしょうかね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

ボクとナナコちゃん♪

Masai10 ナナコちゃ~~ん♪

ボクの可愛いお嫁さん~~♪

ボクよりとってもちっちゃくて、可愛いんだ~~♪

す~りす~りしちゃおっと!

 

Masai11 タカヨさんが亡くなられてからしばらく、一人暮らしが続いていたユウマさん。

年若いお嫁さんのお輿入れが、嬉しくてならないご様子。

ナナコちゃんは、どことなくタカヨさんを思わせる小柄なキリンで、まだちょっと、慣れない感じが見え隠れしているような・・・・。

もう5歳になるはずですが、小柄なのはお婆ちゃま譲り?
それとも・・・比較対象の・・・ユウマさんが大きすぎ??

Masai12 ひたすらナナコちゃんを追いかけるユウマさんから、そっと身を離してたりして・・・。

ナナコちゃんが落ち着いて・・・発情が来れば、すぐさま乗っかってくれそなユウマさんです(笑)

ナナコちゃん、先ずは、寒ーい北海道の冬を乗り切らないとね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パパ♪

すっかり遠くなってしまったおたる水族館。
動物園や水族館にハマリ出してからも、年に2回行ければ御の字という感じだったのが、今年は4回も足を運びました。
それと言うのも・・・・このコのお陰ですね。
Seiuchi15

セイウチの赤ちゃん・・・ツララちゃんです。

くんくんしてる(?)のは、パパのおちり~(笑)

おならしないでね・・・♪

 

Seiuchi16 パパのお尻にすりすりしているツララちゃん。

何だろう?パパの大きな体に安心するんでしょうか?

間もなく、生後半年となるツララちゃん。
巨大なセイウチの赤ちゃんだけあって、単独でいると、これが赤ちゃんなの?と言われちゃうこともあるツララちゃんですが、パパと同じエリアにいると・・・・、あそこにちっちゃいのがいるよ~、赤ちゃんだねぇ・・・って、言ってもらえるんですね(笑)

Seiuchi17 その時のパパ・・・・(笑)

じゃれている娘より、客の関心を引くことに熱心でした。

相変わらず、反すうのパフォーマンス!

お食事タイムにもらったお魚を、いつまでもいつまでも・・・・原型止めなくなってもまだ・・・出して見せてくれます。

えと・・・クジラの仲間はご先祖が偶蹄目と聞きますので・・・イルカなんかは実際胃袋が複数あるそうですから・・・まぁ・・・なんとなく・・・(笑)
ジュゴンやマナティなんかも、海牛類(間違っても、ウミウシと読んではいけない(笑))と言われるくらいだしな・・・・。

しかして・・・鰭脚類は・・・・?
アシカ類はクマと同じ先祖、アザラシ類はイタチと同じ先祖だとか・・・?
すると、セイウチは・・・?
同じ鰭脚類でも、アシカやアザラシと並んで一科立ってるのがセイウチですよね。
セイウチのご先祖様って・・・反すう動物・・・??(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

神の魚と美しい魚

すっかりご無沙汰してしまいました(笑)

昨日、旭山から帰ってきて・・・すっかりくたびれて・・・何もせずにぼんやり・・・・。
コチラはまだ、道路に雪がないので・・・・峠越えがしんどかったです。
無事帰宅できて、何よりホッ♪

Sake 札幌副都心のビルにある、小さな水族館。
サンピアザ水族館で展示されていたサケの卵。

ちょうど、孵化の真っ最中。

卵の中には、目がはっきり出ており、クルリンと動きます。

既に尻尾だけが卵の外に出ている仔魚達が、最後の仕上げとばかりに卵の殻から抜け出すべく、暴れていました。

これで、卵から出ると、下の網目を通り抜けることができます。
孵化したばかりの仔魚が一杯、水槽の底の方に固まって泳いでいました。

川で孵化したサケの稚魚は、この後海へ出て・・・エサをたっぷり摂って大きくなり・・・3~4年後に、産まれた川に戻ってきます。
カムイチェプ・・・・神の魚・・・と、アイヌの人たちは呼びました。
身を食するのはもちろん、頭は氷頭なますになり、血合いはメフンとして・・・皮から靴が作られることもあったようで・・・まさに、捨てるところのない魚です。

Hokke そして、こちら。

ピリカチェプ。

この場合のピリカは美しいと訳すべきか良いと訳すべきか・・・?

ホッケです。
開きで有名ですが(笑)煮ても焼いても美味しいお魚です。
昔は大衆魚でしたが、最近は高級魚。肉厚の脂ののった大型のものですと、かなりのお値段がいたします。

いや・・・食べる方の話じゃなくてね(笑)
稚魚の頃には鮮やかな青色に光ります。
成長するにつれて青みは薄れてきますが・・・ご覧のとおりキレイな魚です。
ちなみに、ホッケを漢字で書くと魚偏に花です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

寄り道

寄り道
今シーズン最初の冬道が石北峠ってぇのは無謀だったかも…。
慣れない道路をノロノロ運転で6時間かけて、札幌はサンピアザ水族館へ。
大所帯になったコツメカワウソ一家に会いに行ってきました。
でも、一番感動したのは、今まさに卵から孵らんとするサケの仔魚たちの姿でした♪
写真は、全く関係ないミノカサゴさん(笑)
…だって、撮りやすいんですもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

ノッシー~っ・・・・

Noshio11 具合が悪いのは聞いていたけど・・・・

ノッシー・・・・逝っちゃったんだね・・・・。

巨大な体躯に似合わない小さな目は・・・いつも穏やかで優しそうだったノッシー。

 

Noshio12 寒いのは苦手だったけど、雪の中で遊んでたこともあったね。

角を削るのがヘタくそで、ちょっと不格好だったけど。

 

Noshio13 シロサイは、主に地面の草を食むので、口の形が四角くて広い。

そこで、ワイドーサイと呼ばれたものが、途中で、ホワイトーサイになっちゃったのが、シロサイと呼ばれる所以。

ノッシーも、正面からみると、四角い口元。

この回りは見た目と違って、とてもプニプニと柔らかかったね。
動物園の裏側探検のときに、触れさせて貰ったこと、目と鼻の先で見られたこと、・・・何より、一眼レフカメラのシャッター音がキライで、写真撮るたびにお尻を向けられたこと。

「ノッシー」と呼ぶと、ラッパのような耳がクルリンと動きました。

たくさん、たくさん、本当にたくさん、思い出をくれたね。

Noshio14 先週行ったときのノッシー。

あちこちに傷ができていて、見るからに痛々しそうで・・・全身写真は、載せられません。

特に下半身の様子がひどかったです。

ある程度、覚悟はしていたつもりでしたが・・・・、いざ、訃報に接すると・・・・やはり・・・辛いです。

ノッシー、ノッシー!

仲良しだったナナちゃんとは会えましたか??
ナナちゃんがノッシーの角に、長いお鼻を伸ばして触っている写真、とうとう二人とも彼岸の彼方に行っちゃって、もう・・・なにもかも思い出の中のコトになってしまったね。
今度は・・・モートを挟むことなく、今頃は寄り添って・・・・思い出を語り合っている頃かな・・・?

 
 

 

明日から、ちょっと遠征します。
月曜日には、ノッシーのいなくなった旭山にも行く予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

ねぇ、彼女ぉ~!

Polabears64 ・・・と、言っているかどうかは別として(笑)

デナリさん、クルミちゃんに乗っかろうとしています?

それとも、単にじゃれついているだけですか?

クルミちゃん・・・もしかしてそろそろ来ているんでしょうかね。シーズンというヤツが・・・。

しかして・・・クルミちゃんの方は・・・・。

Polabears65 アタシ、今その気無いの・・・・。

つれないご様子(笑)

流石に、11月じゃまだ早過ぎるしね。

理想は、2月か3月なのかな・・・?

相変わらず、仲良しのところを見せてくれるデナリさんとクルミちゃんです。
Polabears66

こんな微笑ましいシーンを見せてくれたかと思うと・・・・、

なにせ、ホッキョクグマ同士のじゃれ合いですからね。

こんなトコロも見られます。
Polabears67 じゃれ合いがちょっと、エスカレート。

二人とも立ち上がっちゃいました。

クルミちゃんはしっかり立ち上がっていますが、デナリさんはヒザを畳んで座った状態。
こうしてみると、ホッキョクグマの雌雄の体格差って、かなりあるようです。

普段並んでいると、極端な感じは無いんですけどね。
やっぱり、オスグマって、デカイんだなぁ~と実感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

恋人たち♪

なんとも可愛らしい様子を見せて貰ったので・・・♪

Lessers_k03 最近、とってもイチャイチャな釧路市動物園のレッサーパンダ。

左が剛くん。
右は光愛ちゃん。

見つめ合う二人・・・・。

しかして・・・・。
ぢつは、剛くん・・・この時、大層眠たかったのです(笑)

Lessers_k04

うとうとする剛くんを、なめてみたりすりすりしてみたりと・・・、光愛ちゃんはどうやら剛くんと遊びたい・・・?

 

 

Lessers_k05 ねぇ、寝ていないで遊びましょ!

でも、剛くん。
眠気が勝っちゃったようで、この後・・・くわっと光愛ちゃんに向けてお怒りも露わに・・・(笑)

すみません・・・笑っちゃって・・・そのシーンはシャッター切っていないんです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

パカ、パカ、パッカラ♪

悪天候で、仕事のスケジュールが変わったので・・・・これ幸いと(笑)釧路市動物園!

Zebra18 グラントシマウマの小夏ママと飛馬くん。

そろそろ、産まれて4ヶ月。

大好きなママに甘える飛馬くんです。

 

まだまだやんちゃ盛りの飛馬くん。

Zebra19 ママの傍らではしゃいでいますか?

体が大きく揺れる走り方は、ふざけているとき・・・・これは、安佐動物園の飼育漫画「ヒヒ通」で読みました。

ああ、これがきっとそうなんだな・・・・と。

飛馬くんの後ろ脚が跳ね上がっています。
・・・って・・・、左前肢はどうなっているの?これ??

Zebra20 こちらでも、後ろ脚を思い切り跳ね上げてます。

んで、やっぱり、右前肢が不思議な形していますが(笑)

何が楽しかったのか・・・・、ママの回りで何度もはね回っていた飛馬くん。

 

Zebra21 はしゃいだ後は、ママのおっぱい♪

小夏ちゃん、そろそろ息子の乳離れを促したいらしく、飛馬くんがおっぱいを欲しがると、蹴ってみたり噛んでみたりして、追い払う事が多いのですが・・・・。

この時は、飛馬くんが満足して離れるまで、好きなようにさせていました。

小夏ママ、ちょっぴり息子を甘やかすこともあるようです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポリ、パキ、ボキン!

Pirika21 おびひろ動物園のピリカちゃん。

覗いたときには、おやつが当たった後で・・・・コレは、牛骨・・・かな?

間もなく4歳・・・だったっけ?

そろそろお年頃でしょうに、何と言いますか、この格好(笑)

ペタンと床にお腹をくっつけた格好が、まだまだお子様ちっくで愛らしいですね。

とは言え・・・、

Pirika22 やってることは、さすがにクマでして・・・。

大事そうに両手で抱えた骨を丁寧になめたり、

 

 

 

Pirika23 かじりついて、ぽきぽきと小気味よい音をたてながら、骨を砕き・・・・中の骨髄(?)を味わい。

お手々もお口の回りも真っ赤なんですけど(笑)

 

Pirika24  

どっこいしょ・・・・

ちょっと、伸び伸び~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

青看板は・・・・?

今年7月に撮った写真です。
Mukumi02 エゾシカのむくみくん。

オオカミの森のエゾシカのエリアに腹違いの兄弟鶴岡くんと一緒にいます。

5歳くらいになるはず・・・。
産まれた翌年から生えてくるハズのオスジカの象徴、角が生えてこず・・・・首を傾げられながらも・・・「女の子」の表示をされてたコトもありましたね。 

Mukumi03後ろからむくみくんにスリスリしているのが鶴岡くん。

担当氏をして、お調子者と言わしめる鶴岡くんは、威張りんぼさんにして寂しんぼ。

やたらとむくみくんにちょっかいかけるくせに、いざむくみくんと隔離されてしまうと、境の金網から離れません。

 

Mukumi04 今年、二人の父・・・偉大な治夫さんが・・・袋角の時期にどこかへぶつけたかして、巨大な角が変形してしまっていることもあり、鶴岡くんの角が、一番キレイに伸びています。

8月中旬の写真です。
この時までは、確かにむくみくんは鶴岡くんといっしょにいました。
そして10月、夏期開園が終わる頃・・・この場所に、むくみくんの姿がありませんでした。

先日・・・亡くなったと聞きました・・・・。

ねぇ。
青看板は??
動物が死んだときには、ちゃんと伝えるのが旭山じゃなかったの?
・・・そう言えば、エゾシカ舎では、引っ越し以外の青看板を見たことが無かったかも・・・?
一昨年、プルトニウムくんがいなくなったときも、メグミちゃんがいなくなったときも・・・青看板でなかったような・・・・。

それだけじゃない。
シロフクロウの奥方が亡くなったときにも、青看板出なかったね。
ダチョウの奥さんが亡くなったときも・・・何一つお知らせが無かった。

ワオキツネザルさんも・・・・一人姿が見えないような気がするんだけど・・・?

動物園では、全ての動物が主役

それが旭山で教わったことです。
もちろん、好みの差はあるし、それを否定する気も無いですが・・・、でも、自分が動物園へ行くとき、時間が許す限り全部のエリアを回って、覗き込んで、挨拶して・・・時には10分も15分もそこに留まって話しかけたりするのは・・・・そんな旭山のポリシーに多大な影響を受けているからです。

そんな彼らが、天国へ住み替えしたって・・・ふぅ~ん、そう・・・とは行きません。

例え自分の心の中だけであっても、ありがとうとさようならを・・・・言わせてください。
いつの間にか姿が消えて・・・・交代展示にしたのかな?引っ越ししたのかな?具合悪くしてるんじゃないと良いけど・・・・、と案ずるウチに、実はこの前死にまして・・・はとても悲しい。
ホームページで知らせてくれることまで望みません。
でも、その場へ行ったら分かるように・・・・。

角の成長が遅れた分、貧弱ではあったけれど・・・・今年はどんな風に生えてくるだろう。枝分かれの様子はどうかな・・・?と、旭山へ行くたびに、覗き込んで、鶴ちゃん、むくみくんと・・・声を掛けていた人間が・・・ここに・・・います・・・・。

・・・・薬草園の傍らに場所を変えた・・・・動物慰霊碑に・・・せめて・・・と頭を垂れて来ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

目の毒・・・・(笑)

冬を目の前にして、春を迎えてる連中はこちらにも♪

Lessers_k01 釧路市動物園のレッサーパンダ。
左が女の子の光愛ちゃん。右は男の子の剛くんです。

偽妊娠がわかってこのかた、ずっとハイテンションが続いていた光愛ちゃん。

一方、普段と違う光愛ちゃんの様子に、剛くんは戸惑っていたような感じでしたが。。。

ここへ来て、本来のシーズンが近づいているようで・・・・剛くんも一緒になってじゃれ合うようになっています。
Lessers_k02

じゃれ合っているウチに、剛くんの上を乗り越えちゃった光愛ちゃん。

左が剛くんで、右が光愛ちゃん・・・と、位置が入れ替わっています。

バトルさながらのじゃれ合いですが・・・・来年は、ちゃんと中味(笑)を伴いますように♪

さて、同じくレッサーパンダが、・・・こちらは、何だか微笑ましい様子です。
Lessers01 旭山動物園のペア。

左が女の子の娘娘ちゃん。
右が男の子のノノくん。

既に、一昨年凌凌くんという息子をもうけているペアですが、実を言うと、この二人がこんなにイチャイチャしている場面を見るのは初めてだったりします。

こちらは、ノノくんの方がご執心といった雰囲気でしたね。
Lessers02

や、娘娘ちゃん、そう言うお顔はお客に向けずに、ノノくんに向けないとね・・・(笑)

こちらのペアも、来年は上手く行くといいな♪

 

それにしても・・・・、みんな、見せつけてくれますね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

祝!21歳!!

Asatarou04

11月8日に21歳のお誕生日をお迎えになった、ヒョウの安佐太郎さんです。
おめでとうございます♪

御祝いに行けなくてごめんなさい。
次に伺うときに、おめでとうをお伝えしたいと思います。

隣の寝室には、ペルシャヒョウのベルちゃんがいますが、血統やら何やらいろいろあって、ペアリングはできません。
気楽なお一人暮らし。

放飼場は時間交代での展示ですが、深まり行く秋にお生まれになった安佐太郎さんも、寄る年波には勝てず(?)最近は、寒いと中々屋外へ出てくださいません。

Asatarou05 ですが・・・室内暮らしの時間が長くなると、ちょっと心配なことが。

お年のせいか、足を引きずるように歩いてしまうので、床がコンクリートの寝室で常同行動してしまうと、足の同じ箇所がこすれて傷ついてしまうのですね。

床に点々と血の痕が・・・・(>o<)

もちろん、動き回ると言うことはそれ自体、悪いことではないと思うのです。
お年がお年ですから、動けなくなったら・・・・、逆に心配でもありますしね。

何か気を紛らわす良い方法ないかしらね?
でなきゃ、靴下でもはいてもらえないですか?(笑)

どうか、ずっと元気で、もっともっと長生きしてくださいね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

良い感じに見えますが・・・・?

いかがでしょうか?
・・・・って、誰に聞いているかな?自分(笑)

結構、気に掛けていらっしゃる方もおられるようなので、本日の情景をまずは、アップさせていただきます。

Wolves12 オオカミの森。

ケンくんとマースちゃん♪

今までは、マースちゃんがケンくんに怯えるように、尾を下げて逃げているように見受けられましたが・・・・本日、なんとも仲良さ気な二人の様子が見られました。

まずは、マースちゃんがケンくんにスリスリ。

Wolves13

お次は、かぷっ

どうやら、積極的なのはマースちゃんのほうらしいです。

オオカミって、今頃からシーズンですか?
亡きクリスは、2月に発情して・・・・それが切っ掛けで悲劇が起こったワケですが・・・。

Wolves14

うわぁ~!
のど笛はイヤだよ~~!

単純にじゃれているだけですか??
他人からお友達に昇格したかな?
年齢的には、同じか・・・マースちゃんのほうが一つ若いか・・・くらいのはずなんですが・・・。

Wolves15

ていっ!

顔面に反撃食らっても、マースちゃん動じず(笑)

このまま上手く、マースちゃんが発情してくれれば・・・・若い二人のことですから・・・今度こそ、ファミリーという群ができるのでしょうか。

ただ・・・、
今は一人でいるハズの、ケンくんの妹・・・メリーちゃんが、不憫ではあります。
マースちゃんがアルファメスとしてその位置を確定した後だと・・・次点、もしくはケンとマースの子ども達を含めた一家のナンバー?として入れますか?
でも、こんどはメリーちゃんがクリスの立場になるわけで・・・・やはりいらぬ争いを招くことになるんでしょうか。

詳しい方・・・教えてくださると嬉しいです・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

冬に向かって♪

ラブラブです。
Polabears61

冬に向けて、元気になるのはホッキョクグマ。

釧路のクルミちゃんは、発情が6月頃と遅かったのですが、今年は・・・・デナリさんの来園のせいか・・・・体のサイクルが変わったようで、とうとう発情が来ませんでした。

他の園を見ていると・・・・案外寒くなる頃にいちゃついてるコトが多いようなので、ホッキョクグマの発情は冬から初春というイメージなんですが・・・。

Polabears62ここへ来て、気温が下がり始めた釧路市。
クルミちゃんとデナリさんが、なんだか良い雰囲気に♪

クルミちゃんってば、なんだかとっても情熱的。

デナリさん、たじたじ・・・・かと思えば、コレが意外と・・・・♪

 

 

Polabears63 こちらも積極的なようです。
 

できれば、結ばれるのはもうちょっと後の方が良いそうです。

いくら着床遅延という体の仕組みがあっても、この時期では早すぎるらしいですね。

もうしばらくは、このままじゃれじゃれの遊び友達でいて欲しいかも・・・・ね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

レイくんの思い出

レイくん、レイくん、レイくん・・・・・。
この次の連休には、会えるはずだったのに・・・・。

まだ7歳そこそこ・・・これからのコだったのに・・・・、早すぎるよ~~~!!

Dolphin_o01 おたるのイルカショーで頑張る4頭。

右の方から、トミーくん、レイくん、ラフィンくん、ロッキーくん。

おたるのショープールは室内なので暗くて・・・ちょっと狭いです。
名古屋港やアドベンチャーワールド、鴨シーのショーやパフォーマンスを見ちゃっていると、若干・・・施設的に・・・迫力に欠けるのですが・・・・。
その分、イルカ達が近いです。
でも、写真撮るのは、ちとしんどいのですけど。。。。

Dolphin_o02一時、大ベテランのトミーくんと2頭だけで、ショーを担っていたレイくん。

トレーナーさんと握手するレイくん。

隣にいるのはトミーくん。

 

Dolphin_o03 トミーくんと一緒にハイジャンプ!

ラフィンくんとロッキーくんは、この春にショーデビューした新人さんたちなので、大技はもっぱらこの二人がこなしていました。

レイくんがいなくなって・・・トミーくんに負担が掛からなければ良いんだけれど・・・・。
新人達は、どこまで成長しているかな?

Dolphin_o04

そして、何よりレイくんを印象づけるのは、全頭での連続ジャンプ。

何故か。。。。

みんなと逆向きに飛んじゃうレイくん。

一番右を飛んでいるのが・・・レイくん・・・・。

思わず笑みを誘う、こんな微笑ましいシーンも、もう見られないのですね・・・・。

きっと、後輩達がレイくんの分まで頑張ってくれることを願って・・・・次の連休には、おたるへ吹っ飛ぶつもりです。

どうか安らかに・・・・・。
ご冥福をお祈りします。

 

 

ところで・・・・のりとくん・・・大丈夫ですか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

ブルブルは・・・・?

円山から出張中のホッキョクグマ、デナリさんです。

釧路市動物園の運動場にある砂場が、大のお気に入り。

この日も、思いっっっっきり、ごろごろと体をこすりつけていました。
Denari05

へい!

クロクマ一丁、できあがりぃ!!

クロクマっていうか、砂熊っていうか・・・・(笑)

 

Denari06 ブルブルは?

って聞いたら、ジャストタイミングでやってくれました。

首から上だけですけど。

見事に砂が舞い散っています。

 

Denari07 もいっちょ!

ブルブルブル・・・・っ!

なんだか、凄く楽しそうです♪

 

 

Denari08 はい。

首から上だけ、ちょっとシロクマに戻りました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

訃報が続くね・・・・。

また、キリンの訃報が・・・・。
色々な動物園へお邪魔していると、そこでたくさんの知った顔が出来るわけで・・・。
どこかで誰かが亡くなったと言う話に・・・・思わず絶句することも。

Shinpei 神戸のマサイキリンの男の子が亡くなったと・・・・。

つい、一月ちょっと前。
西の方を回るついでに、カバのナミコちゃんと赤ちゃんに会いたくて、新幹線を途中下車して飛び込んだ王子動物園。

僅か1時間半の滞在では、全部回りきれなかったけれど・・・。

ナミちゃんに赤ちゃんを見せて貰った後、ぐるりと回って、キリン舎の前を通りました。

あまりゆっくりしている間もなく・・・迫ってくる閉園時刻に急かされながら、それでも覗き込んだキリン舎で・・・・。
私が角を曲がるときに、直ぐ側まで来てくれて・・・・見送ってくれた神平くんでした・・・・。

これから男盛りを迎えようという若さで・・・・残念です。
繁殖の期待もかかっていましたのに・・・・。

本当に・・・・。
たった2度しか会えなかったけれど、思い出をありがとうね♪
見送ってくれた神平くんの写真は、逆光のシルエットになっちゃって、ブログには出せないけど・・・・。

ありがとう・・・・ね・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鼻水~~!

おびひろ動物園のアジアゾウ、ナナちゃんは、今や北海道で唯一会えるゾウでもあります。

Nana08 放飼場の縁に足を掛けて・・・・何を熱心に眺めていますか?

万が一にも踏み外さない・・・・だろうとは思うのですが、ちょっと心配になります(笑)

普段は、放飼場の一画で、客に右側面を向けて、ゆらゆらと体を揺らして・・・・ダンスしているみたいです。

Nana09 そんなナナちゃんですが・・・・。

正面を客側に向けて、

なが~いお鼻をゆ~らゆ~らさせ始めたら、要注意です。

なぜって・・・・?

Nana10 ・・・こんな風に・・・・

鼻水が飛んでくるから・・・!

遊びなのかな?

軽めの威嚇なのかな?

見ていると、黙って通り過ぎていくヒトより、立ち止まって話しかけたりしているヒトにやっているみたいでしたね。

常連さんと思しき小父さんに向かって、盛大に飛ばしてました(笑)

かく申すワタクシメも・・・・・。
Nana11

おっと、危ない♪

ヒトがキャァキャァ騒ぐのが面白い・・・のかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

悲しいね・・・。

悲しいコトが続きますね。
命有るものですから、嬉しいことばかりじゃないのは分かっているつもりですが・・・。
Gorilla01

円山から京都へ出張中のローランドゴリラ、ゴンさんが亡くなったと・・・・。

ああ・・・Y氏のブログにあったショックな出来事って・・・・、もしかして、このことかしら・・・・?

今年の春、関西地方へ伺ったとき、お目に掛かったゴンさんの写真。
なんか、うつらうつらしていました。
Gorilla02

目を開けているときも、なんというか寝ぼけた感じで。

実のところ、円山時代のゴンさんには会ったことがありません。

動物園にハマリ出したのが、つい3年ほど前からなのです。

一度切りでしたが、会えて良かったな・・・・。
そして、ゴンさんも・・・・奥さんに先立たれた後、仲間と一緒に過ごす時間があったことは・・・・良かったんじゃないかと・・・・。

遠い京都で逝ってしまったゴンさん。

どうか、安らかに・・・・。
ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

器用と言うか、工夫というか・・・?

ちょっと悲しいニュースだったので、本日二本立て。

Tsuyoshi21 釧路市動物園のホッキョクグマ、女の子のツヨシちゃんです

おもちゃがいっぱいあって、目移りしちゃう??

でも、お気に入りは、オレンジのブイ。

このブイ・・・実は特注品だそうで・・・・ご覧の通り、耳に当たる(漁網のロープを通す)部分がありません。
まん丸なので、くわえて運ぶコトが出来ません。

クルミちゃんは大層器用なコで、両手でブイを抱えて、後肢二足歩行で階段が上がれます!
本当に、数歩なんですけどね。
そうでなければ、ブン投げて、陸に上げるワケですが・・・この時のツヨシちゃん・・・一生懸命考えた・・・んでしょうか?
Tsuyoshi22 右前肢と顎でブイを挟み込んで運んでいました。

ちょっと苦しそうながら、これで四足歩行が可能です。

後肢だけでは階段を上がれないツヨシちゃんでも、ブイを持って上がることができました♪ 

  

Tsuyoshi23陸の上でもこの通り。

 

で、なんでわざわざ持ってきたかと言えば・・・・ご想像の通り、プールへ向かって放り投げる為だったりします(笑)

 
 Tsuyoshi24

でもって、ブイの後からダイビング!

 

この日のツヨシちゃんの遊び方でした♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残念なことに・・・・。

今日行って・・・・知りました。

Huhou 予断を許さない状況とは・・・ブログで・・・聞いていましたが・・・・。

とうとう・・・・力尽きてしまったのですね・・・・。

産まれて一週間足らずで母親を失い。
一時は、順調に育つかと思われたこともありましたが・・・・。

やっぱり、お母さんが恋しかったのかな・・・?

Takerupapa タケル父さん・・・・とうとう独りになっちゃいました。

 

おびひろ動物園の獣医さん、担当さん、そしてスタッフのみなさん。
さぞかし、お力落としのことでしょう。

様々な試行錯誤を重ねられて・・・それでも、残念ながら、力及ばず・・・幼い命を失ってしまった無念さは、察して余りあります。

どうか・・・あまり気に病まれることなく・・・・、日々繰り返される営みを、この先ずっと、守っていただきたいと切に願う次第です。

まだ、愛称も決まっていなかったチビスケくん・・・。
今頃は、セイカ母さんと一緒にいることでしょう。
天国で、幸せになってね。

ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »