« おおらか~♪ | トップページ | 個体識別 »

2010年7月11日 (日)

ミニサイズ

旭山のてながざる館で誕生していたもう一つの命。
Kyon01_2
シロテテナガザルと一緒に展示されているキョン・・・と言う、シカの仲間です。

こちらはお父さん。

角はずっと一本角なんですね。
まだ袋角のようです。

Kyon02 お母さんと坊っちゃん♪

多分男の子ということで、それに従っておきます。

子どもの頃は鹿の子模様。

エゾシカと違って、大人になるとこの模様は消えるらしいです。

Kyon03・・・ なにせ、親のサイズが小さいわけで・・・高さが4~50センチ・・・その子どもとあれば、既にチワワサイズ(笑)

写真だとその小ささがよく分からないのですが・・・、タバコの箱でも隣に並べて撮りたかったところです(笑)

そのちっこいシカの赤ちゃんが、とてとてとてと走り回っていたりしますので、さながら自分が巨人になったよう・・・♪

や・・・普段見慣れたシカは、ニホンジカの中でも最大サイズを誇るエゾシカですから。

てながざる館では、シロテテナガザルのシラコさんにも赤ちゃんが産まれています。
それぞれの生き物が、それぞれの命を展開しています。
あとから一緒になったワケではない・・・・生まれたときから一緒にいた・・・テナガザルとキョンの関係が、このあと彼らが成長するに従って、親世代と変わってくるのかどうか・・・。
楽しみなところです。

|

« おおらか~♪ | トップページ | 個体識別 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミニサイズ:

« おおらか~♪ | トップページ | 個体識別 »