« お似合いだけど・・・・。 | トップページ | あ゛つ゛い゛~!! »

2010年8月30日 (月)

ヒナと幼鳥

初めて・・・ではないと思うのだけど。
何となく、記憶にあるような気がするのだけれど・・・・。
多分20年近く前のコトで、今ひとつ、記憶が・・・(笑)

Tancho_park01 既に大きさは親と同じくらいになっています。

釧路市丹頂鶴自然公園のエムコママと、幼鳥。
パパは婿入りドウサンくん。

釧路市動物園で育っているドウエム子ちゃんのきょうだいですね。

鶴公園の記念行事に伴い、名誉園長である高橋良治さんの特別ガイドがあると聞いて、いそいそと行って参りました。
「鶴になった男」を見逃し、「鶴になった老人」を読んだ人間として、この面白い本をお書きになった人物がどんな方なのか、好奇心は溢れる一方だったワケで(笑)

Tancho_park02 タンチョウの子どもは、飛べるようになると幼鳥と呼ばれるそうです。
飛べないウチは、ヒナ・・・ということに。

ドウサン・エムコペアのこのコは、すでに幼鳥。

実は、高橋さんがガイドしてくださっているときは、ご家族揃ってお出かけだったようで・・・鶴公園のケージには天井がありません・・・・姿を見せてもらえなかったのですが。
時間より前に、公園をぐるりと回ったときには、まだお出かけ前でした。

著書同様、お話も大変楽しく面白く(興味深く)、そしてお客さんの笑いの絶えないガイドを頂きました。

Tancho_park03 ガイドの途中で、一羽のオスのタンチョウに声を掛け、彼の高らかな鳴き声を響き渡らせたときには、流石に、鶴になれる人だけのことはあると、感嘆した次第。

 
こちら、ケオ・ツルミご夫妻のヒナ。
遅い時期に孵化したので、まだ飛べません。

 
Tancho_park04 エサも、まだ親からもらっています。

コチラもガイドの往路では姿を見せてくれなかったのですが・・・・大勢の人にびっくりしたのかも?・・・・復路には、エサに釣られて(?)姿を現してくれました。

オチビさんはまだ飛べないので、きっと奥の吉原の方に隠れていたんだね。

様々な苦労と、たくさんの人たちの熱意と善意が、絶滅に瀕していたタンチョウを甦らせました。
既に1000羽を超えたとのことで・・・・それはそれで、この先の心配も多々あるとは言え、この美しいツルを守れたコトは、誇ってイイのだと思うわけです。

来年は・・・・もう少しあどけないチビさん達を見せて貰いに・・・行けるといいな♪

|

« お似合いだけど・・・・。 | トップページ | あ゛つ゛い゛~!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒナと幼鳥:

« お似合いだけど・・・・。 | トップページ | あ゛つ゛い゛~!! »