« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月28日 (金)

子どもの成長

Wolves51 オオカミの子どもの成長は早いです。

大きさではもう、殆ど親と同じくらいになった三きょうだい。

左から、レラ、チュプ、ヌプリ。

ヌプリは誰とも色味が重ならないので一目で分かりますが、レラは口元(ケン父さんは口の周りが白っぽい)を確認し、、チュプに至っては、マース母さんと間違えたことも(笑)
マースちゃんの方が白味が強いのと、足の傷があるので、キチンと見ればわかるのですけどね。

Higuma03_2 一方、ヒグマの方は、まだまだこんな♪

何とも、親子ですな(笑)

子どもは、親を見て育つのです。

とんこさん・・・そこんところ、よろしく頼みますよ。

貴女の、やることなすこと、真似しますからね。

特に雪ちゃんは、最近母さんそっくりになってます(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

お祖母ちゃんっコ♪

8月も末に差し掛かってから産まれたこちら。
Ezoshika116

まだ、性別はハッキリとしていないようですが、お名前は、「キリカブ」ちゃんと付きました(笑)

 

 

Ezoshika117 お名前の由来は、コチラ。

産まれて間もない子ジカは、物陰や藪に潜んでじっと動かずにいることで、幼いその身を守ります。

このコが選んだのが、切株(てか、丸太の端っこ)の陰だったのです♪

 

Ezoshika118 そのキリカブちゃん♪

まだおっぱいをもらってますが・・・・・、実はこちら、お祖母ちゃんにあたる清野さん。

実の母のペペコさんは、なかなかきちんと授乳してくれず、今年出産の実績が無いにも拘わらず、なぜかお乳がでている清野お祖母ちゃんから、もっぱら貰っているキリカブちゃんです。

Ezoshika119 お乳は豊富に出ているようで、こちらは昨年産んだ息子のそろそろくん。

ついでに言えば、キリカブちゃんの母ペペコさんも、ちょくちょく、清野さんにお乳をもらっていたりするわけで・・・(笑)

来るもの拒まずの清野さん(笑)

 

Ezoshika120 遅い時期に産まれて、しかも子育てに不慣れなペペコ母さんと来て・・・大層不安要素の多いキリカブちゃんでしたが、お祖母ちゃんのお陰で、すくすく育っています。

一見すると、すっかり母子の様相(笑)

来園者も、ほぼ母子と誤解します。

本格的な寒さが来る前に、ちゃんと体力付けられるといいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

お疲れ母さん(笑)

なにせ、やんちゃな盛りです。
それが二人と来れば・・・・・!

Higuma04 育児疲れも溜まろうというもの。

放飼場の真ん中で、とんこ母さんは、丸太を枕にうとうとうと・・・。

 

しかし、さほど広くはない場所です。
そうは、問屋が卸してはくれません。

Higuma05 オスの大ちゃんは、放飼場内を走り回っては、すぐにメスの雪ちゃんにちょっかいを出します。

雪ちゃんは、1人遊びのできるコですが、ちょっかいを掛けられれば、しっかり反撃します(笑)

男の子だけあって、少し大柄な大ちゃんに、決して迫力負けしない雪ちゃんです。

Higuma06  

・・・・そうして、母を巻き添えにします(笑)

 

わが子達のじゃれ合いに、とんこさんは手も口も出しません。
子ども達も、適当なところでどちらかが・・・・殆ど雪ちゃん・・・が戦線離脱します。
自分は見たことがないのですが、あまりエスカレートするようなら、レフリーストップならぬ母さんストップがかかるようです。
Higuma07 

甘えんぼするのは、多くの場合オスの大ちゃんです。

とんこ母さん、大ちゃんには、角砂糖の上にハチミツを掛けたみたいに甘くなります(笑)

女親は男の子の方が可愛いなどと言いますが、まさにそんな感じなのです。

Higuma08 ちゃんと相手をしてやって・・・・、

してやった後が・・・・こうでした(笑)

お疲れ様、とんこさん♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

翌春に期待♪

Yagi13 釧路市動物園の子ども動物園では、ヤギのジーナさんが、殿方と同居中でした。

この時期に仕込むのですね。

上手く行けば、翌春にはめんこい子ヤギが見られます。

 

さて、この様子を・・・・。

Yagi14 伺っているのはヨーデルさん。

好奇心でしょうか?
羨望でしょうか?

それとも、心配・・・・?

 

Yagi15 4年前・・・・・。

ヨーデルさんは、可愛い四つ子をもうけました。

自分が、初めて釧路へお邪魔した時の写真です。

まだこの時は頻繁に釧路へ行けるところに住んでおらず。次にお訪ねしたのは、半年過ぎてから。 

Yagi16 少し大きくなったチビさん達。

右のヤギの首に掛かった名札に、ジーナの文字があります。

そう、ジーナさんは、ヨーデルさんの娘なのです♪

我が子の首尾を、案じているんでしょうか(笑)
ちょくちょく、覗いてはジーナさんと鳴き交わしていたヨーデルさんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

大物!

続々と若いコたちがデビューしているおたるのトドショーメンバー。

Hiro01 確か、今年2歳になったはずの・・・ヒロくんです。

お父さんはガンタロウさん。

お母さんはおひげ美人のウメさんです。

幼い頃から、出来物の噂の高かったヒロくんですが、この度、ショーにも登場・・・・と、しばらく前に聞いたのですが。。。。

この時は、ちょっと微調整中(笑)

ショーの合間にトレーニング中です。

Hiro02  

ステージのパフォーマンスもバッチリ♪

もう、ダイビング台の一番上から飛び込むことができるヒロくん。

 
 

Hiro03  

・・・って!

空中で、よそ見してるよ、このコ!

もしかして、カメラを意識してる?

さすが、ヒロくん。
やはり、大物だわ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

お留守番?

現在のトコロ、シマフクロウを見られる動物園は、国内でここだけ。
釧路市動物園だけです。

しかし、北海道ゾーンにあるシマフクロウ舎は、現在オスのトカチさん、メスのムムさんともにご不在となっているんです。
調子を崩して、ご療養中。

そんな無人のシマフクロウ舎で・・・・
何やら動く影が・・・・。
Miyamakakesu01 

ミヤマカケスです。

全体を網で囲まれたケージに、いったいどこから潜り込んだのやら。

あるいはくぐり抜けられるだけ、網の目が大きかったでしょうか。

Miyamakakesu02 とてもキレイな鳥です。

カケスは本州にもいますが、北海道のミヤマカケスは亜種ということになるようです。

見かけも少しばかり違うようです。

姿は美しくても、カケスはカラスの仲間。
声の方はと言えば、推して知るべし(笑)
でも、カケスは他の鳥の鳴き真似をすることがあります。
それが結構上手なのです。

Miyamakakesu03 朽ち木の陰から・・・どうやらミミズを見つけたご様子。

うるさいカラスはここに入ってこられないし、ゆっくりエサを探せるのでしょうか。

大好きなドングリは今年は不作。

良いエサ場を見つけたと思っているかも知れないけれど・・・・ケージの主達が戻ってきたら・・・・。

さすがにあの大きなフクロウ・・・幾ら魚喰いと言えど・・・・には太刀打ちできないんじゃなかろうか。

うん。今のウチに一杯エサを獲っておくと良いよ♪
お留守番の、せめてものお礼にね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

時季外れなんですが

本当は、もうちょっと後の方がよろしいようです。

ですが、

Lessers_k06 その気になってる光愛ちゃん、剛くんにモーションを掛けます。

ねぇ、剛くん♪

とばかりに、スリスリしてみたり。

 

Lessers_k07 あちこち、ペロペロしてみたり。

でも・・・・、剛くんは眠たいのです。

 

 
Lessers_k08 一生懸命お誘いを掛け続ける光愛ちゃん。

最初は、なんだか心地よさ気だった剛くんですが、だんだんと、眠たそうな目が開いてきています。

だって、涼しくなってきて、居眠りするには良い気候なんです。

ついでに、剛くんは、光愛ちゃんのノリノリを他所に、まだそんな気になっていないのです。

Lessers_k09

もう!静かに寝かせといてってば~~!!

剛くん・・・とうとう、キレちゃいました(笑)

冷え込みが厳しくなる頃には、剛くんもノリノリで光愛ちゃんとじゃれているのかな?

 

 

相変わらず・・・三連休は釧路♪
雪が降ったら・・・・流石に車で6時間は難しかろうなぁ。

今から悩むところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

相変わらずだね♪

昼間は寝ているのが当たり前。
それが、ネコ科猛獣なわけで。

Ring12 ごろん♪

アムールトラのリングは、釧路から単身出張中です。

寒いところの生き物なので、そろそろ涼しくなってきて、過ごしやすくなってきたんじゃないかな。

だから、気持よーくお昼寝♪
 

Ring13 かつては頻繁に釧路へお伺いして、多少は見覚えのあるヤツと思ってもらっていた・・・かもしれないリングですが。

多摩→円山と子作り遠征が続いて・・・さすがにニャンコであれば、忘れ去られただろうなぁ。

睨み付けてくる視線は鋭くて、ワクワクするのですが・・・、直ぐに目を閉じて居眠りしていたリングです。
 

Ring14 んでもさ。

相変わらずのその開脚(笑)

多摩でもやっていたしね。

円山にいても、やっぱりリングはリングってことで♪

ところで、リングが円山に移動して、そろそろ10ヶ月ほど経つと思うのだけど・・・。

Ai05 朗報が中々聞こえてきませんね。

そのあたり、どうなんでしょう??

ねぇ!

アイちゃん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

ごろんごろん♪

砂地の上で転がって、背中を掻いている(?)シマウマ。
Zebra59

元気だった?

釧路から行ったグラントシマウマの飛馬(ひゅうま)くんです。

母の小夏ちゃんがお腹に飛馬くんをいれたまんま、釧路へ移動してきて2ヶ月・・・くらいだったかな?
ある朝、寝室の扉を開けたら、母親のそばにちんまいのが増えていたというエピソードの、まぁ第一号(笑)
二号はもちろんアルパカのお嬢ちゃん(笑)

Zebra60 まだ、ぽわぽわの毛が生えていた頃から知っていますが、凛々しい若者に育っているようで♪

気の強いヒメ小母様をものともせず、母親に甘え、じゃれて飛びかかっていた飛馬くん。

 

 

Zebra61 この日は奥のエリアにいたメスのスモモちゃん。

連れ合いに先立たれ、不安のあまり隣のダチョウのバロンさんにまで依存していた時期もあったというスモモちゃんです。

そのバロンさんも、既に亡く・・・。

 

Zebra62 まだまだ若僧の飛馬くんですが、少しはスモモちゃんの不安を和らげる役に立ったのかしらん?

まだ、同じエリアにはできないようですが、何だかんだと互いに対する関心はあるみたいなんです。

ごろごろしている飛馬くんを見ていると、一抹の不安が過ぎらないでも・・・ないのですが(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

楽しそう♪

Eland18 円山の熱帯動物館にいるエランドのラッシュちゃん。

エランドはウシの仲間なので、小さい頃折れてしまった片角は、もう復活しません。

・・・シカなら、翌年には復活するのにね・・・って、トナカイをのぞくシカの仲間は、そもそもメスに角は無かったのでした・・・。

Eland19 娘のニコちゃんです♪

大きくなりました。

でも、まだ角のねじれはありません。
ニコちゃんの角が、この先どんな風にねじれて、大人と同じようになっていくのか・・・楽しみなのですが・・・・きっとその前にお嫁入りしちゃうんでしょうね。

Eland20 んで、プッチョ父さん。

放飼場の隅に作られたオモチャが、大層お気に入りのご様子。

頭で押したり

 
 

Eland21 

角の上に乗っけてみたり

 

 

 

Eland22  

角の間にはさめてみたり。

楽しそうなプッチョ父さん。

なんだか、父さんの方が子どもみたいですが・・・もしかして、オモチャで遊ぶのが家長の特権なんでしょうか(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

曾孫~~♪

しばらくぶりに円山をお訪ねしました。ゴールデンウィークに行って以来です。Masai14_2

距離的に、だいぶん近くなった動物園なのですが、まぁ、いろいろありまして、行けずじまいだったのですが。

コチラのお坊ちゃん会いたさに♪

マサイキリンの男の子。ナナスケくんです。

円山ではシゲジロウくん・・・・神戸王子動物園・・・以来のキリンの誕生ですね。

ユウマ父さんおめでとう!Masai15

マサイは、キリンの中でも大きい種類だそうですが、ユウマ父さんは、本当にデカイので・・・・・。

えと、下にナナスケくんがいるの、分かりますよね(笑)

これだけ大きさが違うのですね。

 
Masai16 母親のナナコちゃんは、今は亡きタカヨさんの孫娘。

タカヨさんの曾孫が、ここ円山で誕生したことを、とてもとても嬉しく思います。

タカヨさんが、少々小柄だったせいか、もしかするとまだ成長途中なのか・・・・ナナコ母さんも小柄な感じがするのですが・・・・、まぁ、ユウマさんと比べちゃならんのかも知れませんが(笑)

それでも、ナナスケくんと並ぶと、こんなに大きいナナコ母さん。
ファミリーを一枚に入れようとすると・・・・ナナスケくんが目立たない(笑)

Masai17 勢い、ナナスケくんだけ狙う事に。

角の先端の毛がふさふさしている辺り、お兄ちゃんのシゲジロウくんの小さい頃を彷彿とさせます。

既にナナコ母さんから離乳を促されているようで、母さんのお腹の下に潜り込もうとして、母さんの足に押しのけられる場面を何度か見ました。

んと、初産のコって、おっぱい吸われるのに、違和感覚えたりする場合があるのかな・・・とも思ってみたり・・・・?
ま、ちょっと楽しみにしていたところもあるので、個人的に授乳シーンが見られなかったのが残念だったというだけなのですが。

これから、北海道は寒い季節を迎えます。
風邪など引かないように、元気に成長してください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »