« お花見バージョン | トップページ | よくぞ耐えた! »

2010年6月 2日 (水)

群れる

登別マリンパークニクスの銀河水槽には、およそ10000匹のイワシが泳いでいます。

Iwashi 薄暗い水槽で、思い切りISOを上げて絞りも全開にしてみたけどブレは収まらず・・・・。

いっそのこと、少し画面が暗くともシャッタースピード優先で、すこし早めにしてみたらどうだろう・・・・?

と、相変わらず写真に関しては初心者の域から抜け出せず(笑)

んで、どうして水槽が暗いかと言えば・・・・採餌の時のイワシの・・・・大きく開いた口元が光る様子が、大層キレイに見えるから・・・なんですね。

横から見ると、きらきらと輝いて、何とも幻想的。
ただし、口を開けた状態のイワシを正面から見ると、ちょっとしたホラーです(笑)

この水槽のイワシの群の中に、紛れ込んでいるのが。。。。
Gonzui

この縦縞の魚・・・・ゴンズイです。

以前、この1万匹の中にいるたった1匹(前は2匹いました)の姿を探し求め、写真に撮って見せると、ちょっとした記念品を頂ける・・・・というの、やってました。

ゴンズイという魚は群れて泳ぐ性質があって、それをゴンズイ玉と呼ぶのだと・・・どこかのサイトで教えて貰って・・・・。

ここで、見ることができました。
Gonzui02 サンピアザ水族館。

ここで、「こどもの日」合わせで、いろいろな稚魚を展示していた中に。

まだ若いゴンズイたちの姿が♪

右に左に、上へ下へ・・・・。
皆が一斉に動いています。

10000匹のイワシに比べれば規模は可愛いモンですが、イワシよりはるかに高い密着度と仲間に合わせて動く機動性(笑)
これを、玉と表現した感性は、とてもステキだと思うのです。

何かに対して「名前」「呼称」が付くと言うことは、何かのことをちゃんと見ていた・・・と言うことです。
昔の人たちは、己の回りの生き物や自然を、しっかりと認識しながら暮らしていたんだろうな・・・・と。
恐ろしいのは・・・・無関心。
きっと、そう。

|

« お花見バージョン | トップページ | よくぞ耐えた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群れる:

« お花見バージョン | トップページ | よくぞ耐えた! »