« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

小樽は雨

小樽は雨
小雨の内は何とかなっていたんですが…。
とうとうおたる水族館でも、てるてる坊主デビューとあいなりました(笑)
写真は、先日生まれたアザラシの男の子。
お名前はアラシくんとつきました。
将来は科学特捜隊で活躍してくれ……ないか(笑)
最強にして無敵のその攻撃は……あくび……!
でも、この時はお昼寝中♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

黄金週間!

旭山動物園のアミメキリン。Giraffes39

マリモちゃんとゲンキくん。

4月初旬の様子です。

ゲンキくん、だいぶ大きくなったけど・・・まだ、ちょっとマリモちゃんの方が大きいんだね。

今年辺りは、ゲンキくんに頑張って貰わないとならないのだから(笑)
ちゃんと、乗っかれますか?

Marimo76 エサ箱をなめるマリモちゃん

せっかくの美女が台無しだよん(笑)

ペロペロなめたりかじったり・・・・、
えさ代が・・・・ゆさゆさ揺れていましたが(笑)・・・・壊さないでね!
なにせ、ゲンキくんには、通路のゲートをひん曲げて壊したっつー前科があるからねぇ(笑)
のんびりゆったり・・・温和しいように見えても、そこはキリンというとても大きな動物なのです。

 

 

本日の昼休み、旭山のライブカメラを見ようと思ったら定員オーバーで見られませんでした・・・。
う~ん。
自分が、ここで宣伝しちゃったのって・・・関係あります?
胸張って申し上げますが(笑)、アクセス解析見る限り、1日に・・・どれほど多くても・・・20名足らずの方々がお見えになるだけの極小ブログです。
もしかしてそれほど影響があったんでしょうか?
きっと、サツキさんとイワンくんの様子を心配していらっしゃる方が大勢いらっしゃるんでしょうね。

今日は、どうだったのかな?
少しは、ライブカメラの映像で安心していただけるような状況だったかな?

さてさて、世の中ゴールデンウィーク。
自分も恒例(?)の・・・道内動物園水族館巡りに出て参ります。
普段あまりお伺いできない場所は、こういう連休を利用するしか無いので。

予定しているのは、小樽・登別・札幌・帯広・・・その他、余裕があったら(笑)

ブログもしばらくお休みします。
携帯で・・・なんか撮れれば、更新するかもしれません♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

コレコレコレ!

これでもか!?と言うほどネタを提供してくれる・・・・グラントシマウマの飛馬くんですが・・・。

Zebra41 まだ一歳のお誕生日も迎えてないのに、何をやっていますか~~~!!?

よりによって、母さんを練習台にしちゃダメですぅ~~!!

普通は3歳前後で、繁殖に関わってくるらしいので、まだ練習というより遊びの範疇なのでしょうが。

 

Zebra42 ほら、小夏母さんが嫌がっていますよ。

ずっと付きまとってはジャレジャレしていた飛馬くんです。

 

 

 
Zebra43 しまいには襲いかかってるし(笑)

・・・元気が良すぎ?
テンション高いだけ? 

 

 

Zebra44 チャップマンシマウマの小母さんに対しても、物怖じしていませんね。

流石に男の子。

思いっきりやんちゃな時期は、周囲が色々と大変なようです(笑)

・・・とは言え、余り心臓に悪いネタは勘弁してよね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良い感じですか?

実は、昼休みに家でご飯を食べられるほど、職場と家が近いです(笑)
ここ数日・・・、昼休み中に旭山のライブカメラを覗くのが日課となりつつありまして・・・。
それというのも・・・・!

Polabears101 先日と同じく、ライブカメラの画像のキャプチャです。

えと、えと・・・これって・・・サツキさんてば、イワンくんと仲良ししてませんか?

直ぐ側で一緒に休んでいるような雰囲気だったり。
ちょっとジャレジャレしている感じだったり。
右下の様子など、どうも仲良し同士のご挨拶に見えたりするんですけど♪

円山で・・・サツキさんがどんなふうにデナリ氏を拒んでいたのか知らないのですが。
デナリ氏を嫌がって、モートの下の方にばかり居たという話は聞こえていました。
今回のサツキさんは・・・隅っこの方には居ますが、特にイワンくんが近づいてくるのを避けていると言う雰囲気はなく。
昨日の夕方には、寝室の入り口が二つとも開いているにも拘わらず、なかなか中へと入ろうとせずに・・・・こんな状態。

いや・・・サツキさんは入りたそうだったんですが、イワンくんが・・・もっと一緒に居たいと・・・だだをこねていましたか?

ヘタレでビビリ屋との噂も高い(笑)イワンくんですが・・・・ついに、サツキさんのハートを射止めたのでしょうか?

・・・・これは、夏期開園が非常に楽しみになってきました。

 

 

 Kurumi37

キャプチャ画像だけ・・・てのも、何ですので。

釧路のホッキョクグマの様子なども♪

クルミちゃんが、開きになっていた頃。
 

Tsuyoshi37 ツヨシちゃんは、ブイで遊んでいました。

以前一緒だった頃は、よく二人でプールでじゃれて居る様子が見られたのですが・・・・。

最近は・・・・タイミングが悪いのか、それとも、やっぱり二人でじゃれ合う事が少なくなったものか・・・殆どツーショットにならないのですよねぇ。

Tsuyoshi38 クルミお姉ちゃんが、遊んでくれないの・・・・。

ゴメンね、ツヨちゃん。
そんな眼差しで訴えられても・・・どうにもして差し上げられません。。。。

クルミちゃんも、「少女」を卒業しちゃいましたものねぇ。
・・・そうしたのは、ツヨちゃんのお父さんなワケだが・・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

婚活中?

釧路市動物園の近くに仁々志別と言う小さな集落があります。
そこを少し越えた辺りで見かけたのは・・・。
Tancho_w07

総勢11羽ほどを数えるタンチョウの集団でした。

良く見ると、まだ頭に赤い部分がなく、首の辺りがベージュ色。

 

Tancho_w08 どうやら、子分かれ・・・された・・・昨年生まれの若鳥たちだと思われます。

冬の間まで、一緒にいた親から置いて行かれ・・・親たちは繁殖(子育て)のために、湿原の方へと帰り・・・取り残された若者達が、取りあえず一緒に過ごしていると・・・。

タンチョウは3歳くらいから繁殖に関わってくるようで、昨年生まれのコたちは、まだ中途半端な時期なのですね。

Tancho_w09 中には・・・ちょっと年上っぽい個体も。

頭の赤い部分も出ているし首も黒くなってきているのが、数羽交じっていました。

後輩達に、ちょっとばかり威張ってますか?

 

Tancho_w10 コチラ・・・脚に注目です。

このコだけ、黄色の足輪を付けています。

他には付けているものは見当たりませんでした。

 

Tancho_w11 拡大しますと・・・「086」のナンバーが・・・!

釧路市動物園の「ある日の日記」をさかのぼってみますと・・・・。

動物園の近くにある鶴公園で、2008年5月末頃に、タウ父さんとニシトコ母さんの間に誕生したお嬢さんのようですね。(2008年9月3日)

電線にぶつかることもなく、交通事故に遭うことも無く、スラリータンクに落ちることもなく、元気で大きくなっているようです♪

一年後に産まれた後輩達と・・・先輩として(?)一緒に過ごし・・・来年?再来年?には伴侶を見つけて、湿原の奥の方で子育てをするのでしょう。

もしかして・・・・。
今から、伴侶候補を物色していますか?(笑)
見所のある男の子、いないかしら~なんてね♪

もっとも、若いペアは中々繁殖が難しいらしいので・・・・、できれば、ベテランのオスを見つけて番って欲しいところではあるのですが(笑)
年の差カップルは、互いの経験を若い伴侶に伝えていけるので、理想的なんだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

上手く行きますように・・・。

Ivan10 ホッキョクグマ館、大きなプールのある側にいる・・・こちら、男の子のイワンくんです。

もぐもぐタイム中・・・プールを泳ぐ姿は、相変わらず人気があります。

先だって、ルルさんとの蜜月も終わりを告げて・・・また、単独(交代)展示に戻っています。

Satsuki11

こちら、女の子のサツキさん。

円山から旭山へ来たのは・・・イワンくんとのペアリングのためです。

円山では、プレイボーイとの噂も高いデナリさんを全くもって受け入れなかったという話ですが・・・・・、さて。

Polabears100_2

本日・・・どうやら同居のご様子♪

えと、旭山のライブカメラの映像をキャプチャしたものです。

このままでは見辛いと思いますので、写真をクリックして、大きくしてご覧ください。

案の定、隅っこの方にいるサツキさん。
お姉さんに興味はあるらしいイワンくん。
少しずつ、少しずつ・・・距離を縮めようと、鋭意努力の真っ最中(笑)
寝室への入り口に興味がある素振りで、イワンくん、かなりサツキさんの近くまで行くこともありましたが・・・・サツキさんに威嚇されて、スタッっと逃げ腰になるところまで・・・・見てしまいました(笑)

まだまだ、若僧で、遊びたい盛りのイワンくんです。
サツキさん・・・一緒に遊んでくれないかなぁ・・・・?

サツキさん・・・・年下の男の子は・・・いかがなもんですかね?♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

女の子は強いんです(笑)

釧路市動物園のハクチョウ池には、現在野生のカモさんたちがいらしています。
真冬の間は、マガモさん一色でしたが、最近姿を見せているのがオナガガモ。

Onagagamo01 激しい水音にカメラを向ければ・・・・、

オナガガモの雌雄が諍いの真っ最中。

最初から目撃していたワケではないのですが・・・多分、オスの方がメスに迫ったところ、力一杯拒否されている・・・・んじゃないかと思われます。

カモの交尾というのは、オス側の一方的かつ強引な行為というパターンが少なからずある・・・と言う話を聞いたことはあるのですが。

Onagagamo02 メスのほうは、何が何でも、この男の卵は産みたくない・・・と、そういうことなんでしょうか?

水しぶきを巻き上げ、激しくオスを攻撃しています。

流石に、これにはオスもたじたじ。

 

Onagagamo03 畳み掛けるようにのし掛かって・・・・。

既に、オスの方は悲愴な表情(笑)

 

 

 
Onagagamo04 ・・・とうとう沈められてしまいました・・・・。

オナガガモって、潜水ガモじゃなかったよな・・・(笑)

オスを追い払ったメスの方は、この後のんびりと羽繕いなどしておりました。

自然界では・・・・相手を選ぶ権利はメスにある・・・と言うことが多いようですね。
子を産むメスが、強い子孫を残すために、強いオスを選ぶワケで・・・。

認めてもらえなかったオスが無理を強いても・・・・ガンとして拒絶するこの強さ。
やはり、女の子も強くなくっちゃ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

器用です

ボルネオオランウータンのタンゴさん。
先日誕生したひなちゃんのお父さん。
円山で・・・もうすぐパパになる弟路郎くんのお父さんでもあります♪

Tango04 暖かい日だったので、外に出てました。

こちらでお目に掛かるのはお久しぶり♪
室内でも、客がいると目の前まで来てくださることが多いタンゴさんですが、この日も、目の前の金網まで来てくださって・・・この状態(笑)

なんかに似ているよなぁ・・・と、ずっと考えていたのですが・・・もしかして、・・・・ビリケンさん??
に・・・似てません???

Tango05 丁度、キーパーさんからおやつを貰っているところでした。

殻付きのピーナツです。

一緒に眺めていたお客さん数組・・・誰1人としてピーナツとは言いませんでした。
曰く・・・南京豆・・・・。
えと、殻付きの場合は南京豆と呼ぶんでしたっけ??

タンゴさん、殻付きのままお口に放り込み、バリン!
先ず、外側の硬い殻を吐き出します。
Tango06

そして、なんと薄皮まで口の中でキレイに剥いて、吐き出すんですね。

オランウータンにとっても、ピーナツの薄皮って、渋みを感じるものなんでしょうか?
それとも、単に舌触りの問題ですか?

きっと、タンゴさんは口の中でサクランボの茎が結べるに違いない(笑)
いや・・・・結べても、きっと・・・あんまり役に立たないんだろうけどね・・・・♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

尾っぽくん♪

釧路市動物園のふれあいゾーンである子ども動物園。
・・・・最近は、ヤギさんヒツジさんから、すっかり「お世話係」扱いされているのですが>自分(笑)

3月13日に産まれた子ヒツジちゃん。
Sheep_suffolk03

お母さんはクックさん。

サフォークの男の子です。

まだ、毛が短いので、毛足の短い絨毯みたいです。

 
Sheep_suffolk04 ママを追いかけたり・・・同居のヤギさんに追われたりと、元気一杯です。

ところが・・・・、このオチビさん。
現在人間不信のまっただ中(笑)

昨年は、ヤギッコに比べればはるかにフレンドリーだったヒツジッコですが・・・・今年のチビさんは、人が近づくとさっさと逃げ出してしまうのです。

Sheep_suffolk05 ぢつは・・・・、

ちぃーっとばっかり、尻尾を切られ過ぎちゃったんですよねぇ(笑)

傷の治りが遅れたせいで・・・・男の子なので、そちらの処理もあって・・・・チビさんにとってはイヤな目に遭う時間が長かったんでしょう。
放飼場デビューがちょっと遅れたこともあって、どうやらすっかり人間を嫌がるようになってしまいました。

う~~ん。
今は、先ず馬から落とすべく(笑)、母親クックさんのご機嫌を伺うようにしています。
上手く側に居てくれれば、タッチさせてもらえることも(笑)

んで・・・・お名前が尾っぽくん・・・・・って(笑)
ちょっと、お尻が寂しい尾っぽくんなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

馬(マ)違い!

いろいろとネタを提供してくれる、グラントシマウマの飛馬くん。
Zebra38

昨年の7月生まれですから、そろそろ生後9ヶ月。

ママのおっぱいは、そろそろ卒業した方がよさそうなのだけれど・・・相変わらず、こんな状態。

もちろん、直ぐさまママにけっ飛ばされるかかじられます(笑)

Zebra39

でも、飛馬くん!

キミが首を伸ばしているその先は・・・・!

ママじゃなくて、チャップマンシマウマの小母さんですよ!

 
Zebra40 三人暮らしになって・・・・そろそろ一月近く経つ・・・のかな?

同じフレームにみんなが入ってくれることが多くなってきました。

種は違うとはいえ、やはりシマウマは群れる生き物なんだな・・・と思わせてくれます。

先頭を行くのが、年の功で(?)チャップマンさん。
そして、小夏ちゃんと飛馬くんがトコトコトコ・・・・・。

んで・・・・、チャップマンさんは、来園者から「あれが、お父さんだねぇ~」と言われてしまうのでした(笑)
・・・・気持は分かるんだけどね。
説明板、ちゃんと読もうよ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう君を離さないよ・・・♪

一度、言われてみたかったモンだ(爆!)

Lesser_h01 捕まっている方が女の子、捕まえている方が男の子・・・なんでしょうね・・・多分。

暫くは追尾行動が続いていたのですが、とうとう実力行使に出たようでした。

 

 
Lesser_h02 逃げ出されても、追いすがって捕まえます。

男の子が相当に積極的?

ちなみに・・・お名前の掲示・・・見落としちゃったかな?

大概、写真撮ってくるようにしているんですが・・・、時折すぽっと抜け落ちることがあるんです・・・。

Lesser_h03 女の子の方はと言えば・・・・。

随分嫌がっているように見えたのですが(笑)

まだ受け入れ準備が整っていなかったのかしらね?
それとも、もう終わっちゃっていたのかな?

ひたすらジタバタしていました。

 
Lesser_h04 この仁王立ちは、一体どういう状況なんでしょう?(笑)

たいそう活発なレッサーさん達でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

もしかして・・・?

今日は、コチラのお誕生日です。Snowleopard25

旭山のユキヒョウ、ゴルビーさん。

おめでとうございます♪
本日19歳におなりです。

生まれは東山。
先日亡くなられたパトラ様の弟になるんです。

Snowleopard26 まだまだ眼光鋭く・・・・、金網を駆け上り。

上の方でお昼寝なさるのがお好きです。

昨年までは、プリンちゃんという伴侶がいて・・・それはそれは仲の良いトコロを見せてくださっていたのですが・・・・。

毛繕いをしてくれる相手がいなくなったせいなのか・・・・、背中の方がケパケパになってますね。

Snowleopard27

先日、国内で最高齢だったという多摩のシリーさんが亡くなられました。
シリーさんとは、直にお目に掛かったことが無いのですが・・・、大層凛々しいご婦人だったとのこと。
ご冥福をお祈りします。

・・・・で、もしかして・・・・年齢不詳のシンギズ氏を除くと、コチラ、ゴルビーさんが最高齢ということになるのでしょうか??(違っていたらごめんなさい。)
まぁ、弟のヨシダくんには、既にひ孫がいますからね・・・・円山のユッコちゃんとヤマトくんがそうです。

ゴルビーさんには同腹の妹(姉?)がおいでで、秋田の大森山にいらっしゃいます。
ライサさんとおっしゃいます。
こちらも、まだお元気だと伺っています。

さすが、長生きの東山の血統。

秋の動物園巡りの旅は・・・東北を視野に入れとこう・・・・・。
ライサさんに・・・・会ってみたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珍しく・・・?

活動的だったのは、こちら。
Orangutan30 オランウータンのジャックさんです。

休園に入る二日前。
平日に休暇を取って参りますと・・・・さすがにかなり人が少ない様子ではありましたが・・・・。

その分・・・オランウータン館でフラッシュを焚く人が、ちっとは少なめだったかもしれません。

室内は光量不足になるので、オートで撮影していれば、間違いなくフラッシュが光ります。
オランウータンは、このフラッシュが好きではありません。
よって、人の出入りが激しいときは、客に背中を向けっぱなしと言うことが少なからずあるのです。
柱の影に入り込んで寝ている・・・と言うことも多いジャックさんなのですが。

この日は、交代時刻になっても寝室へお入りにならず・・・・。
Orangutan31

随分と上の方を気にしていました。

この向かい側には、バルコニーのようになった場所があって、以前、そこからキーパーさんがエサを与える形で、もぐもぐタイムを行っていたことがありましたっけ。

誰か・・・いたのかも知れません。

・・・・んなワケで、この日はリアンさんとモリトくんには残念ながら会えませんでした・・・・。

夏期開園中は、屋外の放飼場が使えるので、どちらにも会えるのですけどね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

末広がりに・・・♪

浜松市動物園のミニサファリには、アミメキリンとグラントシマウマ、そしてダチョウがいます。

Giraffe_h01 お母さんはニーナさん。

息子はリョウくん。

東山へ行ったマオちゃんの弟くんになります。

フィギュアの次はゴルフのようです(笑)
 

Giraffe_h02 こちらは、お父さんのシロさん。

すでに20歳を超えておられます。

お父さんが息子にちょっかいを掛けるので、しばらくは父と息子を離している・・・・ようなのですね。

けれど・・・ご高齢のシロさんを狭いエリアに隔離してしまうと、どうしても運動不足気味になるらしく。。。

Giraffe_h03 外に出しておくと、ご覧の通り奥方を追いかけ回して(笑)、見事、運動不足解消ということに!

そんなわけで、現在、リョウくんだけが狭い囲いの中にいます。

寝室では、お母さんと一緒になれるのですが、昼間は1人ぽっちで、ちょっと寂しげ。

Giraffe_h04 それにしてもニーナさん、15歳にして、1~2年おきに、既に6頭もの子どもを産んでる・・・・このペースは凄いと思うのよ。

2番目に産んだ女の子はサクラと名付けられて、徳山動物園に嫁いでいったのね・・・・って!

つまり、旭山のゲンキくんのお祖父さんとお祖母さんなんだわ、このお二人!

リョウくんは・・・・ゲンキくんの叔父さんってことですね?

こんなところで、ゲンキくんのお身内に会うなんて・・・・!
・・・・昨年も来ていたのに、気づかなかったよ・・・・。
ゲンキくんも、今年か来年あたりには一人前のオスになれるかな?
そうして・・・・元気なひ孫が誕生するまで・・・・お元気でいてくださいね♪

・・・ところで、ゲンキくんの叔母様は、マリモちゃんの弟の嫁さんになるっぽいですが・・・?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

鼻息♪

何が基準なのか・・・よく分かりません。
けれど、ご飯時には決してやってくれないことだけは分かっています(笑)

Wapiti28 ワピチさん。
シカの仲間では世界で2番目に大きいと聞いています。
一番は、ムース・・・ヘラジカ・・・なんだよね?

奥の方から来てくれた、好奇心旺盛なコ。

動物舎の前では、必ず声を掛けてご挨拶をするようにしていますので、ちょくちょく見る人間だな・・・という位の認識はしてもらえて・・・・ると、嬉しい(笑)

Wapiti29 んで・・・この距離♪

鼻息がかかる距離です。

1頭か2頭が、こんな風に側まで来て、鼻息を掛けてくれます。
もちろん、全然来てくれないコトもあります。

小さい子どもさんが相手だと、脅かすのを楽しむように勢いよく頭を突き出してくることも。
決して危害を加えられる事はありませんが・・・驚いちゃう子どもさんもいますので注意しましょう。

Wapiti30 唯一のオス、アサオさん。

巨大な角があるうちは、太い柵の内側で隔離されていますが、この度、恙無く落角なさって、現在はご婦人達とともに過ごしていらっしゃいます。

コチラの写真は一週間前。
既に、ここまで盛り上がって来ています。

Wapiti31 そして一週間後。

僅か一週間で、これだけ伸びます。

この後も、凄まじいスピードで、巨大な角が形を成していきます。

この角ができあがっていくのを見るのが、楽しみで・・・。

きっと、来週も釧路へ走ります(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

仲良しさんたち♪

心に中にどんよりと暗雲が立ちこめているときは・・・・動物園へ「癒し」をもらいに行きます。
そうでないときも、もちろん、動物園へ行きますが(笑)
動物を見ていると、いつのまにかニコニコしている自分に気がつきます。

たとえばこんな光景に。
Nihonzaru03 ニホンザルのオチビさん達。

さほど、気温が低いとは思わなかったのですが・・・なぜかしっかりしがみついているコと・・・それを慰めているように見えて・・・微笑ましい光景でした。

・・・う~ん、お友達同士で何かトラブった後だったのかしらん??

Ezoshika_k01 こちら、エゾシカの女の子達。

右がシイちゃん(多分)で左がテンコちゃんです(多分)

どちらも保護個体で、シイちゃんは脚を悪くしており、テンコちゃんは、赤ちゃんの時に保護されて人に育てられたせいで、人慣れし過ぎて・・・野生には還せません。

シイちゃんは人に対してちょっと警戒心があるコだったのですが、少し慣れてきているかな?
テンコちゃんにとっても、同種の仲間と暮らすことは、独りぼっちよりずっと良いことだと思われます。

Zebra37 そして・・・相変わらずの仲良し母息子。

グラントシマウマの小夏ちゃんと飛馬くん。

隔離飼育されていたチャップマンシマウマさんと、少し前から同居になっています。
飛馬くんも大きくなって、特にお隣を怖がる様子も無いようなので・・・と言うことのようです。

でも、来園当初、いろいろいじめられた小夏ちゃんは、まだチャップマン小母ちゃんに警戒しているようで。
何かというと、息子とチャップマンさんの間に自分の身体を入れて、息子を守る様子を見せます。
チャップマンさんも、子どもの飛馬くんにはそれほど無体をしているようには見えないのですけどね・・・・。
みんな仲良くできれば良いのだけれど・・・・。

ちなみにチャップマンさん・・・・来園者からは「お父さん」扱いされてます(笑)

Otaria44 最後にご紹介するのは、こちらの仲良しさん。

・・・・まるで、冬花ちゃんがそこにいるみたいです・・・・・。

冬花ちゃんが旅立ってから来園した女の子は、ちょうど同じくらいのお年頃のお嬢ちゃんで・・・・。
彼女は生まれ故郷で、頭数調整のために捕獲された個体です。
母親を始めとする群の仲間たちと引き離され、遠く日本までやってきて・・・・もしかすると、同居の先住オタリアのご婦人達に、母親を求めているのかも・・・・とか思っちゃうと、ちょっと切ない。
先住オタリアのご婦人達も、ついこの間まで一緒だった娘と同じくらいの個体を受け入れるには、さほど抵抗が無かったのかも知れません。

でも、ご飯の時間だけは別ものらしく・・・・ホッケ争奪戦では厳しい現実が突きつけられているらしい・・・お嬢ちゃんなのです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

Happy Birthday♪

今日は、お誕生日だったのですね。
おめでとう♪2006年生まれですから、4歳を迎えました。

Blakistons_fish_owl24 シマフクロウのメメちゃんです。

人工育雛なので、人間大好き。
いつも金網にくっつく様な場所で止まり木にとまって、外を歩く人間を眺めています。

ここしばらくは、ちょっと離れたところにいることが多いかな?

そろそろ、大人になって来ましたか?

Peacock10

おめでとう!!

子ども動物園のクジャクさんも、御祝いしてくれてます♪

こちらのくじゃくさん、現在お独り身にして、ただ1羽。
ホントはプロポーズするお相手がいません。
今日は・・・・ウサギさんやアオメキバタンの女の子に・・・・見せてましたね(笑)

随分長いことディスプレイしてくださっていたのに・・・見物人は・・・人間は・・・自分1人でした。
もったいない~~。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

無題

別れは、色々な形で来るけれど・・・・。
コレばかりはもう・・・・落ち込むしか・・・無いよね。

円山でのニュースでも辛かったのに、ましてやこんどは知ってるコらだったから。
思い出も色々あって・・・・。

Pikkuu 飼育担当さんのお悲しみはいかばかりでしょう。

僅かな救いは・・・この子が無事ということ・・・・。

どうかもう、これ以上広がることがありませんように・・・・。
切に祈る次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年の差カップル

姉さん女房です♪
Higuma01 こちら、ご主人のゴローさん。

12歳におなりです。

旭山のとんこちゃんと同じくらいかな?

手足を囓る癖があるようで・・・・脚を囓るときはひっくり返っていました。

Higuma02 こちら、奥方のピリカさん。

こちらは既に25歳ということで・・・やはり旭山のくまぞうさんと同じお年頃か・・・・?

ただし、こちらは奥方の方がかなりの年上ということで。

恐妻家というお噂も耳にいたしましたが(笑)

Higuma03 なんだか、けっこう仲良しさんのようでした♪

旭山のエゾヒグマだと、5~6月頃にメスに発情が来てオスと同居・・・・という流れですが。

浜松はヒグマとしか書いていないので、もしかしたらエゾヒグマではない可能性もあるのかも・・・・?

それでなくとも、個体差があるでしょうから・・・。
う~ん、ピリカさん、シーズンでしたか?

激しいじゃれ合いではありませんでしたが、・・・昨年の同じ時期も同居してたしね。
もしかして通年同居しているのかな?
オスグマがあまり熱心だと、メスの負担やストレスになるのかもしれませんが・・・年上女房に遠慮があるのか(笑)、ゴローさんが温和しいのか・・・・?
迫力よりも、微笑ましいヒグマのペアでした♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

騒々しい・・・その愛!

旭山のペンギン館・・・もう間もなく閉園時刻というこの時間。
ブモー!ブモー!という野太い声に覗き込めば・・・・・。Humboldt29

とあるペアが、愛の交歓・・・・?

タグがそれそれ違うフリッパーについているので、雌雄だと思われます。

番が鳴き声を合わせるディスプレイは、鳥類を始め哺乳類でも見られますよね。

Humboldt30

そこへお約束の(?)お邪魔ムシが・・・・!

ペアのオスを押さえて、
オレの方が強いオスだぞ~~!

・・・と、多分そう言うことかと・・・。

Humboldt31 なんの、ボクの方がでかくて強いんだ!

反撃を試みるペアのオスを無視して、お邪魔ムシくん、なにやら彼女を口説いていますか?(笑)

 

 

Humboldt32 見物人(鳥)達も加わって・・・・

こうなるともう、何が何だか分からなくなります(笑)

・・・結局彼女は、どちらの男性を選んだんでしょうか?

ペンギンは、ペアの相手をコロコロ変えるタイプじゃなかったと思うのだけど・・・・。
あぶれちゃっている男の子は、隙あらば、ダンナ持ちの彼女を誘惑しようと・・・してるんでしょうかね(笑)

フンボルトさんも、恋の季節のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

チビーズ三昧♪

休園に入る前にと・・・無理くり休みを取って、旭山へ行ってきました。

や、だってね。
会ってきたかったんですもん!
Prince02 王子様に♪

プリンスくんです。

泳いだばっかりだね?
毛が濡れてるし。

アザラシのチビさんは、産まれた翌日には水に入ることができるようです。
ただし、泳ぎは下手・・・・、普通は、母親が補助して泳ぎを教えますが、プリンスくんは人工哺育なので、飼育員さんが面倒を見ています。

くるりんしている後肢が何とも・・・♪

Prince03 母親のヒカルちゃんは、一昨年のマメちゃんに続いての出産で、残念ながら、今回も育児できず・・・・。

せめて、カムイちゃんが側で子育てしてくれてれば・・・と思わないことも無いのですが・・・・。

カムイちゃんは野生由来、ヒカルちゃんも母アザラシに育てられたコですから、育児できないはずはないのですが・・・。
上手く行かないものです。

しかしまぁ・・・ホワイトコートならぬ、グレーコートになっちゃってますヨ(笑)

 

さて、こちら、第二子ども牧場。

Shishimaru01 ヒツジ・・・ボールドセット・・・の男の子。

しし丸くんです。
将来は、ライオン丸・・・・・には、ならないね(笑)(通じなかったら、スルーしてくださいっ!!)

尻尾、短くなってました。

 

Yagikko16 こちらヤギっ仔たちとお母さん。

向かって右がかん太くん、左がしゅん太くんと、お名前がつきました。

ところで、さくらこ母さん、微妙にかん太くんに冷たくないか??
気のせいなら、構わないけど・・・・また昨年みたいにえこひいきしちゃ、ダメですよ!

どちらのチビさんも好奇心が旺盛のようで、観覧通路側の扉に前肢をかけて立ち上がったりしてくれたので・・・・至福の一時を味わって参りました。

やぁ、子どもの毛って、柔らかくってフワフワで・・・おまけにぬくぬく♪

お外デビューしてからも、触れさせてくれるかなぁ。
でもきっと、直ぐにゴワついた大人の毛になっちゃうんだろうなぁ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

いい年して・・・?

動物園に優劣を付けるのは、余り好きではありません。
見せていただける種類も状態もやり方も、全部違うのですから、一概に同じ秤に掛けるわけにはいかないのですね。

活発に動いていれば遠目でも良いのか。
寝ていても目の前にいてくれる方が良いのか。
人によって、好みだってあるでしょうし。

ですから、あくまでも私的な感想ということで言わせていただけるなら。

今回の旅行で一番面白く見せていただけたところは、浜松市動物園でした。

Kangaroo14 クロカンガルーの親子です。

オチビさんは、出袋してちょっと経っているでしょうか。
このなりで、袋に潜り込むと、母上はかなり動きに制約が出そうです(笑)

袋から出ても、おっぱいは飲みたい♪

袋に顔を突っ込んでる姿は、他の動物園でも微笑ましく見せていただいたことがありますが・・・・。

Kangaroo15 どさくさ紛れにお顔を突っ込んできた手前のコは・・・・。

この図体で、それはいかがなものかと思うんですけどね(笑)

カンガルーの袋の中には複数の乳房があって、聞くところによれば、成分の異なる乳を出すことができるので、複数頭がいっしょに育つコトが可能らしいですね。

つまり、産まれたばかりの超未熟児が乳房と一体になっておっぱいを吸っている隣で、出袋間近なお兄ちゃんかお姉ちゃんが、やっぱりおっぱいに吸い付いていると言う可能性もあるわけ・・・・ね?
そういう解釈で良かったっけ??

ともあれ、もしかすると数年前に産んだ我が子が、弟妹と一緒になって袋に首を突っ込んでいるってコトかも知れないけど・・・・。
あるいは・・・もしかして袋の中にいる幼い我が子の様子を覗き込んでいる父親・・・とか?・・・・それは、無いか(笑)

浜松市動物園の正門から入園して、最初のエリアにいるのがこのクロカンガルーさん達です。
ちょっと・・・柵がきついんですよねぇ。
隣のワラビーみたいに、上から見下ろすような場所があると嬉しかったんだけどなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

おや・・・?

本日は、いろいろあって一日家でごろごろしていました。
や、年度替わりなんで・・・、人の入れ替えとかね、引っ越しとかね・・・・、流石に一日留守をするわけには・・・・ゴニョゴニョ

で、土曜日に釧路へ行ってきました。
動物園も年度替わりで・・・、色々と人の去就があるようです。
顔なじみにしていただいた飼育員さんが異動になっていて・・・ちょっと寂しい。。。

Hakutouwashi01 こちら、ハクトウワシの・・・多分ダンナさん。

お名前をフジさんとおっしゃいます。

凛々しいですね♪

きりりと辺りを警戒なさっておられます。

写真撮影者は・・・・顔を出す回数が多いせいなのか・・・全く眼中にないようで・・・。
要するに・・・・相手にされておりませんね(笑)

Hakutouwashi02 奥の方の巣の上には多分・・・奥方のカズエさん。
抱卵中です。

3月初旬に産卵しました。

今月中旬には孵化予定です♪

金網がちょっと邪魔ですが・・・、大事な卵や幼いヒナが落下しないように、しっかりと補強されています。

ところで・・・・、二枚目の写真をよ~くご覧下さい。
あれ??と思った方、いらっしゃいませんか??

 

 

Hakutouwashi03

なんと・・・巣の土台のトコロに・・・スズメさんが・・・・!

まぁ、十分にエサが与えられる動物園。
しかも、ハクトウワシは、基本魚喰い。

ネコのように、動くものには本能的に手が出る・・・というのでなければ、ここは、何より安全な場所ということになりますが。
このスズメさん。
もしかしたら下見に来たのかもしれません。
この場所ではありませんが・・・ハクトウワシ舎の天井の方で・・・どうもスズメが繁殖している気配があるんです(笑)
時期になると、子スズメのシュリシュリという鳴き声が聞こえますから。

まぁ、この後ここでヒナが孵るようだと・・・・ハクトウワシさん達の友好的な(?)態度が一変する可能性もあるから・・・・大丈夫かな??

ちなみに、オオタカ・ハヤブサのいるケージの天井付近でも、スズメさん達が繁殖しているっぽいです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

しばらくぶりだね♪

最後を多摩にしたのは、金曜日はなんとかお天気が回復しそうだったから。
敷地が広く坂道も多い多摩は、できればてるてるボーズで回りたくなかったし(笑)

Koala 地上を徘徊していたコアラ(笑)

樹上生活者なんじゃなかったか?コアラって?

入って最初のエリアにいたコです。
ずーっと、こんなかんじで、ぐるぐる回って、時々止まって。

もちろん、ほかのみなさんは木の股に腰掛けて、眠っていたりと・・・・ふつーにコアラしていらっしゃいました(笑)

Snowleopard_t02 ユキヒョウの繁殖が順調な多摩。

本当は円山のアクバルのママに会いたかったのですが、午前中、大放飼場の岩の上・・・・寝ている背中しか見せてもらえませんでした。

午後から小放飼場に出ていた・・・こちら、ユキチくんです。
もちろん、ユキ母さんも一緒です。

たいそう活発に動いてくれました。

さて、多摩で一番気になると言えば、コチラなんですが・・・・

Tigers_t01 ・・・・行きなり、コレですか・・・・。

朝、インフォメーションでお伺いしたときは、交代展示と聞いたのですが、行ってみると同居してました。

んでもって・・・この状態(笑)

かなりの頻度で乗っかってましたね、リング。

オランウータンやユキヒョウを眺めている間も、ちょくちょくシズカちゃんのうなり声が響いていましたもの。

Tigers_t02 んで、コトが済んだ後は飛び退る(笑)

うんうん。
正しいオストラの行動だね。

直ぐに怒ったシズカちゃんが飛びかかってくるからね。

既に2度、同居して・・・その都度繁殖行動は見られているようなのですが・・・・中々上手く行かないようです。
シズカちゃんがまだ若すぎる・・・てことはないか・・・・。
それとも、なにか?
子どもを宿したら・・・・遊び道具(=リング)が消えて無くなることを・・・シズカちゃん、分かってるんじゃ・・・??

蒸し暑くなってくると・・・寒冷地育ちのリングが体調を崩すのではないかと案じています。
暑くなる前に、お役目果たせると・・・・良いねぇ♪

続きを読む "しばらくぶりだね♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

やはり上野は広かった

東園でちょっと時間取りすぎました(笑)
一部工事中で通り抜けできなかった通路もあったので、余計時間が掛かったのかも・・・。

Umekichi01 ・・・てか、この子の登場を待ってたりしたわけで。

マレーグマの男の子、ウメキチくんです。

クマの中では一番小型のマレーグマ。
その子ども・・・と言うのですから・・・・推して知るべし(笑)

まだデビュー直後とあって、キーパーさんが親子の様子を観察してはメモとっていました。

床にまかれたヨーグルトをなめなめ・・・・食い気に誘導されてやってきた親子です。
 
Umekichi02しかして、この少し後・・・・ウメキチくんは、放飼場内に巡らされた電柵に思いっきり触ってしまいました。
しかも掌で・・・・!

悲鳴を上げて跳び上がり、暫くは母さんに八つ当たりでもするかのように飛びついておりましたが・・・・・。

ちょっと泣きべそ顔に見えたりして(笑)
痛かったよね、ウメキチくん。。。。

  Wao

寒かったので、ワオキツネザルさんたちもこんな状態。

えと、どこがどう重なっているんでしょうか??

ここは、新しくできた施設のようで、例のフォッサのお隣になります。
アイアイやキツネザルの仲間がいるようです。

この寒さで・・・みなさん室内でお過ごしだったのですが・・・このワオさん達は、お外でくっついていましたよ。

Kobitokaba コビトカバの母子。

ちょっとほっこり、和やかムード。
でも、もうそろそろ独り立ちなのかしらね??

西園へ行った時間が遅かったので、みなさんすでに室内で・・・・いや、雨だったからなぁ・・・最初から室内展示だったかも知れませんけど・・・・。

悲しいお知らせもありました。
円山から行ったゼニガタアザラシのメイちゃんが、3月12日に亡くなったという掲示があったのです。
同じプールのアシカのオチビさんと遊んだりもしていたと聞いていて・・・・。
アシカとアザラシが同じプールにいたわけですから、その違いを解説するには絶好の展示であったことでしょう。
何れは、繁殖とかさせてもらえるのかなぁ??・・・という不安もありましたが、まだ先のこと・・・とか思っておりましたのに・・・。
まだ若い子なだけに、残念です。

メイちゃんのご冥福をお祈りします。

続きを読む "やはり上野は広かった"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝から雨

それでもまだ、小雨だったので・・・・駅近のお宿はこういうときありがたい。
この日、お伺いしたのは東武動物公園です。

Whitetiger03 やはり、おめあてはコチラ・・・ということで♪

白虎です。
中々神々しいですね。

上がメープルちゃん。立っているのがロッキーくんだよね?

お天気が悪かったので、あまり活動的ではなかったのですが。

Shiwakobu

こちら、濡れ鼠のシワコブサイチョウさん。

大変失礼なことながら、最初に目にしたとき・・・作り物だと思いました。
微動だにしないんですもん(笑)
リアルだなぁ~、熱帯雨林のイメージ出すためなのかなぁ・・・と思いつつ、しばらく行ってから振り向くと・・・動いていました(笑)
お名前をバンコクちゃんとおっしゃる女の子だそうです。

もうお一方、オオサイチョウのチェンマイちゃんがいらっしゃるのですが、止まっていた位置が悪くて、枝にかくれてお顔が撮れませんでした。
実は・・・こちらも作り物だと思ったんですよね、最初は(笑)

Yamaarashi アフリカタテガミヤマアラシは、赤ちゃんがいました。
もう、だいぶ大きくなっているようですが、まだ群の仲間とは隔離中です。

お母さんにピッタンコくっついて・・・これって、授乳中??

お母さん、ひっくり返らなくとも大丈夫なのね。

・・・・なにせ、釧路でトントンに会ったときは、すっかり大きくなっていたからなぁ・・・。

少しずつ大粒になっていく雨を、携帯用の傘で凌ぎ・・・・イベントの類は全部雨天中止とあらば・・・・ゆっくりのんびり・・・初めての動物園を回りました。

この動物園で一番感心したのは、個体紹介の看板が実に充実しているということでした。
中には見分け方の説明もあり・・・・多種多様な生き物にそれぞれ愛称がついていることが分かります。

愛称というのは、扱い方を間違えると、野生生物をペットのように見てしまう・・・という弊害もありますが、親しみを持ちやすいという意味では無下に非難しようとも思いません。

生き物の情報から、個体の特色まで・・・・何とも微笑ましい紹介看板がたくさんで、お天気が悪くても、ちっとも滅入ることがありませんでした。

雨で、ほとんどお客さんの姿が見えない動物園で・・・・相変わらず白装束でうろつき(笑)・・・お暇そうだった動物さん達からの注目度もアップ♪

でも・・でもね。
アフリカ象のキョウコさんが、放飼場の水たまりに鼻を突っ込んだ後、その鼻を口元へ運ぶ動作をしないで、こちらへずんずんと来てくださったときには・・・・流石に距離を置きましたね(笑)
雨降りの中で・・・泥水を掛けられるのは、遠慮したいところでしたので♪

続きを読む "朝から雨"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

夜遊び♪

品川のお宿に入ってから・・・・直ぐ側に遅くまでやっている水族館があるじゃないか、と気がつきました。
エプソンアクアスタジアムは、夜10時まで営業しているのです。
時刻は夜7時を回ろうとしていました。。。。。

Kongouhugu コンゴウフグさん♪

バンザーイ!入館料が割引だぞ~~!

・・・と、代わりに喜んでいただきました(違)

や、水族館と同系列のお宿だったので、半額近くまで入館料がお安かったのです。

滞在したのは、ほとんどアシカとイルカのショーの時間くらいで、約1時間ほどでしたが・・・・。
イルカショーの写真は、被写体ブレが凄まじくほぼ全滅しておりますので(笑)水槽内から。

Manta ときに、エプソンアクアスタジアムにマンタがいるとは、この時まで存じませず・・・・。

トビエイの泳ぐ姿が相変わらず美しく、狙っておりましたら・・・・視界の隅を横切る巨大な影に、びっくりした次第。

マンタとしてはまだ若い個体なのかも知れませんが・・・・、迫力は十分。
海遊館で一度お目に掛かっていますが、水槽の奥の方にいらしたからなぁ。。。
ここは・・・・マンタにとっては良いのか、悪いのか・・・・水槽が海遊館ほど大規模ではなく、その形が複雑なこともあって、直ぐ目の前を、マンタが通っていきます。
状況によっては、頭上を、掛け布団がユラユラしながら通り過ぎていくわけで(笑)

Iwatobi_e ちょうど、ペンギン水槽の給餌タイムもありまして。

ここは、キング、イワトビ、ジェンツーそしてケープの4種が見られます。

んで、解説板にはミナミイワトビの学名があるのだが・・・・、もしかして、キタイワトビさんと違いますかね??

若干大型に見えるところと言い、飾り羽根が長くて目立つところと言い・・・キタイワトビさんのように思えてしょーがないんですけど・・・・。
それとも個体差の範疇なんでしょうか?

もしかして、自分の亜種の区分けの仕方が違ってますか??

続きを読む "夜遊び♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »