« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月27日 (日)

寝相

Beaver25 Zzzzzzz・・・・・・

 

 

 

 
Beaver26 10分後

ノンフィクションです(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さんじゅうななどぉぉぉ!

Lesser57 避暑に行った先も30度越えだったもよう・・・・。

本日の代理は、レッサーパンダの光愛ちゃん。

本来寒冷な気候の釧路は、涼しい(寒い)地方に生きる動物たちには快適な場所のハズなのですが。

1~2年に一度くらいはこんな日もあって・・・・。

レッサーパンダ舎では、ミストシャワーが稼働していました。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

二本脚(笑)

こちら・・・・、本来二本脚にはならないタイプ。
Ezoshika_k02

・・・なんですが・・・(笑)

地面には緑の草がたくさん伸びていると言いますのに、なぜか前肢を浮かせてでも食べたい木の葉。

えと、・・・これはニワトコ?
だとしたら・・・・若芽は山菜として食べられますがね。
食べ過ぎると、お腹が緩くなるよ(笑)
あ、シカの場合は大丈夫なのかな??

Nihonzaru04 こちらの二本脚は、至極当たり前に見られる光景。

でも、オチビさんだと、たいそう微笑ましいです。

基本は四つ足ですが、前肢にものを抱えてトコトコと歩くことも可能なニホンザル。
この時は、何やら床にあるものに飛びつくように、何度も立ち上がっていました。

ホッキョクグマがアザラシを狩るときのポーズですね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

微妙な距離

同居の報は聞いていたのですが、ちと他で時間を取られて、ゆっくりとしてくることができませんでした。

Lions_k04 見つめ合ったりしてて・・・♪

マナミさん亡き後、やもめ暮らしのキングさんと、円山から来てくれたユウキちゃん。

年の差カップルです(笑)

特段威嚇したり怯えたり・・・という様子は見られなかったので、先ずは順調なスタートなのかな?

Yuuki04 まだ、別々に展示されていた頃。

お隣との間は格子だけ。
お食事に帰ってきたキングおじさまをじーっと見つめていたユウキちゃんなのです♪

パパのリッキーさんがまだ若いので・・・・こんな年配のオスライオンを見たのは初めてだものね。

Lions_k05まだちょっと、離れて座っていることが多い二人ですが、 ご挨拶の様子も見られました。

・・って、草が生えてて、何やっているんだかさっぱり分からない写真に・・・・(笑)

ここの草は、態と残してあるのかな?

ちょっと、お腹の調子が良くなかったらしいユウキちゃん。
格子の隙間から入り込んでいる草をもぐもぐしていました。
もしかして、まだ、緊張してる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

お別れになっちゃった・・・・。

Snowleopard_t03 今年の3月。
この時が初めてではないと、思うのですが。

まだ、ユキチくんが多摩にいた頃。
この時、初めてユキさんをユキさんと認識してお会いしたのですね。

 

Snowleopard_t04 ユキさんは、東山にいらした今は亡きパトラ様の孫娘。

シンギズくんとの間に6頭。ヴァルデマールくんとの間に1頭。パトラ様の血筋をつなぎ、増やしてくださった功労者です。

まだ12歳とお若かったのに。
とても残念です。

ユキさんが最初に産んだ娘の一人が、海外の動物園で・・・お母さんになったと聞きました。

まさか・・・、それで安心したわけじゃないでしょうね。
まだまだこれからも、ご活躍されるのだと・・・。
また、多摩に伺ったときにはご挨拶できると思っていましたけれど・・・。

どうか、安らかに。
ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

巣立ち!

一週間に一日でもお休みがあると、ありがたいと思える今日この頃(笑)
んで、貴重な休養日は、もちろん、心の休養日にあててたりします♪

Blakistons_fish_owl39 母親のムムさんが羽角を思い切り立てて警戒中。

丁度このとき、エサの時間で・・・・キーパーさんが、古い残りのエサを回収して、新しいものと入れ替えている最中なのです。

シマフクロウの広いケージの片隅に小さなプールが設えてあり、キーパーさんは、ケージの中へ入ることなく小さな窓からエサを取り替えているのですが・・・・。

Blakistons_fish_owl40 なにせ、巣立ったばかりのわが子達が、キーパーさんがエサを取り替えている近くの切り株にいるものですから。。。。

まだ、フワフワの産毛が残っているチビさんズ。

上手く飛べないながらも、切り株によじ登ることはできるようで。

Blakistons_fish_owl41 キーパーさんが立ち去って、羽角が落ち着いてきたムムかあさん。

一応コチラを見ることは見るのですけど・・・・。

チビ達に至っては・・・・・・、

 

Blakistons_fish_owl42 一羽・・・うとうとし始めちゃいました(笑)

えと・・・・、母さんが落ち着き出したので安心してます?

ここに・・・・、ずっと居座って写真撮り続けてた人間が1人、残ってるんですけど・・・・?

・・・まぁ、野生生物に対しては、木石さながらの存在であることが、ウオッチャーとして究極の理想であろうと思いはする・・・・するのですが。

相手にされないというのも、また微妙に寂しい・・・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

飛ぶ!

なにせ、慌ててシャッターを切ったので、ピントが合っていませんが。。。

Blakistons_fish_owl37 着地する寸前。

奥方のムムさんです。

大きく開いた翼はパラシュートがわりでしょうか。

開いた尾羽は?バランス取ってますか?

 
Blakistons_fish_owl38 こちら、離陸直後のトカチさん。

ご夫妻の2羽の子ども達は、両方とも、もう巣箱の外に出ている模様。

ついこの間・・・ムム母さんの翼の下でもぞもぞしていたオチビさんがねぇ・・・・。

少しは飛べるようになっているかな?

ケージの下の方に落ちて隠れていられると、まったく会えないと言うことにもなりかねないのだけれど(笑)

明日、お顔を見せてくれるかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

長老達

夏期の営業が始まると、気になるのはこの辺り・・・・。

Aneha04 アネハヅルさん。

ツルの中では最も小型のツルです。

こちら・・・旭山の開園以来のメンバーと言いますから、もう43年は間違いなく生きていることになるわけです。

この調子で、何とか千年を達成してください♪

そしてこちらも。

Wani03 爬虫類館にいるミシシッピアリゲーターさん。

何れも、冬期は展示されていないので、春になって無事に元気なお顔を見せていただけると、ホッとします♪

 

このほかにも、開園以来のメンバーと言えば、カバのゴンさんとサブコさんもそうですね。
旭山の生き証人達。

何れも、高齢の個体となるだけに、気を揉むことしきり・・・ではあるのですが。

行けない期間が長いと、高齢の個体の事が気になるんですよね。
体調を崩していないか・・・とか。
元気でいるだろうか・・・とか。

・・・て、
明日は、朝の7時前から仕事が入っているハズなんだが(笑)
こんな時刻まで、何をやっているのかな?ワタクシは。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

しんどい~~!

最近は、もっぱら、アザラシさん達が代役です(笑)

Zenigata13

眠いよ~

ダルいよ~

休み無しでその上残業は辛いよ~

 

Zenigata14 一日、寝倒したいなぁ。

今月中は・・・・多分無理。

それでも、何とか山は一つ越えました。

うん、あともう一踏ん張りだ。
頑張ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

ちらっとね♪

まだお外へは出ていなかったのです。

Humboldt33 親御さんにしっかりガードされた巣箱の入り口から、ちらり。

お外の様子を伺う、フンボルトペンギンのオチビさん。

もう・・・そろそろデビューになるのかな??

 

 

 

32度って、何?32度って!?
沖縄県でもそんな気温になってないっすよ!

炎天下で山仕事は、さすがに体力消耗します。

しばらくお天気がぐずついて、気温の低い日が続いていた分、急に暑くなるとこたえますね。
もっとも、これまでの天候不順で生長が遅れていた農作物が、これで一挙に回復しているという話も聞きますので・・・。

明日からまた、一週間が始まって・・・・次の週末も土曜日はお仕事です。
・・・涼しい釧路へ行きたい・・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

萌え出る春♪

この時期・・・・夏期開園が始まって間もなく・・・から、ととりの村を必ず覗きます。
だって、だって。
Kamo04

こーゆー時期なんですもん!

手のひらサイズ。
お風呂に浮かべるには最適なサイズ(笑)

・・・・某動物園で、そんな話をしたら、
「水風呂にしてね。」と言われました。
う~~む(笑)

Kamo05 こちらでは二家族がそろって日向ぼっこ中。

マガモさんの他にも、まだ抱卵中と見られるカモ類にガン、ハクチョウ、コクチョウ・・・・。

みんな元気な産声を上げてくれますように。

春は、誕生の季節♪

・・・・んで、
おたる、行きたいです~~~!!!
まもこちゃんと赤ちゃんに会いたい~~~!!

仕事。。。
何とか今月中に片付きますように。。。。
明日も、また山行きです。。。。くすん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと、もうちょっと!

うん・・・、もう少し・・・!
だと思ったのだけれど。

ちょっと時間が掛かっちゃったみたいですね。

公式できちんと発表があってから・・・と思っていたので・・・約一週間前の様子をば♪

Blakistons_fish_owl31 シマフクロウのムム母さんと、未だ巣にいるチビ二人。

2010年、釧路ツインズです♪

 

 

 
Blakistons_fish_owl32

すっかり大きくなって・・・もう、エサを運びに来た母さんが、巣箱からはみ出して追い出されます(笑)

そろそろ、お外の世界に興味津々・・・かな?

 

Blakistons_fish_owl33

こんな風に身を乗り出して・・・・。

今にも巣立ちしそうに見えたんだけどな。

 

 

Blakistons_fish_owl34 夕方には、ここまで出てきていたのです。

ムム母さんが、外から呼びかけているような感じもあって、この翌日には巣立つんじゃないかと思ったのですが。

意外と、時間が掛かった見たいで、1人巣立ちしたのが10日だったようですね。

 
Blakistons_fish_owl35  

うんしょっとばかりに羽を伸ばしたり。

 

 

Blakistons_fish_owl36 でも、ちょっと目を離したすきに、元へ戻ってしまっていたオチビさんなのです(笑)

巣立ちしても、まだまだ半鳥前(笑)

飛ぶこともできないうちに巣から出て、そして飛ぶ練習を繰り返して、立派なシマフクロウになっていくのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

半分クロクマ(笑)

Polabears105 釧路市動物園のホッキョクグマ。

最近は、二人でじゃれる場面を見なくなってます。

お天気が良かったので・・・・クルミちゃんが飛んじゃってますね。

 

Kurumi38 改めて(笑)クルミちゃん♪

んとね。
最近、この格好しか見せて貰っていないような気がするんだけど・・・・?

 

この頃、ホッキョクグマ舎に時間を掛けていないなぁ・・・・。

展示エリアはコンパクトなのに・・・・最近、あちらコチラで時間を取られるので・・・・。
湿原の木道に・・・そろそろ花の季節が訪れています。
野鳥も盛んに鳴いています。

そんなこんなで・・・・ここでもやっぱり時間が足りなかったりして。
気がついたら、閉園時のオルゴールも鳴りやみ・・・・慌てて西門に向かっていたり(笑)

Tsuyoshi39 この日の夕方、ちょっと覗いたら。。。。

あれま。

ツヨシちゃん。
そのお顔はどうしたの?

 

Tsuyoshi40 左半分、きれいにクロクマ(笑)

どうやら、奥の砂場で寝ていましたね?

左半分だけ砂にくっつけて・・・・!

鼻筋にもラインが付いて居るんだから・・・。
一体、どんな寝方をしていたのかしらん?
見られなかったのが、ちょっと残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

ただいま発情中♪

今年も・・・・この表示とともに同居が始まっていました。
Brown_bear08

エゾヒグマのくまぞうさんととんこちゃん♪

毎度笑ってしまう告知なのですが・・・・。

発情中。だから同居。
発情していないときは、別居。
野生のヒグマも、この時期以外は単独生活(子連れのメス以外)
と言うことまで、気を至らせてくださる客が、どれほど居るのかなぁ・・・・?

何てコトを考えてみたりする。

Brown_bear09 くまぞうさんのしつこい熱心なお誘いですが、とんこちゃんの方は、今ひとつ、乗り気では無さそうです。

ガウガウと返すか、くまぞうさんを避けまくり。

それでも・・・きっと、めげないくまぞうさん。

 

Brown_bear10 結果・・・・。

くまぞうさんの左目の上に、傷がついたものと思われます(笑)

・・・・とんこちゃんにがっつりやられたんじゃ・・・?

 

くまぞうさんもとんこちゃんも、保護個体です。
幼い頃に母親とはぐれたか、有害鳥獣駆除かなんかで母親を失って、幼い時分に人の手に渡ったのだと思われ。
それを、それを・・・・「ほかくだって~~!!」と読んでたお若いカップル!!

「保護」と「捕獲」
字面が全然違うでしょうに・・・・。
いい年して漢字も読めないとわ・・・・・。
日本の将来が暗いなぁ。。。。

・・・と、嘆くオバチャンは・・・後になってから疲れがどっと出ます(笑)
タイムリミットが近いので、残業も入ります。
明日も、山仕事・・・・肉体労働です。
オバチャンに、未来はあるのか・・・・?!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

フシコちゃんがママになりました♪

本日は釧路!
ハシゴがきつい年齢若しくは体力だと承知してはおりますが(笑)、この週末を終えるとまたしばらく土日がありません・・・・。
だから、行けるときに行っておく。
好きなことやるときは、体力は絞り出せる(笑)

Caribou37 こちら、初めましてのトナカイの赤ちゃんです。

5月16日生まれなので、もう20日ほど経っているのですね。

男の子です。
お名前は、本郷くんと付きました。
改造トナカイには・・・・なりません(笑)
えと、白石区・・・でしたっけ??

お名前の付き方でお分かりの通り、円山系のお子さんです。
お母さんは、なんと今年2歳のフシコちゃん。
Caribou38

親子2頭が別エリアでの展示になっていたのはどうしてかしらん?
聞いてくるの忘れちゃいました。

昼間はずっと土管の中で過ごしていて、夕方にようやく、ご飯を食べに出てきてくれた本郷くんです。

フシコちゃんと言えば、自分が頻繁に釧路に通い始めたばかりの頃、誕生したコです。
お母さんは、テイネさん。
テイネさんも、先日赤ちゃんを産んだばかり。
本郷くんは、叔母のイナホちゃんと違って、全体の色味は母方の遺伝子のようです。
でも、お腹から四肢の内側にかけては、白い・・・サロベツ父さんの色を貰ってきました。

それにしても・・・・トナカイって、1歳を迎えた秋から妊娠できるんだ・・・・。
凄いな・・・っていうか、もしかして極北の地では、子どもの生存率は高くないのかもしれません。
だから、なるべく早く成熟して、早く子どもをつくる・・・そういうことなんでしょうか?
また、出産も大変なことがあるようで・・・・まだ若いオルメカさんが・・・・昨年産んだクエルボちゃん1人残して・・・・難産のために亡くなってしまいました・・・・。

Caribou39 こちらも新顔さん。

千葉から来てくれたノゾミちゃんです。
まだ、奥の方のエリアに単独でいます。
トナカイも群を作る生き物ですから、他所から入ってきたコは、しばらく肩身が狭いわけで(笑)そこへ持ってきて出産シーズンでもあり・・・奥さん達が神経質になっている・・・・こともあるのかな?
大層人懐こいトナカイさんで・・・近づいて声を掛けたら、近寄ってきてくれました♪
平成20年生まれということですから、今回ママになったフシコちゃんと同い年なわけだ。
来年は是非お母さんになって、千葉系の発展に尽くしてください(笑)

慣れるまではちょっと寂しいけど、釧路は涼しくて過ごしやすいところだからね!

さて、少し前に、フシコちゃんのお母さんのテイネさんが産んだイナホちゃんです。
Caribou40

本郷くんにとっては、母方の叔母にして、父を等しくする姉でもあります。

天使のようなこの寝顔♪

ストレスの溜まった身には、何よりの癒しです♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シラコさん おめでとう♪

ちっとばかり混んでいようと、ルールを守らないアホンだらが居ようと(笑)・・・・。
20日ぶりの動物園は、とてもとても楽しかったのです。

帰ってくる時は、一度の休憩も必要としないくらいテンション高かったのですが、さすがに身体の方は・・・(笑)・・・・寝ちゃいました。。。。

Shirotetenaga02 さて!

シロテテナガザルのシラコ母さんです。

お腹に、赤ちゃんがしがみついています。

 

 
Shirotetenaga03 赤ちゃん抱えたままでもブラキエーション。
両足が曲がっているのは、赤ちゃんが落っこちないように配慮しているのかな。

後ろから覗き込んでいるのは、お兄ちゃんのコタローくんかな?

同居している小型のシカ、キョンにちょっかいを掛けることが多かった男の子達ですが、現在は赤ちゃんに興味津々のようで・・・・キョン達には束の間の(?)平和のようです(笑)

Shirotetenaga04 ダンナが亡くなって・・・二人の息子達とすごしていたシラコさん。

上のサスケくんと交代で来たオス、テルテルくんとの間にもうけた第一子です。

お客がずらりと囲むほど、間口が広くないテナガザル館なので、シラコ母さんも、特に神経質になっている感じは見られないような感じで、結構おおらかに、赤ちゃんを見せてくれました。

ただ。室内に収容された後は、客からは死角になる場所に入ってしまうので、見せてもらえない事が多いみたいでした。
やっぱり、距離の問題なのかな?
室内だと、アクリル越し近距離なのです。

この、手足がひょろりと長くてお顔のでっかい赤ちゃんが、この後どんな風に変化して大人の顔になっていくのか・・・・?
楽しみですね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

よくぞ耐えた!

我ながら、20日間も動物園へ行かずに・・・ストレスの多い仕事を・・・よくぞ耐え抜いたと(笑)

この週末は、しばらくぶりに、お仕事のない土日となります。

Gomahu27 ようやく、動物園へ行けます!

 

あ~あ!

 

 
Gomahu28 眠いよ~~~!!

 

はよ寝て、明日に備えます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

群れる

登別マリンパークニクスの銀河水槽には、およそ10000匹のイワシが泳いでいます。

Iwashi 薄暗い水槽で、思い切りISOを上げて絞りも全開にしてみたけどブレは収まらず・・・・。

いっそのこと、少し画面が暗くともシャッタースピード優先で、すこし早めにしてみたらどうだろう・・・・?

と、相変わらず写真に関しては初心者の域から抜け出せず(笑)

んで、どうして水槽が暗いかと言えば・・・・採餌の時のイワシの・・・・大きく開いた口元が光る様子が、大層キレイに見えるから・・・なんですね。

横から見ると、きらきらと輝いて、何とも幻想的。
ただし、口を開けた状態のイワシを正面から見ると、ちょっとしたホラーです(笑)

この水槽のイワシの群の中に、紛れ込んでいるのが。。。。
Gonzui

この縦縞の魚・・・・ゴンズイです。

以前、この1万匹の中にいるたった1匹(前は2匹いました)の姿を探し求め、写真に撮って見せると、ちょっとした記念品を頂ける・・・・というの、やってました。

ゴンズイという魚は群れて泳ぐ性質があって、それをゴンズイ玉と呼ぶのだと・・・どこかのサイトで教えて貰って・・・・。

ここで、見ることができました。
Gonzui02 サンピアザ水族館。

ここで、「こどもの日」合わせで、いろいろな稚魚を展示していた中に。

まだ若いゴンズイたちの姿が♪

右に左に、上へ下へ・・・・。
皆が一斉に動いています。

10000匹のイワシに比べれば規模は可愛いモンですが、イワシよりはるかに高い密着度と仲間に合わせて動く機動性(笑)
これを、玉と表現した感性は、とてもステキだと思うのです。

何かに対して「名前」「呼称」が付くと言うことは、何かのことをちゃんと見ていた・・・と言うことです。
昔の人たちは、己の回りの生き物や自然を、しっかりと認識しながら暮らしていたんだろうな・・・・と。
恐ろしいのは・・・・無関心。
きっと、そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

お花見バージョン

流石の北海道も(笑)すでに、葉桜となりまして・・・・・もうバージョンが変わってしまっているかもしれませんが。

連休に入る頃だと、まだ寒かったのですよ。。。
Huusen01

おたる水族館では、チビフウセンたちが・・・・お花見の真っ最中でした。

巨大な(笑)桜が散る中、芝生に敷物敷いて、お弁当並べて・・・・♪

 

Huusen02 遊び心に溢れた展示ですが・・・・。

キャラクターと並んでいても
・・・・違和感が、全然ないのよね・・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »