« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月30日 (月)

ヒナと幼鳥

初めて・・・ではないと思うのだけど。
何となく、記憶にあるような気がするのだけれど・・・・。
多分20年近く前のコトで、今ひとつ、記憶が・・・(笑)

Tancho_park01 既に大きさは親と同じくらいになっています。

釧路市丹頂鶴自然公園のエムコママと、幼鳥。
パパは婿入りドウサンくん。

釧路市動物園で育っているドウエム子ちゃんのきょうだいですね。

鶴公園の記念行事に伴い、名誉園長である高橋良治さんの特別ガイドがあると聞いて、いそいそと行って参りました。
「鶴になった男」を見逃し、「鶴になった老人」を読んだ人間として、この面白い本をお書きになった人物がどんな方なのか、好奇心は溢れる一方だったワケで(笑)

Tancho_park02 タンチョウの子どもは、飛べるようになると幼鳥と呼ばれるそうです。
飛べないウチは、ヒナ・・・ということに。

ドウサン・エムコペアのこのコは、すでに幼鳥。

実は、高橋さんがガイドしてくださっているときは、ご家族揃ってお出かけだったようで・・・鶴公園のケージには天井がありません・・・・姿を見せてもらえなかったのですが。
時間より前に、公園をぐるりと回ったときには、まだお出かけ前でした。

著書同様、お話も大変楽しく面白く(興味深く)、そしてお客さんの笑いの絶えないガイドを頂きました。

Tancho_park03 ガイドの途中で、一羽のオスのタンチョウに声を掛け、彼の高らかな鳴き声を響き渡らせたときには、流石に、鶴になれる人だけのことはあると、感嘆した次第。

 
こちら、ケオ・ツルミご夫妻のヒナ。
遅い時期に孵化したので、まだ飛べません。

 
Tancho_park04 エサも、まだ親からもらっています。

コチラもガイドの往路では姿を見せてくれなかったのですが・・・・大勢の人にびっくりしたのかも?・・・・復路には、エサに釣られて(?)姿を現してくれました。

オチビさんはまだ飛べないので、きっと奥の吉原の方に隠れていたんだね。

様々な苦労と、たくさんの人たちの熱意と善意が、絶滅に瀕していたタンチョウを甦らせました。
既に1000羽を超えたとのことで・・・・それはそれで、この先の心配も多々あるとは言え、この美しいツルを守れたコトは、誇ってイイのだと思うわけです。

来年は・・・・もう少しあどけないチビさん達を見せて貰いに・・・行けるといいな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

お似合いだけど・・・・。

Ezoshika94 寄り添ってくつろぐ、美男美女♪

一昨年生まれの男の子、マカロニくん。

手前の女の子は、昨年生まれのブルブルちゃん。

とてもお似合いの美男美女です。

 
Ezoshika95 こちらでも、なんだか仲が良さそうな雰囲気ですが。

残念ながら、お父さんが同じ兄妹となる二人です。

マカロニくんも二歳を超え、そろそろ女の子に興味持ち出すお年頃なのかな?

ブルブルちゃんはまだ1歳を超えたばかりですから、色気は無しということで(笑)

腹違いのお兄ちゃん大好きのブルブルちゃんですが、
Ezoshika96

お母さんの清野さんや弟のそろそろくんと一緒に過ごすこともあります。

ぼちぼち、この鹿の子模様も薄れてくるころかしらね?

8月も終わり頃から、エゾシカたちは冬毛の準備に入ります。

男の子の角が完成するのも間もなくですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出を分かち合う

どうでも・・・・体調が優れないのは、アレルギーの薬を飲んでいるせいかと・・・・。
ここのところの猛暑で、しっかりがっつりアトピーが出てしまい・・・・、塗り薬だけではどうにもならず、飲み薬を服用しているせいで・・・・眠い・・・怠い・・・・。

と・・・・。
サボりの言い訳をしてみる(笑)

Taiga33 8月25日・・・・・タイガの一周忌でした。

休暇を貰って、釧路へ行ってきました。

主の居なくなった部屋の前には、新たにたくさんの花が積まれて・・・・。

タイガのコトを忘れていない人たちが、たくさんいるのだと分かります。

同じように、お花を供えてくださっていた何人かのお客様と、思い出話をして、涙ぐみました。

実は・・・自分的には・・・・障害に負けず一生懸命生きている・・・・という印象ではありません。
彼とココアは、人の思惑を次々に覆し、生きる力というものがどんなものなのか、形として見せてくれた存在だと思っています。
そこに、畏敬の念を抱くのです。

Taiga34 そう長くは生きられないだろうと・・・・彼らを救い育てた動物園ですら・・・・考えていたのです。

1年と3ヶ月というタイガの生きた時間が、長いと思うか短いと思うか・・・・それぞれの受け止め方があるとは思いますが・・・。

ただ、誰にとっても。
タイガとココアを愛する人たち全てにとって、忘れがたい貴重な、大切な時間だったと信じて止みません。

Taiga_cocoa26昨年の8月26日には、目がピンポン球みたいに腫れ上がっていました(^^;

見かねた上司が(笑)休めと言ってくれたので、急ぎ釧路市へ向かう途中・・・・二十数年間無傷だった免許証にミソを付けたこと(笑)とか。

泣くに泣けないエピソードも付随してたりします。

Cocoa40 ココアは、元気です。
8月の始めに新しく入ったオモチャ・・・カラマツボールは、20日間と持たずして、バラバラにされました(笑)

今年は、釧路も相当暑い日がありましたから、寒冷な気候を好むアムールトラには大変だったね。

体重は70kg弱・・・・生まれたときは1kgにも満たなかったコが・・・・。 
大きくなったね。
これからも、無理せず、急がず、ゆっくりゆっくり、大きくなろうね♪

そういえば、多摩で生まれたココアの弟妹達にお名前が付いたのですね。

男の子のケイスケは、想定内(笑)
カムイも・・・・道産子としては・・・イイと思ったんですけどね。
女の子のマオちゃんも、恐らくは・・・・という感じだったのですが・・・・。

アイちゃん・・・って、札幌のアムールトラもアイちゃんなんですけど・・・・?

良いんですか?

多摩生まれのアイちゃんが大きくなってからは、紛らわしいぞ、きっと(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

森の人でも・・・(笑)

Orangutan_m06 円山動物園のオランウータンの坊やさんは、ハヤトくんとお名前が決まったそうで。

なかなか凛々しいお名前ですが、当のご本人は、まだまだ赤ちゃんです♪

レンボーママの、背中・・・と言うより肩?・・・・にしがみついておねむの最中。

Orangutan_m07 こんなことになったりします(笑)

子どもさんを肩車なさったコトのあるお父さんだと、あるいは身に覚えがあるでしょうか?(笑)

森の人は、肩車はお母さんのお仕事ですから、目隠しの憂き目に遭うのはお母さんです。
オランウータンのお父さんは、子育てしませんものね。

Orangutan_m08 レンボーちゃんは、新米ママですが、一生懸命子育てを頑張ってます。

当のハヤトくんは・・・・・・

なにやら夢見が良くなさそうです・・・(?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

疑似親子♪

釧路市動物園には、3頭のオタリアがいます。
いずれも女の子で、今は亡きおんつさんのお嫁さん。

一昨年に誕生した女の子冬花ちゃんがお引っ越ししたあと、遠路はるばる南米ウルグアイからやってきてくれたうるるちゃんは、ちょうど冬花ちゃんと同じお年頃。

Otaria48 パクパクタイムが始まる直前。

エサをくれる飼育員さんが出入りする入り口が開く気配に、いの一番に駆け寄ったのはバイオさん。

隣のアザラシ舎でのパクパクタイムが先に行われていた様子に、もう、待ちきれません(笑)

 
Otaria49

ちょっと柵がかかっちゃいましたけど・・・・。

続いたのはシンコさんとうるるちゃん。

うるるちゃんは一番あとから上がってきたのに、バイオさんの脇をすり抜けようとします。

すると・・・・、
Otaria50 「うるる、ちゃんと順番を守らないとダメよ。」

と説教するシンコさん。

・・・いや、もちろん、これは想像です。

でも、そんな想像しちゃったのは・・・・、

 
Otaria51 うるるちゃんが、ちゃんとシンコさんの後ろに並び直したからなんですね(笑)

シンコさんは、お引っ越しした冬花ちゃんのお母さんです。

幼くして群から離され遠い異国の地に運ばれて来たうるるちゃんにとっては、さながらお母さんのような存在なのかもしれません。

泳いでいるときも、シンコさんにまとわりついていることが多いうるるちゃんなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

撮影チャンス

エサを貰った少し後だと、泳ぎ方がゆっくりになるよ・・・・というのは知っていたのですが、中々そういうタイミングでほのぼのプールに行けなかったので。

光量は足りない、対象は素早い、ガラス面への写り込みが激しい・・・という三重苦のプールで、真ん中の問題だけは緩和されるその時間帯。

Nezumiiruka01 ネズミイルカさん♪

男の子が二頭、女の子が二頭、計4頭が飼育されています。

国内では、ここおたると・・・・どっかで保護個体を展示してたんじゃなかったか?・・・・くらいの飼育です。

 

Nezumiiruka02 好奇心は旺盛のようです♪

興が乗ると、ガラス越しに振った手に釣られてくれることもあります。

エサの時間の少し後・・・・泳ぎ方がゆっくりになって、比較的狙いやすい状態で、何とかこの程度の写真を撮らせてもらえました。

でも、でも・・・・お腹が一杯になったネズミイルカさんの・・・男の子・・・・。
とてもブログにアップできない状態になってくれるもので(笑)
えと・・・たいそうご立派なものが・・・・(笑)

Nezumiiruka03 うんうん・・・・、

食べたあとは、こうやって眠くなっているのが・・・・

一番平和でないかと思います。

特に・・・・お子様連れのご家族は、対応にお困りになっておられることが・・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

また、やっちまいました・・・・。

いつの間にか、やっちゃってます。
カメラの設定が・・・モノクロになってる・・・・。

首からかけているウチに、腹で(笑)ボタンを押し、カメラの揺れでダイヤルが回っちゃうらしいのだけど・・・・。

Sealion52 おたるの仲良し義姉妹。

左がクンネちゃんで、右がトゥルちゃん・・・だよね?

えと、そう言うことにして(笑)・・・・ハナシを進めます。

一段高いところに昇るのは、オチビさん達のステータスなんでしょうか?
クンネお姉ちゃんと一緒にいたいらしいトゥルちゃんですが・・・・・。

Sealion53 何故か、お姉ちゃんはトゥルちゃんを追い出そうとします。

グイグイと、トゥルちゃんを押し出そうとするクンネちゃん。

 

 

 
Sealion54 とうとう、追い落とされてしまったトゥルちゃん。

 

 

 
 

Sealion55

トゥルちゃんはお姉ちゃんと一緒に居たいらしいのですが、クンネちゃんはかなり強固に嫌がっている様子。

クンネちゃんはこのあと、1人でこの場所を占領してお昼寝を決め込むのですが。

こっそりもどってきたトゥルちゃんは、寝ているクンネちゃんの隣で、同じくお昼寝を始めるのですが・・・・・。

・・・ここから、失敗写真となります(笑)

Sealion56 トゥルちゃんてば・・・・!

クンネちゃんに手をかけーの、

 

 

 
Sealion57 足をかけーの、

 

 

 

 
Sealion58 ・・・とうとう、クンネちゃんをお尻に敷いてしまいます。

 

 

 

 
Sealion59 今度は、クンネちゃんが逃げ出しちゃいました。

うん。

クンネちゃんがトゥルちゃんと一緒に寝るのをあれほど嫌がったのは・・・・・、

この寝相の悪さのせいだったんでは・・・・・?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

ゼニガタアシカ?

どうでも、遊び歩いたあとはくたびれるようです。
オマケに、暑くて暑くて・・・・!

サンピアザをお訪ねした翌日は、まるっと一日おたるで過ごしました。

Sealion51 おたるのトドショーの一コマ。

トドは、アシカの仲間では最大になりますが、基本形はあくまでアシカ。

故に、後ろ脚で立ち上がることが可能です。

良くご存じない方の中には、アシカとアザラシの区別が付いていない方もたまにお見受けしますが・・・・。
この後肢の使い方は、アシカとアザラシの違いの一つに挙げられます。

アザラシの後肢は後ろに伸ばされたまま・・・・身体を支えることができないので、陸上では歩くと言うより這って進むわけですね。

Zenigata27 おや・・・こちらのプールにもアシカの仲間・・・・

????

じゃなくってぇっ・・・!!

ゼニガタアザラシのまるくんではないですか!?

そのアザラシにはあるまじき格好は何?

Zenigata28

まぁ、イイじゃない♪

・・・と言ってるわけではないと思います(笑)が、齢2歳にもならんとゆーに、このオヤジくささはどうなんですか?

まだ小さいからできるんだろうなぁ、この格好。

Zenigata29

ずりずりずり・・・・。

前肢の支えを失うと、この格好は維持できないらしいです(笑)

 

ちなみに、最後の写真は、とあるブログに掲載された写真の一枚と、対になっていたりします(笑)
差し障りがあると困るので、アドレスは書けませんが・・・・ご存じの方は笑ってやってください。

管理人さん・・・こんなトコロはご覧になっていらっしゃらないとは思いますが・・・ソコに写っているのは自分ですo(*^▽^*)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

無事、帰還♪

親孝行、終了です(笑)
や、ちゃんとお墓参りも行ってきたし。

お墓参りを済ませた日の午後に、一番近くの水族館へ。

ここで、訂正を。
前回の日記に、自分、ダイオウグソクムシって書いちゃってますね。
ごめんなさい、自分の希望がそのまま出ちゃったようです。
ダイオウさまには、名古屋港水族館で一度会っている・・・ハズ・・・・。

正しくはオオグソクムシ。
Oogusoku01 こちらです。

言わずと知れた、巨大ワラジムシ(笑)

ダイオウグソクムシに比べれば、はるかに小さいとは言え、生で見たのは初めてです。

噂通り・・・・動きませんね(笑)

Oogusoku02 海の中にも、陸上とそっくりな生き物が居ると言う不思議。

深海・・・と言う、殆ど知られていない世界の不思議。

いろんな意味で、一度は見てみたいという姿なのでした。

今回、札幌サンピアザ水族館で展示のニュースがあって、一番行きやすい施設でもあったので・・・それでも半日を費やしました。

Torautsubo こちら、トラウツボさん・・・確か。。。

ウツボ類に興味を持ったのは、サンピアザの展示がきっかけでした。

様々な美しい模様。
様々な顔かたち。
一見グロテスクに見えて、その実ユーモラス。

専門的な興味ではありませんが、楽しく眺められる展示生物の一つとなりました。

そうそう、今回の深海展示には、こんなのも。
Kawatebukuro
ヒトデの仲間だそうです。

お名前は・・・・カワテブクロ

見た目、まんまです♪
触った感じもまんまだと・・・説明書きにありました。

夏休み中、しかもお盆の真っ最中とあれば、都心部の水族館は、小さなお子様連れのご家族でごった返していました。
いつもはもうちょっと時間を掛けて回るのですが・・・・流石に、ちょいっと早めに切り上げましたね。
次は、どんな展示をしてくれるのか・・・楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

すっかり大人っぽく!

Orangutan_m03 円山動物園のオランウータン、弟路郎くんは、釧路のご夫妻の次男坊になります。

初めて会ったのは3~4年前になるとおもうのだけれど、まだフランジがこんなに大きくなっていなかったね。

大人になったせいなのか、・・・もしかして、お嫁さんが来たから・・・なのかな?

Orangutan_m04 その、お嫁さんのレンボーちゃん。

そして、長男坊くん♪

初めての子どもが男の子だと、大変そうだな・・・とか思いますが・・・。
いや、人間の場合でも、最初は女の子の方が育てやすくて良い・・なんて、話もあるしね。

息子を見つめるレンボーちゃんの眼差しが優しそうで♪

Orangutan_m05 大あくびの弟路郎くん。

凄い牙、ですね。

お嫁さんを貰って、お父さんになって・・・・。

まだまだ若いなぁと思っていたけれど、もう、すっかり大人になっているんだねぇ・・・!

さて、お盆休みに入ります。
年に二回・・・盆と正月・・・のみの親孝行というヤツを(笑)

台風のせいで、どうもあまり動き回れない感じですねぇ。
円山まで行けるかなぁ。。。。
おたるは外したくないんですが、ニクスまで足は伸ばせそうにないかな。
サンピアザで、ダイオウグソクムシにも会ってみたいんだけど・・・・。
気持だけは欲張ってます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お疲れ様でした。

小樽のおおちゃんに続いてまた・・・・。

インパクトのある姿が一つ、消えました。

Oosansyouuo 国内では年齢も飼育年数も最高だったとは・・・・実は知らなかったのですけれど。

おびひろでは必ずご挨拶していた、オオサンショウウオさん。

ここ数回は、お尻・・・尻尾・・・ばかり向けられていたので、ちょっと前の写真ですが。

一緒になった小さな子どもさん達と、オオサンショウウオさんのお目々はどこでしょう?・・・・と、探しました。

小さいお目々で・・・でも、覗き込むと少しだけ動いてくれて・・・ちゃんと見てくれているんだなぁと、分かりました。

長い間、お疲れ様でした。
そして、どうもありがとう。

現在オオサンショウウオは、おたるで若い個体が2匹入ったほか、登別のマリンパークニクスの陸族館でもその姿を見ることができます。
でも・・・・・、
ここまで大きくなるのには・・・・どのくらい掛かるのかなぁ・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お母さん・・・・♪

Ezoshika89 つんつん・・・っと、ママのお尻をつついているのは、昨年生まれの女の子。

ブルブルちゃんです。

実は彼女、この直前にちょいっとアクシデントがありまして・・・・怖い思いをしたばかりなのです。

 
Ezoshika90 お母さんの清野さんの側で・・・・・、座り込んでしまいました。

そんな娘の様子を、清野さんは、ちゃんと見て取って・・・。

 

 

Ezoshika91 その傍らに寄り添ってくれる、優しいお母さんです。

既に、今年、そろそろちゃんという赤ちゃんも産まれているのですが、まだ、ブルブルちゃんのお母さんでもある清野さんです。

1年くらいだと・・・やはりまだ子どもという扱いになるのでしょうね。

エゾシカの場合、2歳の秋口から妊娠が可能・・・だったっけ??
子どもを産めるようになると一人前になるのかな?
ブルブルちゃんはまだお母さんを頼れるのですね♪

Ezoshika92 こちら、一昨年生まれの男の子。

まだくんです。

実はまだくん、ブルブルちゃんと同じアクシデントに見舞われた直後。

ただ、ただ呆然とする彼には・・・・・。

Ezoshika93 寄り添ってくれる母親が、もう・・・・いません。

彼の母親、トナカイさんは、この冬に、亡くなってしまったのです。

がんばれ!
まだくん!

キミは男の子だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

イチャイチャ♪

フンボルトペンギンの仲良しペア。
Humboldt34 左が奥様。
右が旦那様。

仲良しさんです。

換羽も終わって、スッキリキレイな羽毛になっていますね。

このペアは、この春産卵した三組のペアの中の一つです。
有精卵だったにも拘わらず、何故か、途中で抱卵を中止してしまいました。

Humboldt35 それにしても、ペンギンのフリッパーって、こんな風に曲がるのですね。

旦那様、痛く・・・ないの?
ないんだろうなぁ・・・・。

 

それにしても、このクソ(失礼!)暑い中で、イチャイチャラブラブと・・・・まぁ、回りの温度を上げてくださいましたねぇ。

Humboldt36

あ、奥方。

コチラのことはお気になさらずに・・・♪

また、来年に期待してます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

姉妹♪

暑いです~~~!
ヘタレてます。

Sealion48 おたるのトドの母と娘。

すやすやと眠るトゥルちゃんにキス?

お母さんのウメさん。

トドの母子の姿には、本当にほっこりふんわかする事が多いです。

Sealion49 お母さんがプールへ行ってしまうと、入れ替わりに来たのがクンネちゃん。

トゥルちゃんより、ちょっと早く生まれた腹違いのお姉ちゃんです。

仲良しで、良く一緒にじゃれています。

そのウチ・・・・・。

Sealion50 一緒に寝ちゃいました(≧m≦)

なんか、分裂したみたいにそっくりです。

ちなみに、向かって左がクンネ(黒)ちゃん。
右がトゥル(灰)ちゃん。

実はこの二人・・・見た目と、お名前が逆なんです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

再び!!!!

Tsuyoshi44

三十七度・・・・・・。
溶ける・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

人違い・・・?

釧路市動物園では、先日から、お昼の一時間だけ公開されているボルネオオランウータンの女の子。
Hinachan06 ひなちゃんです♪

お母さんがご高齢のせいか、うまくお乳が出なかったようで、現在人工保育中。

すくすくと元気に大きくなっています。

公開は、類人猿館の空き部屋の前に特別に設えられたひなちゃんのお部屋。
タオルを一杯に敷いた衣装ケースのなかに、ちょこねんと座っています。
オムツつけてね♪

そのお父さんのタンゴさん。
Tango08 奥の方にいらっしゃるときでも、「タンゴさん、こんにちは~♪」と声をお掛けしますと、客の前までわざわざ脚を・・・もとい、腕も一緒に・・・運んでくださるお優しい方です。

しかし、この日・・・・・。
ワタクシの顔を見るなり、何かおくれとばかりに手を差し出されてしまいました。

・・・誓って申し上げますが(笑)ワタクシは、動物園の動物に・・・許されている場合を除いて・・・エサを上げたことはありません。

ただし、飼育員さんがおやつをあげて居るトコロに居合わせたことはございます。

そんな記憶があるのでしょうか?
誰かと間違われたでしょうか?

もちろん、何も持っていませんし、仮に、持っていたとしても差し上げることはいたしません。
Tango09両手を広げて、肩を竦めるようにして見せ、「何もありませんよ~」と申し上げると、お分かりになったように、手を引っ込めました。

オランウータンは、ヒトの幼児くらいの知能を持っていると聞いていますから、案外通じたのかも知れません。

・・・・同時に・・・ワタクシへの関心も、一緒に無くなったらしい、タンゴさんなのでした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

直撃っ!

釧路市動物園のホッキョクグマ、ツヨシちゃんです。

Tsuyoshi41 クルミお姉ちゃんはすっかり大人になっちゃって(?)最近プールで遊ぶ場面をあまり見ないのですが、ツヨシちゃんはまだ若い女の子なので(笑)

オレンジブイ、大好き!

 

 

Tsuyoshi42 まるで、浮き輪代わりのようにブイにつかまって浮いています。

でもね、ツヨちゃん。

そのブイの浮力というものはね。

そうやって、沈めれば沈めるほど・・・・・、

Tsuyoshi43 手を離したときには跳び上がってくるものなのよ♪

・・・・手が滑っちゃったんでしょうね。
横っ面を直撃してきたオレンジブイでした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

トリ急ぎ(笑)

しばらくサボってました。

土日は、釧路の「夜の動物園」へ行き、本日は休暇を貰って・・・・コユキさまにお別れをしに行ってきました。

月曜だというのに・・・・夏休みのせいですかね・・・・旭山は凄まじい人混みでした。
さすがにくたびれて・・・・いろいろ写真も撮っているのですが・・・取り急ぎ、生存報告(笑)も兼ねまして、速報をば♪

Gentoo_baby06 7月31日孵化したとのこと。

ジェンツーペンギンのヒナ。

丁度、飼育員さんが室内で作業されていて・・・・ちょっと騒がしかったようで、立ち上がった親鳥のお腹の下で、・・・急に涼しくなったもんね・・・・ジタバタしていました(笑)
 

King_baby12

キングペンギンのオチビさんも、大きくなっていますね。

まだ、母さんのガードが堅くて(笑)全身を見せてはもらえません。

みんな元気で大きくなってくれますように・・・・!

ドタバタと動物園や水族館に出掛けているので・・・・写真が一杯溜まってます(笑)
追々出して参りたいと思いますが・・・・思いっきり時期がずれそうだわなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »