« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

これも兆候?

Polabears107 釧路市動物園のホッキョクグマ。

ベージュの(笑)クルミちゃんと、白いツヨシちゃん。

この春、円山から単身赴任してきたデナリさんとの交尾が成功し、期待がかかるクルミちゃんですが、いつもと違う行動が見られると言うことで、妊娠の可能性があるとして、間もなく産室に籠もるようです。

ツヨちゃん、クルミお姉ちゃんにじゃれじゃれできるのもあとちょっとですよ。

それにしても、クルミちゃんの冬毛、随分まだらになってますね(笑)

Polabears108 そんなクルミちゃん、この日は、妙にツヨちゃんに優しい様子だったんです♪

ツヨシちゃんの表情がイイ感じ。
クマの仲間は、表情が読みづらいと聞きますが、この顔をみていると、決して無表情ではない・・・と思うのですが。

無論、表情から読み取った意味が合っているかどうかは別の話ですけど(笑)

Polabears109 ツヨちゃんをペロペロしているクルミちゃん。

間もなく産まれてくる・・・・かもしれない・・・・赤ちゃんに対する予行演習・・・なワケはないか(笑)

ツヨちゃん、もう大きすぎるし(違)

何とか無事にお母さんになってくれることを、後は祈るのみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

おーちゃんの悩み(笑)

小樽からお婿入りしてきたオタリアのおーちゃんことオウジくん。
この度、3人のご婦人達と同居となりました。

Otaria63 バイオさんに迫って

・・・・逃げられ(笑)

 

 

 
Otaria64 シンコさんに迫って

・・・・怒られ(笑)

 

 

 
Otaria65 どうしたら良いんだろう?

おーちゃん、途方に暮れてます。

人工哺育のおーちゃん、もしかしてオタリア同士のコミュニケーションの方法が分からないのかもしれません。

 

Otaria66 こちら、怖いもの知らずのうるるちゃん(笑)

おーちゃんのことを遊び相手だと思っているらしいうるるちゃんです。

見ていた間、自らおーちゃんに近づいていたのはうるるちゃんだけ。

 
Otaria67

う~ん。。。

乗っかるのにはもう2~3年かかるよなぁ~。

取りあえず、成熟したご婦人達に気に入ってもらえるよう、無理強いしない、脅かしっこ無しで、頑張ろうね♪

前途多難の予感・・・・(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

ようやく・・・!

念願叶いまして、先日の遠征時、二度目の多摩訪問でお目に掛かることができました♪
こちら・・・、

Snowleopard_t06 ユキヒョウのマユさんです。

旭山のゴルビーさんの姪っ子であり、円山のアクバルくんのお母上。

魅力的な眼差しがステキなご婦人です。

アクバルくんを立派な男に育ててくださってありがとう♪

お陰で、円山ではヤマトくんとユッコちゃんという可愛いユキヒョウの子ども達に会うことも出来ました。

Snowleopard_t07 数えるほどしか伺えない多摩。

しかも・・・2カ所の展示場で、午前と午後での交代展示とは言え・・・ユキヒョウの飼育数が多い多摩では、中々お目に掛かる機会に恵まれず、運良くどちらかの展示場にお出ましになっていても・・・・岩の上の方でお休みになっていると、背中だけだったり、お尻と尻尾しか見せてもらえなかったり(笑)

ようやく、ちゃんとご挨拶させていただくことができましたよ♪

今年は・・・このあと、どうなるのかな?
繁殖相手を変えてペアリングなのかな?

多摩では、悲しいニュースが続いたので・・・・どうか、次の春には嬉しいお知らせがたくさん届いてくれますように♪

この日、午後からお目に掛かったのは、・・・・こちらも初めましてのお嬢さん。
Snowleopard_t08

ミミちゃんです。

まだ若いお嬢さんだそうで、これからが楽しみですね。

たいそう色気に溢れた表情を見せてくれました。

そうそう行ける場所ではないので、一度や二度では個体識別は難しい。
けれど、嬉しいことに、多摩では展示中の個体のネームプレートを出してくださいます。
ユキヒョウは単独生活者なので、繁殖期のペアリングと母子の展示以外は、基本1頭のみです。
表示ミスが無い限り、お名前は教えていただける・・・と、いうことで(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

遊ぶの大好き♪

寒くなってくると元気になるのはホッキョクグマ。
Kurumi41

遊ぶの大好きクルミちゃんです♪

プールのオモチャは、全部アタシのよ!

・・・てな感じで、オモチャを抱え込むコトも少なくないのです。

ガス管と、半ブイを両手に。

Kurumi42 

乗っけてみたり。

 

 

 
Kurumi43  

重ねてみたり。

 

 
 

Kurumi44  

最後は押し込め~~!

 

 

 Kurumi45  

ほ~らね♪

 

 

とにかく、遊びの天才なのがクルミちゃん。
ガス管を回して遊ぶクルミちゃんの、楽しそうな様子をご覧下さい。(音が入っていますのでご注意願います。)

くるみちゃんと黄色いガス管

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さようなら、エビスくん。。。

9月の末に会ってきたばかりでした。
もう、あのときには体調を崩していたのですね。

Sealion_k01 土砂降りだったあの日、雨具のポンチョをすっぽり被った格好を・・・・誰と間違えたのか、好奇心だったのか・・・わざわざのぞき込みに来てくれたエビスくんでした。

来園したのが17年ほど前のようで・・・幾つで来園なさったのか知らないのですが、・・・もしかするとまだ20歳前?
アシカとしてはまだ若いのでは?と思うのですが・・・・。

 

Sealion_k02 アシカは、本来ハーレムを作って群で生きる生き物ですから、1人切りだとちょっと寂しそうに見えました。

早く、新しいお仲間が来てくれればいいのにと・・・広いプールを眺めながら、内心で願っていましたが。

・・・本当のお別れになっちゃったのですね。

色々な施設をお訪ねして、いろいろと個体を知るにつけ、その個体の訃報が届くと、やっぱり悲しい。
・・・いつも、またお伺いするときまで元気でいてね・・・と、言ってお別れしてくるのですけれど、やはり、命有るもの、一期一会ということですか。

だからこそ、通り過ぎるだけではなく、ちゃんと会っておきたいと、いつも思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

水槽の向こう側

水族館の水槽を覗き込むとき、ときおり考えること。

向こうにいる魚たちから、こちら側はどんな風に見えるんだろう

Shinonome01 シノノメサカタザメさん。

ガラスの手前で旋回中です。

サメと言いつつ、じつはエイの仲間・・・と言うことで、良いんだっけ?
前半分がエイ、後ろ半分はサメという体型。
でも、エラが身体の下側に付いている場合は、エイなんだよ・・・ね?

Shinonome02 彼女に限らず、エイの仲間・・・ホシエイさんとかマダラトビエイさんとか、ガラスの際を通るとき、コチラをチラリと見ていくことが多いような気がします。

魚眼レンズというものがあるくらいですから、魚類の目は広範囲を見られるアレで、コチラの姿はかなり変形して写っていたりするんでしょうか。

コチラが眺めているつもりでも、もしかすると眺められているのかもしれない・・・・。
きょろりと動く目玉を見ていると、そんなことを考えたりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

新しいネタ提供者(笑)

グラントシマウマの飛馬くんが旅立ってから、ネタを提供してくれる個体がいるかなと案じていましたが・・・・。
いました(笑)
ここに♪

Otaria60 オタリアのうるるちゃん。

まだ小さいせいか、いろいろやらかしてくれます。

パクパクタイムでもらったホッケ。

余りお腹が空いていなかったのか、もしかして、隣のお兄ちゃんが気になるあまりか(笑)・・・遊びながら食べていたのです。

Otaria61 ホッケの尻尾を持って

右に左にぶんぶんと振り回して遊んでいるうるるちゃん。

振り回す力は結構なものであるらしく・・・

ホッケの中味が飛び出してます。。。

 
Otaria62 

あっ・・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追悼・・・・

Beluga14 初めての出産で体調を崩し、先に逝ってしまった赤ちゃんの後を追っていってしまった4番ちゃん。

まだ若いお嬢さんで、これから先が楽しみだったのに、残念です。

下唇の怪我が中々治らず、隔離治療されてことも・・・あったりしたよね。
 

Beluga15ナナちゃんが生まれたときには、6番さんのお手伝いで子守りもしていた4番ちゃん。

目元にシャドウを掃いたような、魅力的な目のお嬢さんでした。

天国で、ゆっくり子育てしてください。
先に逝ったベルちゃんや3番さんと仲良くね。
そして、幼い8番ちゃんのことも頼むね。

どうか、安らかに・・・・。

続きを読む "追悼・・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

おーちゃん対策(笑)

釧路のオタリア三人娘♪Otaria55

シンコさん14歳。バイオさん11歳。うるるちゃん2歳。

この度、小樽水族館から、お婿さんを迎えました♪

 

 

Otaria56 まだ来たばかりなので、隣のサブプールに1人でいるのですが・・・。

一番年若いうるるちゃんは、とても気になるようです(笑)

うるるちゃんが来園したとき、まだおんつさんがご健在でしたから、オスのオタリアは初めてじゃないはずなんですけどね。

若いお兄ちゃんに、好奇心一杯ですか?

Otaria57

狭いサブプールが一層狭く見える(笑)

さすが、オタリアのオスはデカイです。

まだ9歳と若いので、首回りのタテガミは顕著ではないですね。

人工哺育で大事に大事に育てられた彼の名はオウジ♪

人間大好きオタリアですが、いかんせん・・・・ここまで大きくなったオスのオタリアの遊び相手は、もう人間では務まりません。

Otaria58

故に、現在間接飼育(笑)
釧路のホッケはお口に合いますか?

この後・・・お嫁さん達と同居したら・・・どうするんだろう・・・?

おーちゃんに甘えられたら、飼育員さん・・・潰されるよね・・・・??

実は・・・飼育員だけではなく、客に対しても遊びをせがむおーちゃん。

Otaria59小樽で見た張り紙と小樽で見たおーちゃんジャンプの様子です。

若いオスのオタリアの運動能力は半端じゃありません。

何もご存じない来園者が、うっかり鉄柵の間から手でも入れようものなら・・・・事故に直結しかねないのですね。

ゆえに、目の細かい金網が貼られました。

つまり・・・・写真撮影がとてもとても辛い状態になっています(笑)

ま、事故るよりは良いやね。

きっとそのうち・・・・シンコさんが厳しく教育してくれるんじゃないかと・・・・期待しているんですけど(笑)
現在のトコロ、おーちゃんには極端には興味を示して居なさそうな姉さん女房2人だったりしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

心配になるから・・・・っ!

先週の土曜日に一日働いたので・・・代休があります♪
もう、20日間近く釧路に行っていないので・・・・ここは、行くしかないでしょう。
だって、次の土日も仕事が入ってるんですもん。

Otaria52 オタリアのプールでは、パクパクタイムが行われていました。

投げ込まれるホッケを目指し、3頭の女の子が突進しています。

まだ小柄なうるるちゃん、大きなホッケがお口からはみ出してますヨ(笑)

 

Otaria53 まだ小さいので(?)こんなコトしても、ちょっとは大目に見てもらえるらしい(笑)

・・・・食べ過ぎないでね・・・・!

 
 

Otaria54 そんなうるるちゃん。

うたたねしてる姿には、ちょっとドキリとすることも。

・・・こんなして、ぷかりぷかり・・・・・(笑)

や、時折鼻先だけが水面に出て、ちゃんと息継ぎしているのですが・・・・
それにしても、しばらく見守っちゃうよ。

オウジくんが来園してから、どうしているかな?
楽しみにしながら、会いに行くね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

子は、親を・・・・!

踏み越えて強くなっていくのです(笑)

Goldentakin01 ね、鶯巓くん♪

おくつろぎの母、鶯姫さんの背中を・・・・・

 

 

 
Goldentakin02 踏みつけて行く息子(笑)

 

4月のお誕生ですから、この時点では、5ヶ月ちょっと。

まだまだ、やんちゃ盛りのようでした。

 
Goldentakin03 ま。

たまにはね。

踏み越えられないことだってあるサ。

 

 
Goldentakin04 鶯姫母さん、

立ち上がっちゃったんですよね。

まだ小柄な鶯巓くん、

こうなると、どうにもなりません。

や、大きくなっても、母さんには乗っからない方が良いと思うよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

弾ける♪

大型動物は、遊ぶ姿も豪快です。
ガッコン、ボッコンと響く大音響に、慌ててホッキョクグマ舎を覗き込んだら、こんなでした。

Polabear_ha02 先ずは、オレンジブイ

 

ポイッと放り投げて、

 

 
Polabear_ha03

跳ね返ってきたブイを追いかけて

プールへ♪

 

 
Polabear_ha04

木のぼっこをまったりガジガジ♪

楽しそうに遊んでいたバフィンさんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wao!

展示施設の勝利です(笑)
Wao_chi01 頑張ってみたんですけど。

こういう瞬間を狙うのは難しいですね。

でも、これこそ、ワオキツネザルの動きなんだろうと思うワケです。

そして、ワオさんたちの、こういった動きを引き出し、目の前で見せてくれるのは、何をさておいても放飼場のつくりなんだろうと思うわけです。

Wao_chi02 別段、奇をてらっている施設ではない。

難しい仕組みがあるわけでもない。
複雑なわけでもない。

それでも・・・気温やお天気に左右されることはあるにせよ・・・その能力をフルに使ったジャンプを見せてくれるワオさんたちです。

動物の能力を格好良く見せようとする施設を作るのではなく、動物が本来持つ動きが再現できる施設であれば良いのです。

そこらへん、動物園は間違えないで欲しいな・・・と思うようなことが、割と最近あったりしたので・・・・。

Horse 千葉市動物園には、こんな面々も。

左奥の白毛さん?葦毛さん?
見た瞬間、その巨体に「わぁ。ペルシュロンみたい~!」と思いました。

実際、ペルシュロンでした(笑)

ペルシュロンは、ばん馬で使われる馬ですので、北海道では割と見慣れた馬なのですね。

右側にいるのはドサンコ。どさんばと書いてありましたけど(笑)
北海道では、馬も人も道産子と言います。んで、馬の方はカタカナで書く・・・と。

手前で切れてしまっていますが、シェットランドポニーと3頭。
白っぽいあたりで統一しているのは、拘りでしょうか?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

ぞ~おさん♪

北海道ではおびひろでしか会えなくなってしまったゾウさんなので、本州の動物園へ行って、ゾウを見ると、ちょっぴり羨ましかったりもいたします。

Asian_elephant10 古参のアジアゾウ、ワルダーおばさんにご挨拶しているのは、アヌラちゃんかな?コサラくんかな?
小さい牙が見え始めていますね♪

初めて会ったときは、もっと小さくて・・・少し年上のアヌラちゃんのほうが、若干大柄だったのですが、男の子のコサラくんが追いついてしまったみたいです。つまり、見分けが付いていません(笑)
 

Asian_elephant11 ワルダーおばさんの伸ばしてくれた鼻にスリスリ。

まだ幼いゾウさんたちなので、大事を取っての分離飼育なのかもしれませんが。

一緒にはできないのかしらね?

どこぞのゾウさん達みたいに、不仲って感じはしなかったんだけど・・・・むずかしいのかな?
ついでに・・・・アジアゾウ舎の放飼場、もっと広くしてあげて・・・・!

 

んで、もうひとつ。

ゾウさんではありませんが・・・・こちらも長いお鼻の・・・いやお口の(笑)オオアリクイさん。
Ooarikui

・・・・の、赤ちゃん。

ママの背中でぐっすりとお休みのようでした♪

アクリルと写り込みのため、このあたりが精一杯。

ところで、ママの背中にはどうやって?
よじ登るの?
それとも、ママが座って?
くわえて自分の背中・・・は無理だろうしな。
授乳の時は、降りるんだよね??

可愛いのだけど、ちょっと不思議なオオアリクイの親子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

イケメン♪

三日目、帰る途中に寄る形ですが、最後にお訪ねしたのは旭山♪

人が多いのは相変わらずで、中には、動物園とサーカスを間違えているような輩もいらっしゃいますが(笑)、自分にとって楽しく癒してくれる施設に変わりはございません。

口蹄疫が落ち着き、いつも通りに眺められるようにな ったエゾシカの森。
Ezoshika98
一瞬、治夫さんかと思いました。

でも、角の形が違うし・・・・。

やぁ!マカロニくん。すごくイイ男になったねぇ♪

ぬたうち(泥浴び)で黒々とした身体は、オスジカの重厚さと引き立てます。
本当に格好イイです。

角も枯れてきて、いよいよエゾシカ達は恋の季節ですね。
自分はまだ見ていないのですが、マカロニくんも父治夫さんにライバル視されるようになってきているそうです。

うん。一昨年生まれの2歳半とは思えないほど、角も立派だし体格も良いしね。
後ろに居るのは腹違いの妹ブルブルちゃん。
エゾシカの森の岩山を完全制覇した昨年生まれのお嬢さん♪
この場所が完成して最初に産まれた子なので、岩山に対する警戒心が薄いのかも知れません。
今年生まれの男の子そろそろくんの今後が楽しみです♪Ezoshika99

こちら、見事な跳躍を見せるペペコちゃん。

ウマの走る姿が美しいと思うように、シカは跳躍する姿がとても美しいです。

エゾシカの場合、高飛びで2m程を飛び越えることができます。

Ezoshika100 ペペコちゃんも、こんな高さを飛び越えています。

これで、1m50位だそうです。

キーパーさんがばらまくペレットが食べたくて、右へ左へと(最短距離を行くために)柵を跳び越えてくれるペペコちゃん。
その度に、ギャラリーから、どよめきが上がります。

北海道なら、どこででも見られるようになっているエゾシカ。
しかし、自分を含めどれほどの人が、エゾシカのコトを知っているかと言えば、それは疑問でもあります。
だから、何度行っても楽しいエゾシカの森です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

おもしろ体験教室

参加してきましたぁ!

愛しい愛しいウチオさんと、いつもアクリルガラスに隔てられておりますもの(笑)
ガラス抜きでお目にかかれるチャンスとあらば、これは是非とも・・・!

ギリギリまで仕事が入る可能性があったので、申し込みできずに居たのですが、運良く一週間ズレてくれたので。

Seiuchi18 お目にかかれました♪

もちろん、ウーリャさんもツララちゃんも一緒です。

セイウチという巨大な鰭脚類に対する興味は、おたるで培われたものです。
お食事タイムで見るセイウチは、心優しく愛嬌者で、たいそう頭の良い生き物だと、そう思ったわけでして。

アザラシやペンギンもそうなのですが、おたるのショーは、コミカルさの中にも、きちんと生き物の特徴が分かるようになっているのです。
トドに至っては、個体の個性まで垣間見えます(笑)

だから、丸一日海獣公園にいても飽きないんですよね。
や・・・もちろん、イルカもペリカンその他大勢の魚類の皆様も、とても楽しいのですけど。

このほかにも、魚類の調餌や給餌、生きたまま輸送するための梱包体験、恐怖の水槽掃除(笑)、イルカのトレーナー体験や、トドの個室拝見など、盛りだくさんのメニューでした。
あんまりありすぎて、いろいろ教わったコトが、半部くらい吹っ飛んでいるんですけど(笑)

機会があったら、また是非体験してみたいのですが・・・・基本、大人向けの体験教室って、少ないんだもんなぁ。。。。

Aoumigame02 こちら、哲学者のようなお顔をなさっているのは、アオウミガメの太郎さん。

おたるのブログに寄れば、保護されてから3年になるそうです。
瀕死の重傷で保護されて、スタッフの皆様の献身的な御努力により、右前肢を失いながらも、元気に過ごしておられるそうな。
こんなお顔で、じぃーっと水槽の外(観覧通路)を眺めておられます。
もしかして、何もかも分かっていらっしゃるんじゃないかと・・・・ちと、考えることもあったりします♪

ちなみに、太郎さんの水槽の前にいると、解説(目の前に貼ってある!)を読まない人間が如何に多いか、思い知らされます。。。。

Benizake
そして、スタッフオススメのベニザケ!

鮮やかな紅!
この色は、本当に見事です。

まさに、この時期だけの・・・・最後に咲かせる花の色なのですね。
けれど、広い大洋を巡って・・・・ふるさとの河川に戻り、この色に染まることのできるものは、ある意味幸せなんだろうなと・・・・サケ科の魚の一生を思うと(一部を除く(笑))、考えてしまいます。

自分は、一生懸命、必死で・・・生きているかな・・・・?・・・なんてことを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

強行軍!

さすがに・・・体力の限界かも(笑)
3日間のお休みで、3施設を回ろうというのだから、朝が早い。
道央の施設まで5時間を見ますと、朝の4時には出発しないと・・・!

んで、結局30分ほど遅い出発となりまして(笑)円山動物園には9時半頃の入園となったわけですが。

円山で、まず様子を見たかったのがこちら・・・・Zebra51

あああああ・・・・・
飛馬くん・・・・・

せっかくのイケメンが台無しではないですか~!

なにせ、1年と3ヶ月で母親から離されたのです。
もとより、神経質なシマウマとしては・・・・怯えて、不安の余り暴れたようで・・・・・。
本人(馬)的には、抵抗の証ということになる・・・・のか・・・?
でも、あまりのおませさんの飛馬くん・・・・。
これ以上、ご婦人方と一緒にはしておけないのだそうで。。。。
釧路で一緒のご婦人は、片やお母さん、片や亜種違いの小母さん。どちらもお嫁さんにはできません。

知らないところでとても不安げな飛馬くんは、一瞬たりともスモモさんの姿が見えないところには居たくない様子で、室内と放飼場の出入りすら嫌がる始末。
・・・・スモモさん、先に出入りさせた方が良いんじゃないかとも思ったり・・・・・。

まぁ、慣れるまでの辛抱でしょうが・・・・それまでの間。円山の飼育員さんが大変そうだわ・・・。
蹴飛ばされないように、どうか十分注意してください。

そのほか・・・、
Wolves_m11 ちょっと見ないと、すぐ大きくなるね♪

シンリンオオカミの男の子、ルークくんです。

聞くところに寄れば、亡き伯母さまに良くにているようです。

写真は、父上ジェイくんとじゃれているトコロ。

息子をペロリするジェイくん・・・・でも、視線が・・・・・(笑)

Birumanishiki02最後は、あくび2態

初めて見ました。

ビルマニシキヘビさん(アルビノっこ)の大あくび(笑)

 

 
Hipo03 カバのドンさんは、横着にも水中であくびです。

え・・・?
大丈夫なの?
水、吸い込んでしまいません?
気管支に入っちゃいません?

んで。。。。
ワタシも眠いデス。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

コロコロコロ♪

やぁ、元気でした♪

Tiger_baby02 チビトラたちは、やんちゃ揃い。

コロコロとはね回り、じゃれ合い、走り回っていました。

えと、お名前付きの写真があるのですが、いかんせん、なかなか一致させることが難しいです。

なにせ、自分の写真の腕が腕だし(笑)

Tiger_baby03 誕生して三月足らず。

もう、一丁前の面構えしていますね。

さすが、リングの子ども達・・・・(笑)
誰が誰だか、判別ついていませんが(笑)

 

リベンジを誓って再度お訪ねした多摩。
この日は、ちゃんと室内に戻ってくださったリング父さんと入れ替わりに出てきた、シズカママとチビちゃんズ。

3頭のウチ、1頭が中々出てこず、シズカママが入り口まで迎えに行くという微笑ましいシーンもありまして。

Tigerbaby_k04 放飼場は、笹が生え放題(笑)

一部草刈りをしてありますが、基本、笹に隠れてしまうチビちゃんズ♪

あっちで笹が揺れ、こっちで笹が倒れして、行きなり笹から飛び出してくるチビトラっこ。

 

Tiger_baby05 そして、初産にも拘わらず、一生懸命子育てしているシズカママ。

プールに近づいたチビを、強制撤去(笑)

くわえられているチビを狙っているそのきょうだい(笑)

周辺で子トラを撮影中の先輩のお話では、何でも、月曜に屋外デビューした子トラの1頭が、母親にじゃれつこうとしてプールに落ちたようです。

ちゃんと、気にしているのね(笑)

みんな元気に大きくなりますように。

 

 

さて、明日からの三連休。
またもや、自らの年齢と体力を考えない無謀をやります(笑)

円山、おたる、旭山の強行軍・・・・!
無事に孵ってこられますように・・・・切実(笑)

続きを読む "コロコロコロ♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

懐かしい顔♪

この日は王子動物園をお訪ねしました。
こちらも3度目の訪問となります。

Asian_elephant09 アジアゾウのマックさんとズゼさんが、一緒に放飼場に出ていらっしゃいました。

ゾウの雌雄が同じ場所にいる場面というのは、滅多に見る機会がなかったので、なんとも圧巻!

特にお互いの間でのやりとりは見られませんでしたが、これは時期の問題とかあったのかな?
ただ・・・、何とも穏やかな空気がそこに満ちていたような感じがして・・・・彼らの歩のように、時間がゆっくりと流れていた気がします。

Masai13 そして、今回の王子訪問の大きな目的はこちら。

円山生まれのマサイキリン、シゲジロウくんです。

アドベンチャーワールドに居たシゲちゃんですが、1人になってしまった未来さんのところへお婿入りです。

未来さんは、シゲちゃんより4つほど年上です。
5歳になるシゲちゃんは、まだ若いせいなのか、背の高さを誇るマサイのオスとして、まだ小柄です。
えと、もしかして母さんに似ちゃったかしらね(笑)
父さんはとても大きいのだけどね。
年齢的には一人前なのだけれど、お嫁さんよりまだ一回り小柄なシゲちゃんのために・・・・、放飼場に是非、マンホールを♪(お分かりにならない方は、スルーしてくださいませ♪)

Namiko04 そして、王子と言えば、カバのナミコちゃん♪

大事に大事に育ててきた娘のナナミちゃんと、じゃれじゃれの微笑ましい母子の様子♪
・・・食べちゃわないでね(笑)

丁度一年前にお伺いしたときには、まだまだ小ちゃかったナナミちゃん。

Namiko05ご飯の時間・・・・揃って室内に入ってくる母子です。

もう、こんなに大きくなりましたけれど、お母さんと比べればまだまだ小柄です。

でも、もう間もなくお嫁入りする予定のナナミちゃん。

ナミコちゃんには、今後更に出目男さんとの繁殖が求められるのでしょうが・・・・。
2度(だったかな?)の無念を乗り越えて、ようやく育てることの叶った我が子と、こんな早く離されて大丈夫かしらん?
なにせ、ナミコちゃん、まだナナミちゃんにおっぱいあげてましたよ。
ちょっと・・・・母親の方の・・・・心配していたりします。

続きを読む "懐かしい顔♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

子トラ、子トラ、子トラ!

本当なら、この時点で子トラのハシゴが完了していたハズなんですが(笑)
多摩でのアクシデントにより、この日、京都での子トラがハシゴの一段目となりました。

Tigerbaby_k01 男の子が3頭。

同腹の兄弟にも拘わらず、生年月日がみんな違うので、ここの兄弟は、きちんと長男、次男、三男が決まっています♪

ジャレジャレしているのは・・・長男坊くんと次男坊くん・・・かな? 

Tigerbaby_k02

レフェリーストップが掛かりました(笑)

アオイ母さん、ちゃんと子ども達に目を配っていますね。

元気一杯の三つ子ちゃんたちです。

 
Tigerbaby_k03

これも、長男坊くんと次男坊くん。

この2頭は、とてもアクティブ。

ころころと、良く動きます。

 
Tigerbaby_k04

生まれて・・・もう少しで4ヶ月になるんですね。

そろそろ、お肉も食べられるようになっている頃かな?

 

 
Tigerbaby_k05

こちらは、単独行動の多かった三男坊くん・・・かな?

1人で寝ていたり、アオイ母さんにまとわりついていたりと、ちょっと甘えん坊さんでしょうか。

アオイ母さんも、自分の尻尾をゆらして、子ども達の相手をしてやったりと、とてもステキなお母さんでした。

しかして・・・、子トラ達が成長したら・・・・・、
あの放飼場にほぼ同じ体格のトラが4頭・・・・・。
ちと、狭くないか・・・??と、案じてみる・・・・。

あっという間だぞ・・・・きっと♪

続きを読む "子トラ、子トラ、子トラ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

オルカ、再び!

午後から・・・というか2時を回っていたんじゃなかったか?・・・伺ったのは名古屋港水族館。

Orca17 シャチのクーちゃんが逝ってから2年。

再びこの場所でシャチの姿を見せて貰うことができました。

太地からお越しになった、ナミ嬢です。

一緒に飛んでいるのはルルちゃんことLさん。
ナミ嬢のコンパニオンに選ばれたのはLさんだったようです。

この時はまだ、メインプールに出るトレーニング中。
直近のニュースを見る限り、無事メインプールデビューを果たされたナミ嬢のようです。
まだ、出入りには戸惑いも見られるようですが、これで、あの広大な水面がシャチの躍動で波打つ様子が見られるのでしょう。
ナミ嬢の運動不足も解消されるので、まずは目出度し♪

Kammer08 隣のプールでは、カマイルカさんのハイジャンプ。

スピードがウリのカマーさんだけあって、ジャンプもスピーディにして高い!

いかんせん・・・小さなプールなので、あまり高く飛ばれると、飛び出さないか・・・見ている方としては・・・ちょっと案じてしまったり・・・・。

Iwashi02 そして・・・滞在時間が短かったというのもあるのですが・・・南館では殆ど写真撮ってない・・・・・。

動物園(水族館)では、展示されている全ての生き物が主役・・・・というのがポリシーではあるのですが・・・・。

ついつい、ナミ嬢のトレーニングにへばりついてしまって、南館で拝見したのは、まずはイワシのトルネード。
本当なら、エサの時間の動きが見事なのですが、たまたまハンマーヘッドさんがイワシの群を横断。
捕食者を避けるために、イワシの群が大きくうねる様を見せてもらえました。

南館では、こことウミガメ水槽、そしてもう一カ所。
Adelie

名港へ来たら、なんとしても外せないペンギン水槽。

他の水族館では、なかなか見ることができない種類が揃っていますからね。

んで、なんとも不思議な造形を醸し出しているアデリーペンギンさんです。
なんだか・・・・ジオラマみたいに写っちゃったなぁ。。。。

次に行くときは、ちゃんと時間を取って、南館もゆっくりと写真撮りながら巡ってみたいところです♪

続きを読む "オルカ、再び!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

責任重大(笑)

一番最初に伺ったとき。この広い放飼場には、8頭の面々がいたのです。
Giraffes46

今は、半分の4頭になってしまいました。

名古屋東山動物園のキリン舎です。

今は亡きスティービーさんの最後の息子、トリノくん。
もう5歳ですから、一人前のオスのキリンです。

サフィアおばさまのお尻チェッ~ク(笑)

Giraffes47 でもって・・・フレーメン♪

サフィアおばさま、発情中でしたか?

オスのキリンとして、当然の行為でありますが・・・・、

なにも、生みの母の目の前でやらんでも(笑)

や、オグラ母さんも、息子の成長を喜んでいる・・・・かもしれない・・・・!?

オグラ母さんが発情したときは、隔離ですかね・・・?

浜松から移動してきたマオちゃんも、同じエリアにいました。
気ままにのんびりしているように見えました。
マオちゃんも、そろそろ一人前になる頃だと思うのですが・・・・、新しい世代のペアに、どうか幸せが訪れますように♪
ガンバレ!トリノくん!!

Polabear_h04ホッキョクグマのミリーちゃんは、黄色いガス管で遊んでいました。

結構気温も上がった日で、サスカッチくんは水に入ったきりだったのですが、ミリーちゃんはなにやら元気そうで♪

この日、オーロラちゃんは狭い方の檻の中で、まともな写真が撮れませんでした。

檻越しでしたが・・・微妙に緑熊になってたよね、オーロラちゃん(笑)

Gomahu30 ・・・そして、お別れになってしまったセサミくん。

プールのお掃除中で、お水のないプールの底で、ごろんと転がっていたセサミくん 。

帰宅直後に訃報が届くとは・・・・・。

ご冥福をお祈りします。

続きを読む "責任重大(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疲れるけど楽しい♪

浜松は3度目の訪問となります。

こちらで今回迎えてくれた大家族。
Meerkat

ミーアキャットのご一家。

一番小さい子は、生まれて一月半くらいだそうです。

ミーアキャットって、年に一度の繁殖ではなく、子どもが少し大きくなると、また繁殖が可能になるのだそうで。
この繁殖力の強さは、逆に言えば食べられる側にいる動物ということなんでしょうかね?

Kangaroo_h こちらのクロカンガルーさんの・・・親子・・・・?

えと、・・・・ちょっと、いい加減になさいな・・・・と言いたくなる、この大きさ(笑)

ん~と、前に伺ったときにも、同じような場面を見せて貰っているのですが・・・・同じ個体でしょうか?

そろそろ・・・・その図体では・・・・卒業したほうが良くないか?

Tonton06 そして、トントン♪

暑かったこの日、日陰から出てこず(笑)

黒っぽいからね。
熱を吸収しちゃうのかしらね??

 

Mandrill01 そして、そして!

会えて嬉しかったですよ~~

赤ちゃん、見せてくれてありがとうね♪

マンドリルのクミちゃんです。

釧路で男の子を産んだのですが、育てられず。

オスのマンドリルが亡くなって・・・・しばらく一人暮らしをしていたクミちゃんでしたが、昨年、浜松にお嫁入りしました。

7月8日に誕生した男の子。
ぎこちないながら、ちゃんとお母さんしていると聞いて・・・・、是非とも様子を伺ってこようと♪
ちゃんとおっぱいをあげている場面を見ることもできました。
よかったね、クミちゃん♪

続きを読む "疲れるけど楽しい♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »